ガジェットのおすすめ

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podをレビュー !最大65W出力の3ポートUSB充電器

評価:4.5

複数のガジェットを持ち歩くなら、3ポート充電器がおすすめのマクリン( @Maku_ring)です。

充電器のワット数はやはり60Wあると、スマホからノートPCまでしっかり充電できて使いやすいです。

60Wクラスの3ポート充電器は、各社から出揃ってきていますが、あのメーカーからもついに登場したので買いました。

それがAnkerアンカーの「Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod」です。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podの外箱

1ポートならMacBook Proが急速充電でき、2・3ポートでもノートPCを充電しながらモバイルガジェットが充電できます。

PPSにも対応しているので、PPS対応スマホなら超急速充電可能です。

あとはやはり、アンカーというブランドの安心感が強いです。

そこで本記事は外観とサイズ・重量比較、出力面を紹介していきます。

メリット
  • 1ポート使用で14インチMacBook Pro急速充電可能
  • 2・3ポート使用時にノートPC + モバイル機器の同時充電可能
  • PPS対応
  • 同クラスで世界最小
デメリット
  • 3ポート使用時にUSB-Cの出力が若干落ちる
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podの外観とサイズ・重量比較

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod」は3ポートタイプの65WクラスUSB急速充電器です。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podは3ポートタイプの65WクラスUSB急速充電器

製品名 Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod
サイズ 約39 x 29 x 66mm
重さ 約128g
出力ポート数 3(USB Type-C x 2 / USB Type-A)
USB出力 USB-C 1/2:5V 3A/9V 3A/12V 3A/15V 3A/20V 3.25A(最大65W)
USB-A:4.5V 5A/5V 4.5A/5V 3A/9V 2A/12V 1.5A(最大22.5W)
PPS出力 3.3V-16.0V 3.25A(最大52W)

 
USB-Cの1ポート接続時は最大65W出力、2・3ポート接続時もUSB-Cは40W以上キープしているので、ノートPC + モバイル機器の同時充電が可能です。

USB-C(上) USB-C(下) USB-A Total
65W 65W
65W 65W
22.5W 22.5W
20W(45W) 45W(20W) 65W
40W 22.5W 62.5W
12W 12W 24W
40W 12W 12W 64W

 
同社のNano IIシリーズを踏襲とうしゅうする、シルバーとブラックグレーのツートーンで洗練されたデザインです。


 
ポート背面は折りたたみプラグ式であり、コンパクトなだけに、製品仕様が芸術的な文字組みで記載されています。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podは折りたたみプラグ式

 
サイズは約39 x 29 x 66mmであり、クレジットカードサイズ未満におさまっています。


 
14インチMacBook Proの67W純正アダプターと比べても、ポート数3倍にもかかわらず、半分未満に仕上がっています。

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodとMacBook Proの67W純正アダプターのサイズ比較

 
重量は約128gで、同クラス最軽量のCIOには若干およばないものの、MacBook Pro純正アダプターからは約80gの軽量化を実現しています。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podの重量

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod

14インチMacBook Proの重量

MacBook Pro

CIO LilNobの重量

CIO LilNob

 
ケーブルは別売りなので「Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル」「PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル」がおすすめです。

Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル
Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル
 

3ポート充電器で比較

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podならびに同クラスの3ポート充電器で比較してみました。

(左から)Anker / UGREEN / Baseus / CIO

外観はAnkerとUGREENがブラック・グレーのツートーン、Baseusがブラックボディ、CIOがオールホワイトで清潔感あるデザインになってます。

価格はAnkerが5,990円、UGREEN CD244が4,099円、Baseus CCGAN65S2は4,599円、CIO Lilnobが5,478円です。

Ankerがちょっと高めですが、そこはやはりブランドの安心感で値付けされている印象です。

サイズはスイッチング素子に従来のシリコンでなく窒化ガリウムを搭載し、いずれもクレカ未満の最小設計となっています。

1ポート使用時はAnkerふくめ、いずれも最大65W出力でき、13インチ・14インチ8コアCPUのMacBook Proをはじめ、大抵のモバイルノートが急速充電できます。

ただ、2ポート使用時の出力配分が若干異なり、CIOとBaseusが45W + 18Wなのに対し、AnkerとUGREENは45W + 20Wに分配されます。

20Wあることでタブレットを急速充電でき、iPhoneも高速充電(30分で50%チャージ)できるので、この点はポイントがかなり高いです。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podのレビュー

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podは、USB-C x 2とUSB-Aの計3ポートを搭載しています。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podは3ポート搭載
 
各ポートの特徴を紹介していきます。

 

USB-CはPDとPPSに対応

USB-Cは単ポート最大65W出力に対応し、MacBook Pro(13・14インチ8コアCPU)ふくめ、大抵のモバイルノートPCが急速充電できます。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podは14インチMacBook Proでも急速充電可能

14インチMacBook Pro(62.5W)

注意
MacBook Proでも14インチ10コアCPU・16インチモデルの場合、通常充電になります。
 
USB-CはPPSにも対応し、PPS対応スマホのGalaxy S21で「超急速充電」と表示し、20W以上の出力が確認できました。

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodはPPS対応

Galaxy S21(21.2W)

 
USB-A側は、最大22.5WのQuick Charge 2.0/3.0に対応し、同じくQC 2.0対応スマホのGalaxy S21で急速充電が確認できました。

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodはQuick Charge対応

Galaxy S21(11.1W)

 

2ポート接続時は45W + 20Wに分配

USB-Cを2ポート接続した際は45W + 20Wで分配され、ノートPC + iPhoneを同時充電したときもスマホ側が20W出力されます。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podの2ポート接続時は45W + 20W出力される

MacBook Pro / Galaxy S21(43.3W / 13.6W)

18Wではなく20W出力できることで、iPhone 12/13シリーズでも高速充電できますし、タブレットも急速充電可能なので重宝します。

3ポート接続時は40W + 12W + 12Wに分配

3ポート接続時は、USB-C 1が最大40W出力、残り2ポートに12Wずつ分かれ、ノートPC + スマホ2台の組み合わせで同時充電できます。

他の3ポート充電器に比べ、USB-C 1の出力はやや控えめなものの、残り2ポートに出力がその分割かれ、モバイル機器の充電を考慮するなら本機がベターです。

Sponsored Links

 

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podはこんな人におすすめ

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podは「ノートPC・スマホ・タブレットを同時充電したい人」におすすめです。

3ポートで最小という省スペース設計ながら、出力配分やPPS対応など、汎用性の高い充電器といえます。

いくつか出ている3ポート充電器のなかでも、2ポート・3ポート接続時の出力配分がすぐれているので、3ポートタイプなら本機がおすすめです。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podレビューまとめ

本記事は「Anker PowerPort III 3-Port 65W Podをレビュー !最大65W出力の3ポートUSB充電器」について書きました。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podは、1ポート接続時は最大65W、3ポート接続時も40W + 12W + 12Wと分配され、バランスの良い充電器です。

3ポート最小という省スペース設計なので、持ち運びにも適したモデルに仕上がってます。

マクリン
あとは信頼できるブランドのアンカー製というのもポイント高いですね!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 1ポート使用で14インチMacBook Pro急速充電可能
  • 2・3ポート使用時にノートPC + モバイル機器の同時充電可能
  • PPS対応
  • 同クラスで世界最小
デメリット
  • 3ポート使用時にUSB-Cの出力が若干落ちる
YouTube
動画でも紹介しています。

UGREEN CD244をレビュー !クレカサイズ未満で最大65W出力の3ポートUSB充電器 【CIO LilNob 65W Chargerレビュー】世界最小最軽量の3ポートUSB急速充電器! Baseus CCGAN65S2をレビュー !最大65W出力で最小を実現する3ポートUSB充電器 【超急速充電】25W/45W出力のPPS対応充電器のおすすめ9モデルを紹介する 窒化ガリウム(GaN)採用の超小型充電器おすすめベスト10 【決定版】MacBook AirとProの代用充電器のおすすめをまとめてみた! 【おすすめ】2020年に買うべきUSB急速充電器15選【スマホからPD対応まで】【おすすめ】2021年に買うべきUSB急速充電器20選【スマホからPD対応まで】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。