おすすめのガジェット

【Anker PowerHouse 100レビュー】最大100WのAC出力に対応する27,000mAhのコンパクトなポータブル電源

評価:4

どんなガジェットでも充電するなら、ポータブル電源がおすすめのマクリン( @Maku_ring)です。

ポータブル電源
大容量を有する持ち運びできるバッテリー。AC出力(コンセント)も備えているため、小さい家電製品でも駆動することができます。

コンセントふくめ、あらゆるポートが付いているポータブル電源は、カフェ・車・新幹線・ライブ・キャンプなど、シーン問わずに活躍するアイテム。

マクリン
しかし、重いのが難点……。

モバイルバッテリーに比べてどうしてもかさばり重く、どこへも気軽に携帯できるとはいいがたいのが実情です。

とはいえ最近は「RAVPower RP-PB054Pro」など、持ち運びに適したモデルも増えてきました。

数あるポータブル電源でも、ひときわコンパクトに仕上がっているAnkerアンカーの「Anker PowerHouse 100」をこのたび買いました。

Anker PowerHouse 100の外観

バッテリー容量は、iPhone 12 Proを約5回、MacBook Airでも1回以上充電できる27,000mAhであり、コンセントをふくむ3種類の出力端子をもっています。

しかも、コンセントは最大100Wまで出力でき、ノートPCにくわえ、ミニ冷蔵庫や扇風機といった小型家電まで充電可能です。

そんなわけで本記事は「【Anker PowerHouse 100レビュー】最大100WのAC出力に対応する27,000mAhのコンパクトなポータブル電源」について書いていきます。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Anker PowerHouse 100の外観と付属品

Anker PowerHouse 100」は27,000mAhのポータブル電源です。

Anker PowerHouse 100は27,000mAhのポータブル電源

製品名 Anker PowerHouse 100
サイズ 約201 x 120 x 31 mm
重さ 約860g
バッテリー容量 27,000mAh
ポート ACコンセント/USB-A x 2/USB-C x 1
出力 AC:最大100W
USB-A:各ポート最大12W(合計最大15W)
USB-C:最大45W
(4ポート合計160W)
価格 13,900円
マクリン
MacBookでも1回以上充電できる超大容量バッテリーですよ!

波打った樹脂素材と高級感あるアルミ素材のコントラストは、無骨なポータブル電源の中でも高いデザイン性を持ち合わせています。


 
サイズは約12.0 x 20.1 x 3.1 cmとクラッチバッグサイズで、KindleとiPad Proのちょうど中間くらいの大きさです。

Anker PowerHouse 100のサイズは約12.0 x 20.1 x 3.1 cm

重量は約866gで、ポータブル電源では数少ない、1kgを切る軽量クラスです。

Anker PowerHouse 100の重量は約866g
 
丈夫な携帯用ストラップも付き、持ち運びに配慮されています。

Anker PowerHouse 100の携帯用ストラップ
 
電源ボタン内周部には8段階点灯のLEDインジケーターを備え、押すことでバッテリー残量が分かります。

Anker PowerHouse 100の電源ボタン内周部にはLEDインジケーター搭載
 
側面には、ゴム蓋のACコンセントと2種類のUSBポートを搭載しています。

Anker PowerHouse 100のポート類

入出力端子

  • ACコンセント(最大100W出力)
  • USBタイプA(各ポート最大12W ※合計最大15W)
  • PD対応USBタイプC(最大45W入出力)

 
さらにポート端部には、屋外や非常時にも使えるフラッシュライトが付いています。

Anker PowerHouse 100はフラッシュライト搭載
 
ストラップの根元にはフラッシュライトボタンが付き、こちらで操作します。

Anker PowerHouse 100のフラッシュライトボタン
 
ボタンを一回押すごとに「低照度 / 高照度 / SOSモード」と切り替わります。


 
付属品は本体にUSB-C & USB-A ケーブル、Anker PowerPort Atom III 45W Slimです。

Anker PowerHouse 100の付属品
 
Anker PowerPort Atom III 45W Slimは、45Wを出力できる充電器ながら、わずか84 x 50 x 20mmのフリスクサイズにおさめたベストセラーモデル。

マクリン
これを付属品にしちゃうのは太っ腹!

Anker PowerHouse 100は最大100W出力のACコンセントふくむ3種類のポート搭載

Anker PowerHouse 100のUSBポートは、2つのUSB-AとUSB-C(PD)を備えています。

Anker PowerHouse 100は2つのUSB-AとUSB-C(PD)搭載
 
このうちUSB-Cは本体充電にも対応し、付属の充電器「Anker PowerPort Atom III 45W Slim」とUSB-Cケーブルを組み合わせれば、最大45Wの入力に対応しています。

Anker PowerHouse 100は最大45W入力に対応

41.8W入力を確認

また、45W出力に対応し、一般的なノートPCにくわえ、13インチMacBook Proの通常充電までカバーしています。

Anker PowerHouse 100は13インチMacBook Proの通常充電に対応

MacBook Pro 13″(43.5W)

USB-Aは最大12W対応なので、iPhone 12 Proの高速充電(20W)は無理までも、通常のスマホなら問題なく急速充電できる出力です。


Pixel 5(7.1W)

ACコンセントは最大100W出力まで対応し、ノートPCはもちろん、車載冷蔵庫や扇風機といった小型家電へも給電できるハイパワーぶり。

Anker PowerHouse 100は最大100WのACコンセント搭載

注意
アイロン・ドライヤー・電気ケトルなどには使用不可です。
 
100WクラスのノートPCである16インチMacBook Proでももちろん急速充電できます。

Anker PowerHouse 100は16インチMacBook Proにも急速充電可能

MacBook Pro 16″(83.6W)

4ポート接続時は最大160W出力に対応し、MacBook Pro 16″(最大96W)・MacBook Air(最大30W)・Pixel 5(最大18W)・Air Pods Pro(最大10W)の組み合わせでも無問題モーマンタイ

Anker PowerHouse 100は最大160W出力に対応

軽量クラスのポータブル電源ながら、最大100WのACコンセントをはじめ、3種類のポートに対応。

Anker PowerHouse 100は、サイズ・容量・形状のトータルバランスに長けた高実用のポータブル電源です。

Sponsored Links

 

Anker PowerHouse 100レビューまとめ

本記事は「【Anker PowerHouse 100レビュー】最大100WのAC出力に対応する27,000mAhのコンパクトなポータブル電源」について書きました。

Anker PowerHouse 100は、MacBookでも1回以上充電できる27,000mAhのバッテリー容量を有し、最大100W出力のコンセントをそなえる高出力のポータブル電源です。

付属の充電器がAnker PowerPort Atom III 45W Slimという点もポイント高し。

マクリン
軽量クラスのポータブル電源では随一の完成度ですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Anker PowerHouse II 400レビュー】最大8台同時充電できる108,000mAh の超⼤容量ポータブル電源 【Anker PowerHouse II 800レビュー】最大11台同時充電できる216,000mAhの超⼤容量ポータブル電源 【AUKEY PowerStudioレビュー】最大9台同時充電できるレトロでおしゃれなポータブル電源 【RAVPower RP-PB187レビュー】2口のコンセントにDC出力もそなえる70,200mAhのポータブル電源 【最強はどれ?】ポータブル電源のおすすめとその選び方【2021年】【最強はどれ?】ポータブル電源のおすすめとその選び方【2021年】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です