おすすめのガジェット

【Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableレビュー】アンカー初のUSB-Cケーブル内蔵型モバイルバッテリー

 
どうも、10,000mAhのモバイルバッテリーを愛用するマクリン( @Maku_ring)です。

20,000mAhクラスほど重くなく、5,000mAhほど容量不足を感じないので、10,000mAhクラスはおすすめ。

また、モバイルバッテリーの中でもケーブルが付いているケーブル内蔵型が増えてきています。

ケーブル類をいちいち持ち運ばなくてよいのが便利で、一度使うとこのタイプ以外使えなくなります。

汎用性の高いUSBタイプCケーブルを内蔵する、10,000mAhクラスの薄型モデルが「Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」です。

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableは、Ankerアンカー初のケーブル内蔵型かつ10,000mAhクラスといういいとこ取りの製品で、思わず買っちゃいました。

ケーブルが18W出力に対応しているのにくわえ、18W入力ポートを搭載しているので、本体&デバイス充電ともにそれなりにパワフル。

マクリン
Androidスマホユーザー歓喜!

そんなわけで本記事は「【Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableレビュー】アンカー初のUSB-Cケーブル内蔵型モバイルバッテリー」について書いていきます。

 

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableの外観と付属品

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」は、10,000mAhのモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableの外観
 
10,000mAhのバッテリー容量は、Google Pixel 3だと2回以上、iPad Pro(11インチ)でも約0.8回充電できる大容量。

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableのバッテリー容量は10,000mAh
 
最大の特徴は、なんといってもUSB-Cケーブルを内蔵している点。

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C CableはUSB-Cケーブル内蔵

高出力のUSB給電規格「PD(Power Delivery)」に対応し、最大18Wまで出力できるため、スマホにくわえてiPad Proの急速充電も可能です。

本体表面にはストライプメッシュ加工が施され、指紋が付きづらいだけでなく見た目もクール。

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableの表面にはメッシュ加工
 
サイズは約145 x 67 x 15mmで、iPhone 11 Proとほぼ同じサイズ(少しだけ長め)におさまっています。

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C CableのサイズはiPhone 11 Proとほぼ同じ
 
同クラスのバッテリーで最薄(1.4cm)のAnker PowerCore Slim 10000 PDとくらべても、ほぼ変わらぬスリム設計(1.5cm)です。

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableは厚さ1.5cmのスリム設計
 
重量は約200gであり、同クラスの最軽量(約192g)に迫る軽量性を実現しています。

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableの重量は約200g
 
スマホサイズかつ薄型設計なので、スマホと重ねても持ちやすく、ストライプメッシュのおかげで滑りにくいです。

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableはスマホと重ねても持ちやすい

マクリン
まさに重ね持ちを前提としたデザインになってますね!
 
先端にはブルーのLEDインジケーターが付いており、ボタンを押すと4段階の点灯でおおよそのバッテリー残量が分かります。


Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableの残量確認用のLEDインジケーター
LED1個点灯 〜25%
LED2個点灯 〜50%
LED3個点灯 〜75%
LED4個点灯 〜100%

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableは最大18Wの入出力に対応

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableは、側面にUSB-C PDを搭載し、最大18Wまでの入力に対応しています。

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableは側面に最大18W入力対応のUSB-C搭載
 
18W出力以上のUSB充電器を使用することで、約4時間20分でバッテリー本体の充電が完了します。

約16.4W入力を確認

 
内蔵ケーブルのUSB-C PDは18W出力に対応し、iPad Proでも急速充電が可能です。


Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C CableはiPad Proでも急速充電可能

iPad Pro(11インチ)充電時のワット数(電流 x 電圧)を計測したところ、最大値に迫る値を示し、急速充電されていることが確認できました。

iPad Pro x Anker(17.0W)

 
ケーブル内蔵かつ薄型設計で、PD対応であらゆるUSB-C機器に急速充電可能。

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableは、USB-Cデバイスをお持ちであれば、必須レベルでおすすめのモバイルバッテリーです。

Sponsored Links

 

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableレビューまとめ

本記事は「【Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cableレビュー】アンカー初のUSB-Cケーブル内蔵型モバイルバッテリー」について書きました。

Anker PowerCore+ 10000 with built-in USB-C CableはUSB-Cケーブル内蔵型モバイルバッテリーで、使いやすい10,000mAhクラスにくわえ、軽量薄型モデルに仕上がっています。

スマホと重ね持ちしても携帯しやすいフォルムで、実用性にすぐれた製品です。

マクリン
USB-C対応の機器を持っているなら、買いのバッテリーですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Anker PowerCore III Slim 5000 with Built-in USB-C Cableレビュー】わずか7.5mmのスリムなUSB-Cケーブル内蔵型モバイルバッテリー 【大容量】おすすめの10000mAhモバイルバッテリー10製品! 【Anker PowerCore Slim 10000 PDレビュー】世界最薄の10000mAhクラスPD対応モバイルバッテリー 【Anker PowerCore 10000 PD Reduxレビュー】ポケッタブルの10000mAhクラスPD対応モバイルバッテリー【大容量】 【Anker PowerCore 10000 Reduxレビュー】10000mAhモバイルバッテリーの新スタンダード【絶妙サイズとグリップ感】 【2020年】モバイルバッテリーの選び方とそのおすすめ品・完全版【大容量・PD対応・薄型・Qi】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ