おすすめのガジェット

【Anker PowerCore Magnetic 5000レビュー】吸着充電できるMagSafe対応モバイルバッテリー

評価:4

iPhone 12向けのアクセサリーを着々と揃えつつあるマクリン( @Maku_ring)です。

iPhone 12シリーズは背面にマグネットを搭載し、スマホホルダー「MOFT」やワイヤレス充電器「Belkin BOOST MagSafe 3-in-1 Wireless Charger」など、MagSafe対応の周辺機器が増えてきています。

MagSafe対応MOFTのサイズは約9.7 x 6.3 x 5.0mm

そんな中、僕が求めていたのはMagSafe対応モバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーといえばこのメーカー、ANKERからついに「Anker PowerCore Magnetic 5000」が出ました。

iPhone 12シリーズ背面の充電位置にピタリと吸着し、最大5W出力のワイヤレス充電に対応するだけでなく、最大10W入出力のUSB-Cもそなえています。

名刺以下のコンパクトサイズにおさえ、手馴染みの良い形状に仕上がっています。

マクリン
まさにiPhone 12シリーズ向けモバイルバッテリーの決定版!

そんなわけで本記事は「【Anker PowerCore Magnetic 5000レビュー】吸着充電できるMagSafe対応モバイルバッテリー」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Anker PowerCore Magnetic 5000の外観と付属品

Anker PowerCore Magnetic 5000」は、iPhone 12 Pro x 約1.1回分の充電に対応する、5,000mAhのMagSafe対応モバイルバッテリーです。

Anker PowerCore Magnetic 5000は5,000mAhのMagSafe対応モバイルバッテリー

吸着位置を誤らないよう、充電有効エリアが円で囲われ、その下には線が描かれています。

線部分を下部にもってくることで、正しい充電位置となります。


 
表面はさらりとした加工が施され、質感が高いだけでなく、指紋や油分が付きづらくなっています。


 
底面にはLEDインジケーターと最大10W入出力対応のUSB-Cポート、右側には電源ボタンをそなえています。

Anker PowerCore Magnetic 5000の底面にはLEDインジケーターと電源ボタン
 
電源ボタンを押すと、左のインジケーターで状態(青:ワイヤレス充電OK、赤:異物検出)、4段階の白インジケーターでバッテリー残量が分かります。


LED1個点灯 〜25%
LED2個点灯 〜50%
LED3個点灯 〜75%
LED4個点灯 〜100%
 
重量は約133gと、スマホ未満の軽量設計です。

Anker PowerCore Magnetic 5000の重量は約133g
 
サイズは約93 x 63 x 16 mmで、名刺ケース以下の超小型サイズを実現しています。

Anker PowerCore Magnetic 5000のサイズは約93 x 63 x 16 mm
 
CIOのMagSafe対応モバイルバッテリー「MB-5000-MAG」と比べても、高さは低くおさえられています。

Anker PowerCore Magnetic 5000とCIO MB-5000-MAGのサイズ比較
 
ただし、CIOは背面にキックスタンドをそなえ、これはAnkerにも欲しかったところ。


 
とはいえ、給電面のデザインは、Ankerのほうが一体感が高く、質感もすぐれています。


Anker PowerCore Magnetic 5000はUSB-Cの本体充電とワイヤレス充電が同時に可能

MagSafe対応であり、電源ボタンを押した後、背面にモバイルバッテリーを吸着すると充電が開始します。

Anker PowerCore Magnetic 5000はiPhone 12シリーズのワイヤレス充電が可能

MEMO
サイズ感はiPhone 12 Proだと両端が少し余るくらい、iPhone 12 miniだとジャスト。
 
マグネットの磁力はそこそこ強く、iPhoneの背面にモバイルバッテリーを持ってくると、充電のスイートスポットにバチッとくっ付きます。


 
モバイルバッテリーを起点に持ち上げても、ずれ落ちる気配は全くありませんでした。


 
充電面は裸が理想ですが、MagSafe互換マグネット付きのケースカバー越しでも使用はもちろん可能です。

出力は最大5Wであり、有線接続(20W)より控えめなものの、カラの状態から2時間充電で約60%まで回復したのでそこそこ実用的。

パススルー充電にも対応し、本体充電しながらのワイヤレス充電もできます。

Anker PowerCore Magnetic 5000はパススルー充電に対応

ワイヤレス充電対応のイヤホンやスマホも充電でき、モバイルバッテリーとしてだけでなく充電器としても便利。

USB-C側は最大10W出力に対応し、一般的なスマホなら急速充電できる出力です。

Anker PowerCore Magnetic 5000のUSB-Cは最大10W出力に対応

Anker x Pixel 5(10.4W)

Anker PowerCore Magnetic 5000は、iPhone 12に溶け込むデザインと質感にくわえ、パススルー対応など実用性の高いMagSafe対応モバイルバッテリーです。

充電器としても使えるので、iPhone 12シリーズ所有なら一緒に買うべき必須アイテムでしょう。

Sponsored Links

 

Anker PowerCore Magnetic 5000レビューまとめ

本記事は「【Anker PowerCore Magnetic 5000レビュー】吸着充電できるMagSafe対応モバイルバッテリー」について書きました。

Anker PowerCore Magnetic 5000は、iPhone 12シリーズにピタッとくっ付き、最大5Wのワイヤレス充電に対応するMagSafe対応モバイルバッテリーです。

デザイン・質感・実用性ともに高く、容量が少ない点だけ注意すれば、iPhone 12シリーズ向けモバイルバッテリーではベストではないでしょうか。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【CIO MB-5000-MAGレビュー】マグネット吸着できる5,000mAhのMagSafe対応モバイルバッテリー 【Anker PowerCore III 10000 Wirelessレビュー】ワイヤレス充電・USB-C・USB-A搭載の万能なモバイルバッテリー 【AUKEY Basix Pro PB-WL02Sレビュー】3台同時充電可能な10000mAhのワイヤレス対応モバイルバッテリー 【2021年】iPhoneと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー10選【おすすめ】 【くっつく】Qiワイヤレス対応のモバイルバッテリーおすすめ5選 【軽量】iPhone・スマホにおすすめのモバイルバッテリー6製品! 【2021年】モバイルバッテリーのおすすめとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】【2021年】モバイルバッテリーのおすすめとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です