アマゾン1,000円還元でお得に買い物する方法

【Anker PowerCore Lite 20000レビュー】2種類のUSBから充電できる超大容量モバイルバッテリー

 
どうも、モバイルバッテリー10台持ちのマクリン( @Maku_ring)です。

外出時に欠かせないのがスマホとイヤホン、それからモバイルバッテリー

ふだんは10,000mAhクラスの軽量モバイルバッテリー、Ankerの「Anker PowerCore Lite 10000」を持ち歩いています。

Anker PowerCore Lite 10000

10,000mAhならiPhone XSを約2.6回充電できる大容量です。

とはいえ、タブレットやイヤホンなど、複数の機器を所持していると、この容量ですら心もとないときが多々あります。

またAnker PowerCore Lite 10000の特長といえば、2種類の本体充電用ポート(USB-C/Micro USB)です。

Anker PowerCore Lite 10000はUSBタイプA搭載
 

マクリン
この特長を活かした20,000mAhクラスのモバイルバッテリーがありますよ!
 

それが「Anker PowerCore Lite 20000」。


 

Anker PowerCore Lite 20000は、本体充電に2種類の端子が選べ、かつ2台同時充電できるUSBタイプA x 2を持つ、20,000mAhクラスのモバイルバッテリーです。

そんなわけで本記事は「【Anker PowerCore Lite 20000レビュー】2種類のUSBから充電できる超大容量モバイルバッテリー」について書いていきます。

 

Anker PowerCore Lite 20000の外観と付属品

Anker社の「Anker PowerCore Lite 20000」は、20,000mAhのモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore Lite 20000の外観
 

20,000mAhはiPhone XSに約5回、iPad Pro(9.7インチ)でも約2回の充電ができる超大容量です。

Anker PowerCore Lite 20000はiPhone XSに約5回、iPad Pro(9.7インチ)でも約2回の充電ができる超大容量

MEMO
PD(Power Delivery)対応ではないため、ノートPCの充電は不可です。
 

大きな容量にもかかわらず、そのサイズは155 x 71 x 25mmと比較的コンパクトにおさえています。

Anker PowerCore Lite 20000のサイズ
Anker PowerCore Lite 20000の厚み
 

とはいえUSB2口タイプなので、同社の「(上)Anker PowerCore Speed 20000PD」より、幅はやや広めのサイズ設計です。

Anker PowerCore Speed 20000PDとAnker PowerCore Lite 20000のサイズ比較
 

重さは約392gで、入出力合わせて4ポート備える分、20,000mAhクラスとしては標準的な重量です。

Anker PowerCore Lite 20000の重さは392g
 

表面には斜線状の細かい凹凸おうとつが付いており、キズ付きにくく、指紋の付きづらい外観となっています。

Anker PowerCore Lite 20000の表面にはヘアラインのような凹凸あり
 
同梱品はバッテリー本体にMicro USBケーブル、専用ケースです。

Anker PowerCore Lite 20000の付属品
 

アダプターは付いていませんので、「Anker PowerPort Ⅱ PD」の購入を別途おすすめします。

Anker PowerPort Ⅱ PD

 

それではAnker PowerCore Lite 20000の機能面を紹介していきます。

 

Anker PowerCore Lite 20000の本体充電ポートは2種類

Anker PowerCore Lite 20000の大きな特長として「2種類の入力端子を備えていること」があります。

Anker PowerCore Lite 20000は2種類の本体充電ポートがある

 
本体充電がMicro USBのみのモバイルバッテリーも多い中、USBタイプC端子もバッテリー本体の充電に使えるようになっています。

Anker PowerCore Lite 20000はUSBタイプC端子もバッテリー本体の充電に使用可能

マクリン
20,000mAhクラスバッテリーで、2種類の本体充電ポートがあるのはAnker PowerCore Lite 20000だけ
 

こちらの利便性が高く、MacBook用のUSB-Cケーブルをそのまま使えて、アダプターからだけでなくPCからの充電も可能です。

Anker PowerCore Lite 20000はMacBookからの充電も可能
 

側面には4段階表示のLEDインジケーターが付いており、上面のボタンを押すことで残量確認ができます。

Anker PowerCore Lite 20000は4段階のLEDインジケーター付き

 

Sponsored Links

 

Anker PowerCore Lite 20000はPOWER IQ対応USB-Aを2つ搭載

Anker PowerCore Lite 20000は、出力端子(デバイス充電用)にUSBタイプA端子 x 2を備えています。

Anker PowerCore Lite 20000はPOWER IQ対応USB-Aを2つ搭載

こちらのタイプA端子、ただのUSBではなく、Anker独自技術「PowerIQ」を搭載しています。

PowerIQとは平たく書くと「デバイスに応じて最適な電流で充電する機能」です。

ちなみに最新版はPowerIQ 2.0。

2.0のほうが早く充電できてQuick Chargeにも対応していますが、実用面でPowerIQに不満を感じたことはありません。

MEMO
Apple製品はQuick Charge対応品ではありません。

 
ガラケー・スマホ・タブレットでは、以下のアンペア数を出力できれば、急速充電が可能です。

急速充電の電流値

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 
実際にこれらの電流値が出ているか確認するため、スマホ・タブレットの出力アンペア数をUSB電流電圧テスターで計測しました。

スマホとタブレットで、電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

Anker x スマホ(1.15A)

Anker x タブレット(1.78A)

 

Anker PowerCore Lite 20000は、電源ボタンを2秒長押しすることで、「低電流モード(緑点灯)」に切り替わります。

Anker PowerCore Lite 20000は低電流モードを備えている
 

低電流モードの出力は0.5A程度であり、Bluetoothブルートゥースイヤホンやスマートウォッチなど、電流値を控えめにすべきデバイスの充電に重宝します。

Anker PowerCore Lite 20000の低電流モード出力値
 

2ポートの合計は最大4.8Aで、数値上はタブレット2台でも急速充電できる計算です。

試しにタブレット x 2で接続したところ、充分な出力が出ていました。

Anker PowerCore Lite 20000にタブレット x 2で接続
 

Anker PowerCore Lite 20000は20,000mAhの超大容量バッテリーで、2種類の入力端子と2つのUSB出力端子を備えています。

バッテリー容量・端子・サイズのいずれかで、現状のモバイルバッテリーに不満をお持ちであれば、おすすめできる製品です。

 

Sponsored Links

 

Anker PowerCore Lite 20000レビューまとめ

本記事は「【Anker PowerCore Lite 20000レビュー】2種類のUSBから充電できる超大容量モバイルバッテリー」について書きました。

Anker PowerCore Lite 20000は20,000mAhクラスで唯一、2種類のUSB入力端子を備える、超大容量モバイルバッテリーです。

またUSBタイプA端子も2つ備え、使い勝手の良い一品をお探しなら有力候補になるでしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【RAVPower RP-PB159レビュー】45WのPD対応USB-CとUSB-A搭載の大容量モバイルバッテリー【20100mAh】 【Anker PowerCore Speed 20000 PDレビュー】MacBook充電可の最軽量モバイルバッテリー【ACアダプタ付き】 【RAVPower RP-PB059レビュー】ハブ機能付きのPD対応USB-C搭載20100mAhモバイルバッテリー 【Anker PowerCore Lite 10000レビュー】充電端子が2種類選べる軽量モバイルバッテリー【大容量】 【2019年】おすすめのモバイルバッテリーとその選び方・完全版【大容量・PD対応・薄型・Qi】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です