記事を探す方は全カテゴリーへ

【Anker PowerCore Lite 10000レビュー】充電端子が2種類選べる軽量モバイルバッテリー【大容量】

 
どうも、モバイルバッテリー大好きのマクリン( @Maku_ring)です。

外出時に欠かせないのがスマホ、それからモバイルバッテリー

Anker PowerCore Fusion5000

ふだんはAnkerの名作「PowerCore Fusion 5000」を持ち歩く機会が多いです。

ですが、僕のようなスマホヘビーユーザーは、本品のバッテリー容量、5,000mAhだと物足りないときがあります。
 

マクリン

やっぱりもうちょい容量欲しいなぁ……。かといって、20,000mAhだと重すぎるし。
 
そんな人にぴったりなのが、”ちょうどいい容量”の10,000mAhのバッテリー。

例えばiPhoneシリーズは2,000〜2,800mAhであるため、いずれも4〜5回も充電できちゃう計算になります。
 

マクリン

これだけあればひと安心!
 
10,000mAhクラスのモバイルバッテリーでも、特におすすめなのが、同じくAnkerの「Anker PowerCore Lite 10000」です。

Anker PowerCore Lite 10000

 
Anker PowerCore Lite 10000は、10,000mAhでありながら軽量・薄型設計で、しかも本体充電にUSBタイプC端子も使えるモバイルバッテリーなのです。

そんなわけで本記事は「【Anker PowerCore Lite 10000レビュー】本体充電が2種類選べる軽量モバイルバッテリー」について書いていきます。
 

Anker PowerCore Lite 10000の外観と付属品

Anker社の「Anker PowerCore Lite 10000」は、10,000mAhのモバイルバッテリーです。

大容量にもかかわらず、そのサイズは144 x 72 x 14.5mmとコンパクト。

Anker PowerCore Lite 10000はコンパクトサイズ

マクリン

大きさがiPhone Xとほぼ同じなんですよ。
 
厚みが14.5mmであるとおり、かなりの薄型仕様となっています。

Anker PowerCore Lite 10000の厚みは14.5mm
 
重量はもはや5,000mAhクラスと変わらない211gの軽量設計です。

Anker PowerCore Lite 10000の重さは211g
 
表面には斜線状の細かい凹凸おうとつが付いており、キズ付きにくい外観となっています。

Anker PowerCore Lite 10000の表面にはヘアラインのような凹凸
 
同梱品はバッテリー本体にケーブル、専用ケースです。

Anker PowerCore Lite 10000の付属品
 
アダプターは付いていませんので、別途「Anker PowerPort Ⅱ PD」の購入をおすすめします。

Anker PowerPort Ⅱ PD

 
それではAnker PowerCore Lite 10000の機能面を紹介していきます。
 

Anker PowerCore Lite 10000は入力端子にUSB-CとマイクロUSB搭載

Anker PowerCore Lite 10000の大きな特長として「2種類の入力端子を備えていること」があります。

Anker PowerCore Lite 10000の端子

 
Micro USB端子しか備えていないモバイルバッテリーが多い中、USBタイプC端子もバッテリー本体の充電に使えるようになっています。

Anker PowerCore Lite 10000はUSBタイプC端子もバッテリー本体の充電に使用可能

マクリン

ちなみにAnkerは、Anker PowerCore Lite 10000だけが入力用のUSB-Cを備えてるんですよ。

これがかなり便利で、ケーブルもMacBook用のUSB-Cケーブルを使い回せるし、ACアダプターからだけでなくPCからの充電も可能です。

Anker PowerCore Lite 10000はMacBookからの充電も可能

 
USB-Cケーブルは、PC用以外にもう一本持っておくことをおすすめします。なにかと使いますので。

Anker USB-Cケーブル

 
側面には4段階表示のLEDインジケーターが付いており、上面のボタンを押すことで残量確認ができます。

Anker PowerCore Lite 10000は4段階のLEDインジケーター付き
 
また、上面のボタンを長押しすると、Bluetoothイヤホンなどの充電に適した「低電流モード(緑点灯)」に切り替わります。

Anker PowerCore Lite 10000は低電流モード搭載

 

Sponsored Links

 

Anker PowerCore Lite 10000は出力端子にPOWER IQ対応のUSB-A搭載

Anker PowerCore Lite 10000は、出力端子(ガジェット充電用)にUSBタイプA端子を備えています。

Anker PowerCore Lite 10000はUSBタイプA搭載
 
このうちタイプA端子、ただのUSBではなく、Anker独自技術「PowerIQ」を搭載しています。

PowerIQとは平たく書くと「デバイスによって、急速充電に必要な電流値を自動で合わせてくれる賢い機能」。

ちなみに最新版はPowerIQ 2.0。

2.0のほうが早く充電できてQuick Chargeにも対応していますが、実用面でPowerIQに不満を感じたことはありません。

MEMO
Apple製品はQuick Charge対応品ではありません。

 
ガラケー・スマホ・タブレットでは、以下のアンペア数を出力できれば、急速充電が可能です。

急速充電の電流値

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 
実際にこれらの電流値が出ているか確認するため、ガラケー・スマホ・タブレットの出力アンペア数をUSB電流電圧テスターで計測しました。

Anker x ガラケー(0.52A)

Anker x スマホ(1.02A)

Anker x タブレット(1.45A)

マクリン

見事に合ってる!

Anker PowerCore Lite 10000は10,000mAhの大容量バッテリーでありながら、軽量かつ2種類の入力端子を備えています。

バッテリー容量・端子・重さのいずれかで、現状のモバイルバッテリーに不満をお持ちであれば、迷わず買うべき製品です。

 

Sponsored Links

 

「Anker PowerCore Lite 10000レビュー」まとめ

本記事は「【Anker PowerCore Lite 10000レビュー】充電端子が2種類選べる軽量モバイルバッテリー【大容量】」について書きました。

Anker PowerCore Lite 10000は小型軽量かつ、2種類のUSB入力端子を備える、大容量モバイルバッテリーです。

10,000mAhクラスのモバイルバッテリーで、実用性にすぐれた一品をお探しなら有力候補になるでしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【Anker PowerPort ll PDレビュー】MacBookとスマホ同時充電可の最小ACアダプター 【2018年】サルでも分かるモバイルバッテリーの選び方とおすすめ商品 Anker PowerCore Fusion 5000超えた!? OMKUY Qiモバイルバッテリー比較レビュー 【Anker PowerCore Speed 20000 PDレビュー】MacBook充電可の最軽量モバイルバッテリー【ACアダプタ付き】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です