アマゾン1,000円還元でお得に買い物する方法

【Anker PowerCore 15000 Reduxレビュー】ありそうでなかった15000mAhクラスのモバイルバッテリー

 
どうも、10台以上のモバイルバッテリーを所有するマクリン( @Maku_ring)です。

バッテリー容量でボリュームゾーンになるのが10,000mAhクラス20,000mAhクラス

10,000mAhはスマホを2回以上充電できるバッテリー容量ですが、タブレットの充電を想定すると、容量的にやや心もとない部分があります。

だからといって20,000mAhまで増やすと、重量が増えて携帯性が落ちてしまいます。

バッテリー容量の安心感・持ち運びやすさの双方を両立できるのが、両者の中間である15,000mAhクラスなのです。
 

マクリン
「究極の使いやすさ」を追求するAnkerのPowerCore Reduxシリーズより、そんな15,000mAhのモバイルバッテリーが出ました!

それが「Anker PowerCore 15000 Redux」です。

モバイルバッテリーの新しいスタンダードを作るべく、Ankerがモバイルバッテリーにあらためて向き合った意欲作です。

同シリーズは、10,000mAhのAnker PowerCore 10000 Reduxと20,000mAhのAnker PowerCore 20000 Reduxがありますが、Anker PowerCore 15000 Reduxは、まさにジャスト容量の15,000mAh。

手なじみの良さ・握りやすさに配慮しており、USBポートの使い勝手も抜群です。

そんなわけで本記事は「【Anker PowerCore 15000 Reduxレビュー】ありそうでなかった15000mAhクラスのモバイルバッテリー」について書いていきます。

 

Anker PowerCore 15000 Reduxの外観と付属品

Anker PowerCore 15000 Redux」は、15,000mAhのモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore 15000 Reduxの外観

モデル名にReduxとあるとおり、Ankerがモバイルバッテリーの原点に立ち返り、「本当に使いやすい製品とは何か?」の観点で開発しています。

Redux
戻ってきた,よみがえった
 

15,000mAhのバッテリー容量は、iPhone XSなら約3.5回、iPad Proも約1.4回充電できる充分すぎる容量です。

Anker PowerCore 15000 Reduxは15,000mAhのバッテリー容量
 
Reduxシリーズの特長は、Anker PowerCore 10000 ReduxAnker PowerCore 20000 Reduxと同様、その握りやすさ

Anker PowerCore 15000 Reduxの握りやすさ
 
人間工学に基づいた曲線デザインと滑りにくいストライプメッシュ加工を採用し、持ち運びやすい形状となっています。

Anker PowerCore 15000 Reduxは人間工学に基づいた曲線デザイン
Anker PowerCore 15000 Reduxの外装はストライプメッシュ加工
マクリン
まさに手のひらにフィットするフォルム
 
15,000mAhのモバイルバッテリー自体あまり多くありませんが、そのサイズは約104 x 73 x 25 mmと、大きすぎず小さすぎずちょうどいい大きさです。

Anker PowerCore 15000 Reduxのサイズ
 

Anker PowerCore 15000 Reduxのサイズは10000 Redux20000 Reduxの中間ですが、横幅は10000 Reduxと変わらず、形状が正方形にもっとも近いのも、そのバランスの良さの一因なのかもしれません。

Anker PowerCore 15000 Reduxと20000 Reduxと10000 Reduxのサイズ比較
 

Anker PowerCore 15000 Reduxのポート数は、20000 Reduxと同じくUSB-A x 2です。

Anker PowerCore 15000 Reduxと20000 Reduxと10000 Reduxのポート比較
 
重量も271gと両者の中間レベルで、ちょうど250mlの缶コーヒーくらい

Anker PowerCore 10000 Reduxの重さは183g
Anker PowerCore 15000 Reduxの重さは271g
Anker PowerCore 20000 Reduxの重さは363g

同梱品は本体とMicro USBケーブル、収納ポーチです。

Anker PowerCore 15000 Reduxの付属品
 
側面には残量確認用のLEDインジケーターが付いており、上面にある電源ボタンを押すと、4段階の点灯でおおよそのバッテリー残量が分かります。

Anker PowerCore 15000 Reduxのバッテリー残量確認用LEDインジケーター

LED1個点灯 〜25%
LED2個点灯 〜50%
LED3個点灯 〜75%
LED4個点灯 〜100%
 

Anker PowerCore 15000 Reduxの入出力端子

Anker PowerCore 15000 Reduxは本体充電用にMicro USB端子を備えています。

Anker PowerCore 15000 ReduxのMicro USBポート
Anker PowerCore 15000 ReduxのMicro USBポート
MEMO
最大5V/2Aの入力に対応。
 
デバイス充電用にはPower IQ対応のUSBタイプA端子が2つ付いています。

Anker PowerCore 15000 ReduxはPower IQ対応のUSBタイプA出力端子を2つ搭載

Anker独自技術「PowerIQ」とは平たく書くと「デバイスに応じ、最大2.4Aまでの範囲の適切な電流値で充電する機能」です。
 

マクリン
つまり、どのデバイスにも最適な電流に自動で合わせてくれます!
注意
iPad・iPhone・Android端末を急速充電可能ですが、PowerIQはQuick Chargeには対応しておりませんので、ご留意ください。
 
スマホ・タブレットで以下のアンペア数を出力できれば、急速充電が可能です。

急速充電のアンペア数

  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 

実際にこれらの電流値が出ているか確認するため、スマホ・タブレットの出力アンペア数をUSB電流電圧テスターで計測しました。

スマホ(iPhone XS)とタブレット(iPad Air)で確認したところ、充分すぎる電流量が供給されていました。

スマホ(1.45A)

タブレット(2.13A)

マクリン
2ポート合計3Aに対応しているので、2台同時に急速充電できちゃいます!

充電するデバイスによっては、電流値を抑えなくてはいけないものもあります。

Anker PowerCore 15000 Reduxはその点もきっちり考慮されています。

電源ボタンを2秒長押し(もしくは2回押し)することで「低電流モード(緑点灯)」に切り替わります。

Anker PowerCore 15000 Reduxの低電流モード
 

低電流モードはBluetoothブルートゥースイヤホンやスマートウォッチなど、電流値を低めにすべきデバイスの充電に重宝します。

Anker PowerCore 15000 Reduxの低電流モード
 

Anker PowerCore 15000 Reduxは、数少ない15,000mAhのモバイルバッテリーで、容量面と携帯性を両立している一品です。

マクリン
どちらも妥協したくない人におすすめですよ!
 

Sponsored Links

 

Anker PowerCore 15000 Reduxレビューまとめ

本記事は「【Anker PowerCore 15000 Reduxレビュー】ありそうでなかった15000mAhクラスのモバイルバッテリー」について書きました。

Anker PowerCore 15000 Reduxは、サイズ・形状・重量・USBポート数ともにバランスの高いモバイルバッテリーです。

マクリン
15,000mAhクラスなので、バッテリー容量も持ち運びやすさも抜かりなし!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Anker PowerCore 10000 Reduxレビュー】10000mAhモバイルバッテリーの新スタンダード【絶妙サイズとグリップ感】 【Anker PowerCore 20000 Reduxレビュー】最軽量クラスの20000mAhモバイルバッテリー【超大容量】 【10000mAh】おすすめの大容量モバイルバッテリー4製品! 【20000mAh】おすすめのPD対応大容量モバイルバッテリー人気4選【ノートPCも充電可能】 2019年買ってよかった、おすすめのモバイルバッテリー11選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です