おすすめのガジェットを探す「マクナビ」

【Anker PowerCore 10000 PD Reduxレビュー】世界最小・最軽量の10000mAhクラスPD対応モバイルバッテリー【大容量】

 
どうも、モバイルバッテリーにあふれるマクリン( @Maku_ring)です。

モバイルバッテリーの容量は、20,000mAh・10,000mAh・5,000mAhクラスと、大きく3種類に分かれます。

20,000mAhクラスの超大容量バッテリーは、容量面で余裕がある分、どうしても重くなってしまいます。

一方5,000mAhクラスは、携帯性にすぐれているものの、容量面が不足しがち。

そこでおすすめなのが、携帯性と容量のバランスが良い、実用性の高い10,000mAhクラスです。

ノートPC充電までカバーする高出力のUSB給電規格、Power Delivery(PD)対応のモバイルバッテリーであれば、あらゆるデバイスが急速充電できます。

10,000mAhクラスのPD対応モバイルバッテリーで、世界最小・最軽量モデルが「Anker PowerCore 10000 PD Redux」です。

Anker PowerCore 10000 PD Reduxは、Anker PowerCore 10000 PDAnker PowerCore 10000 Reduxという、2つの人気モデルの長所を受け継ぐハイブリッドモデルに仕上がっています。

つまり、前者の軽量コンパクトボディという特長はそのままに、Reduxシリーズならではの手に吸い付くような曲線デザインで、しっかりしたグリップ感を実現しています。

機能面も抜かりなく、最大18Wの入出力に対応するPD対応USBタイプCポート(USB-C)にくわえ、最大12WのUSBタイプAポート(USB-A)を備えるすぐれもの。

そんなわけで本記事は「【Anker PowerCore 10000 PD Reduxレビュー】世界最小・最軽量の10000mAhクラスPD対応モバイルバッテリー【大容量】」について書いていきます。

 

Anker PowerCore 10000 PD Reduxの外観と付属品

Anker PowerCore 10000 PD Redux」は、10,000mAhのモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore 10000 PDの外観

注意
愛用しマクリンまくりで本体が早くもキズついてますが、本来はキレイなのでご安心ください。

モデル名にPDとあるとおり、ハイパワーのUSB給電規格「PD(Power Delivery)」に対応しています。

10,000mAhのバッテリー容量は、iPhone XSだと2.5回分、iPad mini 5でも約1.2回充電できる充分な容量です。

Anker PowerCore 10000 PDのバッテリー容量
 

Ankerの中でReduxシリーズのひとつであり、Anker PowerCore 10000 Reduxに通ずる手なじみの良さに特徴があります。

Anker PowerCore 10000 PDのグリップ感
 

Anker PowerCore 10000 PD Reduxは、人間工学に基づいた曲線デザインと滑りにくいストライプメッシュ加工を採用し、握りやすい形状となっています。

Anker PowerCore 10000 PD Reduxは人間工学に基づいた曲線デザイン
Anker PowerCore 10000 PD Reduxの表面はストライプメッシュ加工

Anker PowerCore 10000 PD ReduxはPD対応にもかかわらず、手の平に充分おさまる超コンパクトサイズです。



これまでの同クラス世界最小・最軽量であった、PD対応モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD」と比べてもコンパクトで、幅は10mm近く小さくなっています。

Anker PowerCore 10000 PDとAnker PowerCore 10000 PD Reduxのサイズ比較
 
重量も数グラム下回る約193gであり、最軽量をさらに更新した技術力の高さを感じました。

Anker PowerCore 10000 PDの重さは約197g

PowerCore 10000 PD

Anker PowerCore 10000 PD Reduxの重さは約193g

PowerCore 10000 PD Redux

同梱品は本体とUSB-Cケーブル、収納ポーチです。

Anker PowerCore 10000 PD Reduxの付属品
 
電源ボタンの内周には、クールなブルーのLEDインジケーターが付いており、ボタンを押すと4段階の点灯でおおよそのバッテリー残量が分かります。

Anker PowerCore 10000 PD Reduxの残量確認用のLEDインジケーター
Anker PowerCore 10000 PD Reduxの残量確認用のLEDインジケーター
LED1個点灯 〜25%
LED2個点灯 〜50%
LED3個点灯 〜75%
LED4個点灯 〜100%
 

Anker PowerCore 10000 PD Reduxの入出力端子

Anker PowerCore 10000 PD Reduxは、USB-C(PD)とUSB-A、2種類のポートを搭載しています。

Anker PowerCore 10000 PD Reduxは2種類のポートを搭載
 
このうちUSB-Cは18Wの入出力に対応し、本体充電とデバイス充電の双方が可能です。

Anker PowerCore 10000 PD ReduxのUSB-Cは入出力機能に対応
 
18W以上のUSB PD対応急速充電器(Anker PowerPort III miniなど)と組み合わせて本体充電すれば、約3.5時間で満充電することができます。

Anker PowerPort III mini
Anker PowerCore 10000 PD ReduxはUSB PD対応の急速充電器と組み合わせると約3.5時間で満充電が可能

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」を使えばiPhoneも充電でき、iPhone XSわずか30分で最大50%まで充電できちゃいます。

Anker PowerCore 10000 PD Reduxはわずか30分で最大50%までiPhone充電

マクリン
フル充電まで急ぐときも頼りになりマクリン!

スマホ充電時は最大15Wまでの出力に対応しており、USB-C電圧電流チェッカーでワット数(電流 x 電圧)を計測したところ、10Wを超える値を示していました。

Anker PowerCore 10000 PD Reduxはスマホ充電時に最大15Wの出力に対応

スマホ x Anker(10.3W)

 

タブレット・ノートPC充電時は最大18Wまでの出力ができ、MacBook Air充電時には最大値に迫る値を示していました。

Anker PowerCore 10000 PD ReduxはMacBook Airの充電も可能
Anker PowerCore 10000 PD Reduxは最大18W出力でノートPCの充電も可能

MacBook x Anker(17.2W)

USB-Cにくわえ、最大12W出力のPower IQ対応USB-Aが付いています。

Anker PowerCore 10000 PD ReduxのPower IQ対応のUSBタイプA端子

Anker独自技術「PowerIQ」とは平たく書くと「デバイスに応じ、最大12W(5V x 2.4A)までの適切な電流値で充電する機能」です。
 

マクリン
デバイスに合わせた電流を流せます!
注意
iPad・iPhone・Android端末を急速充電可能ですが、PowerIQはQuick Chargeには対応しておりませんので、ご留意ください。
 
スマホ・タブレットで以下のアンペア数を出力できれば、急速充電が可能です。

急速充電のアンペア数

  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 

スマホ・タブレットの出力アンペア数をUSB電流電圧テスターで計測したところ、急速充電に充分な電流量が供給されていました。

スマホ(1.30A)

タブレット(2.01A)

2ポート接続時は、安全のため最大18W出力に制限されます。

Anker PowerCore 10000 PD Reduxは2ポート合計で最大18W
 
とはいえ、タブレットとスマホが2台同時に急速充電できましたので、まったく問題ない出力です。

スマホ(7.50W)

タブレット(9.87W)

高出力充電に対応するAnker PowerCore 10000 PD Reduxですが、充電デバイスによって電流値を抑えたいものもあります。
 

マクリン
でもAnker PowerCore 10000 PD Reduxなら大丈夫!
 
イヤホンなどの小型機器の充電をカバーできる「低電流モード」を備えているのです。

電源ボタンを2秒長押し(もしくは2回押し)することで「低電流モード(緑点灯)」に切り替わります。

Anker PowerCore 10000 PD Reduxの低電流モード
 
低電流モードはBluetoothブルートゥースイヤホンやガラケー・スマートウォッチなど、電流値を低くすべきデバイスの充電時に活躍します。


イヤホン(0.38A)

 
世界最小・最軽量クラスで携帯性にすぐれ、PD対応でさまざまなデバイスに急速充電可能。

Anker PowerCore 10000 PD Reduxは機能性もさることながら、手に吸い付くようになじむ曲線フォルムをたたえ、新たなメイン使いにおすすめできるモバイルバッテリーです。

 

Sponsored Links

 

Anker PowerCore 10000 PD Reduxレビューまとめ

本記事は「【Anker PowerCore 10000 PD Reduxレビュー】世界最小・最軽量の10000mAhクラスPD対応モバイルバッテリー【大容量】」について書きました。

Anker PowerCore 10000 PD Reduxは、人気の10,000mAhクラスの中で機能性とデザイン性を兼ね備えたプレミアムモデルです。

ほとんど全てのUSBデバイスに急速充電できる上、マットな質感・スタイリッシュなメッシュ加工・クールなブルーLEDライトなど、細部のこだわりが行き届いた傑作に仕上がっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【10000mAh】おすすめの大容量モバイルバッテリー7製品! 【Anker PowerCore Slim 10000 PDレビュー】世界最薄の10000mAhクラスPD対応モバイルバッテリー 【Anker PowerCore 10000 PDレビュー】世界最小・最軽量の10000mAhクラスPD対応モバイルバッテリー【大容量】 【Anker PowerCore 10000 Reduxレビュー】10000mAhモバイルバッテリーの新スタンダード【絶妙サイズとグリップ感】 【cheero Extra 10000mAhレビュー】1%単位で残量表示できるPD対応モバイルバッテリー【CHE-102】 【cheero Power Plus 5レビュー】業界最小&アルミボディの10000mAhクラスPD対応モバイルバッテリー 【cheero Stream 10000mAhレビュー】最大18WのUSB-CとUSB-AをもつPD対応モバイルバッテリー【CHE-103】 【2019年】モバイルバッテリーの選び方とそのおすすめ品・完全版【大容量・PD対応・薄型・Qi】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です