マクリンのおすすめガジェット

【Anker PowerCore 10000 PDレビュー】世界最小・最軽量の10000mAhクラスPD対応モバイルバッテリー【大容量】

 
どうも、ノマドワーカーのマクリン( @Maku_ring)です。

外でも仕事するワタクシは、ノートPCも充電可能なUSB給電規格、Power Delivery(PD)対応の超大容量モバイルバッテリーが欠かせません。

僕は20,000mAhクラスのPD対応モバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」を愛用しています。

Power Delivery(PD)対応の超大容量モバイルバッテリーAnker PowerCore+ 19000 PD

マクリン
3台同時に急速充電できる頼のもしい相棒ですが、このクラスのバッテリーはどうしても重いんですよね……。

PD対応でありつつ、バッテリー容量をもう少し抑えたモデルはないものか。

かねてより僕は、ポケッタブルのPD対応モバイルバッテリーを欲していました。

ところが、ついに出たのです。
 

マクリン
軽量小型のPD対応モバイルバッテリーが!

それが「Anker PowerCore 10000 PD」です。

Anker PowerCore 10000 PDは、Anker初の10,000mAhクラスPD対応モバイルバッテリーにして、世界最小・最軽量クラスを実現しています。

最大18WのPD対応USBタイプCポート(USB-C)にくわえ、最大10WのUSBタイプAポート(USB-A)まで備えるすぐれもの。

マクリン
Anker PowerCore 10000 Reduxに通ずる手なじみの良さもありますよ!
 
そんなわけで本記事は「【Anker PowerCore 10000 PDレビュー】世界最小・最軽量の10000mAhクラスPD対応モバイルバッテリー【大容量】」について書いていきます。

 

Anker PowerCore 10000 PDの外観と付属品

Anker PowerCore 10000 PD」は、10,000mAhのモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore 10000 PDの外観

モデル名にPDとあるとおり、大容量のUSB給電規格「PD(Power Delivery)」に対応しています。

10,000mAhのバッテリー容量は、iPhone XSだと2.6回分、iPad Proでも約0.8回充電できる充分な容量です。

Anker PowerCore 10000 PDのバッテリー容量
 

Anker PowerCore 10000 Reduxと同様、その握りやすさに特長があります。

Anker PowerCore 10000 PDの握りやすさ
 

Anker PowerCore 10000 PDは、人間工学に基づいた曲線デザインと滑りにくいストライプメッシュ加工を採用し、手のひらに馴染みやすい形状となっています。

Anker PowerCore 10000 PDは人間工学に基づいた曲線デザイン
Anker PowerCore 10000 PDの表面はストライプメッシュ加工
 
本体の横幅はグリップしやすい52mm、縦幅もわずか114mmにまで抑えています。

Anker PowerCore 10000 PDのサイズ(114x52x25mm)
 

同じ10,000mAhクラスのUSB-C(PD)非搭載モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 Redux」と比べてもかなりコンパクトで、幅も10mmほどしか変わりません。

Anker PowerCore 10000 PDとAnker PowerCore 10000 Reduxのサイズ比較
 
重量もスマホと同程度の約197gであり、PD対応モバイルバッテリーとして最小・最軽量に収めた技術力の高さを感じました。

Anker PowerCore 10000 PDの重さは約197g
 
同梱品は本体とUSB-Cケーブル、収納ポーチです。

Anker PowerCore 10000 PDの付属品
 
側面には残量確認用のLEDインジケーターが付いており、その隣の電源ボタンを押すと、4段階の点灯でおおよそのバッテリー残量が分かります。

Anker PowerCore 10000 PDの残量確認用のLEDインジケーター

LED1個点灯 〜25%
LED2個点灯 〜50%
LED3個点灯 〜75%
LED4個点灯 〜100%
 

Anker PowerCore 10000 PDの入出力端子

Anker PowerCore 10000 PDは、USB-C(PD)とUSB-A、2種類のポートを搭載しています。

Anker PowerCore 10000 PDは2種類のポートを搭載
 
このうちUSB-C(PD)は入出力の機能を備えており、本体充電・デバイス充電の双方に対応しています。

Anker PowerCore 10000 PDのUSB-Cは入出力機能に対応
 

USB PD対応の急速充電器(例えば「Anker PowerPort Atom PD 1」)と組み合わせて本体充電することで、約3.5時間で満充電が可能です。

Anker PowerPort Atom PD 1
Anker PowerCore 10000 PDはUSB PD対応の急速充電器と組み合わせると約3.5時間で満充電が可能
MEMO
最大18Wの入力に対応。
 

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」を使えばiPhoneも充電でき、iPhone XSならわずか30分で最大50%まで充電できちゃいます。

Anker PowerCore 10000 PDは最大15Wまでの出力でスマホ充電が可能

マクリン
フル充電まで急ぐときもこれなら安心!

スマホ充電時は最大15Wまでの出力に対応しており、USB-C電圧電流チェッカーでワット数(電流 x 電圧)を計測したところ、最大値に迫る値を示していました。

スマホ充電時は最大15Wの出力に対応

スマホ x Anker(12.8W)

 

タブレット・ノートPC充電時は最大18Wまでの出力ができ、MacBook Proも通常充電されていることが確認できました。

Anker PowerCore 10000 PDは最大18W出力でノートPCの充電も可能

MacBook x Anker(16.4W)

Anker PowerCore 10000 PDはMacBook Proも充電可能
マクリン
さすがPD対応ですね!
 
USB-Cにくわえ、最大10W出力のPower IQ対応USB-Aが付いています。

Anker PowerCore 10000 PDのPower IQ対応のUSBタイプA端子

Anker独自技術「PowerIQ」とは平たく書くと「デバイスに応じ、最大10W(5V x 2A)までの適切な電流値で充電する機能」です。
 

マクリン
つまり、どのデバイスにもマッチする電流を流せるということ!
注意
iPad・iPhone・Android端末を急速充電可能ですが、PowerIQはQuick Chargeには対応しておりませんので、ご留意ください。
 
スマホ・タブレットで以下のアンペア数を出力できれば、急速充電が可能です。

急速充電のアンペア数

  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 

スマホ・タブレットの出力アンペア数をUSB電流電圧テスターで計測したところ、急速充電に充分な電流量が供給されていました。

スマホ(1.62A)

タブレット(1.94A)

2ポートの合計は最大28Wであり、USB-C(最大18W)とUSB-A(最大10W)を合わせたワット数と同じです。
 

マクリン
ということは、2台同時につなげてもフルスピード充電できちゃいます!

2台接続時のUSB-Cのワット数も約16Wであり、USB-A未使用時と値が変わらないことから、最大28Wの余裕を感じる高出力でした。

Anker PowerCore 10000 PDは2台同時の急速充電が可能

MacBook x Anker(16.5W)

 

高出力の充電に対応するAnker PowerCore 10000 PDですが、充電するデバイスによっては、電流値を抑えたいものもあります。

 

マクリン
でもAnker PowerCore 10000 PDなら大丈夫!
 
電源ボタンを2秒長押し(もしくは2回押し)することで「低電流モード(緑点灯)」に切り替わります。

Anker PowerCore 10000 PDの低電流モード
 
低電流モードはBluetoothブルートゥースイヤホンやガラケー・スマートウォッチなど、電流値を低くすべきデバイスの充電に重宝します。

Anker PowerCore 10000 PDの低電流モード出力値
 
世界最小・最軽量クラスで持ち運びやすいにもかかわらず、PD対応でどんなデバイスにも急速充電可能。

Anker PowerCore 10000 PDは10,000mAhの大容量ながら、実用性も高く、第一選択になり得るモバイルバッテリーです。

 

Sponsored Links

 

Anker PowerCore 10000 PDレビューまとめ

本記事は「【Anker PowerCore 10000 PDレビュー】世界最小・最軽量の10000mAhクラスPD対応モバイルバッテリー【大容量】」について書きました。

Anker PowerCore 10000 PDは、サイズ・重量・USBポートともに完成度が大変高く、メイン使いにおすすめのモバイルバッテリーです。

マクリン
こちらを導入してから、20,000mAhクラスのバッテリーを持ち出す機会はほとんど無くなりましたよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。


【10000mAh】おすすめの大容量モバイルバッテリー5製品! 【Anker PowerCore 10000 Reduxレビュー】10000mAhモバイルバッテリーの新スタンダード【絶妙サイズとグリップ感】 【cheero Power Plus 5レビュー】業界最小&アルミボディの10000mAhクラスPD対応モバイルバッテリー 【Anker PowerCore 10000レビュー】コスパ抜群!定番の10000mAhモバイルバッテリー 【Anker PowerCore Lite 10000レビュー】充電端子が2種類選べる軽量モバイルバッテリー【大容量】 【2019年】おすすめのモバイルバッテリーとその選び方・完全版【大容量・PD対応・薄型・Qi】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です