記事を探す方は全カテゴリーへ

【パナソニックMC-SBU820Jレビュー】最強コードレス掃除機はどっち!? ダイソンと徹底比較【口コミ・評価】

【パナソニックMC-SBU820Jレビュー】最強コードレス掃除機はどっち!? ダイソンと徹底比較【口コミ・評価】

 
どうも、コードレス掃除機大好きのマクリン( @Maku_ring)です。

従来のキャニスター型掃除機に代わり、今やメインで使われているコードレス掃除機。

その市場はDyson(ダイソン)が牽引けんいんしています。

かつては吸引力推しだった同社も、ゴミ捨てやバッテリー・軽量性を改良して日本市場に完全フィットし、確固たる地位を築いています。

国内メーカーがこぞって製品を投入していますが、ダイソンV10 Fluffyが頭一つ抜けているのが現状です。
 

マクリン

ところがここに来て、Panasonic(パナソニック)が素晴らしいコードレスクリーナーを出してきたんですよ。
 
それがこちら、パナソニック「MC-SBU820J」です。

MC-SBU820Jは、ダイソンに真っ向勝負できるスペックを持ちながら、日本メーカーならではの細やかな配慮が盛り込まれた傑作クリーナーなのです。

そんなわけで本記事は「【パナソニックMC-SBU820Jレビュー】最強コードレス掃除機はどっち!? ダイソンと徹底比較【口コミ・評価】」について書いていきます。
 

1. パナソニックMC-SBU820Jの運転時間は業界最長の約65分

ダイソンV10 Fluffyの運転時間も約60分となかなかのスタミナですが、MC-SBU820Jはさらなるロングバッテリーをほこります。
 

マクリン

なんと驚異の65分

パナソニックMC-SBU820Jの運転時間は65分
 
それを実現しているのはバッテリーセルの本数。

業界最多の8本を直列に配置することで、約65分の運転を可能にしています。

パナソニックMC-SBU820Jのバッテリーセルは業界最多の8本

マクリン

65分もあれば、部屋をひととおり掃除した後に車の中も、なんてことも余裕でできちゃいますね♪ 

ちなみに充電時間もV10 Fluffyの3.5時間に対し、MC-SBU820Jは3時間と優秀です。

 

2. パナソニックMC-SBU820Jの最大吸込仕事率は同社最高の200W

MC-SBU820Jはバッテリーにくわえ、吸引力も高いレベルを保持しています。

その指標になるのが最大吸込仕事率

吸込仕事率とは平たく書くと「掃除機がゴミ・ホコリを吸い込む能力をワット数で表したもの」です。

特別な装置で測定した数値を使い、以下の式で算出されます。

掃除機が吸い込む空気量(風量)x 吸い込み時に発生する圧力(真空度)x 0.01666
 
同じ方式の掃除機同士を比較する場合は大変参考になる数値で、ダイソンV10 FluffyMC-SBU820Jはいずれもサイクロン式

V10 Fluffyは最大130Wなのに対し、MC-SBU820Jはなんと200Wです。

パナソニックMC-SBU820Jの最大吸込仕事率は同社最高の200W

実は吸引力という観点で、あのダイソンよりも高い数値を示しているのです。
 

マクリン

よく勘違いされますが、実はダイソン、吸引力の高さじゃなく、吸引力が変わらないことをウリにしてるんですよね。
 
この200Wという数値は同社の中で最高値なのはもちろんのこと、スティック型のサイクロン式としてもトップクラス

MC-SBU820Jは独自開発された大口径のモーターを使用しており、省エネと高パワーを高次元で両立しているのです。

 

Sponsored Links

 

3. パナソニックMC-SBU820Jは業界最軽量の約2.5kg

業界最多の大容量バッテリーに大型モーター搭載となると、どうしても気になるのが重量
 

マクリン

一見重くなるんじゃないかと思われがちですよね。
 
ところがMC-SBU820Jは、ダイソンV10 Fluffyの2.58kgよりも、ほんの少し軽い2.5kgまで抑えることに成功しているのです。

重量差はわずかですが、ダイソンは握り続けないと動かないトリガー式スイッチ、パナソニックは一度ボタンを押せばあとはグリップを握るだけなので、実際はその重さ以上に快適性の違いがあります。
 

ヨメ

ねえねえ、ダイソンより長持ちでモーターも大きいのになんでちょっと軽いの?
 
その秘密は、手元部分に採用しているセルロースファイバー樹脂ハニカム構造に隠されています。

パナソニックMC-SBU820Jは業界最軽量の約2.5kg

独自開発の樹脂を蜂の巣状に組み上げることで、強度をキープしながら軽量化を実現することができています。

運転時間・吸引力・軽量性、いずれを比較してもパナソニックのMC-SBU820Jは、ダイソンを少し上回るスペックを有しているのです。

ダイソンV10 FluffyパナソニックMC-SBU820J
連続運転時間約60分約65分
充電時間約3.5時間約3.0時間
最大吸込仕事率130W200W
サイズ W250 x H245 x D1232W240 x H218 x D1175
重量2.58kg2.50kg
 

Sponsored Links

 

4. パナソニックMC-SBU820Jはゴミ捨て機構が刷新されてワンタッチに

これまで国内メーカーが、ダイソンに後塵こうじんを拝していた理由のひとつがゴミ捨て機構

特にダイソンV10 Fluffyは、クリアビンが持ち手に対して水平で、ゴミ捨てがワンタッチで済む簡便仕様です。


 
パナソニックMC-SBU820Jのゴミ捨て機構も負けていません。

ダストボックスのボタンを押せばワンタッチでごみ捨てができる上、パーツを外して丸ごと水洗いができるようになっているのです。

パナソニックMC-SBU820Jはゴミ捨て機構が刷新されてワンタッチ
 

マクリン

いよいよゴミ捨て機構も追いついた感がありますね。
 
あと個人的に素晴らしいと感じているのが、両者ともにハンドル底部に滑り止めゴムを搭載している点です。

パナソニックMC-SBU820Jはハンドル底部にカベピタゴム搭載
 
これにより、スタンド式充電台を使わずとも、掃除途中で壁に立てかけることが可能となっています。

パナソニックMC-SBU820Jのスタンド式充電台

 

Sponsored Links

 

5. パナソニックMC-SBU820Jは多彩なアタッチメントと便利機能を搭載

ダイソンV10 Fluffyはソフトローラークリーナーをはじめ、ミニモーターヘッドやコンビネーションノズルなど、多種のノズルを搭載しているのも特長の1つです。

当たりはソフトながら、微細なゴミから大きなゴミまで逃がさない「ソフトローラークリーナー」

V10 Fluffyのノズル

  • ソフトローラークリーナーヘッド
  • ミニモーターヘッド
  • コンビネーションノズル
  • すき間ノズル
  • ミニソフトブラシ

ソファやマットレスのカビ吸い込みに最適な「ミニモーターヘッド」

先端のブラシを用途に応じて出し入れできる「コンビネーションノズル」

 
MC-SBU820Jも、同じく多彩なアタッチメントを取り揃えている上、パナソニックならではの細かな配慮と便利機能が盛り込まれています。

そのひとつがノズルに採用されたV字ブラシ

パナソニックMC-SBU820JのV字ブラシ

V字に曲がっていることで、吸引力の強いノズル中央にゴミ・ホコリを集め、吸い込み口で確実にかき取ることができるのです。

また、ブラシの色が緑と白で分かれているのにも、実は意味があります。

両者で毛質が異なり、それぞれ得意な床質も変わります。

V字ブラシ

  • 緑ブラシ フローリングの拭き掃除が得意
  • 白ブラシ じゅうたん・畳のかき出し掃除が得意

 
これらを合体することで、フローリング・じゅうたん・畳など、硬さやゴミの種類が異なる状況にも柔軟に対応できるのです。
 

マクリン

まさに日本の居住環境に適した仕様ですね。
 
ノズル先端には、パナソニック独自の「ガバとりノズル」を搭載しています。

壁面にノズルが当たると前部が大きく開き、ブラシが壁ギリギリまで届きます。

どうしても残りやすい壁際のゴミも、確実に除去することが可能です。

パナソニックMC-SBU820Jのガバとりノズル
 
さらなる便利機能として、立ったままでも親ノズルから子ノズルに分離できる機能があります。

親ノズルを足を踏み込んでパイプを持ち上げることで、狭いすき間にぴったりの「子ノズル」が登場します。

パナソニックMC-SBU820Jの子ノズル

マクリン

付け替える必要がないから圧倒的便利!
 
また、ハンドグリップの操作部には「クリーンセンサー」を搭載しています。

20μmレベル以上のハウスダストを検知すると赤く点灯し、ダストが除去されると青く点灯するため、その箇所がきれいになったか確認しながら掃除できます。

パナソニックMC-SBU820Jのクリーンセンサー

ツールが充実しているのもMC-SBU820Jの強み。

ふとん清潔ノズルやすき間ノズルなど、汎用性の高いツールを備えています。

パナソニックMC-SBU820Jのふとん清潔ノズル
パナソニックMC-SBU820Jのペタすき間ノズル
パナソニックMC-SBU820Jのすき間用ノズル
パナソニックMC-SBU820Jのロングホース
 
パナソニックMC-SBU820Jは、スペックがすぐれているだけでなく、ユーザー視点の利便性が満載の国産傑作クリーナーです。
パナソニック「MC-SBU820J
連続運転時間約65分
充電時間約3.0時間
本体サイズW240 x H218 x D1175
重量2.50kg
アタッチメントふとん清潔ノズル、ペタすき間ノズル、すき間ノズル、ロングホース

 

「パナソニックMC-SBU820Jレビュー」まとめ

本記事は「【パナソニックMC-SBU820Jレビュー】最強コードレス掃除機はどっち!? ダイソンと徹底比較【口コミ・評価】」について書きました。

パナソニックMC-SBU820Jは、全ての数値がダイソンV10 Fluffyを少しずつ上回り、ライバルを徹底的に研究した跡が見えるだけではありません。

さまざまな快適機能を備え、数値ではない部分の利便性も追求しており、まさに日本の居住環境に合わせて考え抜かれた掃除機です。

マクリン

パナソニックの本気が垣間見える一級品のクリーナーですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【2018年おすすめ】ハンディでも使えるコードレスのスティック掃除機4選!

【ダイソンV10 Fluffyレビュー】どう進化した!? V8との違いを徹底比較【口コミ・評価】

【2018年】メインで使えるおすすめのコードレス掃除機【人気6モデル比較】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です