11/27(金)から5日間のビッグセール開催

【popIn Aladdin SEレビュー】フルHD対応かつAndroid 9.0搭載で7万円台におさえた3in1プロジェクター

プロジェクター内蔵シーリングライト「popIn Aladdin 2」でTVを観ているマクリン家( @Maku_ring)です。

これ一台でLEDライト・スピーカー・アプリビューワー・テレビになるすぐれものですが、多機能だけに安いとはいえません。

マクリン
なんせ、99,800円もしますから……。

ほぼ10万円するとなると、ボーナス時や特別なときでないと手がなかなか出ません。

さすがに半額は難しいとしても、できれば2〜3万円減らしたいところ。

ただ、価格を下げたからといって大事なスペックが削減されるのは困ります(人間とはワガママな生き物なのです……)

プロジェクターの実用性を担保するため、最低限守りたいスペックというものが存在します。

中でも大事なのが解像度搭載OS

前者はプロジェクターの投影イメージの鮮明さ、後者はエンタメ性に関わります。

popIn Aladdin 2と同等の解像度とAndroid 9.0を持ちつつ、価格を7万円台におさえたコスパモデルが「popIn Aladdin SE」です。

フルHDかつアプリを楽しめる点はそのままに、LEDライトの調光調色や明るさ、スピーカー出力などを上手くカットすることで、popIn Aladdin 2よりなんと、2.5万円のコストダウンを実現しています。

専用スマートリモコン「Aladdinアラジン Remolessリモレス」と公式推奨TVチューナー「Xit AirBox」も同様に使えるので、popIn Aladdin 2と同様、音声操作機能とテレビ機能も備わっています。

そんなわけで本記事は「【popIn Aladdin SEレビュー】フルHD対応かつAndroid 9.0搭載で7万円台におさえた3in1プロジェクター」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。プロフィール詳細

popIn Aladdin SE(ポップインアラジンSE)の外観と2との違い

popIn株式会社の「popIn Aladdin SE」は、LEDライト・プロジェクター・スピーカー機能を搭載するスマートプロジェクターです。

popIn Aladdin SEは一台三役のスマートプロジェクター

popIn「popIn Aladdin SE
本体サイズ 直径476 x 高さ169mm
重量 約4.9kg
解像度 1920 x 1080(フルHD)
投影サイズ 最大120インチ
明るさ 500ANSIルーメン
スピーカー出力 3W x 2
ワイヤレス Bluetooth・Wi-Fi・Miracast・AirPlay

 
サイズは直径476 x 高さ169mmで、popIn Aladdinシリーズ共通でそこそこの大きさとなっています。

popIn Aladdin SEのサイズは直径476 x 高さ169mm
 
popIn Aladdin 2」とくらべ、高さ24mmほど厚みがあります。

popIn Aladdin SEは2よりも24mm程度厚い
 
popIn Aladdin SEと2でスペック比較してみました。

popIn Aladdin SEと2のスペック比較

製品名 popIn Aladdin SE popIn Aladdin 2
サイズ 直径476 x 高さ169mm 直径476 x 高さ145mm
解像度 1920 x 1080(フルHD) 1920 x 1080(フルHD)
明るさ 500ANSIルーメン 700ANSIルーメン
投影距離 2.82m = 100インチ 1.56m = 100インチ
上下可動域 0〜18° 0〜32°
スピーカー 3W + 3W 8W + 8W(Harman Kardon製)
LEDの調光・調色 36通り 10,000通り

解像度はフルHDと変わらないものの、popIn Aladdin SEは明るさとスピーカー出力、調光調色パターンがおさえられた仕様となっています。

スピーカーはHarmanハーマン Kardonカードン製ではなく通常のものとなり、出力も控えめです。

popIn Aladdin SEのスピーカーは6W出力
 
可動域は「0〜18°」と狭いものの、我が家のようにはりがせり出している環境でも、(ギリギリではありましたが)視聴は問題なくできました。


 
同梱品はシェード、引掛シーリング用専用アダプター、リモコンならびに単4アルカリ乾電池 x 2です。

popIn Aladdin SEの付属品
 
引掛シーリングであれば、角型・丸型・引掛埋込ローゼットいずれのタイプでも取り付けできます。

popIn Aladdin SEの引掛シーリング用専用アダプター
 
リモコンの操作性は良く、音声入力にも対応しています。

popIn Aladdin SEのリモコン
 
スマホアプリでの操作にも対応しています。

popIn Aladdin

popIn Aladdin

popIn Inc.無料posted withアプリーチ

 

シーリングライトは36通りの調光・調色が可能

popIn Aladdin SELEDライト機能をそなえ、シーリングライトとしても使えます。

popIn Aladdin SEはシーリングライトとしても使用可能

popIn Aladdin 2よりも調光調色パターンは少ないものの、充分に実用的です。

スマホアプリの操作ボタンは直感的で、分かりやすくできています。


 
ライト切り替えボタンを押すたびに「昼光色・電球色・昼白色・常夜灯」と切り替わっていきます。


 
またシステム環境設定から、ライトの明るさと色合いを6段階から調整可能です。

popIn Aladdin SEはライトの明るさと色合いを6段階ずつから調整可能

マクリン
2のほうが明るさを細かく調整できますが、シリーズ共通でライトとしての使い勝手は優秀ですよ!

プロジェクター機能もビジネスレベル

popIn Aladdin SEはプロジェクターの基本性能も高く、明るさは500ANSIルーメン、解像度はフルHDであり、充分にビジネスレベルです。

popIn Aladdin SEのプロジェクターは500ANSIルーメンでフルHDの解像度
 
手動ではありますが台形補正が付き、斜めからの投影になってもキレイな長方形に合わせることができます。

popIn Aladdin SEの台形補正機能
 
上下方向の調整もでき、自分の観たい高さにぴったり持っていくことが可能です。

popIn Aladdin SEの上下調整機能
 
画質もわりと細かく調整することができます。

popIn Aladdin SEの画質調整機能
 
天井固定なので有線接続には対応していませんが、PC・スマホ・タブレットの画面をそのままスクリーンに投影できるミラーリング機能を備えています。

popIn Aladdin SEはミラーリングに対応

MEMO
ミラーリングはAirPlay(iOS)・Miracast(Android)に対応しています。
 
解像度はフルHDなので、細かい文字(ルビ打ちも読める)も問題なく視認できます。

popIn Aladdin SEはフルHDで当サイトもしっかり読める

ただし、popIn Aladdin 2の700ANSIルーメンに対し、SEは500ANSIルーメンなので、夕方以降でないと厳しい輝度です。

popIn Aladdin SEのテレビ視聴・番組録画機能

popIn Aladdinの特筆すべき点は、テレビ・録画番組が観れること。

popIn Aladdin SEでもその機能はもちろん健在で「テレビ」というアプリで視聴できます。

popIn Aladdin SEのテレビアプリ
 
公式推奨TVチューナーの「Xit AirBox」を組み合わせれば、テレビ機能がすぐに備わるので、ぜひ一緒に購入することをおすすめします。

popIn Aladdin SEの公式推奨チューナーXit AirBox

MEMO
ルーターとXit AirBoxを有線LANケーブルでつなぎ、アンテナ線と接続するだけで、popIn Aladdin SEがXit AirBoxを円滑に認識してくれます。
 
番組表などのUIも分かりやすく、以前のテレビアプリ「つながるTV」よりも格段に直感的で使いやすくなっています。

popIn Aladdin SEのテレビアプリの番組表
 
公式チューナーの背面にUSBポートが付き、こちらに外付けHDDをつなげれば録画機能も付きます。


 
録画したい番組を選んで「予約する」を選べばそのまま録画でき、視聴しながら別番組を録画できる「裏番組録画」にも対応しているすぐれものです。

Sponsored Links

 

popIn Aladdin SEのアプリ機能

popIn Aladdin SEもAndroid OSを搭載し、多くのエンタメアプリを堪能することができます。

popIn Aladdin向けにチューニングされたアプリのみではあるものの、Amazonプライム・YouTube・Hulu・Abema TV・DAZN・Netflix・Spotify・radikoなど、メジャーどころはおさえています。

popIn Aladdin SEはAndroid OS搭載

これだけ入っていれば、一人で楽しめるだけでなく、誰かが遊びに来たときも一緒に時間を過ごせるのでかなり重宝します。

動画アプリの映像美も素晴らしく、湖のゆらぎや緑の微妙な色のちがいも表現しており、さながらシアタールームです。

YouTube
動画の7分10秒すぎから4K動画の映像を流しています。


 
エンタメ系のアプリだけでなく、壁時計のように実用的なアプリも入っています。

Aladdinモードと呼ばれるスクリーンセーバーでは、亀が海をたゆたう様子も設定でき、癒やされます。

美風景アプリでは、窓から覗くさまざまな風景を投影することができ、小洒落こじゃれた演出も可能です。

Aladdin Remolessによる音声操作機能

個人的にかなりうれしい追加機能が、スマートリモコン「Aladdin Remoless」との組み合わせによる音声操作機能です。

Aladdin Remoless

要は「Amazon AlexaやGoogle Homeのポップインアラジン版」なのですが、リモコンがどこかに紛れ、何度も困った経験をしている我が家にとっては大助かり。

「リモレス、して」と呼びかけるだけで、天面のLEDが点灯し、本体やLEDライト、エアコンのオンオフが可能となります。


 
Aladdin Remolessとの接続方法を紹介します。

STEP.1
再生ボタン長押し

popIn Aladdinアプリを立ち上げて「リモレス」タブを選び、Aladdin Remoless本体の再生ボタンを長押しします。


STEP.2
Bluetooth接続
本体とスマホをBluetooth接続します。



STEP.3
Wi-Fi接続
本体をWi-Fi接続します。ルーターにできるだけ近い位置で設定しないと、Wi-Fiを掴まないので注意ください。



STEP.4
接続設定
本体のWi-Fi接続設定が進むので待機します。


STEP.5
設定完了
対応機種を選んで設定は完了です。あわせてエアコンとの接続設定も進めておくことをおすすめします。



音声操作自体はややタイムラグがあるものの充分実用的で、かなり快適に使えています。

プロジェクターをオン


 
プロジェクターをオフ

 
LEDライトをオンオフ

 
エアコンをオンオフ

マクリン
エアコン以外の家電操作にも順次対応予定とのことですよ!

Sponsored Links

 

popIn Aladdin SEレビューまとめ

本記事は「【popIn Aladdin SEレビュー】フルHD対応かつAndroid 9.0搭載で7万円台におさえた一台三役のプロジェクター」について書きました。

popIn Aladdin SEは、シーリングライト・プロジェクター・オーディオの機能性は守りつつ、スペックを上手に抑え、7万円台を実現しているスマートプロジェクターです。

popIn Aladdin 2だとちょっと高いな……」という方にこそおすすめしています。

我が家もpopIn Aladdinで生活に彩りが加わったので、この機会に導入をぜひ検討ください。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

YouTube
動画でも紹介していますので参考ください。


【2020年】おすすめのモバイルプロジェクター人気6モデル【小型ミニ】 【popIn Aladdin 2レビュー】フルHD対応かつデュアルスピーカーでパワーアップしたスマートプロジェクター 【Anker Nebula Cosmos Maxレビュー】4K対応かつAndroid TV 9.0搭載で最強レベルのホームプロジェクター! 【XGIMI Haloレビュー】Android TV 9.0搭載でアプリ・TVが観れるフルHD対応ポータブルプロジェクター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です