おすすめのノートパソコン

【ASUS ROG Zephyrus S17レビュー】最強レベルのパワー&デザインでデスクトップを超える究極のゲーミングノートPC

評価:5

ぱぶまる
本記事ではASUSのゲーミングノートPC「ROG Zephyrus S17」をレビューしました。CPUにはCore i9-11900H 、GPUはGeforce RTX 3080を搭載し、リフレッシュレートは4K対応の120Hzという最高クラスのスペックです。

どうも、ゲーミングデバイスブロガーのぱぶまるです。

ゲーミングノートPCあくまでサブ機というイメージがある方も多いと思います。

デスクトップと比較してしまうとやはりパワー不足であったり、キーボードやディスプレイが使いづらかったりすることもあります。

しかし、このたび紹介する「ROG Zephyrus S17」なら、スペックからハードに至るまで完璧といってよいほど充実し、その辺のデスクトップよりもパワフルです!

 ROG Zephyrus S17の外観

ぱぶまる
ゲームのほか、編集作業など重い作業をガンガンこなせる1台です!

そんなわけで本記事は「【ROG Zephyrus S17レビュー】最強レベルのパワー&デザインでデスクトップを超える究極のゲーミングノートPC」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はASUS JAPAN様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

ROG Zephyrus S17のスペック

ROG Zephyrus S17」は15.6型のゲーミングノートPCです。

 ROG Zephyrus S17は軽量15.6型のゲーミングノートPC
 
本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 ROG Zephyrus S17
CPU Intel Core i9-11900H
GPU NVIDIA GeForce RTX 3080 Laptop GPU 16GB
液晶 17.3型ワイドTFTカラー液晶
リフレッシュレート 120Hz
解像度 3,840 x 2,160ドット(UHD)
メモリ 32GB
ストレージ 2TB(PCI Express 4.0 x4接続)
端子 USB Type-C(Thunderbolt 4)x 1、USB Type-C(USB3.2 Gen2)x 1、USB Type-A(USB3.2 Gen2)x 3、マイク入力 x 1、ヘッドフォン出力 x 1、HDMI2.0 x 1、SDカードリーダー、ギガビットLANポート x 1
バッテリー 約5.5時間
質量 2.75kg
スペック評価
外観(ギミックを搭載した使いやすいデザイン)
(5.0)
重量(据え置き推奨)
(2.0)
ディスプレイ(4Kリフレッシュレート120Hz)
(5.0)
キーボード(せり上がり構造で熱くならず打ちやすい)
(5.0)
音質(スピーカー6基搭載で迫力ある温室)
(5.0)
ポート・無線(種類、数ともに充分。thunderbolt、Wi-Fi6対応)
(5.0)
ゲーム(どのゲームも快適にプレイ)
(5.0)
騒音・熱(熱が伝わりづらく、冷却性能も高い)
(5.0)
 

外観

本体カラーはガンメタリックで、ロゴは天板に1箇所あるものの、シンプルに仕上がっています。

ROG Zephyrus S17のカラーはブラック

重量は2.75kgと据え置き推奨です。
 

液晶ディスプレイ

ディスプレイはナローベゼルで没入感があり、リフレッシュレートは120Hzですが4K対応なので、とてもきれいでスムーズな描写です。

ROG Zephyrus S17のディスプレイはナローベゼル

音質

スピーカー
スピーカー6基搭載で臨場感と迫力を感じます。
マイク
音質も問題ありません。
ぱぶまる
FPSとかでなければスピーカーでゲームを楽しむのもおすすめです!

キーボード

メカニカルキーボード搭載でゲーム用途として使いやすく、スペースキー周りも含めて配置もよいです。

ROG Zephyrus S17のキーボード
 
目玉的な機能としてはせり上がり式のキーボード面!

ROG Zephyrus S17のキーボード
 
キーボード面が斜めになるため打ちやすくなるほか、長時間使っていても排熱が伝わることなく快適です!

ROG Zephyrus S17のキーボード
 
左上にロールタイプの音量調節があり、かなり使いやすいです!

ROG Zephyrus S17のキーボード

ぱぶまる
使いやすさと快適さを兼ね備えたギミックで、これだけでも欲しくなりました!
ポイント
メカニカルキーボード搭載で押し感、反応良し
せり上がるキーボード面は打ちやすさと排熱が伝わらず快適
ロールタイプの音量調節が使いやすい
ライティングの個別キー割り当て不可、マクロ機能なし

インターフェース

右側面にはUSB-A(USB3.0)が2つとSDカードリーダーがあります。

ROG Zephyrus S17の右側面インターフェース
 
左側面にはLANポートとUSB-A、USB-C(Thunderbolt 4)、USB-C、HDMI、マイク入力とヘッドフォン出力端子が付いています。

ROG Zephyrus S17の左側面インターフェース
 
背面には何もなくすっきりしています。

ROG Zephyrus S17の背面インターフェース

ROG Zephyrus S17のゲームベンチマーク

ROG Zephyrus S17はCPUにIntel Core i9、GPUにGeForce RTX 3080を搭載しています。

MEMO
性能テストでは、ファンの動作モードをパフォーマンスモード(最大)にして測定しています。
 
重い3Dゲームの代表格「ファイナルファンタジー15」の高品質では「快適」でスコアも9000超えです。

ROG Zephyrus S17のFF15のスコア
 
さらに「ファイナルファンタジー15」の4K画質にした場合でも「やや快適」の評価。

ROG Zephyrus S17のFF15のスコア

ぱぶまる
4K画質でもここまでのスコアが出る機種はほかにありませんね!

ROG Zephyrus S17でPUBGをプレイ

重いゲームの代表格「PUBG」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:ウルトラ・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は174とかなり高いです!

ROG Zephyrus S17でPUBGをプレイ
 

グラフィック設定:非常に低い・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は215のハイスコア!

グラフィック設定:ウルトラ・解像度3840×2160(4K)(16:9)

FPS値は55とさすがにプレイするには厳しかったです。

グラフィック設定:非常に低い・解像度3840×2160(4K)(16:9)

FPS値は104とこれなら4Kでもプレイできなくないです。

ぱぶまる
スペックどおりのハイスコアで、グラフィックを楽しみながら快適にプレイできます!

ROG Zephyrus S17で人気ゲームのAPEX LEGENDSをプレイ

人気ゲームの代表格「APEX LEGENDS」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は166前後とハイスコアです。

ROG Zephyrus S17でAPEX LEGENDSをプレイ
 

グラフィック設定:低・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は201と200を超えました!

ROG Zephyrus S17でAPEX LEGENDSをプレイ

グラフィック設定:最高・解像度3840×2160(4K)(16:9)

FPS値は75とプレイするにはさすがに厳しいですが、4Kでここまで出せるのはすごいです。

グラフィック設定:低・解像度3840×2160(4K)(16:9)

FPS値は100とギリギリプレイできますが、さすがにもうちょっとほしいですね。

ぱぶまる
さすがに4Kではプレイするには足りないですが、かなりのハイスコアが出ています!

ROG Zephyrus S17で快適にできるタイトルは?

すべてのゲームを快適にプレイできるレベルです。

ゲームタイトルごとの快適度
League Of Legends(高画質でも快適)
(5.0)
DQX(最高品質で「快適」)
(5.0)
FF14(高品質で「すごく快適」)
(5.0)
FF15(高品質で「普通」)
(5.0)
FORTNITE(中画質設定でプレイ推奨)
(5.0)
APEX(低画質設定でプレイ推奨)
(5.0)
PUBG(低画質でプレイ推奨)
(5.0)
CoD(Warzone)(低画質でプレイ推奨)
(5.0)
レインボーシックスシージ(低画質でプレイ推奨)
(5.0)
Dead By Daylight(最高画質で快適)
(5.0)
マインクラフト(最高画質で快適)
(5.0)
MEMO
FPS値が常時100以上でラグなどが無い状態を基準に「快適」といえるか判定しています。

また、中程度の重さのゲームやFPS以外のゲームでは4K画質でプレイすることもできるので高グラフィックを楽しめます!

ROG Zephyrus S17レビューまとめ

本記事は「【ROG Zephyrus S17レビュー】最強レベルのパワー&デザインでデスクトップを超える究極のゲーミングノートPC」について書きました。

ROG Zephyrus S17は、スペックが高いのはもちろん、ハード面にもかなり贅沢ぜいたくな造りになっており、ゲーミングノートPCPCとして至高の1台といえます。

その分価格は高いですが、手に取る価値は充分にあります。

ぱぶまる
これまで触れてきた中で、これ以上ないほどの完成度でした!
YouTube
動画でも紹介しています。

【ASUS ROG Zephyrus M16レビュー】1ランク上の画質と音響をそなえる高バランスのゲーミングノートPC 【ASUS ROG Strix G17 G713QRレビュー】スペック・機能性・静音性を高コスパにまとめたゲーミングノートPC 【ASUS ROG Strix SCAR 17 G733QSレビュー】デスクトップ級のパワーとデザイン性・静音性を備えたゲーミングノートPC 【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です