おすすめのノートパソコン

【THIRDWAVE VF-AD4レビュー】3万円台で買える価格破壊の14型モバイルノートPC

作業場所を選びたくないならモバイルノートPC一択のマクリン( @Maku_ring)です。

とはいえ、最近のモバイルノートは機能性が高く、お世辞にも安いとはいえません。

それにも関わらずPCの製品サイクルはわりと早く、2〜3年も経つと、とたんに古くなってしまいます。

人生のうちで何回も買い換える製品であれば、一回一回の出費はできるだけ抑えたいもの。

やはり「安さは正義」ということで、きちんとしたメーカーが作っていて、かつ3万円台を実現した破格の14型モバイルノートPCが、ドスパラの「THIRDWAVE VF-AD4」です。

ドスパラVF-AD4の外観

CPUはCeleron N4000、ストレージは64GBとかなり控えめの仕様ではあるものの、M.2 SATA SSDの増設が容易に可能なのでそれほど問題ではありません。

しかも、筐体きょうたいがわりと頑丈であったり、PD対応USB-C充電対応や液晶もがんばっているなど、価格からは想像できないほどしっかり造られています。

マクリン
オフィス作業や買い物、動画鑑賞だけ行うなら全然ふつうに使えますよ!

そんなわけで本記事は「【THIRDWAVE VF-AD4レビュー】3万円台で買える価格破壊の14型モバイルノートPC」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。

THIRDWAVE VF-AD4のスペック

THIRDWAVE VF-AD4」は、14型のモバイルノートPCです。

ドスパラVF-AD4は14型のモバイルノートPC
 
本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 サードウェーブ「THIRDWAVE VF-AD4
CPU Intel Celeron N4000(1.10GHz)
GPU Intel UHD Graphics 600
液晶 14インチ(非光沢)
解像度 フルHD(1920 x 1080)
メモリ 4GB
ストレージ 64GB(eMMC)
生体認証 指紋認証
端子 USB-C x 1(USB3.2 Gen1・Power Delivery)/USB-A x 2(USB 3.2 Gen1 x 1/USB 2.0 x 1)/micro HDMI x 1/microSDカードリーダー
バッテリー 約8.6時間
質量 約1.28kg

 

外観

本体カラーは、シンプルなシルバーですっきりした外観です。

ドスパラVF-AD4のカラーはシルバー
 
素材は不明ですが、アルミニウムっぽい金属感のあるボディであり、指紋の付きづらいマット加工がされているなど、かなり上質に仕上がっています。


 
エッジ部分にはダイヤモンドカットが施され、高級感の演出もされているのには驚きました。


 
ヒンジ部は150°まで開く仕様となっています。

ドスパラVF-AD4のヒンジ部は150°まで開く
 

サイズ・重量

THIRDWAVE VF-AD4のサイズは幅332.5 x 奥行222mmで、A4サイズよりほんのり大きいくらいで持ち運びには困りません。

ドスパラVF-AD4のサイズは幅332.5 x 奥行222mm
 
厚みは最厚部14mmで、バッグやケースに入れても邪魔にならない、なかなかのスリム設計です。

ドスパラVF-AD4の厚みは14mm
 
重量は約1.28kgとモバイルノートでは標準的。

ドスパラVF-AD4の重量は約1.28kg
 
45W仕様のACアダプターは約157gと軽く、折りたたみプラグなのもうれしいです。

ドスパラVF-AD4のACアダプター重量は約157g
 
しかも充電ポートはPD対応USB-Cであり、他社の45W対応充電器が使えるほか、PD対応モバイルバッテリーからの充電も可能となっています。

ドスパラVF-AD4はPD対応USB-C搭載

ディスプレイ・スピーカー

THIRDWAVE VF-AD4のディスプレイは、1920 x 1080ドットのフルHD液晶で充分な解像度を備え、価格のわりに液晶の品質もぜんぜん悪くありません。

ドスパラVF-AD4のディスプレイは1920 x 1080ドットのフルHD

さらにノングレア(非光沢)なので映り込みもなく、使いやすいです。

視野角もそれなり広く、明記はしていませんが、IPSなのではないかと思われます。


 
上枠にはHD対応Webカメラもそなえ、Web会議用途でも使えます。

ドスパラVF-AD4はHD対応Webカメラ搭載
 
スピーカーはキーボード上部にあるものの、音質は正直おまけレベルとお考えください。


 

キーボード

THIRDWAVE VF-AD4のキーボードは、タイプした感じがやや固めであるものの、配列にクセもなく使いやすいです。

ドスパラVF-AD4のキーボード
 
キーピッチ・キーストロークともに標準的な値。

ドスパラVF-AD4のキーピッチ
キーピッチは約19mm
ドスパラVF-AD4のキーストローク
キーストロークは約1.2mm
 
タッチパッドの横幅は約10.5cmとやや狭めではあるものの、クリック感はまったく問題ありませんでした。

ドスパラVF-AD4のタッチパッド横幅は約10.5cm
 
特筆すべきは、3万円台にも関わらず指紋認証リーダーをそなえていることです。

ドスパラVF-AD4は指紋認証リーダー搭載

安全かつスムーズにWindowsにログインできて重宝します。

インターフェース

THIRDWAVE VF-AD4のインターフェースは、PD対応USB-CをそなえるほかにUSB-Aも2つ付き、ツボをおさえた仕様です。

右側面には左からmicroSDカードリーダー、USB-A(USB2.0)、マイク入力ヘッドフォン出力共用端子があります。

ドスパラVF-AD4の右側面インターフェース
 
左側面はUSB-C x 1(USB3.2 Gen1・Power Delivery)、microHDMI、USB-A(USB 3.2 Gen1)があります。

ドスパラVF-AD4の左側面インターフェース

THIRDWAVE VF-AD4のSSD・CPU・GPU性能

THIRDWAVE VF-AD4のストレージはHDDでなく、読み書き速度がSSDとHDDの中間程度のeMMCを採用しています。

HDDとSSDのちがい

  • HDD(Hard Disc Drive) ディスク型の記録デバイス
  • eMMC(embedded MultiMediaCard) フラッシュメモリ(USBメモリの中身)の小型版
  • SSD(Solid State Drive) フラッシュメモリの大型版

 

ベンチマークソフト「Crystal Disc Mark」にて、読み込み/書き込み速度を測定したところ、HDDよりは速い値(ただしSSDよりは遅い)を示していました。

ドスパラ VF-AD4のSSD読み書き速度

容量は正直少ないですが、M.2 SATA SSDの増設が容易に可能なので、パフォーマンスを上げたいときは増設も視野に入れましょう。

CPUにはIntel Celeron N4000(1.1GHz)、GPUにはUHD Graphics 600を搭載しています。

ドスパラ VF-AD4のCPUはIntel Celeron N4000、GPUはUHD Graphics 600
 
CINEBENCH R20の結果は257であり、高い性能とはいいがたいです。ただ、Web閲覧やショッピング、オフィスソフトなど一般用途かつ単一使用であれば、問題なくこなせます。

3万円で買えるノートPCとしては上手くまとまっており、価格をとにかく最優先する人には有力候補になるでしょう。

Sponsored Links

 

THIRDWAVE VF-AD4レビューまとめ

本記事は「【THIRDWAVE VF-AD4レビュー】3万円台で買える価格破壊の14型モバイルノートPC」について書きました。

THIRDWAVE VF-AD4は、3万円台を実現している価格破壊の14型モバイルノートPCです。

CPUはCeleron N4000、ストレージは64GBと控えめであるため、決してサクサク動くわけではありませんが、負荷の軽い作業であれば実用的にこなせます。

シンプルな外観、PD対応USB-C充電対応や視野角の広い液晶など、しっかり造られています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【ドスパラ DX-C5レビュー】Intel Core i5搭載かつWi-Fi6対応で7万円台の15.6型スタンダードノートPC 【2020年】ノマドにおすすめのモバイルノートパソコン【持ち運び可】【2020年】ノマドにおすすめのモバイルノートパソコン【持ち運び可】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です