おすすめのノートパソコン

【Surface Pro 7レビュー】ノートPCでもタブレットでも完成度高い2in1の決定版!

 
どうも、ノマドワーカーのマクリン( @Maku_ring)です。

内でも外でも作業する人におすすめなのが、タブレットとしても使える2in1・タブレットPC

数ある2in1ノートPCの中で代表格ともいえるモデルが、Microsoftマイクロソフトの「Surface Pro 7」です。

Surface Pro 7の外観

Surface Pro 7は、第10世代のIntel Coreプロセッサー搭載の12.3型タブレットPCで、i5・i7モデルではIntel UHDグラフィックスより描画性能の高いIris Plusグラフィックスを採用しています。

Surface Pro XのようにLTE対応ではないもののUSBタイプC充電が可能で、汎用性高いモデルに進化しています。

ボディにはアルミより高剛性のマグネシウム合金ボディを採用し、わずか700g台の軽量性と丈夫さを兼ね備えたPCに仕上がっています。
 

マクリン
専用のタッチペンは4096段階の筆圧感知に対応し、PCの中では随一ずいいちの使いやすさですよ!
 
そんなわけで本記事は「【Surface Pro 7レビュー】ノートPCでもタブレットでも完成度高い2in1の決定版!」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。

Surface Pro 7のスペック

Microsoft社の「Surface Pro 7」は、12.3インチの2in1・タブレットノートPCです。

Surface Pro 7は12.3インチの2in1・タブレットノートPC
 
キーボードのSurface Pro Signature Type CoverとタッチペンのSurface ペンは、必須レベルの付属品なので、本体と同時購入しましょう。

Surface Pro 7のSurface Pro Signature Type Cover
Surface Pro 7のSurface ペン

Surface Pro Signature Type Coverは、ポピーレッドをふくめ、全4色あります。

icon
icon
 
本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名Microsoft「Surface Pro 7
CPUIntel Core i3-1005G1/Core i5-1035G4/Core i7-1065G7(1.1GHz)
GPUIntel UHD グラフィックス(i3)/Iris Plus グラフィックス(i5、 i7)
液晶12.3インチ(光沢)
解像度267 PPI(2736 x 1824)
メモリ4GB/8GB/16GB
ストレージ128GB/256GB/512GB/1TB(PCIe SSD)
生体認証顔認証
端子USB-C x 1(Power Delivery・DisplayPort Alt Mode) x 1/USB-A x 1(USB3.1)/microSDカードリーダー
バッテリー約10.5時間
質量約775g(i3、i5)/約780g(i7)
MEMO
本記事では、i5/8GB/256GBの構成で貸与いただき、レビューしています。
 
Surface Pro 7は最新のWi-Fi規格「Wi-Fi6」に対応しています。

Wi-Fi5(11ac)
  • 最大速度(理論値):6.9Gbps
  • 周波数帯:5.0GHz
  • MU-MIMO:最大4ユーザー
Wi-Fi6(11ax)
  • 最大速度(理論値):9.6Gbps
  • 周波数帯:2.4GHz/5.0GHz
  • MU-MIMO:最大8ユーザー

Surface Pro XはWi-Fi6非対応なので、この点では7が秀でています。

Wi-Fi6対応のルーターと組み合わせることで、超高速のインターネット環境を体感できます。


 
また「Office Home & Business 2019」が標準で付属していますので、Word・Excel・PowerPointなどが使用可能です。

マクリン
良心的な仕様ですね!
 

外観

外装はマグネシウム合金で品質・強度ともに高く、カラーは上品なプラチナです。

Surface Pro 7の外装はマグネシウム合金

Surface Pro Xはアルミニウム合金ですが、マグネシウムのほうが高剛性かつ軽くて優秀な素材といえます。

ボディカラーはプラチナ以外に、クールなブラックも取り揃えています。


 
背面にはKickstandを内蔵しています。

Surface Pro 7のKickstand
 
直角に近いところからフラットに迫る角度まで、無段階で調整可能です。



 

サイズ・重量

Surface Pro 7のサイズは292 x 201 mmで、A4と同じ大きさです。

Surface Pro 7のサイズ
 
厚みはわずか8.5mmで、バッグに入れても全くかさばらない、かなりの薄型設計となっています。

Surface Pro 7の厚さは8.5mm
 
重さは約772gと軽量ですが、タイプカバーをふくめると約1.08kgであり、モバイルノートPCとしてやや軽めの部類に入ってきます。

Surface Pro 7の重量
Surface Pro 7のタイプカバーをふくむ重量

付属のACアダプターは約290gと少し重めで、ポート形状もSurface専用の仕様です。



こちらのアダプターには、充電用のUSBタイプAポートが付いています。

Surface Pro 7のアダプターのUSBタイプAポート
 
側面にあるUSBタイプCがPD対応であり、公式推奨ではないものの、実はこちらからUSB-C充電器やモバイルバッテリーを使って給電可能となっています。


 
ためしにcheeroの18WRAVPowerの30WANKERの60W充電器とPD対応USB-Cケーブルを組み合わせたところ、いずれも問題なく充電できていました。



マクリン
USB-C充電対応はかなり嬉しいポイントですね!

ディスプレイ・スピーカー

Surface Pro 7のディスプレイは2736 x 1824ドットであり、よくあるフルHD(1920 x 1080ドット)の液晶にくらべて約2.4倍の解像度であり、その分精細できめ細やかな表現が可能となっています。

Surface Pro 7のディスプレイは2736 x 1824ドット

MEMO
グレア(光沢)液晶で映り込みするため、気になる場合は低反射タイプの液晶保護フィルムを貼るといいでしょう。
 
ただしベゼルは太く、近年ナローベゼルのノートPCが多く出ている現状なので、その点は少々気になるところです。

Surface Pro 7のディスプレイは通常ベゼル
 
タイプカバーを外すと、ディスプレイが自由回転でき、タブレットとしても使用できます。

Surface Pro 7はタブレットでも使用可能
 
それからなんといっても秀逸なのが、こちらのSurfaceペン

Surface Pro 7のタッチペン
 
タッチ対応液晶をそなえるノートPCにありがちな、ラフスケッチやメモ書き程度のレベルではありません。

マクリン

Apple PencilとiPad Proの組み合わせに迫る、繊細なイラスト描写が可能なんですよ!
 
実際に描いてみたら、細かい表現も難なくできるから楽しかった♪

ヨメ


 
Surfaceペンは側面にマグネットでくっ付けることができます。

Surface Pro 7のSurfaceペンはディスプレイ側面にマグネットで付けられる
 
上枠には約500万画素のフルHDビデオ対応カメラが付いています。

Surface Pro 7のフロントカメラ
 
背面にも約800万画素のオートフォーカス付きカメラ(フルHDビデオ対応)を搭載しています。

Surface Pro 7の背面カメラ
 
上部の左右角にデュアルスピーカーを搭載し、スピーカー穴はないものの、音質は存外良かったですw

Surface Pro 7のデュアルスピーカー
 

キーボード

Surface Pro 7のキーボードの打鍵感は普通ですが、タイプ音は少し響きます。

Surface Pro 7のキーボード
 
Alcantaraアルカンターラ素材は手触りが心地よく、熱も伝わりにくくて使いやすいです。

Surface Pro 7のキーボードカバーはAlcantara素材
 
キーストロークはやや浅いものの、キーピッチは標準的な値。

Surface Pro 7のキーピッチ
キーピッチは約19mm
Surface Pro 7のキーストローク
キーストロークは約1.3mm
 
タッチパッドの横幅は約10cmと一般的ですが、クリックするのに力が少し必要でした。

Surface Pro 7のタッチパッド

インターフェース

Surface Pro 7のインターフェースは、PD対応USB-Cを搭載しているものの、ポート数は必要最低限です。

右側面にはSurface Connect ポート、USB-A x 1(USB3.1)、PD対応USB-Cがあります。

Surface Pro 7の右側面インターフェース
 
左側面は3.5mmヘッドフォンジャックをそなえています。

Surface Pro 7の左側面インターフェース
 
上部には電源ボタンと音量ボタンが付いています。


 
Kickstandの裏にはmicroSDカードリーダーがあります。

Surface Pro 7のSSD・CPU・ベンチマーク

Surface Pro 7のストレージはHDDでなく、読み書きの速いSSD(PCIe )を採用しています。

HDDとSSDのちがい

  • HDD(Hard Disc Drive) ディスク型の記録デバイス
  • SSD(Solid State Drive) フラッシュメモリ(USBメモリの中身)の大型版

 
ベンチマークソフト「Crystal Disc Mark」にて、読み込み/書き込み速度を測定したところ、速い値を示していました。

Surface Pro 7のSSDスコア
 
CPUには「Ice Lake」と呼ばれる、第10世代のIntel Coreプロセッサー(Core i5-1035G4)を搭載しています。

PCMark 10」の結果は3,500以上あり、Web閲覧やオフィスソフトのビジネス用途なら、まったく問題ないスコアでした。

Surface Pro 7のCPUスコア
 
CINEBENCH R20の結果は1,267であり、Core i7-8565Uと同等のスコアです。


 
ゲーミングモデルではありませんが、GPUに描画性能の高いIris Plusグラフィックスを内蔵しているので、ゲームのベンチマークスコアを確認しました。

軽いゲームの「ドラゴンクエストX」では、最高品質で「普通」、標準品質で「快適」という評価でした。



中程度の「ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズ」では、標準品質で「快適」、高品質で「やや快適」であり、オフィスモデルとしてはなかなか健闘していました。



マクリン
i3/i5モデルはファンレスなので、動作音が静かなのはありがたいですね!

Surface Pro 7レビューまとめ

本記事は「【Surface Pro 7レビュー】ノートPCでもタブレットでも完成度高い2in1の決定版!」について書きました。

Surface Pro 7は、第10世代のIntel CoreプロセッサーとIris Plusグラフィックスを搭載し、通常用途では充分すぎるスペックをそなえるタブレットPCです。

USBタイプC充電にも対応し、汎用性の高いモデルに仕上がっています。

Surface Pro Xとどちらを選ぶか迷いどころですが、LTE対応にこだわるならX、Wi-Fi6対応や外装の高級感なら7、といった分かれ目になるのではないでしょうか。

マクリン
Surfaceペンの使いやすさも抜群ですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Surface Pro Xレビュー】ARMベースが少しくせ者のLTE対応2in1ノートPC! 【Surface Laptop 3 13.5インチレビュー】高解像かつパワフルなWi-Fi6対応モバイルノートPC 【HP Elite Dragonflyレビュー】総合力にすぐれる軽量の13インチ2in1ノートPC! 【2020年】安いのにおすすめの2in1・タブレットPC【高性能】【2020年】安いのにおすすめの2in1・タブレットPC【高性能】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です