ブラックフライデーのおすすめ商品

Surface Go 3をレビュー!割り切り仕様ながら丁寧に造られた10.5インチ2in1ノートPC

評価:4

家でも外でもタブレットPCが大活躍のマクリン( @Maku_ring)です。

ノートPCの中でタブレットとしても使える2in1ノートPCは、柔軟なワークスタイルが求められる現代に最適のモデル。

性能は高くないものの、高品質かつ小学生でも安心して使える2in1 PCが、Microsoftマイクロソフトの「Surface Go 3」です。

Surface Go 3の外箱

外装には軽くて丈夫なマグネシウム合金を採用し、CPU性能は高くないものの、わずか500g台の軽量かつコンパクトなタブレットPCに仕上がっています。

視認性の高いディスプレイを搭載する上、タッチペンにも対応し、オフィス・イラスト用途なら充分使いやすいモデルです。

そんなわけで本記事は「Surface Go 3をレビュー!割り切り仕様ながら丁寧に造られた10.5インチ2in1ノートPC」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Surface Go 3のスペック

Microsoft社の「Surface Go 3」は、10.5インチの2in1・タブレットノートPCです。

Surface Go 3は10.5インチの2in1・タブレットノートPC
モバイルは左スライドで全表示

製品名 Microsoft「Surface Go 3
CPU Intel Pentium Gold 6500Y(1.6GHz)/ Core i3 10100Y(1.3GHz)
GPU Intel UHD Graphics 615
液晶 10.5インチ(光沢)
解像度 220 PPI(1920 x 1280)
メモリ 4GB / 8GB
ストレージ 64GB(eMMC)/ 128GB(PCIe SSD)
生体認証 顔認証
端子 USB-C(Power Delivery・DisplayPort Alt Mode)/Surface Connectポート/ヘッドホンジャック/MicroSDカードリーダー
バッテリー 約11時間
質量 約544g
MEMO
本記事では、Pentium Gold 6500Y/8GB/128GBの構成で貸与いただき、レビューしています。
 
別売りではあるものの、オフィス・イラスト作業をするなら、Surface Go Type CoverとSurface ペンは必須レベルの付属品なので、本体と同時購入をおすすめします。

Surface Go 3のSurface Go Type CoverとSurface ペン
 
シーンに応じて、タブレットやノートPCスタイルに変形できるのが強みです。

Surface Go 3のタブレットモード
Surface Go 3のノートPCモード
 
Office Home & Business 2021」が標準で付属していますので、Word・Excel・PowerPointなどが使用可能です。

Surface Go 3はOffice Home & Business 2021標準付属

MEMO
2022年発売予定のモデルはnanoSIM・eSIMのLTEに対応しています。
 
なお、デフォルトではWindows Sモードであるため、Microsoft Storeで提供されている安全なアプリしか使えません。

Surface Go 3のSモード

お子様が使うには安心ですが、不便な場合はMicrosoft Storeから解除しましょう。
 

外観

外装はマグネシウム合金で高品質・高強度で、カラーは上品で清潔感あるプラチナのみ。

Surface Go 3の外装はマグネシウム合金

同社の中でもSurface Pro Xはアルミニウム合金ですが、Surface Pro 8Surface Book 3も採用するマグネシウムのほうが、高剛性で素材的には優秀です。
 
背面にはKickstandを内蔵しています。

Surface Go 3はキックスタンド搭載
 
直角に近いところからフラットに迫る角度まで、無段階でなめらかに調整できます。




サイズ・重量

サイズは245 x 175 mmとB5レベルで、iPad mini 6よりひと回り大きいくらいのサイズ感です。

Surface Go 3のサイズは245 mm x 175 mm x 8.3 mm
 
厚みはわずか8.3mmで、タブレットに迫る薄型設計となっています。

Surface Go 3の厚みは8.3mm
 
重さはタブレット単体で約535g、タイプカバーをふくめると約777gと、モバイルノートPCでもトップクラスの軽量設計です。

Surface Go 3の重量は約535g
Surface Go 3のタイプカバーを付けた重量は約777g
 
付属のACアダプターは約143gと軽く、ポート形状もSurface専用の仕様であるものの、本体充電用にPD対応USB-Cもそなえています。

Surface Go 3のアダプター重量は約143g
Surface Go 3はPD対応USB-C搭載

他社の30W以上のPD対応USB-C充電器やモバイルバッテリーを組み合わせれば、USB-Cからも本体充電可能です。

マクリン
USB-Cを使って、ディスプレイへの映像出力もできますよ!

ディスプレイ・スピーカー

Surface Go 3のディスプレイ解像度は1920 x 1280ドットで、フルHDより縦にやや大きく、オフィス作業やWebページ閲覧に使いやすいアスペクト比(3:2)です。

Surface Go 3のディスプレイ解像度は1920 x 1280ドット
 
色域がそれなりに広くてくっきりしているものの、光沢液晶で映り込みは少々あるので、気になるときは低反射タイプの液晶保護フィルムをおすすめします。


 
前述のとおり、タイプカバーを外すことでタブレットとしても使用できます。

Surface Go 3はタブレットでも使用可能
 
Kickstandを引き出すと自立するので、動画視聴にも最適です。


 
タッチ対応だけでなくペン入力にも対応し、Surfaceペンを使えば4096段階の筆圧感知もサポートするので、ラフスケッチやメモ書きは余裕です。


 
上枠には約500万画素のHDビデオ対応カメラ、背面には約800万画素のオートフォーカス付きカメラ(HDビデオ対応)を搭載しています。

Surface Go 3のディスプレイ上枠には約500万画素のHDビデオ対応カメラ
Surface Go 3の背面カメラ
 
ディスプレイの両脇にデュアルスピーカーを搭載し、サウンドはややのっぺりしているものの、高音の抜けはしっかりありました。

Surface Go 3のスピーカー穴
 

キーボード

キーボード(Surface Go Type Cover)の打鍵感は少し固めで、タイプ時にややたわみます。

Surface Go 3のキーボード
 
Alcantaraアルカンターラ素材は手触りが心地よく、熱も伝わりにくくて使いやすいです。


 
キーピッチはやや狭いものの、タイプしづらさは特に感じませんでした。

Surface Go 3のキーピッチ
キーピッチは約17mm
Surface Go 3のキーストローク
キーストロークは約1.4mm
 
タッチパッドの横幅は約10cmと一般的ですが、クリック感は固めです。

Surface Go 3のタッチパッド

インターフェース

Surface Go 3のインターフェースは少なめです。

右側面にはSurface Connect ポート、PD対応USB-C、ヘッドフォンジャックがあります。

Surface Go 3のインターフェース
 
Kickstandの裏にはmicroSDカードリーダーがあります。

Surface Go 3のキックスタンド裏にはmicroSD
 
上部には音量ボタンと電源ボタンが付いています。

Surface Go 3のSSD・CPU・ベンチマーク

Surface Go 3のストレージは、ベースモデルが64GBのeMMC、ミドルグレード以上は128GBのSSD(PCIe)を採用しています。

HDDとSSDのちがい

  • HDD(Hard Disk Drive) ディスク型の記録デバイス
  • eMMC(embedded MultiMediaCard) フラッシュメモリ(USBメモリの中身)の小型版
  • SSD(Solid State Drive) フラッシュメモリ(USBメモリの中身)の大型版

 
ベンチマークソフト「Crystal Disk Mark」で読み込み/書き込み速度を測定したところ、PCIeでは速くないものの、充分な数値を示していました。

Surface Go 3のSSD読み書き速度
 
CPU性能を測るCINEBENCH R20の結果(Pentium Gold 6500Y)は317であり、Celeron N4000よりやや上ではあるものの、Core i3の半分程度で高い性能とはいえません。

Surface Go 3のCINEBENCH R20スコア

Surface Go 3(Pentium Gold 6500Y)

Surface Go 2のCINEBENCH R20スコア

Surface Go 2(Pentium 4425Y)

Web閲覧やショッピング、オフィスソフトなど一般・ビジネス用途であれば、問題なくこなせます。

内蔵GPUはUHD Graphics 615であり、ゲーム用途に期待するモデルではありません。

Surface Go 3のドラクエXのスコア

性能は控えめなものの、高品質かつ必要十分なタブレットPCに仕上がっています。

Surface Go 3レビューまとめ

本記事は「Surface Go 3をレビュー!割り切り仕様ながら丁寧に造られた10.5インチ2in1ノートPC」について書きました。

Surface Go 3は、Surfaceシリーズの末っ子ながら、10.5インチでB5サイズかつ約500gの軽量設計、マグネシウムボディで高い品質をそなえています。

CPU性能は正直高くないものの、イラストや動画視聴でも使いやすく、サブにおすすめのタブレットPCです。

ただし、Office Home & Business 2021同梱で価格も65,000円からなど、手頃でない点は注意ください。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

Surface Pro 8をレビュー!ノートPCでもタブレットでも完成度高い2in1の決定版 【Surface Pro Xレビュー】ARMベースが少しくせ者のLTE対応2in1ノートPC! 【2021年】安いのにおすすめの2in1・タブレットPC【高性能】【2021年】安いのにおすすめの2in1・タブレットPC【高性能】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です