おすすめのノートパソコン

【ASUS ROG Strix G17 G713QRレビュー】スペック・機能性・静音性を高コスパにまとめたゲーミングノートPC

ぱぶまる
本記事ではASUSのゲーミングノートPC「ASUS ROG Strix G17 G713QR」をレビューしました。スペックはヘビーゲーマーも納得かつ価格を抑えた高コスパな1台になっています!

どうも、ゲーミングデバイスブロガーのぱぶまるです。

ゲーミングノートPCはデスクトップと比べ、パワー面で物足りない部分があり、高価なイメージがあると思います。

しかし、このたび紹介する「ASUS ROG Strix G17 G713QR」は、RTX30シリーズのGPUを搭載し、すぐれた描画性能をもっています。

ASUS ROG Strix G17 G713QRの外観

上位モデルROG Strix SCAR 17 G733QSが30万円以上に対し、本機は23万円程度とリーズナブルに抑えられています。

キーボードに差があるものの、それ以外は300Hz液晶やRyzen 9搭載など、メイン機にも耐えうる一台となっています。

そんなわけで本記事は「【ASUS ROG Strix G17 G713QRレビュー】スペック・機能性・静音性を高コスパにまとめたゲーミングノートPC」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

ASUS ROG Strix G17 G713QRのスペック

ASUS ROG Strix G17 G713QR」は17型のゲーミングノートPCです。

ASUS ROG Strix G17 G713QRの外観
 
本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 ASUS ROG Strix G17 G713QR
CPU Ryzen 9 5900HX
GPU GeForce RTX 3070
液晶 17.3インチ
リフレッシュレート 300Hz
解像度 フルHD 液晶(LEDバックライト / 1920×1080ドット表示)
メモリ 16GB
ストレージ 1TB PCIe SSD
端子 USB3.2 Gen2 Type-C x 1、USB3.2 Gen1 Type-A x 3、HDMI x 1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック x 1
無線 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1
バッテリー 約13.6時間
重量 2.0kg
スペック評価
外観(質感の良いボディ、ゲーミングらしいライティング)
(5.0)
重量(据え置きでの使用想定)
(2.0)
ディスプレイ(300Hzの高リフレッシュレート)
(5.0)
キーボード(メカニカルキーボード搭載)
(4.0)
音質(低音までしっかり響く)
(5.0)
ポート・無線(カードリーダーは無いが必要十分)
(4.0)
ゲーム(ヘビーゲーマーでも満足できる)
(5.0)
騒音・熱(廃熱性が高く静か)
(5.0)
 

外観

ROG Strix SCAR 17 G733QSよりシルバー色の強いガンメタリックで上質感があり、斜めに入ったメッシュ加工もおしゃれです。

ASUS ROG Strix G17 G713QRの本体カラーはガンメタの質感が良いボディ

付け替え可能な左上のブラックのパーツで、好みのデザインに寄せられます(グレー・ブラック・クリアの3色が同梱)。

底面には空冷用のスリットがあり、廃熱性能も高く、高負荷のゲームでもかなり静かです。

ASUS ROG Strix G17 G713QRのゲーミングPCらしいライティング
 

液晶ディスプレイ

ディスプレイは、ナローベゼルで視認性が高く、リフレッシュレートは驚きの300Hz

ASUS ROG Strix G17 G713QRのディスプレイは300Hz

発色はかなり良く、17インチで視認性も高いです。

ぱぶまる
リフレッシュレートが高いので画面酔いしづらく、快適にプレイできますよ!

音質

スピーカー
低音まで比較的しっかり響き、スピーカーの質は高いです。静音性が高いこともあり、スピーカーだけでもゲームを楽しめるのが良いですね。
マイク
音質は問題なくキーボードのクリックも気にならないです。
 

キーボード

上位機種のROG SCAR 17がメカニカルキーボードなのに対し、本機のキーボードは日本語配列のメンブレンを搭載しています。

ASUS ROG Strix G17 G713QRのキーボード

英字キーボードと比べ、スペースキー周りの操作性が若干落ちるものの、押し感はノートPCにしては深く、クリック感もしっかりあります。

音量やマイク、ファン、ゲーミングシステムへのアクセスキーは独立した位置にあり、その他のファンクション系機能もF4、F8の間が空いているため、配置が分かりやすいです。

ASUS ROG Strix G17 G713QRのキーボード

キー周りはフラットで手入れしやすく、ライティングも好みにカスタマイズでき、テンキーも備えています。

ポイント
クリック感のしっかりした日本語配列キーボード
RGB搭載で好みのライティング可
矢印キーやファンクションキーの配置も分かりやすい

インターフェース

右側面には何もありません。

ASUS ROG Strix G17 G713QRの右側面インターフェース
 
左側面にはUSB-A(USB3.2)x 2、マイクヘッドフォン端子が付いています。

ASUS ROG Strix G17 G713QRの左側面インターフェース
 
背面にはHDMI、USB-C(USB3.2)x 1、USB-A(USB3.2)x 1と電源ポートが付いています。

ASUS ROG Strix G17 G713QRの背面インターフェース

ASUS ROG Strix G17 G713QRのゲームベンチマーク

ASUS ROG Strix G17 G713QRは、CPUはRyzen 9 5900HX、GPUにGeForce RTX 3070(8GB)を内蔵しています。

重さレベル中程度のゲーム「ファイナルファンタジー14」の高品質では「非常に快適」の評価です。

ASUS ROG Strix G17 G713QRのFF14のスコア
 
重い3Dゲームの代表格「ファイナルファンタジー15」の高品質では「快適」の評価。

ASUS ROG Strix G17 G713QRのFF15のスコア

ぱぶまる
ほぼ最高レベルの数値が出ており、カクつくシーンもなく描写も滑らかです!

Sponsored Links

 

ASUS ROG Strix G17 G713QRでPUBGをプレイ

ASUS ROG Strix G17 G713QRで重いゲームの代表格「PUBG」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:ウルトラ・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は150前後で快適です。

ASUS ROG Strix G17 G713QRでPUBGをプレイ

ぱぶまる
CPU性能も高いので、数値も高く安定してますよ!

ASUS ROG Strix G17 G713QRで人気ゲームのFORTNITEをプレイ

ASUS ROG Strix G17 G713QRで人気ゲームの代表格「FORTNITE」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は150前後で快適にプレイできます。

ASUS ROG Strix G17 G713QRでFORTNITEをプレイ

Sponsored Links

 

ASUS ROG Strix G17 G713QRで人気ゲームのAPEX LEGENDSをプレイ

ASUS ROG Strix G17 G713QRで人気ゲームの代表格「APEX LEGENDS」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は150前後で、スピーディーに視点移動するこのゲームでも快適です。

ASUS ROG Strix G17 G713QRでAPEX LEGENDSをプレイ
 

グラフィック設定:中・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は大体210前後となります。

ASUS

リフレッシュレートが300Hzあるので、動きの激しいこのゲームでも、滑らかさを存分に体感できます。

ASUS ROG Strix G17 G713QRで快適にできるタイトルは?

ほぼ全てのゲームが問題なく快適にできるレベルです。

ゲームタイトルごとの快適度
League Of Legends(高画質でも快適)
(5.0)
DQX(最高品質で「快適」)
(5.0)
FF14(高品質で「すごく快適」)
(5.0)
FF15(高品質で「快適」)
(5.0)
FORTNITE(高画質で快適)
(5.0)
APEX(高画質で快適)
(5.0)
PUBG(高画質で快適)
(5.0)
レインボーシックスシージ(高画質で快適)
(5.0)
Dead By Daylight(高画質でも快適)
(5.0)
マインクラフト(高画質でも快適)
(5.0)
MEMO
FPS値が常時100以上出ており、ラグなどが無い状態の場合「快適」としています。

ASUS ROG Strix G17 G713QRレビューまとめ

本記事は「【ASUS ROG Strix G17 G713QRレビュー】スペック・機能性・静音性を高コスパにまとめたゲーミングノートPC」について書きました。

ASUS ROG Strix G17 G713QRは23万円ほどと、スペックを考えるとコスパがかなり良い1台に仕上がっています。

ぱぶまる
ゲームメインでなるべくコスパの良いものを探している方にピッタリ!
YouTube
動画でも紹介しています。

【ASUS ROG Strix SCAR 17 G733QSレビュー】デスクトップ級のパワーとデザイン性・静音性を備えたゲーミングノートPC 【MSI GF65 Thin 10Uレビュー】RTX3060を搭載する15型の軽量ゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA XL7C-R36レビュー】RTX3060搭載なのに安い15型の軽量ゲーミングノートPC 【実機全検証】ドスパラ(ガレリア)のゲーミングノートPCランキング【おすすめ】 【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です