おすすめのノートパソコン

【raytrek R5レビュー】Core i7とRTXシリーズ搭載で14万円台におさえたドスパラの15.6型クリエイター向けノートPC

ヨメリンにYouTube編集をお願いしているマクリン( @Maku_ring)です。

MacBook Airで動画編集を行っていますが、スペック不足で編集作業に苦労しています。

ヨメ
レンダリングに時間がかかるし、エフェクトやモーションもきちんと動かなかったりするからかなり大変……。

ノートPCで映像編集やイラスト作成といったクリエイティブな作業を行おうとすると、それなりの性能が必要です。

しかし、それ相応のスペックを整えるとなると、金額がその分はね上がってしまいます。

ドスパラの「raytrek R5」は、クリエイターの要求に応える構成でありながら、14万円台におさえたコスパ抜群のモデルに仕上がっています。

raytrek R5の外箱

第10世代のIntel Core i7搭載にくわえ、グラフィックスはRTXシリーズの2060に最大32GBメモリ採用と、スペック面はもちろん充実。

しかも約1.8kg台の軽量かつスリム設計で、シーンを選ばず使いやすいデザインとなっています。

価格をより抑えたい人にはraytrek G5がベターですが、ガチの動画編集にはraytrek R5がおすすめです。

そんなわけで本記事は「【raytrek R5レビュー】Core i7とRTXシリーズ搭載で14万円台におさえたドスパラの15.6型クリエイター向けノートPC」について書いていきます。

貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。プロフィール詳細

raytrek R5のスペック

ドスパラの「raytrek R5」は、15.6型のクリエイター向けノートPCです。

ドスパラのraytrek R5は15.6型のクリエイター向けノートPC
 
本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 ドスパラ「raytrek R5
CPU Intel Core i7-10875H(2.3GHz)
GPU GeForce RTX 2060
液晶 15.6インチ
解像度 フルHD(1920 x 1080)
メモリ 16GB
ストレージ 1TB(PCIe SSD)
生体認証 顔認証
端子 USB-C x 1(USB3.2 Gen1)/USB-A x 3(USB 3.2 Gen1 x 2/USB 2.0 x 1)/HDMI/Mini Display Port x 2/マイク/イヤホンジャック/SDカードリーダー
バッテリー 約3.8時間
質量 約1.85kg

 
raytrek R5は最新のWi-Fi規格「Wi-Fi6」に対応し、Wi-Fi6対応のルーターと組み合わせることで、超高速のインターネット環境を体感できます。

Wi-Fi5(11ac)
  • 最大速度(理論値):6.9Gbps
  • 周波数帯:5.0GHz
  • MU-MIMO:最大4ユーザー
Wi-Fi6(11ax)
  • 最大速度(理論値):9.6Gbps
  • 周波数帯:2.4GHz/5.0GHz
  • MU-MIMO:最大8ユーザー

 

外観

本体カラーはメタリックな光沢のあるグレーで、ロゴのみがオンされたシンプルなデザインに仕上がっています。

raytrek R5のカラーはグレー
 
マットな質感で指紋の付きづらい表面となっています。


 

サイズ・重量

サイズは幅359.8 x 奥行243mmで、B4サイズよりひと回り小さいものの、15.6型では標準的なサイズです。

raytrek R5のサイズは幅359.8 x 奥行243 x 19.9mm
 
厚さは19.9mmと性能面を踏まえるとなかなかスリム。

raytrek R5の高さは19.9mm
 
重量は約1.96kgであり、同クラスが2kgを超えるモデルも少なくない中、かなり健闘しているほうです。

raytrek R5の重量は約1.96kg
 
180WのACアダプターは約584gと出力なりの重量感ですが、基本的に据え置きで使うことになるので問題ないでしょう。

raytrek R5のアダプター重量は約584g

液晶ディスプレイ・スピーカー

raytrek R5のディスプレイは1920 x 1080ドットのフルHD液晶で、クリエイター向けに高い輝度をそなえています。

raytrek R5のディスプレイ解像度はフルHD

しかもベゼルの横幅が約6.5mm、縦幅が約4.5mmと狭く、視認性にすぐれています。

マクリン
ノングレア(非光沢)液晶なので映り込みもなく、目にやさしいですよ!

ディスプレイは150°程度まで開きます。

raytrek R5のディスプレイは150°まで開く
 
ディスプレイの下枠には、HD対応Webカメラが付いています。

raytrek R5のHD対応Webカメラ
 
背面にデュアルスピーカーをそなえ、音質はふつうです。

raytrek R5のデュアルスピーカー
 

キーボード

raytrek R5のキーボードは剛性が高いものの、配列にクセがややあり、Enterキーが小さく誤タッチしやすい点は注意ください。

raytrek R5のキーボード

キーピッチは19mm、キーストロークは1.4mm確保され、入力しやすさに配慮しています。

raytrek R5のキーピッチ
キーピッチは19mm
raytrek R5のキーストローク
キーストロークは1.4mm

バックライトも付き、暗所の作業に重宝します。

raytrek R5はバックライト付き
 
タッチパッドの横幅は約11.5cmであり、作業性にすぐれています。

raytrek R5のタッチパッド

インターフェース

raytrek R5のポートは背面にもあり、バリエーション豊富にそろっています。

ただ、欲をいえばPD対応もしくはthunderbolt3対応USB-Cが欲しかったところです。

右側面には左からSDカードリーダーとUSB-A x 2(USB 3.2 Gen1)があります。

raytrek R5の右側面インターフェース
 
左側面にはLANポートとUSB-A(USB 2.0)、マイク/イヤホンジャックがあります。

raytrek R5の左側面インターフェース
 
背面にはMini Display Port x 2とHDMI、USB-C(USB3.2 Gen1)と電源端子が付いています。

raytrek R5の背面インターフェース

マクリン
クリエイター向けらしく、Mini Display PortとHDMIが付いてて映像出力面は盤石!

raytrek R5のCPU・GPU・ストレージ性能

raytrek R5はストレージはHDDでなく、読み書きの速いPCIeベースのSSD(1TB)を採用しています。

HDDとSSDのちがい

  • HDD(Hard Disc Drive) ディスク型の記録デバイス
  • SSD(Solid State Drive) フラッシュメモリ(USBメモリの中身)の大型版

 
ベンチマークソフト「Crystal Disc Mark」にて、読み込み/書き込み速度を測定したところ、かなり速い値を示していました。


 
CPUは第10世代のIntel Coreプロセッサー(i7-10875H)を搭載し、第10世代の中でもハイエンドな部類のCPUです。

raytrek R5は第10世代のIntel Coreプロセッサー(i7-10875H)搭載
 
CPU性能を測る「CINEBENCH R20」では4,000近くあり、動画編集など負荷のかかる作業もこなせるスコアでした。


 
グラフィックボード(GPU)は、ゲーミングノートにも使われるGeForceのRTXシリーズ(2060)であり、10,000超えの高い描画性能を有しています。


 
ゲーミングモデルではありませんが、参考のためゲームのベンチマークスコアを確認してみました。

軽めのドラゴンクエストXでは、最高品質でもなんと2万超えを記録!

raytrek R5のドラゴンクエストXのベンチマークスコア
 
中程度の「ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズ」では最高品質でも「非常に快適」であり、ミドルスペック以上のゲーミングノートの性能があります。


raytrek R5のファイナルファンタジー14のベンチマークスコア

重めのゲームの「ファイナルファンタジー15」でも、高品質で「快適」という評価でした。

raytrek R5のファイナルファンタジー15のベンチマークスコア

クリエイティブな業務を支える高性能とシンプルスマートな外観を両立。

raytrek R5は、価格と性能を妥協したくない人におすすめのノートPCです。

Sponsored Links

 

raytrek R5レビューまとめ

本記事は「【raytrek R5レビュー】Core i7とRTXシリーズ搭載で14万円台におさえたドスパラの15.6型クリエイター向けノートPC」について書きました。

raytrek R5はクリエイターの要求に応えるハイスペック仕様ながら、14万円台におさえたコスパ抜群のノートPCです。

第10世代のIntel Core i7搭載にくわえ、RTXシリーズのGPUに32GBメモリ採用と隙のない構成で、あらゆる作業をこなす相棒に最適といえるでしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【raytrek G5レビュー】Core i5とGTX 1650 Ti搭載で10万円未満におさえたドスパラの15.6型クリエイター向けノートPC 【HP ENVY 15レビュー】4K OLEDディスプレイ&32GBメモリで高性能のクリエイター向け15.6型ノートPC 【Surface Book 3 15インチレビュー】描画性能が高くタブレットとしても使えるパワフルなノートPC 【2020年】10万円以下のおすすめスタンダードノートパソコン【コスパ最高】【2020年】10万円以下のおすすめスタンダードノートパソコン【コスパ最高】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です