おすすめのノートパソコン

【raytrek G5-Rレビュー】Ryzen 7とGTX 1650 Ti搭載で13万円台におさえたドスパラの15.6型クリエイター向けノートPC

評価:4

動画クリエイターの妻をもつマクリン( @Maku_ring)です。

ヨメ
古いMacBook Airなので編集作業が大変……。

動画編集を円滑に行おうとすると、CPU・GPUともにそれなりの性能が要求されます。

だからといって、どこまでもハイスペックを求めすぎると、予算を簡単にオーバーしちゃいます。

クリエイターの要望に最低限こたえるスペックながら、13万円台におさえたコスパ優秀モデルが、ドスパラの「raytrek G5-R」です。

ドスパラraytrek G5-Rの外観

CPUはRyzen 7 4800H搭載にくわえ、グラフィックスはGTXシリーズの1650 Tiに最大16GBメモリ採用と、ちょうどいいところを押さえたスペックとなっています。

ガチの動画編集にはraytrek R5-CAがベターですが、そうでなければraytrek G5-Rで充分です。

そんなわけで本記事は「【raytrek G5-Rレビュー】Ryzen 7とGTX 1650 Ti搭載で13万円台におさえたドスパラの15.6型クリエイター向けノートPC」について書いていきます。

貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

raytrek G5-Rのスペック

ドスパラの「raytrek G5-R」は、15.6型のクリエイター向けノートPCです。

ドスパラraytrek G5-Rは15.6型のクリエイター向けノートPC
 
本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 ドスパラ「raytrek G5-R
CPU AMD Ryzen 7 4800H(2.9GHz)
GPU GeForce GTX 1650 Ti
液晶 15.6インチ
解像度 フルHD(1920 x 1080)
メモリ 16GB
ストレージ 512GB(PCIe SSD)
生体認証 顔認証
端子 USB-C x 1(USB3.2 Gen2)/USB-A x 3(USB 3.2 Gen1 x 2/USB 2.0 x 1)/HDMI/Mini Display Port x 2/マイク/イヤホンジャック/SDカードリーダー
バッテリー 約4.1時間
質量 約1.9kg

 
raytrek G5-Rは最新のWi-Fi規格「Wi-Fi6」に対応し、Wi-Fi6対応のルーターと組み合わせることで、超高速のインターネット環境を体感できます。

Wi-Fi5(11ac)
  • 最大速度(理論値):6.9Gbps
  • 周波数帯:5.0GHz
  • MU-MIMO:最大4ユーザー
Wi-Fi6(11ax)
  • 最大速度(理論値):9.6Gbps
  • 周波数帯:2.4GHz/5.0GHz
  • MU-MIMO:最大8ユーザー

 

外観

本体カラーはグレーで、ロゴがひとつだけオンされたシンプルなデザインです。

ドスパラraytrek G5-Rの本体カラーはグレー

プラスチックではあるものの、光沢感と重厚感ある外観となっています。

ヒンジ部は150°くらいまで開く仕様となっています。

ドスパラraytrek G5-Rのヒンジは150°まで開く
 

サイズ・重量

サイズは幅359 x 奥行243mmで、B4サイズよりひと回り小さいものの、15.6型では標準的なサイズです。

raytrek G5-Rのサイズは幅359.8 x 奥行244.3 x 25.8mm
 
厚さは20.5mmと、raytrek R5-CAよりかなりスリム。

raytrek G5-Rの厚みは20.5mm
 
重量は約1.90kgであり、同クラスが2kgを超えることもある中で頑張っているほうです。

raytrek G5-Rの重量は約1.9kg
 
120WのACアダプターは約567gであり、基本的に据え置きで使うことを想定しています。

raytrek G5-Rのアダプター重量は約567g

液晶ディスプレイ・スピーカー

raytrek G5-Rのディスプレイは1920 x 1080ドットのフルHDであり、ノングレア(非光沢)液晶で映り込みも抑えられています。

raytrek G5-Rのディスプレイ解像度はフルHD
 
しかもベゼルの横幅が約6.5mm、縦幅が約9mmとそこそこ細く、視認性が確保されています。

raytrek G5-Rのベゼルは横幅が約6.5mm、縦幅が約9mm
 
ディスプレイの上枠には、HD対応Webカメラが付いています。

raytrek G5-Rのディスプレイ上枠にはHD対応Webカメラ
 
背面にデュアルスピーカーをそなえ、音質はふつうです。

raytrek G5-Rのスピーカー
 

キーボード

キーボードの配列はクセもなく、タイプしやすくできています。

raytrek G5-Rのキーボード
 
電源ボタンの左隣のボタンで、動作モードの変更を行うことができます。


 
キーピッチは19mm、キーストロークは1.4mm確保され、入力しやすさに配慮しています。

ドスパラraytrek G5-Rのキーピッチ
キーピッチは19mm
ドスパラraytrek G5-Rのキーストローク
キーストロークは1.3mm

バックライトも搭載し、暗所の作業に重宝します。

ドスパラraytrek G5-Rのキーボードはバックライト付き
 
タッチパッドの横幅は約11.5cmとややワイドで、操作性に配慮されています。

ドスパラraytrek G5-Rのタッチパッド横幅は約11.5cm

インターフェース

raytrek G5-Rのポートは背面にもあり、バリエーション豊富にそろっています。

ただ、欲をいえばPD対応もしくはthunderbolt3対応USB-Cが欲しかったところです。

右側面には左からSDカードリーダーとUSB-A x 2(USB 3.2 Gen1)があります。

ドスパラraytrek G5-Rの右側面インターフェース
 
左側面にはLANポートとUSB-A(USB 2.0)、マイク/イヤホンジャックがあります。

ドスパラraytrek G5-Rの左側面インターフェース
 
背面にはMini Display Port x 2とHDMI、USB-C(USB3.2 Gen2)と電源端子が付いています。

raytrek G5-Rの背面インターフェース

マクリン
Mini Display PortとHDMIも付いてるので映像出力面は豊富!

raytrek G5-RのCPU・GPU・ストレージ性能

raytrek G5-RのストレージはHDDでなく、読み書きの速いPCIeベースのSSD(NVMe M.2)を採用しています。

HDDとSSDのちがい

  • HDD(Hard Disk Drive) ディスク型の記録デバイス
  • SSD(Solid State Drive) フラッシュメモリ(USBメモリの中身)の大型版

 
ベンチマークソフト「Crystal Disk Mark」にて、読み込み/書き込み速度を測定したところ、そこそこ速い値を示していました。

ドスパラraytrek G5-RのSSD読み書き速度
 
CPUには、Ryzen 7の中でゲーミングノートに搭載されることの多い4800Hを採用し、スタンダードノートPCより高性能なものを載せています。

CPU性能を測る「CINEBENCH R20」では4,000以上あり、スコアではIntel Core i7-10875Hを搭載するraytrek R5-CAよりも優秀でした。

ドスパラraytrek G5-RのCPUスコア
 
グラフィックボード(GPU)は、ライトなゲーミングノートにも使われるGeForceのGTX 1650 Tiであり、中程度の描画性能(9,000以上)を有しています。



写真加工や軽い動画編集なら問題ないスコアといえるでしょう。

ゲーミングモデルではありませんが、参考のためゲームのベンチマークスコアを確認してみました。

軽めのドラゴンクエストXでは、最高品質でも高いスコアを記録しました。

raytrek G5-RのドラゴンクエストXのベンチマークスコア

中程度の「ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズ」では、最高品質でも「非常に快適」であり、かなり優秀です。

raytrek G5-Rのファイナルファンタジー14のベンチマークスコア

重めの「ファイナルファンタジー15」では「普通」「やや快適」という評価でした。

raytrek G5-Rのファイナルファンタジー15のベンチマークスコア

クリエイティブな要求に応える性能と手頃な価格を両立。

raytrek G5-Rは「スタンダードなPCよりちょびっと性能が欲しい、でも金額は抑えたい人」におすすめのノートPCです。

Sponsored Links

 

raytrek G5-Rレビューまとめ

本記事は「【raytrek G5-Rレビュー】Ryzen 7とGTX 1650 Ti搭載で13万円台におさえたドスパラの15.6型クリエイター向けノートPC」について書きました。

raytrek G5-Rはクリエイターの要求に最低限こたえる仕様ながら、手頃な価格におさえたコスパ抜群のノートPCです。

CPUはRyzen 7 4800H、グラフィックスはGTXシリーズの1650 Ti、最大16GBメモリ採用と、絶妙スペックとなっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【raytrek R5-TA5レビュー】RTX3050搭載で動画編集にもゲームにも使えるドスパラの15.6型ノートPC 【HP ENVY 15レビュー】4K OLEDディスプレイ&32GBメモリで高性能のクリエイター向け15.6型ノートPC 【Surface Book 3 15インチレビュー】描画性能が高くタブレットとしても使えるパワフルなノートPC 【2020年】10万円以下のおすすめスタンダードノートパソコン【コスパ最高】【2020年】10万円以下のおすすめスタンダードノートパソコン【コスパ最高】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です