おすすめのノートパソコン

【raytrek G5レビュー】Core i5とGTX 1650 Ti搭載で10万円未満におさえたドスパラの15.6型クリエイター向けノートPC

動画クリエイターの妻をもつマクリン( @Maku_ring)です。

ヨメ
古いMacBook Airなので編集作業が大変……。

動画編集を円滑に行おうとすると、CPU・GPUともにそれなりの性能が要求されます。

だからといって、どこまでもハイスペックを求めすぎると、予算を簡単にオーバーしちゃいます。

クリエイターの要望に最低限こたえるスペックながら、10万円未満におさえたコスパ優秀モデルが、ドスパラの「raytrek G5」です。

ドスパラraytrek G5の外観

第10世代のIntel Core i5搭載にくわえ、グラフィックスはGTXシリーズの1650 Tiに最大16GBメモリ採用と、ちょうどいいところを押さえたスペックとなっています。

ガチの動画編集にはraytrek R5-CAがベターですが、そうでなければraytrek G5で充分です。

そんなわけで本記事は「【raytrek G5レビュー】Core i5とGTX 1650 Ti搭載で10万円未満におさえたドスパラの15.6型クリエイター向けノートPC」について書いていきます。

貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のラジオゲスト、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。プロフィール詳細

raytrek G5のスペック

ドスパラの「raytrek G5」は、15.6型のクリエイター向けノートPCです。

ドスパラraytrek G5は15.6型のクリエイター向けノートPC
 
本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 ドスパラ「raytrek G5
CPU Intel Core i5-10300H(2.5GHz)
GPU GeForce GTX 1650 Ti
液晶 15.6インチ
解像度 フルHD(1920 x 1080)
メモリ 16GB
ストレージ 512GB(PCIe SSD)
生体認証 顔認証
端子 USB-C x 1(USB3.2 Gen1)/USB-A x 3(USB 3.2 Gen1 x 2/USB 2.0 x 1)/HDMI/Mini Display Port x 2/マイク/イヤホンジャック/SDカードリーダー
バッテリー 約6.5時間
質量 約2.10kg

 
raytrek G5は最新のWi-Fi規格「Wi-Fi6」に対応し、Wi-Fi6対応のルーターと組み合わせることで、超高速のインターネット環境を体感できます。

Wi-Fi5(11ac)
  • 最大速度(理論値):6.9Gbps
  • 周波数帯:5.0GHz
  • MU-MIMO:最大4ユーザー
Wi-Fi6(11ax)
  • 最大速度(理論値):9.6Gbps
  • 周波数帯:2.4GHz/5.0GHz
  • MU-MIMO:最大8ユーザー

 

外観

本体カラーはブラックで、ロゴひとつない質素なデザインとなっています。

ドスパラraytrek G5の本体カラーはブラック

プラスチックではあるものの、重厚感ある外観となっています。

ヒンジ部は150°くらいまで開く仕様となっています。

ドスパラraytrek G5のヒンジは150°まで開く
 

サイズ・重量

サイズは幅359.8 x 奥行244.3mmで、B4サイズよりひと回り小さいものの、15.6型では標準的なサイズです。

raytrek G5のサイズは幅359.8 x 奥行244.3 x 25.8mm
 
厚さは25.8mmと、raytrek R5-CAに比べるとやや厚め。

raytrek G5の厚みは25.8mm
 
重量は約1.95kgであり、同クラスが2kgを超えることもある中で頑張っているほうです。

raytrek G5の重量は約1.95kg
 
120WのACアダプターは約569gであり、基本的に据え置きで使うことを想定しています。

raytrek G5のアダプター重量は約569kg

液晶ディスプレイ・スピーカー

raytrek G5のディスプレイは1920 x 1080ドットのフルHDであり、ノングレア(非光沢)液晶で映り込みも抑えられています。

raytrek G5のディスプレイ解像度はフルHD

しかもベゼルの横幅が約6mm、縦幅が約8mmとそこそこ細く、視認性が確保されています。

ディスプレイの上枠には、HD対応Webカメラが付いています。

raytrek G5のディスプレイ上枠にはHD対応Webカメラ
 
背面にデュアルスピーカーをそなえ、音質はふつうです。

raytrek G5のスピーカー
 

キーボード

raytrek G5のキーボードは配列にクセがややあり、Enterキー周りが独特なので慣れが少し要ります。

ドスパラraytrek G5のキーボード
 
キーピッチは19mm、キーストロークは1.3mm確保され、入力しやすさに配慮しています。

ドスパラraytrek G5のキーピッチ
キーピッチは19mm
ドスパラraytrek G5のキーストローク
キーストロークは1.3mm

発光パターンが4種類のバックライトも付き、暗所の作業に重宝します。

ドスパラraytrek G5のキーボードはバックライト付き
 
タッチパッドの横幅は約10.5cmと標準的です。

ドスパラraytrek G5のタッチパッド横幅は約11.5cm

インターフェース

raytrek G5のポートは背面にもあり、バリエーション豊富にそろっています。

ただ、欲をいえばPD対応もしくはthunderbolt3対応USB-Cが欲しかったところです。

右側面には左からSDカードリーダーとUSB-A x 2(USB 3.2 Gen1)があります。

ドスパラraytrek G5の右側面インターフェース
 
左側面にはLANポートとUSB-A(USB 2.0)、マイク/イヤホンジャックがあります。

ドスパラraytrek G5の左側面インターフェース
 
背面にはMini Display Port x 2とHDMI、USB-C(USB3.2 Gen1)と電源端子が付いています。

raytrek G5の背面インターフェース

マクリン
Mini Display PortとHDMIも付いてるので映像出力面は豊富!

raytrek G5のCPU・GPU・ストレージ性能

raytrek G5のストレージはHDDでなく、読み書きの速いPCIeベースのSSD(500GB)を採用しています。

HDDとSSDのちがい

  • HDD(Hard Disk Drive) ディスク型の記録デバイス
  • SSD(Solid State Drive) フラッシュメモリ(USBメモリの中身)の大型版

 
ベンチマークソフト「Crystal Disk Mark」にて、読み込み/書き込み速度を測定したところ、そこそこ速い値を示していました。

ドスパラraytrek G5のSSD読み書き速度
 
CPUは第10世代のIntel Coreプロセッサー(i5-10300H)を採用し、スタンダードノートPCより高性能なものを載せています。

CPU性能を測る「CINEBENCH R20」では2,000以上あり、Ryzen 5の4000シリーズと同等の性能でした。

ドスパラraytrek G5のCPUスコア
 
グラフィックボード(GPU)は、ライトなゲーミングノートにも使われるGeForceのGTX 1650 Tiであり、中程度の描画性能(9,000近く)を有しています。

写真加工や軽い動画編集なら問題ないスコアといえるでしょう。

ゲーミングモデルではありませんが、参考のためゲームのベンチマークスコアを確認してみました。

軽めのドラゴンクエストXでは、最高品質でも2万近くのスコアを記録しました。

raytrek G5のドラゴンクエストXのベンチマークスコア

中程度の「ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズ」では、最高品質でも「非常に快適」であり、かなり優秀です。

raytrek G5のファイナルファンタジー14のベンチマークスコア

重めの「ファイナルファンタジー15」ではさすがに「普通」という評価でした。

raytrek G5のファイナルファンタジー15のベンチマークスコア

クリエイティブな要求に応える性能と手頃な価格を両立。

raytrek G5は「スタンダードなPCよりちょびっと性能が欲しい、でも金額は抑えたい人」におすすめのノートPCです。

Sponsored Links

 

raytrek G5レビューまとめ

本記事は「【raytrek G5レビュー】Core i5とGTX 1650 Ti搭載で10万円未満におさえたドスパラの15.6型クリエイター向けノートPC」について書きました。

raytrek G5はクリエイターの要求に最低限こたえる仕様ながら、10万円未満におさえたコスパ抜群のノートPCです。

CPUは第10世代のIntel Core i5、グラフィックスはGTXシリーズの1650 Ti、最大16GBメモリ採用と、絶妙スペックとなっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【raytrek R5-CAレビュー】RTX30シリーズ搭載で動画編集にもゲームにも使えるドスパラの15.6型ノートPC 【HP ENVY 15レビュー】4K OLEDディスプレイ&32GBメモリで高性能のクリエイター向け15.6型ノートPC 【Surface Book 3 15インチレビュー】描画性能が高くタブレットとしても使えるパワフルなノートPC 【2020年】10万円以下のおすすめスタンダードノートパソコン【コスパ最高】【2020年】10万円以下のおすすめスタンダードノートパソコン【コスパ最高】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です