おすすめのノートパソコン

【MSI Prestige 14 A11レビュー】GTX 1650 Max-Q搭載のクリエイター向け14型モバイルノートPC

評価:4

ノートPCで動画編集を行うマクリン家( @Maku_ring)です。

家でも外でも編集作業を行うなら、モバイルノートのような携帯性が欲しいところ。

ただ、モバイルノートの多くが内蔵グラフィックスであり、クリエイティブワークに適さないモデルがほとんどです。

そんな中、専用グラフィックスを搭載しつつ、約1.29kgの軽量モデルを実現するのが、MSIの「MSI Prestige 14 A11」です。

MSI Prestige 14 A11の外箱

CPUに第11世代のIntel Core i7、グラフィックスはGTX 1650 Ti Max-Q Designを搭載しつつ、重さは約1.29kgで14インチと、機動性の高い仕様に仕上がっています。

4Kディスプレイや32GBメモリも選択でき、クリエイターも納得のスペックに持っていくことも可能です。

そんなわけで本記事は「【MSI Prestige 14 A11レビュー】GTX 1650 Max-Q搭載のクリエイター向け14型モバイルノートPC」について書いていきます。

貸与品
本記事はエムエスアイコンピュータージャパン様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

MSI Prestige 14 A11のスペック

MSIの「MSI Prestige 14 A11」は、14型のクリエイター向けノートPCです。

MSI Prestige 14 A11は14型のクリエイター向けノートPC

製品名 MSI「Prestige 14 A11
CPU Intel Core i7-1185G7(3.0GHz)
GPU GeForce MX450 / GTX 1650 Max-Q Design / GTX 1650 Ti Max-Q Design
液晶 14インチ
解像度 フルHD(1920 x 1080)/ 4K(3840 x 2160)
メモリ 16GB / 32GB
ストレージ 512GB(M.2 NVMe)/ 1TB(M.2 NVMe)
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.1(一部モデルは5.2)
生体認証 顔認証 / 指紋認証
端子 USB-C x 2(Thunderbolt 4・USB PD)/ USB-A x 1(USB 3.2 Gen1)/ microSDカードスロット / ヘッドホン出力(Hi-Res対応)/ マイク入力コンボジャック
バッテリー 約10時間
質量 約1.29kg
MEMO
本記事では、i7/GTX 1650 Max-Q/32GB/1TB/フルHDの構成で貸与いただき、レビューしています。
 
MSI Prestige 14 A11は最新のWi-Fi規格「Wi-Fi6」に対応し、Wi-Fi6対応のルーターと組み合わせることで、超高速のインターネット環境を体感できます。

Wi-Fi5(11ac)
  • 最大速度(理論値):6.9Gbps
  • 周波数帯:5.0GHz
  • MU-MIMO:最大4ユーザー
Wi-Fi6(11ax)
  • 最大速度(理論値):9.6Gbps
  • 周波数帯:2.4GHz/5.0GHz
  • MU-MIMO:最大8ユーザー

 

外観

本体カラーはカーボングレイでブルーも織り混ざり、精悍せいかんで引き締まった雰囲気となっています。

MSI Prestige 14 A11のカラーはカーボングレイ

天面にはミルスペック準拠(MIL-STD 810G)のアルミ合金パネルを採用し、堅牢けんろう性・さわり心地ともに高いレベルにあります。

エッジに施されたダイヤモンドカットが、エレガントさを演出しています。


 
ヒンジ部はフラット(180°)に開く仕様です。

MSI Prestige 14 A11はフラットに開く
 

サイズ・重量

サイズは幅319 x 奥行219mmでA4サイズよりやや大きいものの、14型としてはかなりコンパクトで、13.3インチの専有面積と変わりません。

MSI Prestige 14 A11のサイズは319 x 219mm
 
厚さは15.9mmであり、バッグにも忍ばせやすいスリム設計です。

MSI Prestige 14 A11の厚みは15.9mm
 
重量は約1.29kgであり、スペックを踏まえると軽量におさまっているほうで、持ち運びにも配慮されています。

MSI Prestige 14 A11の重量は約1.29kg
 
60W仕様のACアダプターは約426gです。

MSI Prestige 14 A11のACアダプターは約426g
 
充電ポートはPD対応USBタイプCなので、最大60W出力以上のUSB-C充電器との組み合わせでも充電可能です。


注意
18W以上の充電器でも充電可能ですが、低速充電の警告が出ます。

液晶ディスプレイ・スピーカー

ディスプレイは1920 x 1080ドットのフルHDであり、ノングレア(非光沢)液晶で映り込みも抑えられています。

MSI Prestige 14 A11のディスプレイ解像度はフルHD

色味の表現が自然で長時間見ても疲れにくく、使いやすいディスプレイに仕上がっています。

マクリン
ただし、クリエイティブな作業が中心なら4Kモデルの選択もアリ

ベゼルが細く、視認性も高めに作られています。


 
IPSレベルの液晶が使われているのか、視野角も広めで見やすいです。

MSI Prestige 14 A11のディスプレイはIPS相当
 
ディスプレイの上枠には、92万画素のWebカメラが付いています。

MSI Prestige 14 A11のカメラは92万画素
 
底面の左右にデュアルスピーカーをそなえ、音質はふつうです。

MSI Prestige 14 A11はデュアルスピーカー搭載
 

キーボード

キーボードは同社のSummit B14 A11と同様、「fnキーが右側にある・右端が特殊キー」など、配列にややクセがある点は注意ください。

MSI Prestige 14 A11のキーボード
 
キーピッチは19mm、キーストロークは1.5mm確保され、標準的で使いやすいです。

MSI Prestige 14 A11のキーピッチ
キーピッチは19mm
MSI Prestige 14 A11のキーストローク
キーストロークは1.5mm

キーボードにはバックライトも搭載し、暗所での作業に重宝します。

MSI Prestige 14 A11のキーボードはバックライト搭載
 
液晶を開くと、そのままタイピングに最適な角度(約5°)を生み出すドロップダウン式ヒンジを採用しています。


 
タッチパッドはかなりワイドに作られ、なめらかなさわり心地なので、操作感にすぐれています。

MSI Prestige 14 A11のタッチパッド
 
左上には指紋認証リーダーを搭載し、Windowsに安全かつクイックにログインできます。

MSI Prestige 14 A11の指紋認証リーダー

インターフェース

MSI Prestige 14 A11のポート数は多くないながらも、数少ないThunderbolt 4を複数そなえるなど、ツボをおさえています。

右側面には左からヘッドホン出力 (Hi-Res対応)/ マイク入力コンボジャック、microSDカードリーダーとUSB-A(USB 3.2 Gen2)があります。

MSI Prestige 14 A11の右側面インターフェース
 
左側面には電源端子も兼ねるUSB-C(Thunderbolt 4・USB PD対応)x 2があります。

MSI Prestige 14 A11の左側面インターフェース

MSI Prestige 15 A11についていたHDMI端子が省略されているのはちと残念。

MSI Prestige 14 A11のCPU・GPU・ストレージ性能

MSI Prestige 14 A11のストレージには、読み書き速度にすぐれるPCIe Gen 4のSSDを採用しています。

HDDとSSDのちがい

  • HDD(Hard Disk Drive) ディスク型の記録デバイス
  • SSD(Solid State Drive) フラッシュメモリ(USBメモリの中身)の大型版

 
ベンチマークソフト「Crystal Disk Mark」にて、読み込み/書き込み速度を測定したところ、かなり速い値を示していました。

MSI Prestige 14 A11のSSD読み書き速度
 
CPUは第11世代のIntel Coreプロセッサー(i7-1185G7)を採用しています。

MSI Prestige 14 A11はIntel Core i7-1185G7搭載
 
CPU性能を測る「CINEBENCH R20」で1,500以上あり、同CPUを搭載する別モデルよりやや低いものの、スコアとしては充分でi7-1165G7より高い値です。

MSI Prestige 14 A11のCINEBENCH R20のスコア
 
GPU性能を測る「Time Spy」「Fire Strike」では、ゲーミングノートのエントリー機くらいの実力でした。



MEMO
レビュー機はGTX 1650 Max-Q Design搭載モデルです。

フルHDレベルのYouTube動画編集くらいならこなせるレベルといえるでしょう。

参考のためゲームのベンチマークスコアも確認しました。

軽めのドラゴンクエストXでは、最高品質でも「すごく快適」という評価でした。

MSI Prestige 14 A11のドラゴンクエストXのベンチマークスコア

中程度の「ファイナルファンタジー14」では最高品質・通常品質ともに「快適」という評価。

MSI Prestige 14 A11のファイナルファンタジー14のベンチマークスコア

重めの「ファイナルファンタジー15」ではさすがにちょっと厳しかったです。

MSI Prestige 14 A11のファイナルファンタジー15のベンチマークスコア

モビリティの高さを踏まえると、MSI Prestige 14 A11は標準以上の性能を有し、クリエイターの要求にも応えるノートPCに仕上がっています。

Sponsored Links

 

MSI Prestige 14 A11レビューまとめ

本記事は「【MSI Prestige 14 A11レビュー】GTX 1650 Max-Q搭載のクリエイター向け14型モバイルノートPC」について書きました。

MSI Prestige 14 A11は、専用グラフィックスを搭載しつつ、軽量スリムなモバイルノートPCです。

モバイルノートでGTX 1650 Max-Qを搭載しているモデルはそこまで多くなく、そういう意味でも存在価値の高いノートといえるでしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【MSI Prestige 15 A11レビュー】GTX 1650 Max-Q搭載ながら軽量性にすぐれる15.6型クリエイター向けノートPC 【MSI Summit B14 A11レビュー】タッチ液晶も搭載するソリッドなビジネス向け14型モバイルノートPC 【MSI Summit E13 Flip Evoレビュー】性能・質感ともに高い同社初のコンバーチブル型2in1ノートPC 【2021年】ノマドにおすすめのモバイルノートパソコン【持ち運び可】【2021年】ノマドにおすすめのモバイルノートパソコン【持ち運び可】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です