おすすめのノートPC

HDDの「パラメーターが間違っています」の意味は?原因と対処法を解説

HDD パラメーターが間違っています」と表示されるエラーは、通常ではシステム異常が起きていることを示しますが、HDDの部品が故障したことで表示されていることもあります。

通常のシステム異常が原因であれば、エラー修復ツールなどを使えば修復できます。

しかし、もしHDD内部の部品が損傷している場合、chkdsk(チェックディスク)やシステムファイルチェッカーを使うと悪化してしまいます。

そこで本記事では「HDD パラメーターが間違っています」のエラー原因を解説し、エラー修復する際の注意点と具体的な対処法を紹介します。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

HDDで「パラメーターが間違っています」と表示される原因

このエラーメッセージは、パーティションテーブルのパラメーターが間違っていることを指します。

HDDは「パーティション」と呼ばれる領域に区切られており、情報は「パーティションテーブル」に記録されています。

エラーが表示される原因として、ディスクのアクセス中の接触不良や、アクセス中に接続を中断したことによるデータ破損が多く挙げられますが、以下の原因も考えられます。

HDDで「パラメーターが間違っています」と表示される原因

接続に不具合が生じている

外付けHDDの場合、パーティションの不具合ではなくケーブルやコネクタの接触不良が原因で、「パラメーターが間違っています」と表示されている可能性があります。

この場合、ケーブルやコネクタの交換や再接続を行うことで解決できます。

システムに異常が発生している

データの保存場所や編集状況、ファイル形式などの情報を目次のような役割で管理しているシステムに、問題が発生している可能性があります。

システムの異常はパソコンを強制終了したなど、HDDの接続をいきなり切断したことが一番の原因として考えられます。

外付けHDDの場合は必ず、ハードウェアの取り外し」コマンドを実行してから接続を切るようにしましょう。

物理障害が発生している

「パラメーターが間違っています」のエラーメッセージは、物理障害が起きている可能性があります。

物理障害はHDDを落としたなどの衝撃や経年劣化による故障など、物理的に故障している状態を指します。

物理障害が発生する主な原因は以下の通りです。

  • 落下による衝撃
  • 経年劣化による部品の摩耗
  • 水没や落雷によるショート

エラーメッセージが表示されるだけでなく「フォーマットの要求」や「再起動やフリーズが頻繁に起きる」などの症状も現れます。

異音や異臭がする場合は物理障害である可能性が高いため、すぐに使用を中止してください。

物理障害の場合は個人でデータ復旧することは不可能です。

使い続けると状況が悪化し、データを失う可能性が高いのでむやみに使用、復旧はしないようにしましょう。

マクリン
ケーブルの接続を見直しても改善しない場合、HDDが故障している可能性が高そう…。

HDDで「パラメーターが間違っています」と表示された場合に注意すること

「パラメーターが間違っています」とエラー表示された場合は、以下の点に注意してください。

「パラメーターが間違っています」の表示で注意すること

フォーマットをしない

「パラメーターが間違っています」とエラー表示された場合、フォーマットを行うことでHDD自体は正常に動作するようになりますが、データは全て消えてしまいます。

安易にフォーマットをしないようにしましょう。

個人で無理に対処しないようにする

HDDの復旧はある程度の知識が必要になる作業が多く、知識がないまま対処しようとすると、状態を悪化させることになります。

状態が悪化してしまうと、専門業者でも対応できなくなる可能性があります。

物理障害が疑われる場合は、早い段階でデータ復旧業者に依頼しましょう。

症状が軽いほど復旧料金も抑えることができます。

個人の対処に不安を感じていたり、物理障害の疑いがある場合はデータ復旧業者を検討しましょう。

マクリン
無理に操作するとデータが消えちゃうかもしれないから、慎重に対処しよう!

HDDで「パラメーターが間違っています」と表示された場合の対処法

HDDで「パラメーターが間違っています」と表示された場合に、自力でできる対処法を紹介します。

接続を見直す

HDDに何の問題もなく、ケーブルに問題がある場合があります。

このときは再接続やケーブルの交換で解決できます。

以下の3点を試してみてください。

  • 外付けHDDを取り外し、パソコンを再起動して再接続する
  • USBケーブル、USBポートを交換する
  • 直接パソコンのUSBポートに接続する

この方法で解決した場合は、HDDに問題はありません。

ディスクチェックを行う

HDDに発生しているファイルシステムの異常は、ディスクチェックを実行することで解決できる可能性があります。

ディスクチェックは自動で問題を解決、修復できる機能です。

STEP.1
管理者権限のあるユーザーでサインイン
STEP.2
エクスプローラーで「PC」を探してクリック
STEP.3
「デバイスとドライブ」リスト内から「修復を行うハードディスク」を右クリック
STEP.4
「プロパティ」を選択
STEP.5
プロパティウィンドウが開いたら「ツール」タブをクリックして開く
STEP.6
「エラーチェック」内にある「チェック」ボタンをクリック
STEP.7
エラーが検出された場合は「ドライブの修復」をクリックして修復を実行

ディスクチェックで解決できなかった場合は、次の手順に進んでください。

chkdskを行う

HDDのファイルシステムに異常がある場合の解決方法です。

解決できる可能性もありますが、この操作によってデータを全て削除してしまうリスクもあります。

やむを得ない場合以外の実行は控えましょう。

STEP.1
「Windowsマーク」を右クリックし「Windows PowerShell」を選択
STEP.2
ユーザーアカウント制御の画面が出たら「はい」をクリック
STEP.3
コマンド「chkdsk c: /r」を入力し、エンターキーを押す(「c」はチェックディスクを行う対象、「/r」は完全検査を意味しています。)

STEP.4
「E」は外付けHDDのドライブレターを指定する
STEP.5
完了後、PowerShellを閉じる

手順終了後は、HDDを接続してエラーが表示されないか確認してください。

chkdskが長時間終了しない場合は、物理障害が発生している可能性があります。

無理に自己対処を行わないようにしましょう。

システムファイルチェッカーを行う

パソコンデバイス自体のファイルシステムに問題が生じている場合は、システムファイルチェッカーを実行することで解決できることがあります。

STEP.1
「スタート」ボタンを右クリックし、「Windows PowerShell」を選択
STEP.2
ユーザーアカウント制御画面が表示された場合は「はい」をクリック
STEP.3
PowerShellウィンドウが表示されたら、画面にそのままコマンド「sfc /scannow」を入力

STEP.4
Enterキーをクリック

以上の操作が完了したら、HDDにアクセスできるようになったか確認してみましょう。

データ復元ソフトを使用する

データ復元ソフトを使って復元できる可能性があります。

比較的安価に利用できることが復旧・復元ソフトのメリットで、フリーソフト・有料のソフトなどさまざまなタイプが存在しています。

一般的に有料ソフトの方が使える機能が多く、フリーソフトに比べて復旧率も高いようです。

ただ、無料/有料に関係なくデータ復元ソフトが対応しているのは軽度の障害の場合のみで、深刻なシステム破損や物理障害は復旧できないため、事前に症状の原因をよく確認しましょう。

使用することでデータが上書きされたり、HDDの状態を悪化させ復旧率が著しく低下する危険性があるため、注意が必要です。

個人で修復ができない場合はデータ復旧業者に依頼すべし

様々な復旧方法を解説しましたが、データの復元はデータ復旧業者が最も確実な方法になります。

上記の方法で解決しなかった場合は、複雑な問題が発生している可能性があり、データ復旧には専門的な知識やクリーンルームなどの専用設備が必要な状態になっています。

個人でデータ復旧できない場合は、むやみにいろんな対処を行わずにデータ復旧業者に依頼しましょう。

マクリン
データ復元ソフトか迷ったときは、復元率が高いデータ復旧業者の方が良さそうだね

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧・復元業者です。

復旧率も95.2%と業界最高水準をほこり、外付けHDDの復旧実績も多数ある>ため、技術力は申し分ないといえます。

また、復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。

料金体系は成功報酬制が採用され、相談・見積もりも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーに相談するのがよいでしょう。

SNS上でも、実際に利用して復旧できたユーザーの声が多く、信頼できるサービスであることが分かります。

CHECK NOW>

HDDのデータ復旧に関するよくある質問

ここでHDDのデータ復旧でよくある質問について3つまとめました。

データ復旧の料金相場が知りたい

HDDのデータ復旧は基本的に安くて3万円前後になり、復旧難易度が高いものだと数十万円程度となっています。

故障状態やデータの量によって金額が大きく変動するため、HDDのデータ復旧は相場は決まっていません。

専門業者も、HDDの状態を確認しないとはっきりと金額を定められないため、一度相談してみることをおすすめします。

 

データ復旧が高いのはなぜ?

データ復旧はそれぞれ一台ずつ状態を確認し、機器と状態に合った復旧を行います。

また、復旧のために必要な専用設備の設置、それぞれの機器に合ったパーツの在庫を大量に抱えていることから、料金が高くなってしまう傾向にあります。

安いデータ復旧業者でも大丈夫?

金額だけでデータ復旧業者を選ぶことはおすすめしません。

安価でサービスを提供できるのはそれなりの理由があり、対応できる機器や障害が限られていたり、後から追加料金がかかるなどのデメリットもあります。

金額よりも「技術力の高さ」から業者を選び、まず無料で見積もりを出してもらうのがおすすめです。

まとめ

「パラメーターが間違っています」とエラー表示される原因と、対処法を紹介してきました。

HDDの故障は原因の判断が難しく、思っていたよりも複雑な問題が発生していることも多々あります。

重度の障害が発生していた場合に対処を行うと、問題を解決するための対処法が、かえって状態を悪化させることに繋がります。

極力自己対処は行わず、早めに業者への依頼を検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。