おすすめのノートパソコン

【HP OMEN X 2S 15レビュー】デュアルディスプレイ搭載!1台でゲーム環境が完璧に整う最強ゲーミングノートPC

ぱぶまる
本記事では、HPのゲーミングノートPC「HP OMEN X 2S 15」をレビューしました。ゲーミングノートPCで世界初のデュアルディスプレイを搭載した、スペックもりもりのハイスペックマシンです!

どうも、ゲーミングデバイスブロガーのぱぶまるです。

ゲームしながら、攻略サイトや動画視聴・Twitterをする、いわゆる「ながらプレイ」が意外と多くないですか?

なのでスマホを近くに置いたり、デスクトップPCだとデュアルモニターにしたり、デバイスがなにかと増えがち。

そこでおすすめなのが、ヒューレット・パッカード(HP)の省スペース&ハイスペックノートPC「OMEN X 2S 15」です。

OMEN X 2S 15は、Core i9-9880HとGeForce RTX 2080(Max-Q)を搭載し、キーボード上部にタッチ操作対応デュアルディスプレイを備えるゲーミングノートPCです。

性能も折り紙付きで、FF15や黒い砂漠のような重めのMMOから、高グラフィックのアクションやRPG、フォートナイトやPUBG、rainbowsix siegeといったシューティングプレイにも快適な動作が約束されています。

ぱぶまる
テーブルやこたつでゆったりRPGやMMO、デスクでシューティングなど、場所を選ばずにスタイルチェンジできるのもノートPCの良いところ!

そんなわけで「【HP OMEN X 2S 15レビュー】デュアルディスプレイ搭載!1台でゲーム環境が完璧に整う最強ゲーミングノートPC」について書いていきます。

日本HP様より、当サイト「マクリン」限定で通常価格より7%OFFで購入できるクーポンが発行されました。

以下のリンクからHP直販サイトに入り、120,000円(税抜)以上の製品を購入いただくことで適用されますので、ぜひご利用くださいませ(〜2020年5月31日23:59まで)。

マクリン
実際にゲームプレイしながらYouTubeでも紹介していますよ!

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
 

HP OMEN X 2S 15のスペック

OMEN X 2S 15は、15.6型のゲーミングノートPCです。

HP OMEN X 2S 15は15.6型のゲーミングノートPC
 
本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名HP「OMEN X 2S 15
CPUCore i9-9880H(2.30GHz)
GPUNVIDIA GeForce RTX2080(Max-Q)
液晶15.6インチ(非光沢)、リフレッシュレート144Hz
解像度フルHD(1920 x 1080)、IPS液晶
メモリ32GB(16GB x 2)
ストレージ1TB NVMe SSD
端子HDMI 2.0 x 1/USB Type-C 3.1 Gen2 x 1(Thunderbolt 3、電源オフUSBチャージ機能対応、Power Delivery 3.0)/USB3.1 Gen1 x 3(電源オフUSBチャージ機能対応)
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
バッテリー4時間
質量2.37kg

 

スペック評価
外観(特徴的なので好みは分かれる)
(3.0)
重量(屋外への持ち運びは用途外)
(1.0)
ディスプレイ(高リフレッシュレート&高発色)
(5.0)
キーボード(トラックパッド位置に慣れが必要)
(3.0)
音質(スピーカー・マイクの質が高水準)
(3.0)
ポート(Thunderbolt3対応USB-C搭載)
(4.0)
ゲーム(あらゆるゲームに対応可)
(5.0)
 

外観

本体カラーは非光沢なガンメタリックでフラットなデザインです。

HP OMEN X 2S 15は非光沢なガンメタリックでフラットなデザイン
 
ロゴ部分は起動中に赤く光ります。


 
ヒンジは約150°まで開きます。

HP OMEN X 2S 15のヒンジは約150°まで開く
 
底面には空冷用のスリットが大きめに開いてます。

HP OMEN X 2S 15の空冷用スリット
 

サイズ・重量

OMEN X 2S 15のサイズは、約361 x 262 x 20(最薄部)-26.5(最厚部)mmです。

HP OMEN X 2S 15のサイズは約361 x 262 x 20mm

ぱぶまる
マウスパッドを置いても、プレイ環境が省スペースで完成するのはありがたいですね!

液晶ディスプレイ

OMEN X 2S 15はIPS液晶かつ1920 x 1080ドットのフルHD液晶で、きれいで発色が豊かなのにくわえ、144Hzの高リフレッシュレートなのがさすがです。

HP OMEN 2S 15の液晶ディスプレイは1920 x 1080ドットのフルHD

リフレッシュレートの高い液晶は一般的に視野角が狭めですが、このモデルはかなり広く、横からでもクリアに見ることができます。

ぱぶまるからのひと言
シューティングゲームをする上でFPS値(リフレッシュレート)は重要項目ですが、OMEN X 2S 15は144Hz。プレイに支障ありません。
 

音質

音質は平均レベルといったところです。

スピーカー
ゲームはもちろん、YoutubeやTwitchなど動画視聴などもバランスよく、低音もそこそこ。映画やNetFlixなどで迫力あるサウンドを楽しみたい方でも充分満足できるはずです。
マイク
ゲーム中ボイスチャット(discord)で友人と通話しながらゲームプレイ。音質は問題なく収音感度もよいため、別途マイクをつながなくても声が充分聞こえます。キーボードも比較的静かなので、タイプ音が拾われてしまうこともなかったです。

キーボード

キーボードは、デュアルディスプレイゆえの独特な配置。

HP OMEN 2S 15のキーボード

右手にトラックパッドがあり、左右クリックボタンがついています。

ポイント
〇 方向キーが独立して押しやすい
〇 キーボードの配色(LED)はコントロールセンターで自由に設定可能
〇 付属のパームレストを使えばタイプしやすい
〇 キーの大きさは通常のゲーミングキーボードと近い
▲ キーの押し感は静かだが、浅いので好みによる
▲ トラックパッドの位置が特殊
 
タッチパッドは縦横ともに広く、クリック感はとても静かです。

HP OMEN 2S 15のタッチパッド
 
よく使うキーは色を分け、使わないキーのLEDはオフにすると、視認性が上がって使いやすくなります。

HP OMEN 2S 15のタッチパッド
 
付属のパームレストはゴム製で、重量が多少あるためズレにくいです。

HP OMEN 2S 15付属のパームレスト
 
こんな感じでPCの形状に合っているので、隙間なく設置できます。

また、キーを26個同時に押しても認識され、誤認識するのを防ぐ機能が搭載されているのは、シューティングゲーマーにもうれしいポイントです。
 

エアフロー

HPの製品は空冷機能がかなり優秀で、デュアルディスプレイ搭載の最強スペックにも関わらず、このエアフローのおかげで発熱も控えめ。

HP OMEN 2S 15はエアフローが優秀
 
左右にもデュアルディスプレイ下部に通気口があります。

発熱も抑えられ、ファンの音も一般的なゲーミングノートPCより静かになっています。

ぱぶまる
液体金属の熱伝導材を採用してるので、CPU冷却性能も従来より高くなってますよ!

インターフェース

OMEN X 2S 15のインターフェースはかなり充実しており、最大40Gbpsの転送速度に対応するThunderbolt 3対応USB-Cを標準搭載しています。

また、全ポートが電源オフUSBチャージ機能に対応しているのはかなり便利です。

右側面にはUSB-C(Thunderbolt 3)とUSB-A(いずれもUSB 3.1 Gen1・電源オフUSBチャージ機能対応)、空冷用の排気孔があります。 

HP OMEN 2S 15の右側面インターフェース
 
左側面には電源端子とHDMI、USB-A x 2(いずれもUSB 3.1 Gen1・電源オフUSBチャージ機能対応)、LANポートとマイクロフォン&ヘッドフォンジャックが付いています。

HP OMEN 2S 15の左側面インターフェース

ぱぶまる
ポート不足で困らないし、電源オフ時もマウス充電が切れないのは◎

コントロールセンターの機能

OMEN X 2S 15のコントロールセンターは直感的かつ多機能なので、ひとつずつ紹介していきます。
 

システムモニター

タスクマネージャーと通信環境の確認ができます。

HP OMEN 2S 15のコントロールセンターのシステムモニター
 

オーバークロック

PCの性能を最大限に発揮するモードです。

HP OMEN 2S 15のコントロールセンターのオーバークロック

パフォーマンス設定

ゲームや編集作業などをする際や、動画を観るなどのカジュアルな用途で切り替えるのがよろしいかと。

HP OMEN 2S 15のコントロールセンターのパフォーマンス設定
 

LEDコントロール

キーボードのライティング(光り方)を設定できます。

HP OMEN 2S 15のコントロールセンターのLEDコントロール

OFFにしたり、色やキーの細かいカスタムも可能です。

ぱぶまる
テンプレートにゲームジャンルごとのプロファイルが組んであるのが良いですね!

デュアルディスプレイの使い方

基本的なイメージはサブモニターのような使い方です。

discordなどのチャット画面やTwitter、攻略サイトやYouTubeといった「ながら作業」ができます。
 

ぱぶまる
ゲーム中の任意箇所を切り取って表示することもできるので便利!

タッチパッド上部にある4つの専用ボタンで、デュアルディスプレイの各操作ができます。

まず左上のOMENマークで、ディスプレイにコントロールセンターを表示します。

下段のボタンは左から「テンキー表示・ディスプレイオフ・ディスプレイ輝度・ディスプレイへの表示」があてがわれています。

その中でもキモとなる2つの操作を紹介します。
 

1. デュアルディスプレイにコントロールセンターを表示

コントロールセンターの左側メニューバーにある、下から三番目のアイコンをタッチもしくはクリックで表示します。


 

2. メインディスプレイからのデュアルディスプレイへの切り抜き

メインディスプレイで切り抜き箇所を選択します(ドラック&ドロップの要領で)。

すると、デュアルディスプレイ側でこのように表示されます。


 
両画面はこんな感じです。

ぱぶまる
ゲーム中にMAPやインベントリをこのディスプレイに表示したりできれば便利ですね!
注意
ゲーム中にこの機能でゲーム画面を部分表示する場合、ゲームのビデオ設定は「ウィンドウモード」である必要があります。フルスクリーンでプレイすることが多いので、この点は注意ください。

HP OMEN 2S 15でPUBGをプレイ

OMEN X 2S 15で重いゲームの代表格「PUBG」をプレイしながら、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証してみました。

このタイトルが動けば、大抵のタイトルはプレイ可能と考えて良いです。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:ウルトラ・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は100~120といった感じです。


 
密集していない場所であれば155まで出る時もありました。


 

グラフィック設定:中・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は130~150なのでプレイは余裕(120くらい出ていると、それ以上は人が認知できるかどうか、微妙な数値になってきます)。

グラフィック設定:非常に低い・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は常時150以上出ており、人が多いエリアでも快適に動きます。


 

グラフィック調整の優先度

1. 重めの設定

シャドウやアンチエイリアスといった設定は、GPU機能の負荷が高いので、下げるとFPS値を上げやすいです。
 

2. オブジェクト設定

テクスチャ系の設定は常時GPUメモリを食うので、読み込み量を下げておくと安定しますが、敵の見やすさと天秤になります。
 

3. 解像度を変更

好みは分かれますが、1280 x 720や1050 x 980といった解像度を調整してもFPS値はあげられます。

引き延ばしともいわれる設定です。

デスクトップPCに比べて画面が小さいので、敵が見やすくなります。

ぱぶまるからのひと言
コンパクトな筐体きょうたいに高性能を詰め込みつつ、この冷却性能は素直にすごいです(ゲーム中は底面をふさがないように)。ゲームを3~4時間続けても性能は落ちず、熱処理も問題ありません。ファン音はするものの、イヤホンなどつけていれば気にならないレベルでした。

キーボードの操作性

ゲームはそのままでも問題なくできますが、パームレストが付いており、トラックパッドが手の置き位置を邪魔しないので、意外と使いやすいです。

HP OMEN 2S 15のパームレストは使いやすい

ぱぶまる
外付けのゲーミングキーボードをつないでもいいですね!

HP OMEN X 2S 15で快適にできるタイトルは?

いずれのゲームも正直余裕でこなせます。

ただし、高グラフィックのシューティングゲームを最高設定でプレイしたい方は、素直に相当スペックのデスクトップにするのがベターです。

OMEN X 2S 15はノートPCでも最高スペックであり、これ以上だとデスクトップでも相当良いものを購入する必要が出てきます。

ゲームタイトルごとの快適度
マインクラフト(きれいで快適)
(5.0)
LoL(きれいで快適)
(5.0)
DQX(最高品質でも「非常に快適」)
(5.0)
FF15(高品質で「快適」)
(5.0)
黒い砂漠(グラフィック設定高めでも余裕あり)
(5.0)
FORTNITE(最高グラフィック設定でもプレイ可)
(5.0)
rainbowsix siege(最高グラフィック設定でもプレイ可)
(5.0)
APEX(最高グラフィック設定でもプレイ可)
(4.0)
PUBG(最高グラフィック設定でもプレイ可)
(4.0)
ぱぶまるからのひと言
そこそこハイスペックのデスクトップPCと比較しても、プレイにそん色ないレベルです。LoLやDQXのような軽めのゲームでは、ファンも回る必要がないくらいラクラク快適でした。マイクラも余裕。PUBGやAPEXなどのバトロワ系シューティングは、人が密集してもFPS値は安定し、FFなどMMMOの長時間プレイにも耐えられます。

HP OMEN X 2S 15レビューまとめ

本記事は「【【HP OMEN X 2S 15】セカンドディスプレイ搭載!1台でゲーム環境を完璧に整えられる最強ゲーミングノートPC」について書きました。

OMEN X 2S 15は、Core i9-9880HにGeForce RTX 2080(Max-Q)、144Hzの高リフレッシュレートというゲーマー納得のスペックで、デュアルディスプレイによる革新性まで兼ね備えたゲーミングノートPCです。

ぱぶまる
これ1台あれば解決できる最強スペックといえます!
日本HP様より、当サイト「マクリン」限定で通常価格より7%OFFで購入できるクーポンが発行されました。

以下のリンクからHP直販サイトに入り、120,000円(税抜)以上の製品を購入いただくことで適用されますので、ぜひご利用くださいませ(〜2020年5月31日23:59まで)。


【HP OMEN 17レビュー】どんなPCゲームでも妥協のない快適プレイ!圧倒的なパフォーマンスを誇るゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCR2080RNF-Eレビュー】steelseries製キーボード搭載&重いゲームもサクサク動くハイスペックゲーミングノートPC 【HP Pavilion Gaming 15(インテル)レビュー】コスパに優れたゲーマー目線のゲーミングノートPC 【HP Pavilion Gaming 15(AMD)レビュー】Ryzen7・144Hz・16GBメモリの3点セットで10万円の高コスパゲーミングノート! 【Dell NEW ALIENWARE M15レビュー】4K画質に240Hzディスプレイまで備える超ハイスペックゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCR1660TGF-QCレビュー】外でも使えるデザインとFPSゲームもこなせる高コスパのゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCR1650GFレビュー】中程度の3Dゲームもできる10万円以下の15.6型ゲーミングノートPC 【レノボLegion Y740(15)レビュー】重い3Dゲームもこなす高コスパの15.6型ゲーミングノートPC 【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です