おすすめのノートパソコン

【レノボLegion Y540(17)レビュー】質感・デザイン・性能が高くまとまったLenovoのゲーミングノートPC

ぱぶまる
本記事では、LenovoのゲーミングブランドLegionの17インチモデル、「Legion Y540(17)」をレビューしました。17インチなのに薄型で、主張の抑えられたシンプル設計、天板やキーボード周りの質感がよく、所有感を満たしてくれるモデルですよ!

どうも、ゲーミングデバイスブロガーのぱぶまるです。

ゲーミングノートPCが欲しいけど、デザインの良いものを選びたい!

ゲームユーザーが広がっている今日この頃、そういうニーズは少なくありません。

このたび紹介するゲーミングノートPC「Legion Y540(17)」は、ゲーミングPCらしからぬ見た目で「シンプルなデザインと細部までこだわった質感の良さ」が特徴です。

Legion Y540(17)は、Corei7-9750HとGeForce GTX 1660Tiを備えたミドルスペックマシンです。

性能がかなり高く引き出され、デザインもシンプルでカッコよく仕上がっています。

また、インターフェース回りも使いやすく、まとまったおすすめマシンです。

ぱぶまる
コスパにすぐれた構成で、大抵のゲームを快適にプレイできますよ!

そんなわけで本記事は「【レノボLegion Y540(17)レビュー】質感・デザイン・性能が高くまとまったLenovoのゲーミングノートPC」について書いていきます。

マクリン
YouTubeでも実際にゲームプレイしながら紹介していますよ!

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。

レノボLegion Y540(17)のスペック

Legion Y540(17)」は、17型のゲーミングノートPCです。

Legion Y540(17)は17型のゲーミングノートPC
 
本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 レノボ「Legion Y540(17)
CPU Core i7-9750H
GPU NVIDIA GeForce GTX 1660Ti
液晶 17.3インチワイド
リフレッシュレート 144Hz
解像度 フルHD(1920 x 1080)
メモリ 16GB
ストレージ 256GB(PCIe SSD)
端子 USB-A x 3(USB3.0)、USB-C x 1(USB3.0)、HDMI x 1、miniDisplayPort x 1
バッテリー 2.4時間
質量 2.84kg
ぱぶまる
ゲーミングノートPCとしては必要十分といった、ミドルスペックの内容ですね。
スペック評価
外観(シンプルで薄型、天板やパームレストの質感が良い)
(5.0)
重量(屋外には不向き)
(2.0)
ディスプレイ(高画質IPS液晶&144Hz高リフレッシュレート)
(4.0)
キーボード(英字配列で無駄がなく使いやすい)
(3.0)
音質(音域が広く低音も響く)
(4.0)
ポート(数と配置は◎、ワイヤレス規格がもう一歩)
(4.0)
ゲーム(重いゲームは要グラフィック設定)
(3.0)
 

外観

本体カラーはブラック。ロゴは1箇所で、シンプルでゲーミングPCらしくないデザインです。

Legion Y540(17)の本体カラーはブラック

天板には細かな溝が施され、サラサラしています。

ぱぶまる
指紋がつきにくいのは良いですね!
 
17インチで大型のノートPCですが、フラットなデザインもあいまって結構スリムに仕上がっています。

Legion Y540(17)はスリム設計
Legion Y540(17)は薄く仕上がっている

底面には空冷用のスリットがあります。

Legion Y540(17)の底面には空冷用のスリット
 
ACアダプターは、一般的なノートPCの2倍程度の大きさでゴツめ。

Legion Y540(17)のACアダプター
 
横に並べると場所はそれなりにとります。

Legion Y540(17)のACアダプターのサイズはそれなりに大きい
 

液晶ディスプレイ

Legion Y540(17)のディスプレイは、ベゼルが狭くてサイズが大きいため、高い没入感と見やすさを兼ね備えています。

Legion Y540(17)のディスプレイはナローベゼル
 
IPS液晶なので発色鮮やかで、リフレッシュレートもしっかり144Hzあります。

Legion Y540(17)の液晶ディスプレイは144HzのIPS液晶
 
ディスプレイは180°程度まで倒れます。

Legion Y540(17)のディスプレイは180°程度まで倒れる

ぱぶまる
ここまで実際倒すことは無いにせよ、フラットにしたいというときもありますよね。

音質

スピーカーの音質はかなり良いです。

ヘッドセットなどを使わず、スピーカーでゲームや動画音声を流したい方にはおすすめ。

スピーカー
音域が広く、低音も響きます。
マイク
ゲーム中ボイスチャット(discord)で通話しながらゲームプレイしましたが、音質としては普通。収音感度も問題なくキーボードのタイプ音も静かなので快適に使えます。
ぱぶまる
ソロプレイ用のゲームでは、ぜひ一度スピーカーで楽しんでもらいたいです!
 

キーボード

マットな質感で金属的な冷たさがなく、高級感があります。

Legion Y540(17)のキーボード

英字配列なので、普段日本語配列のキーボードを使っている人には慣れが多少必要かもしれません。

ただ、ゲームプレイにおいては英字配列のほうが操作しやすいと思います。

本体が大きく余裕をもって作られているので、ミスタイプしづらく操作性が良いです。

ポイント
〇 キーの大きさや配置が一般的なもので使いやすい
〇 スペースキーが大きく押しやすい配置
〇 変換キーもなく誤タイプしにくい
▲ RGBで好みに配色はできない
▲ トラックパッドが小さく使いづらい
▲ 押し感がゲーミング用途としては浅め
ぱぶまる
ゲーミングノートPCは通常、指紋や汚れが目立ちますが、このモデルは掃除しやすくて良いですよ!

インターフェース

Legion Y540(17)のインターフェースはひととおり揃っています。

右側面にはUSB-Aのみです。

Legion Y540(17)の右側面インターフェース
 
左側面もUSB-Aとイヤホン・マイク端子のみ。

Legion Y540(17)の左側面インターフェース
 
背面にほとんどまとめられており、左右から配線が出ず、デスク周りがゴチャゴチャしないのがとても良いポイントです。

Legion Y540(17)の背面インターフェース

ぱぶまる
ただ、ワイヤレス規格がもう一歩。Wi-Fi6やBluetooth5.0に対応していればもっと良かったです。

レノボLegion Y540(17)のゲームベンチマーク

Legion Y540(17)は、CPUに第9世代のCore i7-9750H、GPUにはGeForce GTX 1660Tiを搭載し、大抵のゲームは難なく動作します。

ぱぶまる
同スペックの他ノートPCより、軽~中程度の重さのゲームのスコアが特にひと回り高いです。

総合的なベンチマークソフト「3DMark」の結果は、6000弱

レノボLegion Y540(17)のCPUのPCMark 10スコア
 
重い3Dゲームの代表格「ファイナルファンタジー15」の高品質で「やや快適」の評価です。

レノボLegion Y540(17)のFF15のスコア
 
重さレベル中程度のゲーム「ファイナルファンタジー14」の高品質では「非常に快適」。

レノボLegion Y540(17)のFF14のスコア
 
軽めのゲーム「ドラゴンクエストX」の最高品質で測ったところ「すごく快適」という評価。

レノボLegion Y540(17)のドラクエXのスコア

レノボLegion Y540(17)でPUBGをプレイ

Legion Y540(17)で重いゲームの代表格「PUBG」をプレイしながら、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証してみました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

ぱぶまる
冷却性能や細かなチューニングによるものか要因は断定できませんが、同構成の他ノートPCよりスコアがひと回り高いですよ!

グラフィック設定:ウルトラ・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は100前後で、プレイ自体は全く問題ないスコアです。

レノボLegion Y540(17)でPUBGをプレイ

ぱぶまる
ちなみに参考として、プレイステーション4は動作FPSが30~60なので、それ以上はしっかり出ているとみて良いです。
 

グラフィック設定:中・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は150前後なので、このディスプレイの描写能力をしっかり活かせます。

シューティングゲームなので、実際はできるだけ軽めの設定にすることが多いと思いますが、多少グラフィックにこだわる余裕がありますね!

ぱぶまる
画面が大きいのが、シューティングゲームでも索敵しやすさなどにつながりますね!

グラフィック設定:非常に低い・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は170前後。 

ラグなどは特に無く、サクサク動かせます。

激しい動作でFPS値が多少落ちても、ディスプレイの描写力を余すことなく活かせます。

ぱぶまる
ディスプレイが144Hzまでなので、常時最高の状態でプレイできます!

レノボLegion Y540(17)で快適にできるタイトルは?

ゲームプレイに関し、欠点は無いといえるレベルに仕上がっています。

ゲームタイトルごとの快適度
League Of Legends(最高画質でも快適)
(5.0)
DQX(最高品質で「すごく快適」)
(5.0)
FF14(高品質で「すごく快適」)
(5.0)
FF15(高品質で「やや快適」)
(3.0)
FORTNITE(中~高画質で快適)
(4.0)
APEX(快適な動作には要グラフィック設定)
(4.0)
PUBG(快適な動作には要グラフィック設定)
(4.0)
レインボーシックスシージ(中~高画質で快適)
(4.0)
Dead By Daylight(最高画質でも快適)
(5.0)
マインクラフト(最高画質でも快適)
(5.0)
MEMO
FPS値が常時100以上出ており、ラグなどが無い状態の場合「快適」としています。

PUBGクラスを最高グラフィックでFPS値も求める場合は厳しいです。

しかし、ノートPCで通常求められるスコアは余裕を少しもって超えています。

レノボLegion Y540(17)レビューまとめ

本記事は「【レノボLegion Y540(17)レビュー】質感・デザイン・性能が高くまとまったLenovoのゲーミングノートPC」について書きました。

Legion Y540(17)は、デザインはもちろん性能も充分備えたバランスの良いゲーミングノートPCといえます。

ぱぶまる
なるべく省スペースで、デスク周りの景観もこだわる方にもおすすめですよ!

【レノボLegion Y740(15)レビュー】重い3Dゲームもこなす高コスパの15.6型ゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCR2070RGF-QCレビュー】デザイン性とゲーム性能を備えるインテル共同開発の最軽量ゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCR1660TGF-QCレビュー】外でも使えるデザインとFPSゲームもこなせる高コスパのゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCR1650GFレビュー】中程度の3Dゲームもできる10万円以下の15.6型ゲーミングノートPC 【HP OMEN 17レビュー】どんなPCゲームでも妥協のない快適プレイ!圧倒的なパフォーマンスを誇るゲーミングノートPC 【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です