おすすめのノートPC

HP Spectre x360 14をレビュー!上質感と使いやすさ両立の13.5インチ2in1ノートPC

評価:4.5

どうも、ノマドワーカーのマクリン( @Maku_ring)です。

外で作業する人におすすめのノートPCが、携帯性にすぐれた2in1ノートやモバイルノートPC。

ビジネスにもプライペートにも映えるモデルが、13.5型の2in1ノートPC「HP Spectre x360 14」です。

同社のノートPCでも最上位に相当し、エレガントかつ引き締まったデザインに仕上がっています。

前モデル「HP Spectre x360 13」から、キーボードの配列やディスプレイサイズ、スピーカーなどが見直され、さらに使いやすくなっています。

スペックは第11世代のCore i5/i7にIris Xeグラフィックス、ストレージはPCIeベースのSSDもしくはSSD + Optaneメモリーのハイブリッド仕様となっています。

液晶にはIPSもしくは有機ELディスプレイを搭載し、有機ELモデルは映像編集する方にも最適です。

ノートブック・フラット・テント・スタンド・タブレットと、シーンに応じて5つのモードに変形できるのも強み。

価格は164,780円〜と安くはないものの、価格なりに所有欲を満たすモデルに仕上がっています。

そこで本記事では、外観と特徴に触れた後、各種ベンチマークを紹介していきます。

ヒューレット・パッカード(HP)
ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

HP Spectre x360 14の外観とスペック

ヒューレット・パッカード社の「HP Spectre x360 14」は、13.5型の2in1コンバーチブル型ノートPCです。

HP Spectre x360 14は13.5型の2in1コンバーチブル型ノートPC
モバイルは左スライドで全表示

製品名 HP「Spectre x360 14
CPU Intel Core i5-1135G7(1.1GHz)/ Core i7-1165G7(1.3GHz)
GPU Intel Iris Xe Graphics
液晶 13.5インチ
解像度 フルHD(1920 x 1080)/ 267ppi(3000 x 2000)
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ 256GB(PCIe SSD)/ 512GB(PCIe SSD)+32GB(OptaneメモリーH10)/ 1TB(PCIe SSD)+32GB(OptaneメモリーH10)
生体認証 顔・指紋認証
端子 USB-C x 2(Thunderbolt4・Power Delivery・DisplayPort 1.4・電源オフチャージ)/ USB-A x 1(USB3.2 Gen2・電源オフチャージ)/ micro SD / ヘッドフォン出力・マイク入力コンボポート
バッテリー 15時間(OLEDモデルは10.5時間)
質量 1.36kg
MEMO
本記事では、i7/16GB/1TB + 32GB/OLEDの構成で貸与いただき、レビューしています。
 
本体カラーはポセイドンブルーで、光の当たり方で見え方が変わり、深海を思わせる神秘的な雰囲気があります。

ポセイドンブルーのHP Spectre x360 14
 
もう一色のアッシュブラックは、うるしのような高級感をたたえています。

HP Spectre x360 13のカラーはアッシュブラック

旧モデルのアッシュブラック

 
外装にはアルミニウムの削り出しを採用し、高剛性かつ品質も高いです。

HP Spectre x360 14はアルミニウムの削り出しボディ採用

HPがアルミの削り出しにこだわるのは、製品にばらつきが出ず、精度が高いからです。

また、一般的なPCに使用されるプラスティック(樹脂)と比べ、ユーザーのメリットが大きいこともその理由となっています。

アルミニウム
  • 強度がある
  • 加工性が良い
  • 放熱性が良い
  • 精度が高い
  • 傷つきにくい
  • 美しい
  • 価格が高い
  • 素材の着色が難しい
プラスティック
  • 価格が安い
  • 素材の着色が比較的容易
  • 熱の絶縁性が高い
  • 強度はない
  • 加工性が良くない
  • 放熱性が良くない
  • 精度が悪い
  • 傷つきやすい

 
端部のゴールドとの組み合わせがゴージャス感を演出し、グッドデザイン賞をとっているだけあります。


 
側面にはまるで宝石のようなエメラルドカットが施され、ノートPCとは思えぬ造形に仕上がっています。

HP Spectre x360 14の端部はエメラルドカット

マクリン
ヒンジ部分のさりげない「SPECTRE」もカッコいいですよね!

コンバーチブル型だけあり、ノートブックモードふくめ、5つのモードを備えています。

HP Spectre x360 14のノートブックモード
 
ディスプレイをそのまま180°に倒すとフラットモードになります。

HP Spectre x360 14のフラットモード
 
ディスプレイを反対面に回してキーボード面を底にすると、動画鑑賞に適したスタンドモードで使えます。

HP Spectre x360 14のスタンドモード
 
反対面に回したディスプレイとキーボードを起点に立てると、狭い場所での設置や外部ディスプレイに適したテントモードです。

HP Spectre x360 14のテントモード
 
ディスプレイを反対側にたたむと、タブレット形状になるタブレットモードで使えます。

HP Spectre x360 14のタブレットモード
 

サイズ・重量

サイズは幅298 x 高さ220mmで、x360 13が幅307 x 高さ194mmだったので、旧モデルより幅が10mm大きく、高さは26mm程度長くなっています。

HP Spectre x360 14と13の比較

(左)HP Spectre x360 13 /(右)HP Spectre x360 14

ベゼルも狭いので、A4サイズより高さが10mmある程度におさまっています。

厚さは17mmで、前モデルより1.5mm程度のスリム化を実現してます。

HP Spectre x360 14の厚みは17mm
 
重量は公称約1.36kgですが、実測だと約1.29kgでした。

HP Spectre x360 14の重量は約1.29kg

HP Spectre x360 14

HP Spectre x360 13

モバイルノートではやや重めですが、約66Whのバッテリー性能をふまえると、かなりがんばっているほうです。

65W仕様のACアダプターは若干大きめですが、Thunderbolt4対応USB-CがPDに対応し、60W以上の他社のPD対応USB-C充電器を組み合わせて使うこともできます。

HP Spectre x360 14の65W仕様のACアダプター

マクリン
PD対応モバイルバッテリーから充電もできるので、コンセントない場所で使うときも助かりますね!

ディスプレイ

ディスプレイのサイズは13.5型で、解像度はIPSモデルがフルHD、こちらの有機ELモデルが3000 x 2000ドットの267ppiです。

HP Spectre x360 14のディスプレイ

IPSモデルには覗き見を防止できるプライバシーモードを搭載してますが、有機ELモデルにはついていません。

ただ、プライバシーモードはオフの状態でも若干見づらく、視認性が落ちるので、有機ELモデルのほうがおすすめです。

有機ELは非常に美しい仕上がりで、発色がきれいで黒も締まって立体的に映ります。


 
3:2のアスペクト比なので、オフィス作業やWebページ閲覧にも使いやすいです。


 
視野角も広く、角度をつけても画面の視認性は高いです。


光沢液晶ではあるものの、有機ELモデルのみ反射防止コーティングが施されてるので、映り込みはそこまで気になりませんでした。

「HP Display Control」で色域を変換でき、sRGBやAdobe RGBなどに変更できるようになっています。

HP Spectre x360 14のHP Display Control
 
ディスプレイの上枠には約92万画素のHD対応Webカメラが付いています。

HP Spectre x360 14の約92万画素のHD対応Webカメラ
 
会議時にカメラオンになって困らないよう、カメラのオンオフボタンも付いています。

HP Spectre x360 14のカメラオンオフボタン
 
ボタンを押すたび、カメラの部分に物理的にシャッターがかかるようになっています。


 
マイクのミュートボタンもつき、こちらも会議時に重宝します。

HP Spectre x360 14のマイクミュートボタン
 
あとは専用のタッチペン「HP MPP アクティブペン」が付属し、充電式で4096段階の筆圧検知と傾き検知に対応しています。

HP Spectre x360 14のHP MPP アクティブペン
 
2つの物理ボタンが割り当てられてて「HP Pen Control」でこの2つの機能を選ぶことができます。

HP Spectre x360 14のHP Pen Control

 
繊細なイラスト描写は厳しいですが、これくらいのラフスケッチやメモ書きには使えますので、実用性は充分にあります。


 
ペンは本体側面にマグネットでくっつけることもできます。


 
あとは本体専用ケースのホルダーに収納できるようになってます。

HP Spectre x360 14の本体専用ケース

スピーカー

スピーカーには前モデルと同様、高級オーディオメーカー、Bangバング && Olufsenオルフセンと共同開発したユニットを搭載しています。

HP Spectre x360 14のスピーカーはBang & Olufsen共同開発のユニット搭載
 
前がデュアルスピーカーでしたが、4機搭載のクアッドスピーカーにパワーアップしました。




音のこもりもほぼ無く、高音域をきれいに響かせる設計となっています。

マクリン
内蔵スピーカーとしては文句なしの合格点!

「Bang & Olufsen Audio Control」でオーディオレベルやノイズキャンセリング、イコライザーも調整できます。

HP Spectre x360 14のBang & Olufsen Audio Control

キーボード

キーボードの配列は、前モデルよりかなり改善されてます。

HP Spectre x360 14と13のキーボード比較
 
前は一番右列が特殊キーで誤タッチしやすかったですが、HP Spectre x360 14では一番右がEnterキーになり、キーサイズも大きくなって押しやすくなりました。


 
キーピッチは19mm、キーストロークは1.4mmであり、入力しづらさも全くありませんでした。

HP Spectre x360 14のキーピッチ
キーピッチは19mm
HP Spectre x360 14のキーストローク
キーストロークは1.4mm
 
F4ボタンを押すことでバックライトが二段階で点灯するので、暗所でも作業しやすく重宝します。

HP Spectre x360 14のキーボードはバックライト搭載
 
パームレストには指紋認証リーダーを引き続きそなえ、飛び出しがなくなりました。

HP Spectre x360 14の指紋認証リーダー
 
タッチパッドもかなり広くなり、触感もすべらかで感度良く、扱いやすくできています。

HP Spectre x360 14のタッチパッド

HP Spectre x360 14

HP Spectre x360 13のタッチパッド

HP Spectre x360 13

インターフェース

インターフェースの数はそれなりですが、種類が厳選され、利便性は高いです。

右側面には左からMicroSDカードリーダー、USB Type-C(Thunderbolt 4・電源オフチャージ)x 2、ヘッドフォン出力・マイク入力コンボポートがついています。

HP Spectre x360 14の右側面インターフェース

MEMO
2つのUSB-Cはいずれも電源接続に対応しています。
 
左側面にはUSB-A x 1(USB3.2 Gen2・電源オフチャージ)がついています。

HP Spectre x360 14の左側面インターフェース

なかでもPDと映像出力に対応するThunderbolt 4対応のUSB-Cが2つもついてると、外部ディスプレイ2枚に出力できるなど、拡張性はかなり高いです。

ヒューレット・パッカード(HP)

HP Spectre x360 14のSSD・CPU・GPU性能

HP Spectre x360 14のストレージはHDDでなく、読み書きの速いSSD(PCIe)もしくはSSD(PCIe) + Optaneメモリー H10 を採用しています。

HDDとSSDのちがい
  • HDD(Hard Disc Drive) ディスク型の記録デバイス
  • SSD(Solid State Drive) フラッシュメモリ(USBメモリの中身)の大型版
 
ベンチマークソフト「Crystal Disc Mark」にて、読み込み/書き込み速度を測定したところ、速い値を示していました。

HP Spectre x360 14のSSD読み書き速度
 
パフォーマンスを調整できる「HP Command Center」を搭載し、使用状況で最適化する「スマートセンス」や最大限に引き出す「パフォーマンスモード」などが付いてます。

HP Spectre x360 14のスマートセンスモード

本記事では両モードで比較してみました。

CPUの性能を測るCINEBENCH R20の結果は1,800程度であり、ビジネス用途なら充分なスコアです。

HP Spectre x360 14のCINEBENCH R20スコア

パフォーマンス

スマートセンス

 
グラフィックスにはIris Xe Graphicsを搭載し、Iris Plus GraphicsやUHD Graphicsは上回る性能を発揮していました。

パフォーマンス

スマートセンス

パフォーマンス

スマートセンス

 
いくつかのゲームでベンチマークも回してみました。

ドラクエでは「すごく快適」という評価でした。

HP Spectre x360 14のドラクエXのベンチマーク

パフォーマンス

スマートセンス

 
中程度の「FF14 漆黒のヴィランズ」は高品質で「普通」・標準品質で「やや快適」でした。

HP Spectre x360 14のFF14のベンチマーク

パフォーマンス

スマートセンス

パフォーマンス

スマートセンス

 
「FF15」では高品質で「動作困難」・標準品質で「重い」だったので、FF15など重い部類の3Dゲームをプレイするのはさすがに厳しいです。

HP Spectre x360 14のFF15のベンチマーク

パフォーマンス

スマートセンス

パフォーマンス

スマートセンス

マクリン
CPU内蔵型ではパワーがあるほうなので、ある程度の3Dの映像・データ処理は行えますね!
ヒューレット・パッカード(HP)

HP Spectre x360 14レビューまとめ

本記事は「HP Spectre x360 14をレビュー!上質感と使いやすさ両立の13.5インチ2in1ノートPC」について書きました。

HP Spectre x360 14はアルミボディをまとい、Thunderbolt 4対応USBが2つ付いてたり、フレキシブルに変形できるなど、使い勝手にもすぐれています。

エレガントな造形のデザインも印象的で、外で使うのにも適したモデルに仕上がっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

ヒューレット・パッカード(HP)
YouTube
動画でも紹介しています。

【HP Elite Dragonfly G2レビュー】総合力にすぐれる5G/LTE対応の13インチ2in1ノートPC 【2021年】安いのにおすすめの2in1・タブレットPC【高性能】【2021年】安いのにおすすめの2in1・タブレットPC【高性能】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。