おすすめのノートパソコン

【ドスパラGALLERIA GR1650TGF-Tレビュー】10万円で買える手軽な軽量薄型ゲーミングノートPC!

ぱぶまる
本記事ではドスパラのゲーミングノートPC「GALLERIA GR1650TGF-T」をレビューしました。ライト層向けに充分なリフレッシュレートとCPUのほか、ディスプレイの美しさやキーボードの使いやすさ、軽さなどバランス良くそなつつ価格は10万円という破格モデルです!

どうも、ゲーミングデバイスブロガーのぱぶまるです。

ゲーミングノートでまずネックになるのが価格。それからノートなのに持ち運びが難しいレベルの重量

10万円クラスのエントリーゲーミングノートPCは、選べるものが意外と多くありません。

しかし、このたび紹介する「GALLERIA GR1650TGF-T」なら、薄くて軽くて使いやすくキレイ。さらに10万円という価格のわりにスペックも抜かりなし。

作業用としてもなかなか優秀で、ちょっとした画像・動画編集などにも使いやすいです。

重さは1.85kgと最軽量クラスで19.9mmと薄いのに、CPUは最新のRyzen 5 4600Hでリフレッシュレートは120Hz、GPUはGeForce GTX1650Ti、メモリは8GB、といった構成になっています。

ある程度のゲームはしっかり動作できるスペックをそなえています。

ぱぶまる
10万円クラスで選ぶなら、コレがおすすめですよ!

そんなわけで本記事は「【ドスパラGALLERIA GR1650TGF-Tレビュー】10万円で買える手軽な軽量薄型ゲーミングノートPC!」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。

GALLERIA GR1650TGF-Tのスペック

GALLERIA GR1650TGF-T」は15型のゲーミングノートPCです。

GALLERIA GR1650TGF-Tの外観
 
本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 GALLERIA GR1650TGF-T
CPU Ryzen 5 4600H
GPU GeForce GTX 1650 Ti GDDR 4GB
液晶 15.6インチ
リフレッシュレート 120Hz
解像度 フルHD 液晶(LEDバックライト / 1920×1080ドット表示)
メモリ 8GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
端子 USB2.0 x 1、USB3.2 gen1 Type-A x 2、Type-C x 1、マイク入力 x 1、ヘッドフォン出力 x 1、HDMI2.0 x 1、miniDP x 2、SDカードリーダー(SDXC対応)、ギガビットLANポート x 1
無線 Wi-Fi 6、Bluetooth 5
バッテリー 約3.8時間
質量 1.85kg
スペック評価
外観(高級感のあるマグネシウムボディ)
(5.0)
重量(1.85kgの軽量&薄型)
(4.0)
ディスプレイ(フルHD液晶でリフレッシュレート120Hz)
(3.0)
キーボード(RGB非搭載ながら使いやすい配置)
(3.0)
音質(音質はふつう)
(3.0)
ポート・無線(数も多くWiFi6対応)
(4.0)
ゲーム(ライトプレイヤー向きながら快適)
(3.0)
騒音・熱(比較的抑えめ)
(4.0)
 

外観

本体カラーはガンメタリックかつ、高級感のあるマグネシウムボディで所有欲も満たされます。

GALLERIA GR1650TGF-Tの本体カラーはブラック
 
底面には空冷用のスリットがあります。

GALLERIA GR1650TGF-Tの底面には空冷用のスリット

ガレリアの他のゲーミングノートと比べ、冷却性能が向上しているようでファンの音も抑えられています。
 

液晶ディスプレイ

GALLERIA GR1650TGF-Tのディスプレイは、ナローベゼルで視認性が高いのにくわえ、リフレッシュレートは120Hzです。

GALLERIA GR1650TGF-Tのディスプレイはナローベゼル

視野角も広めで見やすいのですが、比較的キレイな画面となっています。

ぱぶまる
リフレッシュレートが高いので画面酔いしづらく、快適にプレイできますよ!

音質

スピーカーの音質は可もなく不可もなくといったところ。

ただ内蔵スピーカーにしては定位(音がどこから鳴っているか)が分かりやすかったです。

スピーカー
普通にゲームや映画を楽しむことができます。ゲームではヘッドセットなど使用すると、より楽しめると思います。
マイク
ゲーム中ボイスチャット(discord)で通話しながらゲームプレイしたところ、音質も問題ありません。キーボードはメンブレンですが、タイプ音も拾わず快適です。
ぱぶまる
基本的にはヘッドセットなどでゲームプレイするのがおすすめですよ!
 

キーボード

ゲーミングノートPCとしてはふつうの打ちやすさです。

テンキーを備えているものの、ゲーム用途で考えるとテンキーレスと好みが分かれるところ。

GALLERIA GR1650TGF-Tのキーボード
 
メカニカルのような打鍵感はありませんが、そこそこ打ちやすいです。

GALLERIA GR1650TGF-Tのキーボード

ぱぶまる
メンブレンなのでタイプ音が響かず、ボイスチャット時も気にしなくて良いのはいいですね!
ポイント
RGB機能は個別キーへの割り当て不可
エンターキーが小さく英字配列っぽい特徴的な配列
テンキー搭載でトラックパッドも大きく、作業する際にも使いやすい

インターフェース

右側面にはSDカードリーダーとUSB-A(USB3.2)が2つあります。

GALLERIA GR1650TGF-Tの右側面インターフェース
 
左側面にはLANポートとUSB-A(USB2.0)、マイク入力とヘッドフォン出力端子が付いています。

GALLERIA GR1650TGF-Tの左側面インターフェース
 
背面にはminiDPが2つにHDMI、USB-C(USB3.2)と電源ポートが付いています。

GALLERIA GR1650TGF-Tの背面インターフェース

ぱぶまる
ポート数も多いので、ディスプレイやキーボードは外付け使用でも良さそうですね!

GALLERIA GR1650TGF-Tのゲームベンチマーク

GALLERIA GR1650TGF-Tは、CPUに最新世代のRyzen 5 4600H、GPUにGeForce GTX 1650 Ti GDDR 4GBを内蔵しています。

総合的なベンチマークソフト「3DMark」の結果は3600台と、エントリークラスのスコアとなりました。

GALLERIA GR1650TGF-TのCPUのPCMark 10スコア

MEMO
性能テストではコントロールセンターで空冷ファンをターボモードをONにしています。
 
重い3Dゲームの代表格「ファイナルファンタジー15」の高品質では「普通」の評価。

GALLERIA GR1650TGF-TのFF15のスコア

ぱぶまる
戦闘シーンでは若干カクツキがあるかなといった感じですね。

重さレベル中程度のゲーム「ファイナルファンタジー14」の高品質では「非常に快適」の評価です。

GALLERIA GR1650TGF-TのFF14のスコア
 
軽めのゲーム「ドラゴンクエストX」の最高品質で測ったところ「すごく快適」の評価となりました。

GALLERIA GR1650TGF-TのドラクエXのスコア

MEMO
ちなみにコントロールセンターのターボモードをOFFにすると、20%程度の性能差が出ます(通常のゲームモード)。

GALLERIA GR1650TGF-TのドラクエXのスコア

GALLERIA GR1650TGF-TでPUBGをプレイ

GALLERIA GR1650TGF-Tで重いゲームの代表格「PUBG」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:ウルトラ・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は50前後で厳しいです。

GALLERIA GR1650TGF-TでPUBGをプレイ
 

グラフィック設定:非常に低い・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は100前後でした。

PUBGでは設定を最低にすれば100を超えるので、プレイするならグラフィックは妥協する必要があります。

GALLERIA GR1650TGF-Tで人気ゲームのFORTNITEをプレイ

GALLERIA GR1650TGF-Tで人気ゲームの代表格「FORTNITE」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は70前後でちょっと物足りない感じです。

GALLERIA GR1650TGF-TでFORTNITEをプレイ
 

グラフィック設定:高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は100前後で快適にできます。

GR1650TGF-TでFORTNITEをプレイ

ぱぶまる
シャドウ系のグラフィック設定を少し下げると、常時FPS値120でプレイできますよ!

GALLERIA GR1650TGF-Tで人気ゲームのAPEX LEGENDSをプレイ

GALLERIA GR1650TGF-Tで人気ゲームの代表格「APEX LEGENDS」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は70前後で、動きの激しいこのゲームではちょっと厳しいです。

GALLERIA GR1650TGF-TでAPEX LEGENDSをプレイ
 

グラフィック設定:低・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は大体130前後となります。

GALLERIA GR1650TGF-TでAPEX LEGENDSをプレイ

APEX LEDGENDSはシャドウ系だけ「低」にしておけば、他を「中」ないしはアンチエイリアスやテクスチャだけ「高」などにするのもいいでしょう。

GALLERIA GR1650TGF-Tで快適にできるタイトルは?

大抵のゲームは設定次第で快適にできるレベルです。

ゲームタイトルごとの快適度
League Of Legends(高画質でも快適)
(5.0)
DQX(最高品質で「快適」)
(5.0)
FF14(高品質で「すごく快適」)
(5.0)
FF15(高品質で「普通」)
(2.0)
FORTNITE(中~高画質で快適)
(3.0)
APEX(中~高画質で快適)
(3.0)
PUBG(中グラフィック設定を推奨)
(2.0)
レインボーシックスシージ(低~中画質で快適)
(3.0)
Dead By Daylight(高画質でも快適)
(5.0)
マインクラフト(高画質でも快適)
(5.0)
MEMO
FPS値が常時100以上出ており、ラグなどが無い状態の場合「快適」としています。
ぱぶまる
カジュアルにプレイしたいなら充分な性能を持ってますよ!

GALLERIA GR1650TGF-Tレビューまとめ

本記事は「【ドスパラGALLERIA GR1650TGF-Tレビュー】10万円で買える手軽な軽量薄型ゲーミングノートPC!」について書きました。

GALLERIA GR1650TGF-Tは、10万円なのにスペックがかなり優秀で、デザインや重量までふくめ、完成度の高い1台に仕上がっています。

ぱぶまる
初めて買う人にもおすすめのゲーミングノートPCですし、サブPCとしても頼りになる一台ですよ!
YouTube
動画でも紹介しています。

【ドスパラGALLERIA GCL1650TGFレビュー】10万で買えるコスパ抜群なエントリーゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCL2060RGF-Tレビュー】15万円台の最高コスパ&軽量薄型ゲーミングノートPC! 【ドスパラGALLERIA GCL2060RGF5レビュー】欲しいとこ全部入りの妥協なきゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GR2060RGF-Tレビュー】価格と性能にすぐれる高コスパの軽量薄型ゲーミングノートPC! 【実機全検証】ドスパラ(ガレリア)のゲーミングノートPCランキング【おすすめ】 【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です