おすすめのノートパソコン

【ドスパラGALLERIA GCL1650TGFレビュー】10万で買えるコスパ抜群なエントリーゲーミングノートPC

ぱぶまる
本記事ではドスパラのゲーミングノートPC「GALLERIA GCL1650TGF」をレビューしました。格安ながらシンプルなデザインで持ち運びも可能、それでいてゲーム性能もかなり良いゲーミングノートPCです!

どうも、ゲーミングデバイスブロガーのぱぶまるです。

10万円という価格でありながらスペックも充分に備えた高コスパのゲーミングノートPCを紹介します。

安いモデルはスペックが犠牲になりがちで、ゲーム性能が低かったり、大きい・重いといった欠点も散見されます。

しかし、このたび紹介するゲーミングノートPC「GALLERIA GCL1650TGF」は、安価なのにスペックにも妥協がありません!

Core i5-10300HとGeForce GTX1650Tiを搭載し、重めゲームもしっかり動作できるスペックを備えています。

ぱぶまる
スペックはミドルスペックながら最安値クラスでコスパ抜群ですね!

そんなわけで本記事は「【ドスパラGALLERIA GCL1650TGFレビュー】10万で買えるコスパ抜群なエントリーゲーミングノートPC」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。

GALLERIA GCL1650TGFのスペック

GALLERIA GCL1650TGF」は15型のゲーミングノートPCです。

GALLERIA GCL1650TGFの外観
 
本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 GALLERIA GCL1650TGF
CPU Core i5-10300H
GPU GeForce GTX 1650Ti 4GB
液晶 15.6インチ
リフレッシュレート 60Hz
解像度 フルHD 液晶(LEDバックライト / 1920×1080ドット表示)
メモリ 16GB
ストレージ 500GB NVMe SSD
端子 USB2.0 x 1、USB3.2 gen1 Type-A x 2、Type-C x 1、マイク入力 x 1、ヘッドフォン出力 x 1、HDMI x 1、miniDP x 2、SDカードリーダー(SDXC対応)、ギガビットLANポート x 1
バッテリー 約6.5時間
質量 2.1kg
スペック評価
外観(シンプルで無駄のない設計)
(5.0)
重量(持ち運びやすい薄型で軽量)
(4.0)
ディスプレイ(フルHD液晶だがリフレッシュレートは60Hz)
(3.0)
キーボード(RGB非搭載で使用感は普通)
(3.0)
音質(音質はふつう)
(3.0)
ポート(普通)
(3.0)
ゲーム(アクションやFPS以外なら大体快適)
(3.0)
 

外観

本体カラーはブラックで、ロゴひとつ無いオフィスライクデザインです。

GALLERIA GCL1650TGFの本体カラーはブラック
 
底面には空冷用のスリットがあります。

GALLERIA GCL1650TGFの底面には空冷用のスリット
 

液晶ディスプレイ

GALLERIA GCL1650TGFのディスプレイは、ベゼルが狭くてサイズが大きく、高い没入感と見やすさを兼ね備えています。

GALLERIA GCL1650TGFのディスプレイはナローベゼル

ただし、リフレッシュレートは60Hzで、FPSや動きの目まぐるしいアクション系ゲームは得意ではありません。

ぱぶまる
とはいえMMOやマイクラ、GTA、ARKなど人気ゲームは大体快適にできますよ!

音質

スピーカーの音質は「可もなく不可もなく」といったところです。

スピーカー
音質にこだわらなければ、普通にゲームや映画を楽しむことができます。
マイク
ゲーム中ボイスチャット(discord)で通話しながらゲームプレイしたところ、音質も問題ありません。
ぱぶまる
基本的にはヘッドセットなどでゲームプレイするのがおすすめですよ!
 

キーボード

ゲーミングノートPCとしては普通です。

テンキーを備えていますが、ゲーム用途としてはテンキーレスと好みが分かれるかと思います。

GALLERIA GCL1650TGFのキーボード

RGB機能としては個別の割り当てはなく、色と光り方が選べる程度です。

メカニカルのような打鍵感はないですが、そこそこ打ちやすくできています。

GALLERIA GCL1650TGFのキーボード

押し感は浅めです。

ポイント
RGB機能は個別キーへの割り当て不可
エンターキーが小さく英字配列っぽい特徴的な配列
テンキー搭載でトラックパッドも大きく、作業する際にも使いやすい

インターフェース

右側面にはUSB-A(USB3.2)が2つとSDカードリーダーがあります。

GALLERIA GCL1650TGFの右側面インターフェース
 
左側面にはLANポートとUSB-A(USB2.0)、マイク入力とヘッドフォン出力端子が付いています。

GALLERIA GCL1650TGFの左側面インターフェース
 
背面にはminiDPが2つにHDMI、USB-C(USB3.2)と電源ポートが付いています。

GALLERIA GCL1650TGFの背面インターフェース

ぱぶまる
ディスプレイやキーボードは、外付けのものをつなげて使っても良いと思いますよ!

GALLERIA GCL1650TGFのゲームベンチマーク

GALLERIA GCL1650TGFは、CPUに第10世代のCore i5-10300H、GPUにGeForce GTX 1650Tiを内蔵し、大抵のゲームは問題なく動作します。

総合的なベンチマークソフト「3DMark」の結果は3,700程度で、エントリークラスのスコアです。

GALLERIA GCL1650TGFのCPUのPCMark 10スコア

MEMO
性能テストではターボモードをONにしています。
 
重い3Dゲームの代表格「ファイナルファンタジー15」の高品質では「普通」の評価。

GALLERIA GCL1650TGFのFF15のスコア
 
重さレベル中程度のゲーム「ファイナルファンタジー14」の高品質では「非常に快適」の評価です。

GALLERIA GCL1650TGFのFF14のスコア
 
軽めのゲーム「ドラゴンクエストX」の最高品質で測ったところ「すごく快適」という評価となっています。

GALLERIA GCL1650TGFのドラクエXのスコア

GALLERIA GCL1650TGFでPUBGをプレイ

GALLERIA GCL1650TGFで重いゲームの代表格「PUBG」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:ウルトラ・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は40前後で少々厳しいです。

GALLERIA GCL1650TGFでPUBGをプレイ
 

グラフィック設定:中・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は60前後でした。

ぱぶまる
PS4がFPS60くらいなので、ギリギリのところですね。

グラフィック設定:非常に低い・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は100前後と余裕があります。 

GALLERIA GCL1650TGFで人気ゲームのFORTNITEをプレイ

GALLERIA GCL1650TGFで人気ゲームの代表格「FORTNITE」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は100前後で快適にできます!

GALLERIA GCL1650TGFでFORTNITEをプレイ
 

グラフィック設定:高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は130前後でした。

GALLERIA GCL1650TGFでFORTNITEをプレイ

GALLERIA GCL1650TGFで人気ゲームのAPEX LEGENDSをプレイ

GALLERIA GCL1650TGFで人気ゲームの代表格「APEX LEGENDS」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は70前後で、搭載ディスプレイ的にはちょうど良い数値といえます。

GALLERIA GCL1650TGFでAPEX LEGENDSをプレイ
 

グラフィック設定:高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は大体140前後をキープでき、144Hz以上の高リフレッシュレートディスプレイをお持ちの方は、外付けでやるのも良さそうです。

GALLERIA GCL1650TGFでAPEX LEGENDSをプレイ

GALLERIA GCL1650TGFで快適にできるタイトルは?

重いゲーム以外は好きな設定で楽しめるレベルです。

ゲームタイトルごとの快適度
League Of Legends(高画質でも快適)
(5.0)
DQX(最高品質で「快適」)
(5.0)
FF14(高品質で「すごく快適」)
(5.0)
FF15(高品質で「普通」)
(3.0)
FORTNITE(中~高画質で快適)
(3.0)
APEX(中~高画質で快適)
(3.0)
PUBG(中グラフィック設定を推奨)
(3.0)
レインボーシックスシージ(中~高画質で快適)
(3.0)
Dead By Daylight(高画質でも快適)
(5.0)
マインクラフト(高画質でも快適)
(5.0)
MEMO
FPS値が常時100以上出ており、ラグなどが無い状態の場合「快適」としています。

ソロプレイゲームではそんなに問題ありませんが、FPS系の対戦ゲームでは、ディスプレイのリフレッシュレートが高くないので評価を少し下げています。

マイクラは通常プレイだと快適ですが、影MOD使用や規模の大きな自動生成機を動かす際などは、少しカクつく場合もあります。

GALLERIA GCL1650TGFレビューまとめ

本記事は「【ドスパラGALLERIA GCL1650TGFレビュー】10万で買えるコスパ抜群なエントリーゲーミングノートPC」について書きました。

GALLERIA GCL1650TGFは、10万円で考えるとスペックがかなり良く、惜しいポイントはリフレッシュレートくらいです。

FPS以外をプレイする人にはかなりおすすめできます。

ぱぶまる
サブPCとしてもおすすめのゲーミングノートPCですよ!
YouTube
動画でも紹介しています。

【ドスパラGALLERIA GCR1650GF7レビュー】ターボモード搭載でゲーム性能も充分なエントリーゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCL2060RGF5レビュー】欲しいとこ全部入りの妥協なきゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCL2060RGF-Tレビュー】15万円台の最高コスパ&軽量薄型ゲーミングノートPC! 【実機全検証】ドスパラ(ガレリア)のゲーミングノートPCランキング【おすすめ】 【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です