おすすめのノートPC

GALLERIA XL7C-R36Hをレビュー!より大きく薄くスタイリッシュに進化した、マルチに使えるゲーミングノートPC

評価:4

ぱぶまる
本記事ではドスパラのゲーミングノートPC「GALLERIA XL7C-R36H」をレビューしました。CPUにはCore i7-12700H、GPUにはGeForce RTX 3060 6GBを搭載し、リフレッシュレートは165Hzと、ミドルクラスのゲーミングノートPCです。

どうも、ゲーミングデバイスブロガーのぱぶまるです。

GALLERIAのゲーミングノートPCは、仕事や大学で使うメインPCとして使える携帯性やデザイン性にすぐれています。

このたび紹介する「GALLERIA XL7C-R36H」は、重めのゲームでもプレイ可能な水準のスペックをそなえつつ、スタイリッシュに進化しました!

GALLERIA XL7C-R36Hの外観

より大きな画面でより薄く、高級感のあるデザインとなり、ゲーム以外にもメインで使うPCとして幅広く活躍してくれます。

16インチというディスプレイサイズも絶妙で「15.6インチだとちょっと小さいけど、17インチはデカい」と感じている人にちょうど良いサイズ感です。

ぱぶまる
GALLERIAの強みだったポイントをさらに進化し、ライトゲーマーにはぴったり!

そこで本記事は「GALLERIA XL7C-R36Hをレビュー!より大きく薄くスタイリッシュに進化した、マルチに使えるゲーミングノートPC」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

GALLERIA XL7C-R36Hのスペック

GALLERIA XL7C-R36H」は16型のゲーミングノートPCです。

GALLERIA XL7C-R36Hは16型の軽量ゲーミングノートPC
 
本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 GALLERIA XL7C-R36H
CPU Core i7-12700H
GPU GeForce RTX 3060 6GB
液晶 16インチ
リフレッシュレート 165Hz
解像度 非光沢WUXGA液晶(1920×1200ドット表示)
メモリ 16GB(8GB x 2)
ストレージ 512GB Gen4 NVMe SSD
端子
  • USB 3.2 Gen1 Type-A x 2
  • USB 3.2 Gen2 Type-C(DP1.4 / PD対応)
  • USB Type-C(Thunderbolt4)
  • マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子(3.5mm / CTIA)
  • HDMI 2.1 x 1
  • SDカードリーダー
バッテリー 約7.1時間
質量 2.15kg
スペック評価
外観(薄型で使いやすいシンプルなデザイン)
(5.0)
重量(2.15kgの薄型)
(4.0)
ディスプレイ(16インチでリフレッシュレート165Hz)
(4.0)
キーボード(配置やキーサイズが使いやすい。個別RGBキーアサイン不可)
(3.0)
音質(可もなく不可もなく)
(3.0)
ポート・無線(種類・数ともに充分。Wi-Fi6対応)
(4.0)
ゲーム(重めのゲームでもプレイ可能)
(4.0)
騒音・熱(ファン動作音は並み)
(3.0)
注意
本モデルにはLANポートがなく、基本的にWi-Fiでの回線接続になります。

同シリーズでよりゲーマー仕様のモデルを望む人は、リフレッシュレート240Hzディスプレイ搭載の「GALLERIA UL7C-R36」もおすすめです。

ゲームベンチマークも同程度なので以下の記事も参考ください。

 

外観

本体カラーはおなじみのシルバーテイストのガンメタで派手すぎず、外でも使いやすいです。

GALLERIA XL7C-R36Hのカラーはガンメタリック
 
16インチで大型化したものの、さらに薄くなったことでゲーミングノートながら携帯性にすぐれています。

GALLERIA XL7C-R36Hのカラーはガンメタリック

エッジ部分にもダイヤモンドカットが施され、高級感が増しました。

天板カラーに合わせて底面もシルバーガンメタリックに統一されたので、安っぽさがなくなりました。
 

液晶ディスプレイ

ディスプレイは狭額ベゼルかつ165Hzのリフレッシュレートで、きれいで使いやすい液晶に仕上がっています。

GALLERIA XL7C-R36Hのディスプレイはナローベゼル

従来モデルと比較し、ディスプレイサイズが16インチとなったことで、0.4インチという数字以上にかなり大型化した印象を受けました。

また、ディスプレイ下部のベゼルも狭くなったことで、没入感が高くなっています。

音質

スピーカー
可もなく不可もなく。軽いと感じることもありませんでした。

ただし、重めのゲームをプレイする際にはファンの回転音があるため、スピーカーよりもヘッドセットなどのほうが快適にプレイできます。

ファンの回転音はターボモードでなければ静かです。
 

キーボード

日本語配列で広めのトラックパッドを搭載し、感覚的にはオフィスノートにより近くなりました。

GALLERIA XL7C-R36Hのキーボード

配色設定はできず、バックライトのオンオフのみです。

スペースキーは長く、ゲームプレイでも使えますが、メカニカルのような打鍵感はありません。

GALLERIA XL7C-R36Hのキーボード

従来のモデルと比べてかなり浅くなり、打鍵時の反発も弱くなりました。

慣れの部分もありますが、このほうがゲームしやすいという人もいると思います。

ぱぶまる
個人的にはゲーム以外の用途に割り切っていて、使いやすいと感じました!
ポイント
ライティング、個別キーアサインはなし
使いやすいテンキー搭載の日本語配列
浅めの打鍵感と柔らかいタッチ
トラックパッドが広めで使いやすい

インターフェース

右側面にはUSB Type-C(Thunderbolt4)とUSB 3.2 Gen1 Type-A、HDMI、電源ポートがあります。

GALLERIA XL7C-R36Hの右側面インターフェース
 
左側面にはUSB 3.2 Gen2 Type-C、USB 3.2 Gen1 Type-A、SDカードリーダー、マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子(3.5mm / CTIA)がついています。

GALLERIA XL7C-R36Hの左側面インターフェース
 
背面にポート類はありません。

GALLERIA XL7C-R36Hの背面インターフェース

GALLERIA XL7C-R36Hのゲームベンチマーク

GALLERIA XL7C-R36Hは、CPUにRyzen5 5600H、GPUにGeForce RTX 3060 6GBを搭載しています。

MEMO
性能テストでは、ファンの動作モードをパフォーマンスモード(最大)にして測定しています。

重い3Dゲームの代表格「ファイナルファンタジー15」の高品質では「とても快適」の評価。

GALLERIA XL7C-R36HのFF15のスコア

スコア約1万のハイスコアでした。

CPUがパワーアップしたことで、同GPUの他モデルと比較しても高いスコアとなっています。

ぱぶまる
エントリークラスにしてはスコアが全体的に良かったです!

GALLERIA XL7C-R36Hで人気ゲームのAPEX LEGENDSをプレイ

GALLERIA XL7C-R36Hで人気ゲームの代表格「APEX LEGENDS」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は120前後であり、これならAPEXでも問題なく遊べます。

GALLERIA XL7C-R36HでAPEX LEGENDSをプレイ
 

グラフィック設定:低・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は200前後出るので、かなり余裕があります。

GALLERIA XL7C-R36HでAPEX LEGENDSをプレイ

GALLERIA XL7C-R36Hで人気ゲームのFORTNITEをプレイ

GALLERIA XL7C-R36Hで人気ゲームの代表格「FORTNITE」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は150前後なので、十分快適にプレイできます。

GALLERIA XL7C-R36HでFORTNITEをプレイ

GALLERIA XL7C-R36HでThe Cycle: Frontierをプレイ

比較的重めのゲーム「The Cycle: Frontier」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:エピック・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は70前後でちょっと厳しいですが、このゲームの「エピック」であれば健闘している印象です。

GALLERIA XL7C-R36HでCycle Frontierをプレイ

ぱぶまる
グラフィック設定「低」では120前後出るので、低めの設定がおすすめです!

GALLERIA XL7C-R36Hで快適にできるタイトルは?

GALLERIA XL7C-R36Hは、大抵のゲームが設定次第で快適にできるレベルです。

ゲームタイトルごとの快適度
League Of Legends(高画質でも快適)
(5.0)
DQX(最高品質で「すごく快適」)
(5.0)
FF14(高品質で「非常に快適」)
(5.0)
FF15(高品質で「とても快適」)
(5.0)
FORTNITE(高画質設定でプレイ推奨)
(3.0)
APEX(中画質~高設定でプレイ推奨)
(5.0)
PUBG(中画質~高でプレイ推奨)
(4.0)
BattleField V(中画質でプレイ推奨)
(3.0)
CoD(Warzone)(中画質でプレイ推奨)
(4.0)
レインボーシックスシージ(中~高画質でプレイ推奨)
(4.0)
Dead By Daylight(最高画質で快適)
(5.0)
マインクラフト(最高画質で快適)
(5.0)
Cycle Frontier(低~中画質で快適)
(3.0)
Escape from Tarkov(低~中画質で快適)
(3.0)
Monster Hunter Rise(最高画質で快適)
(5.0)
RUST(低~中画質で快適)
(5.0)
MEMO
FPS値が常時100以上でラグなどが無い状態を基準に「快適」といえるか判定しています。

大抵のゲームでは中以上の設定で100FPSを出すことができますので、快適に遊べる印象です。

BattleField2042やRUST、Escape from Tarkovなど、重いとされているゲームは低めのグラフィック設定をおすすめします。

ただ、重いゲームでもプレイ可能なレベルなので、カジュアルにプレイするのであれば問題ありません。

GALLERIA XL7C-R36Hレビューまとめ

本記事ではGALLERIA XL7C-R36Hをレビューしました。

メインノートPCでゲームも仕事や編集、オフィス作業も行いたいという人におすすめです。

どんなシーンでも使いやすく、完成度の高い1台となっています。

YouTube
動画でも紹介しています。

GALLERIA UL7C-R36をレビュー!高剛性ボディと240Hzモニター搭載のミドルレンジゲーミングノートPC GALLERIA UL7C-R37をレビュー!240HzモニターとRTX3070搭載のハイスペックゲーミングノートPC 【ドスパラ】ガレリアのゲーミングノートPCおすすめ4選!口コミ・評判も紹介 【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。