当サイト限定HP製品クーポン

GALLERIA UL7C-AA2をレビュー!Intel版GPU搭載でマルチに使えるゲーミングノートPC

評価:3.5

ぱぶまる
本記事ではドスパラのゲーミングノートPC「GALLERIA UL7C-AA2」をレビューしました。CPUにはCore i7-12700H、GPUにはインテル Arc A730Mを搭載し、リフレッシュレートは144Hzと、エントリークラスのゲーミングノートPCです。

どうも、ゲーミングデバイスブロガーのぱぶまるです。

ゲーミングPCの大きな特徴がGPU搭載という部分ですが、世の中の多くのモデルがNvidiaのRTXまたはAMDのRadeonシリーズを搭載しています。

そこに、CPUで有名なIntelから「Arkシリーズ」というGPUがあらたに出てきました。

公表されているスコアは悪くなく、なによりCPUとGPUが同社製品で組めるという相性の良さが期待できます。

このたび紹介する「GALLERIA UL7C-AA2」は、Intel版GPUのインテル Arc A730Mを搭載するゲーミングノートPCで、ゲーム以外にもメインで使うPCとして幅広く活躍します。

GALLERIA UL7C-AA2の外観

ぱぶまる
軽量で持ち運びしやすいGALLERIAシリーズの特徴を持ちつつ、ゲーム以外に仕事や大学などマルチに使える1台です!

そこで本記事は「GALLERIA UL7C-AA2をレビュー!Intel版GPU搭載のマルチに使えるゲーミングノートPC」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

GALLERIA UL7C-AA2のスペック

GALLERIA UL7C-AA2」は15.6型のゲーミングノートPCです。

GALLERIA UL7C-AA2は軽量15.6型のゲーミングノートPC
 
本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 GALLERIA UL7C-AA2
CPU インテル Core i7-12700H
GPU インテル Arc A730M
液晶 15.6インチ
リフレッシュレート 144Hz
解像度 フルHD液晶(1920×1080ドット表示)
メモリ 16GB(8GB x 2)
ストレージ 1TB Gen4 NVMe SSD
端子 USB3.2 Gen1 Type-A x 3、Thunderbolt4 Type-C x 1(USB4対応/DP1.4対応 / PD非対応)、マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子 x 1 (3.5mm / CTIA)、HDMI2.1 x 1、2.5Gb Ethernet対応LANポート x 1
バッテリー 約6.1時間
質量 2.0kg
スペック評価
外観(薄型で使いやすいシンプルなデザイン)
(5.0)
重量(2.0kgの薄型軽量)
(4.0)
ディスプレイ(フルHDのIPS液晶でリフレッシュレート144Hz)
(3.0)
キーボード(配置やキーサイズが使いやすい。個別RGBキーアサイン不可)
(3.0)
音質(低音は軽め)
(3.0)
ポート・無線(種類・数ともに充分。Wi-Fi6対応)
(4.0)
ゲーム(重めのゲームでもプレイ可能)
(2.0)
騒音・熱(ファン動作音は並み)
(3.0)
ぱぶまる
基本的なゲーミングPCとしての要件スペックは満たしつつ、HDMIや優先LANもそなえ、どこでも使いやすくなってます!

外観

本体カラーはおなじみのガンメタリックで派手すぎず、外でも使いやすいです。

GALLERIA UL7C-AA2のカラーはガンメタリック

デザインの特徴として、天板のエッジにダイヤモンドカット加工にブルーのアルマイト処理が施されています。

薄型デザインかつ約2.0kgなので、ゲーミングノートながら携帯性にすぐれています。
 

液晶ディスプレイ

ディスプレイは狭額ベゼルかつ144Hzのリフレッシュレートで、使いやすい液晶に仕上がっています。

GALLERIA XL7R-R36 4800H搭載のディスプレイはナローベゼル

音質

低音が軽めで臨場感を求める方は物足りないかもしれません。

 

キーボード

日本語配列で広めのトラックパッドを搭載しているので、ゲームだけでなくオフィス用途でも使いやすくできています。

GALLERIA UL7C-AA2のキーボード

配色設定はコントロールセンターから変更可能なものの、キーごとの配色設定は不可

キータッチの反発は若干弱めの押し感で、長めのスペースキーなのでゲーム用途でも使いやすいです。

ぱぶまる
トラックパッドが広めで作業性は優秀!
ポイント
ライティングの個別キー割り当て不可、マクロ機能なし
使いやすいテンキー搭載の日本語配列
クリック感は比較的反発強め
トラックパッドが広めで使いやすい

インターフェース

右側面にはUSB-A(USB 3.2 Gen1)が1つとHDMI、Thunderbolt4 Type-C、電源ポートがあります。

GALLERIA UL7C-AA2の右側面インターフェース
 
左側面にはUSB-A(USB 3.2 Gen1)が2つ、マイクヘッドフォン端子、有線LAMポートが付いています。

GALLERIA UL7C-AA2の左側面インターフェース

ぱぶまる
有線LANやHDMIなどオフィス用途でも使いやすくなっているので、マルチ運用でも使いやすいですね!

GALLERIA UL7C-AA2のゲームベンチマーク

GALLERIA UL7C-AA2は、CPUにインテル Core i7-12700H 、GPUにインテル Arc A730Mを搭載しています。

MEMO
性能テストでは、ファンの動作モードをパフォーマンスモード(最大)にして測定しています。

Arc A730M搭載モデルは初めてレビューしましたが、正直まだこれからに期待という形で、ゲームによる相性やスコア差がかなりあります。

重い3Dゲームの代表格「ファイナルファンタジー15」の高品質では「やや重い」の評価。

GALLERIA UL7C-AA2のFF15のスコア

GPUスペック的にはもっとスコアが良くてもよいのですが、ベンチでは動作がカクつきが多く、ちょっと厳しい印象です。

GeForce RTX 3060前後の性能はおおむねあるはずですが、本記事のテストでは性能差がありました。

ぱぶまる
GPUが動作しているか確認しながらテストしましたが、GPU稼働は問題なく、実際のゲームでは変わるかもしれません。

GALLERIA UL7C-AA2でAPEXをプレイ

人気ゲームの代表格「APEX Legends」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。
 

グラフィック設定:ウルトラ・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は65と厳しい数値。

GALLERIA UL7C-AA2でAPEXをプレイ
 

グラフィック設定:非常に低い・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は120前後です。

グラフィック設定は低めにしないと難しいです。

ぱぶまる
思ったよりスコアは出ず、最近のゲーミングノートPCとしては物足りない評価です…!

GALLERIA UL7C-AA2で人気ゲームのFORTNITEをプレイ

GALLERIA UL7C-AA2で人気ゲームの代表格「FORTNITE」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は40前後と、厳しいです。

GALLERIA UL7C-AA2でAPEX LEGENDSをプレイ
 

グラフィック設定:中・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は80前後出るので、このあたりがおすすめです。

GALLERIA UL7C-AA2でAPEX LEGENDSをプレイ

GALLERIA UL7C-AA2で人気ゲームのARKをプレイ

GALLERIA UL7C-AA2で人気ゲームの代表格「ARK」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は45前後なので厳しいです。

GALLERIA UL7C-AA2でFORTNITEをプレイ

シューティングジャンルと比較すると、FPS値にそこまでこだわらなくてもよいので、「最高」は厳しいですが、高めでもプレイ可能ではあると思います。
 

グラフィック設定:中・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は110前後なので十分といえます。

GALLERIA UL7C-AA2でARKをプレイ

GALLERIA UL7C-AA2で快適にできるタイトルは?

GALLERIA UL7C-AA2は、大抵のゲームは設定次第で快適にできるレベルです。

ゲームタイトルごとの快適度
League Of Legends(高画質でも快適)
(5.0)
FF14(高品質で「非常に快適」)
(4.0)
FF15(高品質で「やや重い」)
(1.0)
FORTNITE(~中画質設定でプレイ推奨)
(2.0)
APEX(低~中画質でプレイ推奨)
(2.0)
PUBG(低~中画質でプレイ推奨)
(2.0)
CoD(Warzone)(低~中画質でプレイ推奨)
(2.0)
マインクラフト(高画質で快適)
(4.0)
MEMO
FPS値が常時100以上でラグなどが無い状態を基準に「快適」といえるか判定しています。

ゲームによって相性差が激しく、まだ安定しない印象です。

今後パッチやアップデートで向上していく可能性はありますが、現状は軽めのタイトルを推奨します。

GALLERIA UL7C-AA2レビューまとめ

本記事は「GALLERIA UL7C-AA2をレビュー!Intel版GPU搭載でマルチに使えるゲーミングノートPC」について書きました。

GALLERIA UL7C-AA2は、マルチに使える1台ですが、ゲーム性能面では心もとない点があるので、ゲームはあくまでサブ用途で軽めのタイトルでよいという方におすすめです。

タイトル
動画でも紹介しています。

GALLERIA UL7C-R36をレビュー!高剛性ボディと240Hzモニター搭載のミドルレンジゲーミングノートPC 【2023年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【2023年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。