おすすめのノートPC

【G-Tune E5-165レビュー】ゲームもオフィス作業もマルチにこなせる薄型軽量ゲーミングノートPC

評価:4

ぱぶまる
本記事ではマウスコンピューターのゲーミングノートPC「G-Tune E5-165」をレビューしました。CPUにはIntel Core i7、GPUはRTX3060を搭載し、リフレッシュレートは165Hzと充分なスペックの1台!

どうも、ゲーミングデバイスブロガーのぱぶまるです。

ゲーミングノートPCは性能が上がるほど重く持ち運びが難しく、外でふだん使いとの併用がしづらくなってしまいますよね。

しかし、このたび紹介する「G-Tune E5-165」であれば、スペックはもちろん、薄型で1.73kgの軽量!

G-Tune E5-165の外観

ぱぶまる
メインPCとして外でも使いながら、家ではゲームもしたいという方にオススメの1台です!

そんなわけで本記事は「【G-Tune E5-165レビュー】ゲームもオフィス作業もマルチにこなせる薄型軽量ゲーミングノートPC」について書いていきます。

マウスコンピューター
ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。検証モデルはCore i7 / RTX3070の構成です。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

G-Tune E5-165のスペック

G-Tune E5-165」は15.6型のゲーミングノートPCです。

G-Tune E5-165は軽量15.6型のゲーミングノートPC
 
本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 G-Tune E5-165
CPU インテル Core i7-10870H
GPU GeForce RTX 3060
液晶 15.6インチ
リフレッシュレート 165Hz
解像度 WQHDノングレア(2560 x 1440)
メモリ 16GB(8GB x 2)
ストレージ 512GB(NVMe SSD)
端子 USB 3.2 Gen 2 Type-C x 1 / USB 3.2 Gen 1 Type-A x 2 / USB 3.2 Gen 2 Type-A x 1 / SDカードリーダー / HDMI / LANポート / マイク入力端子 / ヘッドフォン出力端子
バッテリー 約7.5時間
質量 1.73kg
スペック評価
外観(薄型で使いやすいシンプルなデザイン)
(5.0)
重量(1.73kgの最軽量クラス)
(5.0)
ディスプレイ(フルHDのIPS液晶でリフレッシュレート165Hz)
(5.0)
キーボード(配置やキーサイズが使いやすい。個別RGBキーアサイン不可)
(4.0)
音質(低音は軽め)
(3.0)
ポート・無線(種類、数ともに充分。Wi-Fi6対応)
(4.0)
ゲーム(大抵のゲームは自由な画質設定で楽しめる)
(4.0)
騒音・熱(ファン動作音が大きめ)
(3.0)
 

外観

本体カラーはガンメタリックで、ロゴは天板に1箇所あるものの、目立たず外でも使いやすいです。

G-Tune E5-165のカラーはブラック

重量は1.73kgと軽く、薄型でフラットなデザインなので、かさ張らず持ち運びやすいです!

ぱぶまる
厚みは多少あるものの、その分冷却性能が良く、ファンの音も抑えられていると感じました!

液晶ディスプレイ

ディスプレイはナローベゼルで没入感があり、リフレッシュレートは165Hzです。

G-Tune E5-165のディスプレイはナローベゼル

IPS液晶なので発色がきれいで視野角が広く、それでいてリフレッシュレートが高いと、まさに両取りのディスプレイ。

ぱぶまる
解像度もWQHDと高いので、高精細で美しいです!

音質

スピーカー
低音が軽めの印象。迫力を求める方は物足りないかもしれません。
マイク
音質は問題ないですが、重めのゲーム起動中はボイスチャットなどで、マイク位置によっては冷却ファンの動作音をマイクが拾うかもしれません。
ぱぶまる
基本的にゲーム時はヘッドセットを使うのがおすすめですよ!

キーボード

日本語配列でゲーム以外にオフィス作業でも使いやすいです。

G-Tune E5-165のキーボード

配色設定はコントロールセンターから変更可能ですが、キーごとの配色設定は不可。

スペースキーが大きく、左側に無変換キーがないため、とっさの誤タイプがないのが良いですね。

G-Tune E5-165のキーボード

押し感は浅めなので作業はしやすいですが、ゲームプレイでクリック感を求める方には物足りないと感じるかもしれません。

ぱぶまる
配置やキーサイズが使いやすいようにデザインされていて、どんな用途にも合いますよ!
ポイント
ライティングの個別キー割り当て、マクロ機能あり
使いやすいテンキー搭載の日本語配列
クリック感は浅すぎず、しっかりあります

インターフェース

右側面にはSDカードスロットとUSB-A(USB 3.0)x 2があります。

G-Tune E5-165の右側面インターフェース
 
左側面にはType-A(USB 3.1)、ヘッドフォン出力端子とマイク入力端子が付いています。

G-Tune E5-165の左側面インターフェース
 
背面にはType-C(USB 3.1)とHDMI、LANポート、電源ポートがあります。

G-Tune E5-165の背面インターフェース

マウスコンピューター

G-Tune E5-165のゲームベンチマーク

CPUにCore i7-10870H、GPUにGeForce RTX 3060を搭載しています。

MEMO
性能テストでは、ファンの動作モードをパフォーマンスモード(最大)にして測定しています。
 
重い3Dゲームの代表格「ファイナルファンタジー15」の高品質では「快適」の評価。

G-Tune E5-165のFF15のスコア

ぱぶまる
おおむね5,000程度で快適となるので、充分ハイスコアといえますね!

G-Tune E5-165でPUBGをプレイ

重いゲームの代表格「PUBG」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:ウルトラ・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は150前後で快適にプレイ可能です。

G-Tune E5-165でPUBGをプレイ
 

グラフィック設定:非常に低い・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は170前後まで出ました!

ぱぶまる
快適にプレイでき、グラフィック設定も好みの設定でOKです!

G-Tune E5-165で人気ゲームのAPEX LEGENDSをプレイ

人気ゲームの代表格「APEX LEGENDS」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は140前後でプレイ可能です。

G-Tune E5-165でAPEX LEGENDSをプレイ
 

グラフィック設定:低・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は160と搭載ディスプレイを活かすには低めの設定となりますね。

G-Tune E5-165でAPEX LEGENDSをプレイ

ぱぶまる
RTX30シリーズの場合、FPS値が144Hzを超える場合が多いですが、この機種なら165Hzまで活かせるのがいいですね!

G-Tune E5-165で人気ゲームのFORTNITEをプレイ

人気ゲームの代表格「FORTNITE」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は100であまり伸びませんでした。

G-Tune E5-165でFORTNITEをプレイ
 

グラフィック設定:高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は140と快適にプレイできます。

G-Tune E5-165でFORTNITEをプレイ

G-Tune E5-165で快適にできるタイトルは?

大抵のゲームは設定次第で快適にできるレベルです。

ゲームタイトルごとの快適度
League Of Legends(高画質でも快適)
(5.0)
DQX(最高品質で「快適」)
(5.0)
FF14(高品質で「すごく快適」)
(5.0)
FF15(高品質で「快適」)
(5.0)
FORTNITE(高~最高画質で快適)
(4.0)
APEX(高~最高画質で快適)
(5.0)
PUBG(高~最高画質で快適)
(5.0)
CoD(Warzone)(高~最高画質で快適)
(4.0)
レインボーシックスシージ(高~最高画質で快適)
(5.0)
Dead By Daylight(最高画質で快適)
(5.0)
マインクラフト(最高画質で快適)
(5.0)
MEMO
FPS値が常時100以上でラグなどが無い状態を基準に「快適」といえるか判定しています。

どのゲームでも中程度のグラフィック設定で120Hz~144Hzは出せますし、165Hzを活かす低めの設定もおすすめです。

発色も良く、軽めのゲームではWQHDで映像美を楽しむこともできます。

マウスコンピューター

G-Tune E5-165レビューまとめ

本記事は「【G-Tune E5-165レビュー】ゲームもオフィス作業もマルチにこなせる薄型軽量ゲーミングノートPC」について書きました。

G-Tune E5-165は、持ち運べてさまざまな用途に使える上、ゲーム性能やディスプレイの質が光る1台でした。

「デザインも使い勝手もこだわったメインノートPCが欲しい」という方におすすめの1台です。

マウスコンピューター
YouTube
動画でも紹介しています。

【GIGABYTE AORUS 15Pレビュー】RTX3070と240Hz液晶搭載のハイクラスゲーミングノートPC 【MSI GS66 Stealth 10Uレビュー】性能・デザイン・キーボードともにスキのないゲーミングノートPC 【MSI GF65 Thin 10Uレビュー】RTX3060を搭載する15型の軽量ゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA XL7C-R36レビュー】RTX3060搭載なのに安い15型の軽量ゲーミングノートPC 【ASUS ROG Strix G17 G713QRレビュー】スペック・機能性・静音性を高コスパにまとめたゲーミングノートPC 【ASUS ROG Strix SCAR 17 G733QSレビュー】デスクトップ級のパワーとデザイン性・静音性を備えたゲーミングノートPC 【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。