おすすめのノートパソコン

【GIGABYTE AORUS 17レビュー】ハイパフォーマンスを極めた1台!どんなゲームも最高設定でプレイしたい人におすすめ!

ぱぶまる
本記事ではGIGABYTEのゲーミングノートPC「AORUS 17」をレビューしました。CPUからグラボ、ディスプレイやメモリまで全て、最高スペックでまとめられたヘビーな1台です。

どうも、ゲーミングデバイスブロガーのぱぶまるです。

ゲーミングノートはデスクトップより性能が劣るため、軽いゲームをカジュアルに楽しむのに適しています。

そんな中、このたび紹介するゲーミングノートPC「AORUS 17」は、その辺のデスクトップ型ゲーミングPCなら余裕で上回る超ハイスペックをほこる1台です。

Corei9-9980HKとGeForce RTX2080を搭載し、重いゲームでも充分快適にこなせるゲーム性能を持っています。

しかもディスプレイのリフレッシュレートは240Hz、メモリは32GBです。

ぱぶまる
モニターもキーボードも全て内蔵の1台で済ませたい人にもおすすめ!

そんなわけで本記事は「【GIGABYTE AORUS 17レビュー】ハイパフォーマンスを極めた1台!どんなゲームも最高設定でプレイしたい人におすすめ!」について書いていきます。


ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。

AORUS 17のスペック

AORUS 17」は17.3型のゲーミングノートPCです。

AORUS 17の外観
 
本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 AORUS 17
CPU Core i9 9980HK
GPU GeForce RTX2080
液晶 17.3インチワイド
リフレッシュレート 240Hz
解像度 フルHD 液晶(LEDバックライト / 1920×1080ドット表示)
メモリ 32GB
ストレージ 1TB(PCIe SSD)+ 2TB(HDD)
端子 HDMI x 1、USB3.1 Gen1 Type-A x 3、USB3.1 Gen1 Type-C x 1、DP 1.4 & USB3.1 Type-C x 1、Thunderbolt3 Type-C x 1、SDカードリーダー、マイク入力端子 x 1、ヘッドフォン出力端子 x 1
質量 約3.5kg
スペック評価
外観(かなりゴツめなゲーミングデザイン)
(2.0)
重量(据え置きでの使用を想定)
(1.0)
ディスプレイ(狭額縁の240Hz)
(5.0)
キーボード(オムロン製のメカニカルキーボード)
(5.0)
音質(重低音も響きかなり良い)
(5.0)
ポート(様々な外付けデバイスに対応)
(5.0)
ゲーム(どんなゲームも最高設定でプレイ可)
(5.0)
 

外観

本体カラーはブラックで、ゲーミングPCらしいRGBとゴツめなデザインとなっています。

AORUS 17の本体カラーはブラック
 
底面には空冷用のスリットがあり、フェニックスを模した大きめなスリットで、ファンが2基搭載されています。

AORUS 17の底面には空冷用のスリット
 
ACアダプターは2つあり、それぞれ1kgある超重量級なので、モビリティは完全犠牲になっています。

AORUS 17のACアダプター
 

液晶ディスプレイ

AORUS 17のディスプレイは、ベゼルが狭くてサイズが大きいため、高い没入感と見やすさを兼ね備えています。

AORUS 17のディスプレイはナローベゼル
 
ディスプレイは120°程度まで開きます。

AORUS 17の液晶ディスプレイは120°程度まで倒れる

ぱぶまる
リフレッシュレートは240Hzなので、動きの目まぐるしいアクションやシューティングゲームでも力を発揮してくれますよ!

音質

スピーカーは重低音も響き、かなり優秀です。

スピーカー
音域も広く、低音もしっかり響くので、ゲーム以外に映画や動画も楽しむことができます。
マイク
ゲーム中ボイスチャット(discord)で通話しながらゲームプレイしたところ、音質も問題ありません。
ぱぶまる
基本的にはヘッドセットなどでゲームプレイするのがおすすめですよ!
 

キーボード

ゲーミングキーボードとしてかなり使いやすい英字配列です。

オムロン製のメカニカルキーボードを搭載し、しっかりしたクリック感があります。

AORUS 17のキーボード
 
押し感はそこそこあり、ペタペタしないのが使いやすいです。

AORUS 17のキーボード

ポイント
キーボードはRGB対応
キーバインド可
各キーの大きさもゲーミングキーボードとして使いやすい
英字配列なので多少慣れが必要な場合も

インターフェース

AORUS 17のインターフェースはかなり揃っています。

右側面にはUSB3.1 Gen1 Type-CとUSB3.1 Gen1 Type-Aが2つ、SDカードリーダーがあります。

AORUS 17の右側面インターフェース
 
左側面にはUSB3.1 Gen1 Type-Aと2つのUSB-C(USB3.1 Type・Thunderbolt3)、イヤホン端子とマイク端子が付いています。

AORUS 17の左側面インターフェース
 
背面にはHDMIと電源ポートが2つ、LANポートが付いています。

AORUS 17の左側面インターフェース

AORUS 17のゲームベンチマーク

AORUS 17は、CPUに第9世代のCore i9-9980HK、GPUにGeFoce GTX2080を内蔵し、どんなゲームも最高設定でプレイできます。

総合的なベンチマークソフト「3DMark」の結果は9000超えで、デスクトップ比較でも相当なスペックです。

AORUS 17のCPUのPCMark 10スコア
 
重い3Dゲームの代表格「ファイナルファンタジー15」の高品質では「かなり快適」の評価。

AORUS 17のFF15のスコア
 
重さレベル中程度のゲーム「ファイナルファンタジー14」の高品質では「非常に快適」という評価でした。

AORUS 17のFF14のスコア

AORUS 17でPUBGをプレイ

AORUS 17で重いゲームの代表格「PUBG」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:ウルトラ・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は150超えで難なく快適にプレイできます。

AORUS 17でPUBGをプレイ
 

グラフィック設定:中・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は160前後でした。

ぱぶまる
ウルトラ設定と同等ですが、人が多くても安定感ありましたよ。

グラフィック設定:非常に低い・解像度1920×1080(16:9)

FPS値はなんと200超え!

ぱぶまる
これだけ出ていれば、他のゲームでも設定をフルに生かして遊べますね!

AORUS 17で快適にできるタイトルは?

どのゲームも好きな設定で楽しめるといえるレベルです。

ゲームタイトルごとの快適度
League Of Legends(最高画質でも快適)
(5.0)
DQX(最高品質で「すごく快適」)
(5.0)
FF14(高品質で「すごく快適」)
(5.0)
FF15(最高品質で「とても快適」)
(5.0)
FORTNITE(最高画質でも快適)
(5.0)
APEX(最高画質でも快適)
(5.0)
PUBG(最高画質でも快適)
(5.0)
レインボーシックスシージ(最高画質でも快適)
(5.0)
Dead By Daylight(最高画質でも快適)
(5.0)
マインクラフト(最高画質でも快適)
(5.0)
MEMO
FPS値が常時100以上出ており、ラグなどが無い状態の場合「快適」としています。

ソロプレイゲームではそんなに問題ないですが、FPS系の対戦ゲームで重いタイトルだと少し厳しいです。

AORUS 17レビューまとめ

本記事は「【GIGABYTE AORUS 17レビュー】ハイパフォーマンスを極めた1台!どんなゲーム最高設定でプレイしたい方へおすすめ」について書きました。

AORUS 17は超重量級のノートですが、その分性能はデスクトップにも勝る1台です。

ぱぶまる
とにかく性能重視で、ゲームを最高設定でプレイしたい方におすすめです。

【GIGABYTE AERO 15レビュー】ゲーマー向けの使いやすさと性能を備えた薄型ゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA GCR2080RNF-Eレビュー】steelseries製キーボード搭載&重いゲームもサクサク動くハイスペックゲーミングノートPC 【HP OMEN 17レビュー】どんなPCゲームでも妥協のない快適プレイ!圧倒的なパフォーマンスを誇るゲーミングノートPC 【Dell NEW ALIENWARE M15レビュー】4K画質に240Hzディスプレイまで備える超ハイスペックゲーミングノートPC 【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です