おすすめのノートパソコン

【GIGABYTE AORUS 15Pレビュー】RTX3070と240Hz液晶搭載のハイクラスゲーミングノートPC

評価:4

ぱぶまる
本記事ではGIGABYTEのゲーミングノートPC「AORUS 15P」をレビューしました。CPUにIntel Core i7、GPUはRTX3070を搭載し、リフレッシュレートは240Hzと高スペックな1台!

どうも、ゲーミングデバイスブロガーのぱぶまるです。

ゲーミングノートPCを選ぶ1つのポイントとして、キーボードやディスプレイがオールインワンで、省スペースであることがあげられます。

このたび紹介する「GIGABYTE AORUS 15P」であれば、スペックはもちろん、モニターやキーボードも高水準でそのままゲームプレイできます。

GIGABYTE AORUS 15Pの外観

ぱぶまる
1台で完結する高スペックゲーミングノートPCとして文句なしにおすすめ!

そんなわけで本記事は「【GIGABYTE AORUS 15Pレビュー】RTX3070と240Hz液晶搭載のハイクラスゲーミングノートPC」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。検証モデルはCore i7、RTX3070の構成です。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

GIGABYTE AORUS 15Pのスペック

GIGABYTE AORUS 15P」は15型のゲーミングノートPCです。

GIGABITE AORUS15Pは軽量15型のゲーミングノートPC
 
本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名 GIGABYTE AORUS 15P
CPU Intel Core i7-11800H(2.3GHz)
GPU GeForce RTX 3070 8GB
液晶 15.6インチ
リフレッシュレート 240Hz
解像度 フルHD 液晶(LEDバックライト / 1920×1080ドット表示)
メモリ 16GB
ストレージ 512GB or 1TB SSD(M.2 NVMe)
端子 USB3.2 Gen1 Type-A x 3、USB Type-C(Thunderbolt 4) x 1、HDMI 2.1 x 1、mini DP 1.4、SDカードリーダー x 1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック x 1
無線 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
バッテリー 約8時間
質量 2.2kg
スペック評価
外観(特段目立った部分はなし)
(3.0)
重量(2.2kgの薄型軽量)
(5.0)
ディスプレイ(フルHDのIPS液晶でリフレッシュレート240Hz)
(5.0)
キーボード(配置やキーサイズが使いやすく、RGB・マクロ搭載)
(5.0)
音質(普通)
(3.0)
ポート・無線(種類、数ともに十分。Thunderbolt、Wi-Fi6対応)
(4.0)
ゲーム(たいていのゲームは自由な画質設定で楽しめる)
(4.0)
騒音・熱(比較的静か)
(4.0)
 

外観

本体カラーはマットブラックで、ロゴは天板に1箇所あるものの、目立たず使いやすいです。

GIGABYTE AORUS 15Pのカラーはブラック

薄型ではないので持ち運びにあまり適さないものの、重量は2.2kgとそこまで重くはないですね。

ぱぶまる
厚みは多少あるものの、その分冷却性能が良く、ファンの音も抑えられていると感じました!

液晶ディスプレイ

ディスプレイはナローベゼルで没入感があり、リフレッシュレートは240Hzです。

GIGABYTE AORUS 15Pのディスプレイはナローベゼル

IPS液晶なので発色がきれいで視野角が広く、それでいてリフレッシュレートが高いとまさに両取りのディスプレイ。

ぱぶまる
FPSをするなら240Hzがおすすめです!

音質

スピーカー可もなく不可もなくといったところです。

スピーカー
ゲーム中のムービーや映画なども充分楽しめるレベルです。
マイク
音質も問題なく、キータイプ音が拾われてうるさいということもないです。
ぱぶまる
基本的にはヘッドセットを使うのがおすすめですが、ソロ向けゲームを楽しむ分にはスピーカーでも充分ですよ!

キーボード

日本語配列でゲーム以外にオフィス作業でも使いやすいです。

GIGABYTE AORUS 15Pのキーボード

アプリケーションからマクロやRGB設定が行え、キーごとの役割や配色を自由に行えます。

押し感は浅すぎず、クリック感もしっかりあるので使いやすいです。

ぱぶまる
スペースキーが短い点が惜しいですが、英字配列も選べるようです。
ポイント
ライティングの個別キー割り当て、マクロ機能あり
使いやすいテンキー搭載の日本語配列
クリック感は浅すぎず、しっかりあります

インターフェース

右側面にはUSB-A(USB 3.2)が2つとUSB-C(Thunderbolt 4)、SDカードスロット、電源ポートがあります。

GIGABYTE AORUS 15Pの右側面インターフェース
 
左側面にはHDMIとmini DP、USB-A(USB 3.2)、ヘッドホンジャック、LANポートが付いています。

GIGABYTE AORUS 15Pの左側面インターフェース
 
背面にポート類はなく、エアフローの空気孔のみです。

GIGABYTE AORUS 15Pの背面インターフェース

GIGABYTE AORUS 15Pのゲームベンチマーク

CPUにCore i7-10750H、GPUにGeForce RTX 3070 8GBを内蔵しています。

MEMO
性能テストではファンの動作モードをゲーミング(最大)にして測定しています。
 
重い3Dゲームの代表格「ファイナルファンタジー15」の高品質では「快適」の評価。

GIGABYTE AORUS 15PのFF15のスコア

ぱぶまる
重めのFF15でもスコアが高く、RTX30シリーズの実力がしっかり出てます!

Sponsored Links

 

GIGABYTE AORUS 15PでPUBGをプレイ

重いゲームの代表格「PUBG」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:ウルトラ・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は150前後で快適にプレイ可能です。

GIGABYTE AORUS 15PでPUBGをプレイ
 

グラフィック設定:非常に低い・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は200前後まで出ました!

ぱぶまる
快適にプレイでき、グラフィック設定も好みの設定でOKです!

GIGABYTE AORUS 15Pで人気ゲームのAPEX LEGENDSをプレイ

人気ゲームの代表格「APEX LEGENDS」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は170前後でプレイ可能です。

GIGABYTE AORUS 15PでAPEX LEGENDSをプレイ
 

グラフィック設定:低・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は240とかなり高く出ています!

GIGABYTE AORUS 15PでAPEX LEGENDSをプレイ

ぱぶまる
240Hzディスプレイなので、200FPS以上の高数値でもしっかり対応でき、なめらかに描写できます!

Sponsored Links

 

GIGABYTE AORUS 15Pで人気ゲームのFORTNITEをプレイ

人気ゲームの代表格「FORTNITE」をプレイし、どの程度の設定なら快適にプレイできそうか検証しました。

GPUの設定ソフト「GeForce Experience」にて、FPS値を画面左上(緑上の数値)にオーバーレイ表示させて実測してみました。
 

グラフィック設定:最高・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は170前後でプレイ可能です。

GIGABYTE AORUS 15PでFORTNITEをプレイ
 

グラフィック設定:低・解像度1920×1080(16:9)

FPS値は220とかなり高く出ています!

GIGABYTE AORUS 15PでFORTNITEをプレイ

GIGABYTE AORUS 15Pで快適にできるタイトルは?

大抵のゲームは設定次第で快適にできるレベルです。

ゲームタイトルごとの快適度
League Of Legends(高画質でも快適)
(5.0)
DQX(最高品質で「快適」)
(5.0)
FF14(高品質で「すごく快適」)
(5.0)
FF15(高品質で「快適」)
(5.0)
FORTNITE(高~最高画質で快適)
(5.0)
APEX(高~最高画質で快適)
(5.0)
PUBG(高~最高画質で快適)
(5.0)
CoD(Warzone)(高~最高画質で快適)
(5.0)
レインボーシックスシージ(高~最高画質で快適)
(5.0)
Dead By Daylight(最高画質で快適)
(5.0)
マインクラフト(最高画質で快適)
(5.0)
MEMO
FPS値が常時100以上でラグなどが無い状態を基準に「快適」といえるか判定しています。
ぱぶまる
どのゲームでもグラフィック設定を気にせず、高画質と快適性が両立できますよ!

GIGABYTE AORUS 15Pレビューまとめ

本記事は「【GIGABYTE AORUS 15Pレビュー】RTX3070と240Hz液晶搭載のハイクラスゲーミングノートPC」について書きました。

GIGABYTE AORUS 15Pは、ゲーミングノートPCに必要な要素を高水準で持っています。

「この1台で全てこなしたい!」という方におすすめの1台です。

YouTube
動画でも紹介しています。

【MSI GS66 Stealth 10Uレビュー】性能・デザイン・キーボードともにスキのないゲーミングノートPC 【MSI GF65 Thin 10Uレビュー】RTX3060を搭載する15型の軽量ゲーミングノートPC 【ドスパラGALLERIA XL7C-R36レビュー】RTX3060搭載なのに安い15型の軽量ゲーミングノートPC 【ASUS ROG Strix G17 G713QRレビュー】スペック・機能性・静音性を高コスパにまとめたゲーミングノートPC 【ASUS ROG Strix SCAR 17 G733QSレビュー】デスクトップ級のパワーとデザイン性・静音性を備えたゲーミングノートPC 【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【2020年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン20選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です