マクリン限定ANKERスペシャルクーポン

【NETGEAR Nighthawk AX8 RAX80レビュー】Wi-Fi 6対応ルーター・ミドルモデルの実力やいかに…?

マクリン
こちらの記事ではWi-Fi 6対応ルーターであるNETGEARの「Nighthawk RAX80」をレビューしました。1万円台のエントリーモデル「RAX40」が高速だっただけに、4万円台のミドルモデルにも期待しマクリンまくり

快適サクサクのネットライフを欲する我が家は、iPhone 11シリーズが最新のWi-Fi規格「Wi-Fi 6」に対応したのをきっかけに、Wi-Fi 6対応ルーターを導入しました。


 
Wi-Fi対応スマホとWi-Fi対応ルーターを組み合わせると高速になるのですが、その実力はたしか。

RAX40の通信速度(5.0GHz)

 
ですが、こちらの「Nighthawk RAX40」はエントリーモデル。

NETGEARのNighthawk RAX40

そうなると気になるわけです。
 

マクリン
上位モデルは一体どれほどの速度が出るのやら……?

そんな矢先、NETGEARさんからちょうど、ミドルモデルである「Nighthawk RAX80」を提供いただきました。

Nighthawk RAX80は、Nighthawkシリーズの中位モデルにして、RAX40よりパワフルなクアッドコアCPU搭載に8ストリーム(5GHz:4800Mbps + 2.4GHz:1200Mbps)と、かなり強化されています。

そんなわけで本記事は「【NETGEAR Nighthawk AX8 RAX80レビュー】Wi-Fi 6対応ルーター・ミドルモデルの実力やいかに…?」について書いていきます。

MEMO
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

Wi-Fi6とはそもそも何?

Wi-Fi6とはなに?

ヨメ
Wi-Fi 6て何のことだっけ?
 
マクリン
新しいWi-Fiのことだね!
 
従来のWi-Fi(Wi-Fi 5)とWi-Fi 6では、これだけ変わっています。

Wi-Fi 5(11ac)
  • 最大速度(理論値):6.9Gbps
  • 周波数帯:5.0GHz
  • MU-MIMO:最大4ユーザー
Wi-Fi 6(11ax)
  • 最大速度(理論値):9.6Gbps
  • 周波数帯:2.4GHz/5.0GHz
  • MU-MIMO:最大8ユーザー

最大速度は1.4倍、速度が低下しない同時ユーザー数は2倍になりました。

さらに2.4GHz帯にも対応しています。

元来のWi-Fi電波のイメージは「打たれ強いけど鈍足」なのが2.4GHz、「繊細なスピードスター」が5.0GHzでした。

Wi-Fi電波の特徴

  • 2.4GHz帯 速度は遅いが、障害物に強い
  • 5.0GHz帯 速度は早いが、障害物に弱い

 

マクリン
Wi-Fi 6になって、その差はほとんど無くなりましたよ!

NETGEARのWi-Fi6対応のルーターNighthawkシリーズは、エントリーモデルの「AX4 RAX40」と本記事で紹介する「AX8 RAX80」以外に、さらに上位モデルとして「AX12 RAX120」「AX12 RAX200」があります。

NETGEARのNighthawkシリーズ

いずれも世界最高峰のアンテナ技術を生かした2枚のウィングが特徴的な、未来感あふれるルーターです。

それでは、RAX80の外観・スペックから紹介していきます。

Nighthawk AX8 RAX80の外観と付属品

Nighthawk RAX80」は2.4GHz帯と5GHz帯、2種類の電波を提供するデュアルバンドのWi-Fi6対応ルーターです。

NETGEAR Nighthawk AX8 RAX80はWi-Fi 6対応のデュアルバンドWi-Fiルーター

項目スペック
ワイヤレス規格【2.4GHz】IEEE 802.11ax/b/g/n
【5.0GHz】IEEE 802.11ax/ac/n/a
周波数2.4GHz + 5.0GHz
最大通信速度(理論値)【2.4GHz】1200Mbps
【5.0GHz】4800Mbps
CPU64bitクアッドコア1.8GHz CPU
ストリーム数
(受信 x 送信)
【2.4GHz】4 x 4
【5.0GHz】4 x 4
推奨接続台数〜72台
有線LANポートギガビットLAN x 5/ギガビットWAN x 1
USBポートUSB 3.0 x 2
サイズ305 x 202 x 161 mm (アンテナ部込)
重量1281g
ストリーム数
ストリーム数は「道の本数」がイメージしやすく、電波の通る道の数が多いほど、高速に通信することができます。つまり、ストリーム数と最大通信速度は比例します。
 
スペーシーな外観で、NETGEARのアイデンティティでもある2枚のウィングは格納することもできます。



前述のとおり、Nighthawk RAX80はNighthawkシリーズでミドルモデルに相当します。

製品名ワイヤレス規格周波数CPU最大通信速度(理論値)ストリーム数(受信 x 送信)推奨接続台数有線LANポートUSBポートサイズ重量
Nighthawk RAX40
【2.4GHz】IEEE 802.11ax/b/g/n
【5.0GHz】IEEE 802.11ax/ac/n/a
2.4GHz + 5.0GHzデュアルコアCPU【2.4GHz】600Mbps
【5.0GHz】2400Mbps
【2.4GHz】2 x 2
【5.0GHz】2 x 2
〜48台ギガビットLAN x 4
ギガビットWAN x 1
USB 3.0 x 1360 x 215 x 180 mm618g
Nighthawk RAX80
【2.4GHz】IEEE 802.11ax/b/g/n
【5.0GHz】IEEE 802.11ax/ac/n/a
2.4GHz + 5.0GHz64bitクアッドコア1.8GHz CPU【2.4GHz】1200Mbps
【5.0GHz】4800Mbps
【2.4GHz】4 x 4
【5.0GHz】4 x 4
〜72台ギガビットLAN x 5
ギガビットWAN x 1
USB 3.0 x 2305 x 202 x 161 mm1281g
Nighthawk RAX120
【2.4GHz】IEEE 802.11ax/b/g/n
【5.0GHz】IEEE 802.11ax/ac/n/a
2.4GHz + 5.0GHz64bitクアッドコア2.2GHz CPU【2.4GHz】1200Mbps
【5.0GHz】4800Mbps
【2.4GHz】4 x 4
【5.0GHz】8 x 8
〜72台ギガビットLAN x 4
ギガビットWAN x 1
マルチギガ対応(1G/2.5G/5G) x 1
USB 3.0 x 2310 x 220 x 160 mm1364g
Nighthawk RAX200
【2.4GHz】IEEE 802.11ax/b/g/n
【5.0GHz】IEEE 802.11ax/ac/n/a
2.4GHz + 5.0GHz + 5.0GHz64bitクアッドコア1.8 GHz CPU【2.4GHz】1200Mbps
【5.0GHz】4800Mbps
【5.0GHz】4800Mbps
【2.4GHz】4 x 4
【5.0GHz】4 x 4
【5.0GHz】4 x 4
〜96台ギガビットLAN x 4
ギガビットWAN x 1
マルチギガ対応(1G/2.5G/5G) x 1
USB 3.0 x 2298 x 220 x 170 mm1433g

エントリーモデルから大幅に性能アップし、CPUのコア数・ストリーム数ともに2倍になっており、上位モデルと遜色そんしょくないスペックをもっています。
 

マクリン
ヘビーなゲームユーザーまでカバーしてる性能ですよ!
 
サイズは305 x 202 x 161 mmとそこそこ大きめですが、RAX40よりコンパクトで、MacBook Proと同程度のサイズ感です。


 
重さは約1300gで、エントリーモデルの倍程度の重量。

NETGEAR Nighthawk AX8 RAX80の重量は約1300g
 
背面のインターフェースは、USB3.0ポート x 2にギガビット対応LANポート x 5と充実しています。

NETGEAR Nighthawk AX8 RAX80の背面のインターフェース

インターフェース(左から)

  • リセットボタン
  • USB3.0ポート x 2
  • ギガビット対応LANポート x 5
  • ギガビット対応WANポート
  • 電源ボタン
  • 電源ポート

 
同梱品はルーター本体に電源アダプタ、LANケーブルのみのシンプル構成です。

NETGEAR Nighthawk AX8 RAX80の同梱品

Sponsored Links

 

Nighthawk AX8 RAX80はスマホアプリで接続設定完了

Nighthawk RAX80は、スマホ専用アプリだけで接続設定が完了します。

NETGEAR Nighthawk - WiFi App

NETGEAR Nighthawk – WiFi App

NETGEAR無料posted withアプリーチ

 
接続設定はややめんどくさいですが、落ち着いてやれば全く問題ありません。

STEP.1
NETGEARアカウントの作成
NETGEARアカウントを作成します。


STEP.2
QRコードスキャン
カメラを有効にしてスキャンを選び、ウィングに貼られたQRコードを取り込みます。


STEP.3
ルーター電源オン
ルーターの電源を入れて、モデムとLANケーブルで接続します。


STEP.4
NETGEAR##に接続
ルーターのSSID(NETGEAR + 数字)に接続します。


 
SSID(無線ネットワーク名)とパスワードは、QRコードの上に書かれています。


STEP.5
ルーターに接続
ルーターに接続するも(PPPoE接続の場合は)インターネット未接続となります。


STEP.6
PPPoE接続を選択
PPPoE接続を選択し、プロバイダの契約情報に記載されている接続用ID・接続用パスワードを入れます。



STEP.7
再度、ルーターに接続
その上で再度接続すると、インターネット接続に成功します。


STEP.8
設定完了
固有のSSID・パスワードとルーター管理用のパスワードを設定します。



STEP.9
接続完了
あとはファームウェアをアップデートすれば、接続設定が完了です。



マクリン
NETGEARのアプリ機能をいくつか紹介しますね!

Nighthawk AX8 RAX80のアプリでできること

Nighthawk RAX80は、ネットワーク管理もスマホ専用アプリから全て行うことができます。

NETGEAR Nighthawk - WiFi App

NETGEAR Nighthawk – WiFi App

NETGEAR無料posted withアプリーチ

 
大きく分けて4つの機能があります。

アプリの機能

  • デバイスマネージャー
  • インターネット回線速度
  • ゲストWiFi
  • トラフィックメーター

 
デバイスマネージャーでは、2.4GHz帯と5.0GHz帯で接続されている各機器を見ることが可能です。


 
インターネット回線速度はその名のとおり、モデム−ルーター間の回線速度を測定できます。


 
ゲストWiFiはゲスト用のSSIDを発行でき、トラフィックメーターでは使用量を確認します。



マクリン
Wi-Fi6ルーターのミドルモデルの実力を見ていきましょう!

Sponsored Links

 

Nighthawk AX8 RAX80の通信速度を計測

我が家のプロバイダーはSo-net 光 プラスで、最大1Gbps(1000Mbps)対応の光ファイバー回線を敷いています。

注意
最大速度9.6GbpsのWi-Fi 6の実力は「auひかり」など、最大10Gbps対応の光回線でないと発揮しきれません。その点あらかじめご承知おきください。
 

これまで使用していたメッシュルーター「Linksys Velop」の通信速度は以下のとおりです。

LINKSYS VELOPトライバンドの通信速度

Velopの通信速度(1台目)

LINKSYS VELOPトライバンドの通信速度

Velopの通信速度(2台目)

それからWi-Fi6ルーターのエントリーモデル「RAX40」の速度です。

RAX40の通信速度(2.4GHz)

RAX40の通信速度(5.0GHz)

下位モデルでも上下ともに200Mbps以上だったので、Nighthawk RAX80にはさらに期待したいところです。


 
ということで、いざ計測!

RAX80の通信速度(2.4GHz)

RAX80の通信速度(5.0GHz)

送受信の速度

  • 下り(ダウンロード) ネット閲覧・アプリダウンロード・動画鑑賞時の速度
  • 上り(アップロード) メール送信・データアップロードの速度

動画やゲームの快適性にかかわる下りでは、2.4GHzでも400Mbps以上を記録し、5GHzにいたってはなんと500Mbpsを超える速度を示していました。
 

マクリン
つまりミドルモデルの2.4GHz帯は、エントリーモデルの5.0GHz帯とほぼ同じパフォーマンスを発揮してるということです!

上りではむしろ、Nighthawk RAX80の2.4GHzのほうがRAX40の5.0GHzを上回っていました。

いずれもWi-Fi6ルーターですが、2.4GHz帯でも速度が落ちにくい特徴が発揮された結果ともいえます。

しかも、常時15台近くのWi-Fiデバイスを接続するなかなかの環境で計測していますので、その実力はホンモノ。

ミドルモデルはスペックも速度も格段にアップ。

Nighthawk RAX80は、Wi-Fi6ルーターにおいて、コストと性能のバランスがとれたコスパ抜群の一品といえるでしょう。

Nighthawk AX8 RAX80レビューまとめ

本記事は「【NETGEAR Nighthawk AX8 RAX80レビュー】Wi-Fi 6対応ルーター・ミドルモデルの実力やいかに…?」について書きました。

Nighthawk RAX80は、少々お高めの4万円台ではあるものの、ストリーム数は8本、最大通信速度は4.8Gbps(5.0GHz時)と、ヘビーなゲームユーザーまでカバーする高性能なWi-Fi 6対応ルーターです。

iPhone 11 Proをはじめとする、Wi-Fi 6対応のデバイスを持っていれば、その性能をより発揮できる製品となっています。

マクリン
おかげで快適サクサクのネットライフが送れてまっせ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【NETGEAR Nighthawk AX4 RAX40レビュー】Wi-Fi 6対応ルーターはエントリーモデルでも速し! 【BUFFALO WXR-5950AX12レビュー】10Gbps対応WAN/LANポート搭載のWi-Fi 6対応ルーター 【Wi-Fi6対応ルーター比較】ASUSかNETGEAR・バッファローどれがおすすめ? 【おすすめのメッシュWi-Fiルーター比較】BUFFALOとVELOP・Orbi・TP-Linkどれがいい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ