Amazonチャージで千円もらえるキャンペーン

【Anker Nebula Mars IIレビュー】300ルーメン対応のAndroid 7.1搭載モバイルプロジェクター【最大150インチ】

 
どうも、モバイルプロジェクター大好きのマクリン( @Maku_ring)です。

我が家では持ち運び用にNebula Capsule II、据え置き用にpopIn Aladdinを愛用しています。

Anker Nebula Capsule IIのサイズ
popIn AladdinのLEDシーリングライト機能

いずれもAndroid OSを搭載するため、プロジェクターだけでなく動画アプリも楽しめる、素晴らしい製品です。

Nebula Capsule IIは携帯性に特化、popIn Aladdinは性能面を磨き上げたプロジェクター。
 

マクリン
両者の中間、つまり携帯性と性能のバランスをとったプロジェクターが出ましたよ!

それがAnkerの「Nebula Mars II」です。

Nebula Mars IIは、持ち運び可能なコンパクトサイズにおさえつつ、スペックの強化を図ったプロジェクターに仕上がっています。

明るさはAnker Nebulaシリーズ最高の300ANSIルーメン、投影サイズは最大150インチの大画面に対応しています。

解像度は1280 x 720画素と高精細かつ、10W出力のスピーカーを2つ搭載し、音響もパワフル。

Anker Nebula Mars IIは解像度1280 x 720に上がっている

さらにAndoroid 7.1搭載で、YouTubeやAmazonプライム・ビデオ、Netflixが楽しめるなど、エンタメ性も抜群です。

そんなわけで本記事は「【Anker Nebula Mars IIレビュー】300ルーメン対応のAndroid 7.1搭載モバイルプロジェクター【最大150インチ】」について書いていきます。

MEMO
YouTubeでも使用感をまじえて紹介しています。

 

Anker Nebula Mars IIの外観と付属品

Anker社の「Nebula Mars II」は、Android 7.1搭載のモバイルプロジェクターです。

Anker Nebula Mars IIはAndroid 7.1搭載のモバイルプロジェクター

製品名Nebula Mars II
サイズ約122 x 137 x 178mm
重さ約1476g
バッテリー容量12,500mAh
明るさ300ANSIルーメン
解像度1280 x 720画素
OSAndoroid 7.1
価格69,800円

 
Nebula Capsuleシリーズのプロジェクター主力製品は4つあり、その中でもNebula Mars II最高スペックとなっています。

製品名サイズ重さバッテリー容量動画再生時間明るさ解像度スピーカーOS価格
Nebula Mars II
約122 x 137 x 178mm約1476g12,500mAh4時間300ANSIルーメン1280 x 720画素20W(10W x 2)Andoroid 7.169,800円
Nebula Apollo
約131 x 65 x 65mm約579g9,750mAh4時間200ANSIルーメン854 x 480画素6WAndoroid 7.139,999円
Nebula Capsule II
約150 x 80 x 80mm約740g9,700mAh3時間200ANSIルーメン1280 x 720画素8WAndoroid TV 9.059,800円
Nebula Capsule Pro
約120 x 68 x 68mm約470g5,200mAh4時間150ANSIルーメン854 x 480画素5WAndoroid 7.146,800円

 
持ち手部分はレザーで高級感があり、所有欲を高める造りとなっています。

Anker Nebula Mars IIの持ち手はレザー
 
サイズは約122 x 137 x 178mmであり、ペットボトルサイズのNebula Capsule IIほど小型ではありませんが、大きな弁当箱くらいです。

Anker Nebula Mars IIとNebula Capsule IIのサイズ比較
Anker Nebula Mars IIのサイズ
 
重さは約1,476gでモバイルノートPC程度の重量ですので、持ち運びはまったく問題ありません。

Anker Nebula Mars IIの重量
 
プロジェクターの起動は、レンズカバーを下にスライドするだけで可能です。


 
またNebula Mars IIは、便利なオートフォーカス機能を備えています。

Anker Nebula Mars IIはオートフォーカス機能搭載
 
投影距離を変えるだけで、フォーカスをこのように自動で調整してくれます。


 
天面は操作ボタン部となっていますが、付属のリモコンと専用アプリを使うことが多く、触る機会はほとんどありませんでした。

Anker Nebula Mars IIの操作ボタン部
 
背面にはDCポートとHDMI入力ポート、デバイス充電用のUSBポートとオーディオ出力ポートを備えています。

Anker Nebula Mars IIのポート類
 
Nebula Mars IIは、付属のACアダプターからの給電にくわえ、本体に内蔵するバッテリー駆動にも対応しています。

Anker Nebula Mars IIはアダプター給電にのみ対応

バッテリー駆動の再生時間

  • 動画:約4時間
  • 音楽:約30時間(Bluetoothスピーカーモード)

動画再生4時間はやや心もとないので、欲をいえばNebula Capsule IIのようにモバイルバッテリー充電に対応しているとありがたかったです。
 
底面には三脚用ソケットを備えており、汎用品の三脚を使用することができます。

Anker Nebula Mars IIの三脚用ソケット
 
同梱品はプロジェクター本体にリモコン、AC電源アダプターです。

Anker Nebula Mars IIの付属品

 

Anker Nebula Mars IIのスピーカーは20W出力でパワフル

Nebula Mars IIBluetoothスピーカーとしても使うことができ、モード切り替えボタンで切り替わります。

Anker Nebula Mars IIのBluetoothスピーカーモード
 
10W出力のスピーカーを2機搭載する計20W出力であり、そのサウンドは相当力強いです。

Anker Nebula Mars IIは10W出力のスピーカーを2機搭載する計20W出力

 
マクリン
音の解像度が高くて臨場感もあり、没入感あるサウンドが楽しめますよ!

 

Sponsored Links

 

Anker Nebula Mars IIのプロジェクターモードは明るくて高精細

Nebula Mars IIは、HDMI端子に機器(PCやゲーム機)を差すことで、スクリーン上に映し出されます。


 
ミラーリングも可能で、AirPlay(iOS)・Miracast(Microsoft)に対応しています。


 
解像度は720p HD(1280 x 720画素)で、細かい文字も鮮明に見ることができ、ビジネス用途でも余裕で使えます。

Anker Nebula Mars IIのプロジェクターモードでマクリンを投影
Anker Nebula Mars IIのプロジェクターモードでマクリンを投影
 
投影サイズは最大150インチ、輝度きどはシリーズ最大の300ANSIルーメンであり、昼間に投影しても視認性が高く、大画面で閲覧することができます。


 
調整面も抜かりなく、台形自動補正機能(オートキーストーン補正)も備えています。

マクリン
画面のゆがみを自動で修正してくれるのはやっぱ便利!
 
しかし、あくまで垂直方向(タテ方向)のみの補正であり、水平方向(ヨコ方向)の傾きは自動調整してくれませんので、その点は注意が必要です。

Anker Nebula Mars IIの台形補正機能

 

Anker Nebula Mars IIはAndroid 7.1搭載で動画アプリも楽しめる

Nebula Mars II最大の特徴が、モバイルプロジェクターなのにエンタメ性も高く、Andoroid 7.1を搭載していることです。

Anker Nebula Mars IIはAndroid 7.1搭載

マクリン
アプリプレイヤーとしても優秀なんですよ!
 
画面操作は、本体の赤外線レシーバーにリモコンを向け、ボタンを押して行います。

Anker Nebula Mars IIのリモコン
 
専用のスマホアプリ「Capsule Control」を介したスワイプ操作のほうが使いやすく、こちらがおすすめです。

Capsule Control

Capsule Control

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 
一本指でカーソル移動、二本指でページスクロールができ、感覚的に操作できるようになっています。

Anker Nebula Mars IIのリモコン
 
実際こんな風にスムーズに動かすことができます。


 
しかし、アプリストアがサードパーティ製の「AptoideTV」であるため、ラインナップは豊富ではありません。

Anker Nebula Mars IIのアプリストアはサードパーティー製のAptoideTV
 
この点に関しては、純正のGoogle Playが入っているNebula Capsule IIに軍配が上がります。

Anker Nebula Capsule IIは純正のGoogle Play搭載
 
とはいえ、YouTubeとAmazonプライム・ビデオ、Netflixがプリセットで入り、主要な動画アプリはおさえているため、実用面で困ることはあまりないでしょう。

ためしに僕のYouTubeチャンネル「マクリンのおすすめガジェット」を再生してみました。


鮮明かつ音質もすばらしく、迫力ある大画面で動画を楽しむことができます。

参考 マクリンのおすすめガジェットYouTube  

Nebula Mars IIは、コンパクト設計としては最高クラスのスペックを有し、据え置き機ともはや遜色そんしょくない製品に仕上がっています。

家のリビングからキャンプなどのアウトドアまで、場所を選ばす活用できる、イベント時の頼れる相棒です。

 

Sponsored Links

 

Anker Nebula Mars IIレビューまとめ

本記事は「【Anker Nebula Mars IIレビュー】300ルーメン対応のAndroid 7.1搭載モバイルプロジェクター【最大150インチ】」について書きました。

Nebula Mars IIは、持ち運びできるサイズ感ながら、スピーカー・プロジェクター・アプリプレイヤーの完成度がいずれも高く、エンタメ性にすぐれたモバイルプロジェクターです。

投影サイズは最大150インチ、明るさは300ANSIルーメンと、モバイルプロジェクターとして最強クラスのスペックであるため、性能面で不満を感じることはないでしょう。

マクリン
値段は安くないですが、一度取り入れれば活躍場面が多いので、満足感の高いアイテムですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【2019年】おすすめのモバイルプロジェクター人気6モデル【小型ミニ】 【Anker Nebula Capsule IIレビュー】世界初Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター【200ルーメン】 【Anker Nebula Apolloレビュー】350ml缶サイズのAndroid 7.1搭載モバイルプロジェクター【200ルーメン】 【Anker Nebula Capsule Proレビュー】Android搭載モバイルプロジェクター【150ルーメン/バッテリー内蔵】 【Pico Cube Aレビュー】180gを切るAndroid搭載の超小型モバイルプロジェクター【100ルーメン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ