ガジェットのおすすめ

Nebula Cosmos Laser 4Kをレビュー!Ankerが放つレーザー光源の最上位プロジェクター

評価:4.5

我が家では、TVにラジオにオーディオにと、ホームプロジェクターが大活躍のマクリン( @Maku_ring)です。

解像度はフルHDでも実用上困ることはないですが、精細な映像をたのしむなら4Kがおすすめ。

それからくっきりした画質で観るならLEDやハロゲンではなく、レーザー光源のプロジェクターを選びたいところ。

マクリン
レーザーは収束度が高いから鮮明!

Nebula Cosmos MaxNebula Novaなど、数々の傑作プロジェクターを世に放つAnkerアンカーが、ついに出したレーザープロジェクターが「Nebula Cosmos Laser 4K」です。

Nebula Cosmos Laser 4Kの外箱

同社初のレーザープロジェクターで、LEDやハロゲンとは一線を画する映像のシャープさが、没入感をさらに上げてくれます。

4Kの超高解像や2,000ANSIルーメンの明るさにくわえ、計4基のスピーカーで30W出力と、あらゆる面でスペックが高いです。

そこで本記事は外観と付属品を紹介し、類似品と比較しつつ、映像面を紹介していきます。

メリット
  • レーザー光源の4Kプロジェクター
  • Android TV 10.0搭載
  • 垂直水平の台形自動補正
  • 映像補正機能が充実
  • ツイーター付きの30Wスピーカー搭載
デメリット
  • やや高い
  • 重い
ご貸与品
本記事はアンカー・ジャパン様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Nebula Cosmos Laser 4Kの外観と付属品

Nebula Cosmos Laser 4K」は、Android TV 10.0搭載のホームプロジェクターです。

Nebula Cosmos Laser 4KはAndroid TV 10.0搭載のホームプロジェクター

製品名 Nebula Cosmos Laser 4K
サイズ 約263 x 220 x 165mm
重さ 約4.9kg
明るさ 2,000ANSIルーメン
解像度 4K(3840 x 2160画素)
スピーカー 30W(10W x 2 + ツイーター 5W x 2)
ワイヤレス規格 2.4 / 5.0GHz(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)・Bluetooth 5.0
OS Android TV 10.0
価格 249,900円(税込み)

 
両側面にパンチングメッシュが覗く直方体デザインに仕上がっています。



 
サイズは約263 x 220 x 165mmと4Kクラスではコンパクトなものの、XGIMI Halo+などフルHDプロジェクターと比べると、ひと回り大きいです。

Nebula Cosmos Laser 4Kのサイズは約263 x 220 x 165mm

 
取っ手がついているので持ち運びは可能ですが、重量は約4.9kgとなかなか重め。

Nebula Cosmos Laser 4Kの重量は約4.9kg
 
左右に10Wスピーカーとツイーターを2機ずつ搭載し、Dolbyオーディオにも対応しているので、立体感にくわえ、低音から高音までしっかり響かせる設計です。


 
天面は音量調整と方向キー・決定の操作パネルがつき、電源ボタンもそなえています。

Nebula Cosmos Laser 4Kの操作パネル

 
4Kの解像度をもつレンズには、オートフォーカス機能を搭載しています。

Nebula Cosmos Laser 4Kはオートフォーカス搭載
 
さらに、垂直水平ともに台形自動補正機能もそなえています。

Nebula Cosmos Laser 4Kは垂直水平の台形自動補正機能搭載

 
歪みの検知速度はそこまで速くないものの、精度は高く、正確に動作してくれます。


 
底面には三脚穴がつき、汎用品の三脚を装着できます。

Nebula Cosmos Laser 4Kは汎用の三脚穴搭載
 
背面下部には電源端子とHDMI2.0(最大4K入力)、USB-A(USBフラッシュドライブ用)とAUX端子がついています。

Nebula Cosmos Laser 4Kの端子類
 
背面上部にはDongleの差し込み口があり、同梱のNebula 4K Streaming Dongleを挿すことで、Android TV 10.0が使用できるようになります。


Nebula Cosmos Laser 4KにNebula 4K Streaming Dongleを差し込んだ様子
 
同梱品はプロジェクター本体にリモコン(単4アルカリ乾電池 x 2)、電源ケーブル、Nebula 4K Streaming Dongleです。

Nebula Cosmos Laser 4Kの付属品
 
リモコンの質感はふつうですが、操作性は良く、NETFLIXやDisney+のボタンも備えているのはポイント高し。


 
本機はリモコン操作だけでなく「Nebula Connect」によるアプリ操作にも対応しています。

Nebula Connect(CapsuleControl)

Nebula Connect(CapsuleControl)

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 

4Kプロジェクターで比較

Nebula Cosmos Laser 4Kと同クラスの4Kプロジェクター同士で比較してみました。

左スライドで全表示

製品名 Nebula Cosmos Laser 4K
Nebula Cosmos Max
XGIMI HORIZON Pro
BenQ TK700STi
光源 レーザー LED LED 水銀ランプ
サイズ 約263 x 220 x 165mm 約351 x 249 x 99mm 約208 x 218 x 136mm 約312 x 246 x 110mm
重さ 約4.9kg 約3.6kg 約2.9kg 約3.1kg
明るさ 2,000ANSIルーメン 1,500ANSIルーメン 2,200ANSIルーメン 3,000ANSIルーメン
解像度 4K(3840 x 2160) 4K(3840 x 2160) 4K(3840 x 2160) 4K(3840 x 2160)
スピーカー 30W(10W x 2 + ツイーター 5W x 2) 40W(10W x 4) 16W(8W x 2) 5W(5W x 1)
OS Android TV 10.0 Android TV 9.0 Android TV 10.0 Android TV 9.0
オートフォーカス
台形自動補正(垂直)
台形自動補正(水平) (手動) (手動)
価格 249,900円 179,980円 176,880円 200,000円

価格は本機が約25万円と一番高いものの、数少ないレーザー光源であり、他の方式に比べて低電力・長寿命・高輝度化が図られています。

XGIMI HORIZON Proと同様、タテヨコともに台形自動補正に対応し、映像調整面も抜かりありません。

マクリン
スクリーンフィット機能もついてるので、スクリーン内に映像をおさめたいときも便利!

明るさではBenQ TK700STiが上回るものの、2,000ANSIルーメン以上となると、どれも正直大きな違いはありません(旧モデルのNebula Cosmos Maxは、やや暗い感があります)。

音響面も唯一のツイーター(高音用スピーカー)を搭載し、低音から高音までバランス良く聴かせる仕様に仕上がっています。

総じて見ると、性能面ではNebula Cosmos Laser 4K、コスパ面ではXGIMI HORIZON Proがおすすめです。

Nebula Cosmos Laser 4Kのレビュー

Nebula Cosmos Laser 4Kの特徴を紹介していきます。

 

4Kならではの高精細なプロジェクター映像

Nebula Cosmos Laser 4Kの明るさは最大2,000ANSIルーメン、解像度は4K(3840 x 2160)であり、映像の精細さはなかなかのもの。

Nebula Cosmos Laser 4Kで投影した映像
 
明るさも十分で、同じ映像を14時に投影してみても、しっかり視認できるのが分かります。

14時の投影

19時の投影

 
最大150インチ程度の大画面でも可能ですが、100インチ投影時の距離は約2.81mと焦点距離はふつうです。


 
HDMIはもちろんChromecastも内蔵し、対応するスマホやPCからのミラーリングにも対応しています。

Nebula Cosmos Laser 4KはChromecast内蔵

MEMO
AirPlayも利用できますが、Nebula Manager内から「AirScreen」というアプリをダウンロードください。
 
プロジェクターの動画投影でおなじみ(?)、ドローンさんの4K動画を再生してみました。

草木や森の立体感や水面のゆらぎやきらめき、色彩のくっきり感はやはり他のプロジェクターと段違いでした。

マクリン
あと、音響の迫力や臨場感もすごくて、胸にズンズン響いてくる感じ!

Android TV 10.0搭載で豊富なアプリ収録

Nebula Cosmos Laser 4KAndroid TV 10.0を搭載し、使い勝手も良好です。

Nebula Cosmos Laser 4KはAndroid TV 10.0搭載
 
Netflixは元来、Nebula Manager経由でないとダウンロードできませんでしたが、本機よりプリセットアプリになったのはうれしいポイントです。


 
アプリストアは純正のGoogle Playなので、ふだん使っているアプリはもちろんそのまま使えます。

Nebula Cosmos Laser 4KのアプリストアはGoogle Play
 
プロジェクターをテレビ代わりに使いたいときは、nasneを設置したうえで「torne mobile」アプリで連携すれば、据え置きテレビのようにリアルタイム視聴や録画を楽しむことができます。



Nebula Cosmos Laser 4Kはこんな人におすすめ

Nebula Cosmos Laser 4Kは「レーザー光源のコンパクトな4Kプロジェクターが欲しい人」におすすめです。

レーザーだけにやや高めですが、映像調整面はすきがなく、音響の臨場感も抜群です。

同クラスの4Kプロジェクターでは、コスパ面ですぐれるXGIMI HORIZON Proとならんでおすすめです。

下位のフルHDモデルに「Nebula Cosmos Laser」があるものの、スペックを考慮すると割高なので、予算が許すなら本機のほうが買いでしょう。

Nebula Cosmos Laser 4Kレビューまとめ

本記事は「Nebula Cosmos Laser 4Kをレビュー!Ankerが放つレーザー光源の最上位プロジェクター」について書きました。

Nebula Cosmos Laser 4Kは、同社初のレーザープロジェクターで、LEDやハロゲンとは一線を画する映像のシャープさが、没入感をさらに上げてくれます。

4Kの超高解像や2,000ANSIルーメンの明るさにくわえ、計4基のスピーカーで30W出力と、あらゆる面でスペックの高められたモデルです。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • レーザー光源の4Kプロジェクター
  • Android TV 10.0搭載
  • 垂直水平の台形自動補正
  • 映像補正機能が充実
  • ツイーター付きの30Wスピーカー搭載
デメリット
  • やや高い
  • 重い
4Kプロジェクターのおすすめはどれ?代表3機種(Nebula・BenQ・XGIMI)を比較! 【Anker Nebula Cosmos Maxレビュー】4K対応かつAndroid TV 9.0搭載で最強レベルのホームプロジェクター! 【XGIMI HORIZON Proレビュー】史上最高にパワフルで使いやすいホームプロジェクター 【小型から4Kまで】モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめ人気モデル総ざらい【小型から4Kまで】モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめ人気モデル総ざらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。