11/27(金)から5日間のビッグセール開催

【Anker Nebula Capsule IIレビュー】世界初Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター【200ルーメン】

 
どうも、モバイルプロジェクター大好きのマクリン( @Maku_ring)です。

我が家で愛用しているのが、Ankerの「Anker Nebula Capsule Pro」。

Anker Nebula Capsule Pro

350ml缶サイズにもかかわらず、Android OSを搭載し、動画アプリも気軽に楽しめてロングバッテリーと、素晴らしいプロジェクターです。
 

マクリン
実は2つだけ気になる点がありまして……。
Nebula Capsule Proの気になる点
  • 画面がやや暗くて解像度が低いこと
  • 選べるアプリが少ないこと
マクリン
ですが、これらを見事クリアした新機種が出ました!

それが「Nebula Capsule II」です。


 
Nebula Capsule IIは、プロジェクターとして世界初のAndoroid TV 9.0搭載モデルです。

Nebula Capsule IIは世界初のAndoroid TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター

マクリン
3,600以上のAndoroidアプリを楽しめますよ!
 
プロジェクターの基本性能も高められており、明るさは200ANSIルーメン、解像度も854 x 480画素から1.5倍の1280 x 720に上がり、既存機種の弱点を見事につぶしています。

Nebula Capsule IIは解像度も854 x 480から1280 x 720に上がっている
 
ハンディサイズに、プロジェクター・TV・スピーカー・ゲーム機・PCモニターの機能がギュッと詰め込まれた5-in-1モデルです。

Nebula Capsule IIはプロジェクター・TV・スピーカー・ゲーム機・PCモニターの機能が詰め込まれた5-in-1モデル
 
Ankerはその機能の豊富さから、Nebula Capsule IIを「Life Changer(生活を一変するもの)」と呼んでいます。

Nebula Capsule IIはLife Changer

マクリン
これだけであらゆるエンタメが堪能できる、万能の一台ですよ!

本記事は「【Anker Nebula Capsule IIレビュー】世界初Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター【200ルーメン】」について書いていきます。

YouTube
使用感をまじえて紹介しています。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。プロフィール詳細

Anker Nebula Capsule IIの外観と付属品

Anker社の「Nebula Capsule II」は、Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクターです。

Anker Nebula Capsule IIはAndroid TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター

製品名 Nebula Capsule II
サイズ 約150 x 80 x 80mm
重さ 約740g
バッテリー容量 9,700mAh
明るさ 200ANSIルーメン
解像度 1280 x 720画素
OS Andoroid TV 9.0
価格 59,800円
マクリン
外装はなめらかなアルミボディで、しっかりした剛性ごうせいがありますよ!
 
Nebula Capsuleシリーズのモバイルプロジェクターは4つあり、その中でもNebula Capsule II唯一のAndoroid TV 9.0搭載製品となっています。

製品名 サイズ 重さ バッテリー容量 動画再生時間 明るさ 解像度 スピーカー OS 価格
Nebula Cosmos Max
約351 x 249 x 99mm 約3000g 電源駆動 1500ANSIルーメン 3840 x 2160画素 40W(10W x 4) Andoroid 9.0 179,980円
Nebula Cosmos
約290 x 198 x 91mm 約2000g 電源駆動 900ANSIルーメン 1920 x 1080画素 20W(10W x 2) Andoroid 9.0 79,980円
Nebula Capsule II
約150 x 80 x 80mm 約740g 9,700mAh 3時間 200ANSIルーメン 1280 x 720画素 8W Andoroid TV 9.0 59,800円
Nebula Apollo
約131 x 65 x 65mm 約579g 9,750mAh 4時間 200ANSIルーメン 854 x 480画素 6W Andoroid 7.1 39,999円
Nebula Mars II
約122 x 137 x 178mm 約1476g 12,500mAh 4時間 300ANSIルーメン 1280 x 720画素 20W(10W x 2) Andoroid 7.1 69,800円
Nebula Capsule Pro
約120 x 68 x 68mm 約470g 5,200mAh 4時間 150ANSIルーメン 854 x 480画素 5W Andoroid 7.1 46,800円

 
サイズは直径80 x 高さ150mmとそれなりにコンパクトで、ちょうど350ml缶と500ml缶の中間くらい。

Anker Nebula Capsule IIのサイズ
 
350ml缶サイズのNebula Nebula Apolloにくらべ、若干大きくなっているものの、それでも手で持ち運べるサイズ感です。

Nebula Capsule IIとNebula Capsule Proのサイズ比較
 
重さは約764gで、iPad Proの一番大きいモデルくらいとお考えください。

Anker Nebula Capsule IIの重量
 
前機種Nebula Capsule Proではダイヤル式のフォーカス調整だったのに対し、本機種ではなんとオートフォーカス機能を備えています。

Anker Nebula Capsule IIはオートフォーカス機能搭載
 
投影距離を変えるだけで、フォーカスをこのように自動で調整してくれます。


 
下部にはAUX出力ポートとHDMI入力ポート、デバイス充電用のUSB-Aと本体充電用のUSB-Cを備えています。

Anker Nebula Capsule IIの下部にはポート類がある

マクリン
Nebula Capsule IIは9,700mAhの大容量バッテリーでもあるんですよ!
 
こちらのUSB-Cは高出力のPD(Power Delievery)対応であり、付属のPD対応充電器「Anker PowerPort Speed 1 PD30」を使うことで、約2.5時間で満充電が可能です。

Anker Nebula Capsule IIに付属する充電器はAnker PowerPort Speed 1 PD30
Anker Nebula Capsule IIは付属のPD対応充電器を使うことで約2.5時間で満充電が可能
再生時間

  • 動画:約3時間(本体保存)/約2.5時間(Wi-Fi)
  • 音楽:約10時間(Bluetoothスピーカーモード)

 
バッテリー駆動時の動画再生3時間はやや心もとないですが、モバイルバッテリー充電も可能なので、外での使用時は一緒に持ち出すと安心です。

Nebula Capsule IIはモバイルバッテリーから充電可能
 
背面には赤外線レシーバーとモード切り替えボタン(Bluetoothスピーカー/プロジェクター)、電源ボタンが付いています。

Anker Nebula Capsule IIの背面には赤外線レシーバーとモード切り替えボタン、電源ボタンが付いている
 
電源ボタンの色で状態を表し、バッテリー駆動時は青、充電中は赤、フル充電時は緑に点灯します。




 
上面は操作部で、カーソルボタンと確認ボタン、音量ボタンと戻るボタンを備えています。

Anker Nebula Capsule IIの上面は操作部
 
底面には三脚用の穴を備えており、汎用品の三脚を使用することができます。

Anker Nebula Capsule IIの底面は三脚穴あり
 
同梱品はプロジェクター本体にPD対応充電器(Anker PowerPort Speed 1 PD30)、リモコン、USB-Cケーブルです。

Anker Nebula Capsule IIの付属品

Anker Nebula Capsule IIのBluetoothスピーカーモードは高音質

Nebula Capsule IIBluetoothスピーカーとしても使うことができ、モード切り替えボタンで切り替わります。

Anker Nebula Capsule IIのBluetoothスピーカーモード
 
Scan-Speak社のドライバー搭載かつ8Wの出力であり、そのサウンドは想像以上にパワフル。

Anker Nebula Capsule IIはScan-Speak社のドライバー搭載
 

マクリン
音の輪郭りんかくがクリアで臨場感もあって、スピーカー専用機と遜色そんしょくないサウンドですよ!

 

ただし、Nebula Capsule Proが全方位スピーカーだったのに対し、本機種Nebula Capsule IIは背面スピーカーなので、正面にくらべ背面から聴くほうが、音がダイレクトに届きます。

Anker Nebula Capsule IIは背面スピーカー

マクリン
とはいえ、本体の後ろから音楽を鑑賞することが多いので、実用面で困ることはありませんよ!

Sponsored Links

 

Anker Nebula Capsule IIのプロジェクターモードは高精細

Nebula Capsule IIはプロジェクターモードにして、HDMI端子に機器(PCやゲーム機)を差すだけで、スクリーン上に映し出されます。

Anker Nebula Capsule IIのプロジェクターモード
 
投影サイズは最大100インチ、解像度は720p HD(1280 × 720画素)で、細かい文字でもボヤけずにくっきり見えるほど高精細。

Anker Nebula Capsule IIの解像度は720p HD
 
輝度きど200ANSIルーメンであり、他では100や150ANSIルーメンのものが多い中、モバイルプロジェクターとしても抜群の明るさを実現しています。


マクリン
ビジネスでも充分に使えるレベルですよ!
 
台形自動補正機能(オートキーストーン補正)も備えています。

Anker Nebula Capsule IIはオートキーストーン補正搭載

ゆがみを自動で修正してくれるのはかなり便利。

しかし、あくまで垂直方向(タテ方向)のみの補正であり、水平方向(ヨコ方向)の傾きは自動調整してくれませんので、その点は注意が必要です。

また、付属の緩衝箱かんしょうばこを上下にはめ込むことで、天井投影にも対応しています。


 

マクリン
ベッドに寝そべりながら、天井に好きな動画を投影できるのは、この上ない幸せ!
Nebula Capsule IIは天井投影可能
Nebula Capsule IIは天井投影可能
MEMO
タロログさんに出演いただきました。

Anker Nebula Capsule IIはAndroid TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター

Nebula Capsule II最大の特徴は、モバイルプロジェクターとして世界で初めてAndoroid TV 9.0を搭載していることです。

Nebula Capsule IIは世界初のAndoroid TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター

Andoroid TV
Googleが提供するAndroid OSを搭載したスマートテレビのプラットフォームのこと。
マクリン
プロジェクターというより、もはや小さなパソコン

前機種Nebula Capsule Proでは、アプリストアがGoogle Playではなく、サードパーティ製の「AptoideTV」であるため、ラインナップが豊富ではありませんでした。

Anker Nebula Capsule Proの専用アプリ
 
ですが、本機種は純正のGoogle Playがアプリストアであるため、3,600以上ある豊富なアプリの中から好きなものを選ぶことができます。

Anker Nebula Capsule IIは純正のGoogle Play搭載

注意
Amazonプライム・ビデオとNetflixは、Google Playストアから専用アプリ「Nebula Manager」をダウンロードすることでご利用が可能です。
 
ひととおりの動画アプリやゲームアプリが揃っているので、アプリ不足で困ることはまずありません。


 
画面操作は、本体の赤外線レシーバーにリモコンを向け、ボタンを押して行います。

Anker Nebula Capsule IIのリモコン
 
しかし、スマホアプリを介したスワイプ操作のほうが使いやすく、こちらがおすすめです。

Capsule Control

Capsule Control

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 
感覚的に操作でき、一本指でカーソル移動、二本指でページスクロールができるようになっています。

Anker Nebula Capsule IIのスマホアプリ
 
実際こんな感じでヌルヌル動かせますw


 
YouTubeももちろん視聴可能で、ためしに友人でもあるかっつーのYouTubeチャンネルを再生してみました。


高精細かつ音質もすばらしいので、安定のド迫力で動画を楽しむことができます。
 

マクリン
動画の続きが気になる方は、こちらのチャンネルからご視聴くださいませ!
参考 かっつーのチャンネルYouTube  

Sponsored Links

 

Anker Nebula Capsule IIのテレビ・録画番組も視聴可能

Nebula Capsule IIはなんと、テレビと録画番組も視聴することができます。

厳密には「torne mobile」というアプリを介し、nasne(ナスネ)につなげて番組視聴が可能です。

Anker Nebula Capsule IIのtorne mobile
 
torne mobile自体も直感的かつスピーディーで使いやすく、操作面で困ることはまったくありませんでした。

Anker Nebula Capsule IIのtorne mobileのアプリ画面

マクリン
いつでもどこでもテレビが観れるので、据え置きのTVが完全置き物になってますw

Nebula Capsule IIは、持ち運びできるサイズ感におさえつつ、スピーカー・プロジェクター・アプリビューワーの完成度がどれも高く、もはや弱点のない製品に仕上がっています。

オールマイティに活用できるプロジェクターをお探しならば、現状最強の一台です。

Anker Nebula Capsule IIレビューまとめ

本記事は「【Anker Nebula Capsule IIレビュー】世界初Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター【200ルーメン】」について書きました。

Nebula Capsule IIは、プロジェクター・TV・スピーカー・ゲーム機・PCモニターの機能を集約した、ハンディサイズの万能プロジェクターです。

Ankerが「Life Changer」と呼ぶのもうなづける多機能性で、これ一台取り入れるだけで、あらゆる機器を置き換えることができちゃいます。

マクリン
値段はそれなりにしますが、それ以上の価値をもたらしてくれるアイテムですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【2020年】おすすめのモバイルプロジェクター人気6モデル【小型ミニ】 【XGIMI Haloレビュー】Android TV 9.0搭載でアプリ・TVが観れるフルHD対応ポータブルプロジェクター 【BenQ GS2レビュー】Android OS内蔵でアプリが楽しめるスタイリッシュなHD対応モバイルプロジェクター 【Anker Nebula Apolloレビュー】350ml缶サイズのAndroid 7.1搭載モバイルプロジェクター【200ルーメン】 【Anker Nebula Mars IIレビュー】300ルーメン対応のAndroid 7.1搭載モバイルプロジェクター【最大150インチ】 【Anker Nebula Cosmosレビュー】フルHD対応のAndroid 9.0搭載ホームプロジェクター! 【popIn Aladdin 2レビュー】フルHD対応かつデュアルスピーカーでパワーアップしたスマートプロジェクター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です