おすすめのガジェット

【Anker Nano II 65Wレビュー】世界最小級の最大65W出力のUSB-C充電器

評価:4.5

USB充電器は小ささが正義のマクリン( @Maku_ring)です。

ポート数・出力ともに複数種類の充電器を使いまわしてますが、頻繁ひんぱんに使う出力が60Wクラスの充電器

というのも60Wクラスは、MacBook Pro 13インチをはじめ、あらゆるモバイルノートPCが急速充電できる出力だからです。

窒化ガリウム(GaN) + 新技術の投入で、超小型化を実現したAnkerの「Anker Nano IIシリーズ」より、Anker Nano II 45WNano II 30Wに続く第三弾「Nano II 65W」が登場しました。

Anker Nano II 65Wの外箱

具体的には、オンオフのスイッチング周波数を従来より高め、1回あたりの電力を減らして周辺パーツを小さくおさえました。

Anker GaN IIではスイッチング周波数を⾼めて電⼦部品を省サイズ化
 
さらに、内部基板の分割&⽴体配置によるデッドスペースの抑制や回路構造の最適化、高周波化にともなう部品ならびに空気の振動を抑えることで、さらなる小型化を実現しました。

Anker GaN IIのPCBA 3D スタッキングの説明

 
最大65W出力でありながら、手のひらに収まる超コンパクト設計を実現し、CIO G65W1Cと並んで世界最小クラス

Nano II 30Wはプラグが折りたためませんでしたが、Nano II 45Wと同様、プラグが格納できる点もポイントが高いです。

そんなわけで「【Anker Nano II 65Wレビュー】世界最小級の最大65W出力のUSB-C充電器」について書いていきます。

メリット
  • 最大65W出力でMacBook Pro 13インチ高速充電可能
  • 同クラスで世界最小
デメリット
  • ケーブルが別途必要
  • PPS規格非対応
ご提供品
本記事はAnker Japan様から商品を提供いただき、レビューしています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Anker Nano II 65Wの外観とサイズ比較

Anker Nano II 65W」は、1ポートタイプの65W充電器です。

Anker Nano II 65Wは1ポートタイプの65W充電器

製品名 Anker Nano II 65W
サイズ 約44 × 42 × 36 mm
重さ 約112g
出力ポート数 1(USB Type-C x 1)
USB-C 出力 5V 3A / 9V 3.0A / 15V 3.0A / 20V 3.25A(最大65W)
最大出力 65W

 
前述のとおり、Nano II 30WNano II 45Wに続くシリーズの長男的な立ち位置で、サイズ・ワット数ともに最大となっています。

Anker Nano IIシリーズの充電器

製品名 Nano II 30W
Nano II 45W
Nano II 65W
サイズ 約32 × 30 × 38 mm 約35 × 38 × 41 mm 約44 × 42 × 36 mm
重さ 約47g 約68g 約112g
USB Power Delivery対応
Programmable Power Supply対応
出力ポート数 1(USB Type-C x 1) 1(USB Type-C x 1) 1(USB Type-C x 1)
最大出力 30W 45W 65W

65Wというワット数は汎用性が高いものの、Programmable Power Supply(PPS)規格には唯一非対応です。

PPS規格
USB PD 3.0のオプション機能であり、充電時に最適な電力にコントロールすることで、対応スマホで高速充電を可能とする技術。ただし、現状の対応スマホは、Samsung Galaxyの一部シリーズのみと限定的である。
 
シリーズ共通のシルバーとブラックグレーのツートーンで、都会的な雰囲気をまとっています。


 
45Wと同様、プラグが折りたためる仕様なのは助かります(30Wはなぜ折りたためないのだろう……)

Anker Nano II 65Wは折りたたみプラグ式
 
シリーズ最大サイズではあるものの、それでも手のひらに充分おさまる大きさです。


 
なんなら、クレカサイズ未満であり、一般的にはコンパクトといって差し支えないレベル。

Anker Nano II 65Wのサイズは約44 × 42 × 36 mm
 
同クラスである13インチMacBook Pro純正アダプターと並べても、約60%の小型化を実現しています。

Anker Nano II 65WとMacBook Pro13インチ純正アダプターの比較

 
同出力で最小サイズであるCIO「G65W1C」と比べると、横幅は多少大きいものの奥行は短く、トータルで見るとほぼ同サイズです。

Anker Nano II 65WとCIO G65W1Cのサイズ比較

 
重量は最軽量のCIOには及ばないものの、純正アダプターの半分近くまでの軽量化に成功し、60Wクラスとしてはかなり優秀。

MacBook Pro 13″

Anker Nano II 65Wの重量

Nano II 65W

CIO G65W1Cの重量

CIO G65W1C

本体のみですのでPD対応USB-Cケーブルが別途必要で、絡みにくいケーブル「Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル」がおすすめです。

Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル

Anker Nano II 65WはMacBook Proも急速充電可能

Anker Nano II 65WのUSB-Cは最大65W出力に対応し、MacBook Pro 13″ふくめ、USB-C充電に対応するモバイルノートPCの急速充電が可能です。

Anker Nano II 65Wは13インチMacBook Proも急速充電可能

MacBook Pro(57.7W)

MEMO
MacBook Pro(13インチ)をカラの状態から充電したところ、約90分でフル充電が確認できました。
 
USB-C to Lightningケーブルを組み合わせれば、iPhone 12シリーズの高速充電(30分で最大50%)に必要な20Wに合わせて充電してくれます。


iPhone 12(22.0W)

Anker Nano II 65Wは、スマホからノートPCまであらゆる機器の充電をカバーし、1ポート充電器では最適といえる出来でした。

Sponsored Links

 

Anker Nano II 65Wはこんな人におすすめ

Anker Nano II 65Wは「スマホ・タブレット・モバイルノートPCを急速充電したい人」におすすめです。

ただしPPSには非対応なので、そこにこだわる人は、出力は落ちるもののAnker Nano II 45Wがいいと思います。

また、より軽いモデルを求める人はCIO G65W1Cもおすすめです。

Anker Nano II 65Wレビューまとめ

本記事は「【Anker Nano II 65Wレビュー】世界最小級の最大65W出力のUSB-C充電器」について書きました。

Anker Nano II 65Wは、最大65W出力を実現しつつ、同クラスで最小級におさまっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 最大65W出力でMacBook Pro 13インチ高速充電可能
  • 同クラスで世界最小
デメリット
  • ケーブルが別途必要
  • PPS規格非対応
【CIO G65W1Cレビュー】世界最小最軽量の最大65W出力の1ポートGaN充電器 【Anker Nano II 45Wレビュー】さらなる超小型化に磨きをかけた最大45W出力のUSB-C充電器 【Anker PowerPort Atom III Slimレビュー】GaN採用で世界最薄の最大30W出力USB-C充電器 【Anker Nano II 30Wレビュー】シリーズ最⼩設計の最大30W出力のUSB-C充電器 窒化ガリウム(GaN)採用の超小型充電器おすすめベスト10 【おすすめ】2021年に買うべきUSB急速充電器15選【スマホからPD対応まで】【おすすめ】2021年に買うべきUSB急速充電器15選【スマホからPD対応まで】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です