おすすめのガジェット

【Anker Nano II 30Wレビュー】シリーズ最⼩設計の最大30W出力のUSB-C充電器

評価:3.5

どうも、バッグにUSB充電器を必ず忍ばせているマクリン( @Maku_ring)です。

さまざまなワット数の充電器を使ってますが、個人的に使いやすいのが30Wの充電器。

30Wというと、MacBook Air・スマホ・タブレットが急速充電できる、汎用性の高い出力です。

また近年、スイッチング素子に窒化ガリウム(GaN)を採用する充電器がどんどん登場し、小型でハイパワーのモデルが各社から出てきています。

GaN + 新技術の投入でさらなる小型化を実現したAnkerの「Anker Nano IIシリーズ」より、Anker Nano II 45Wに続く第二弾「Anker Nano II 30W」が登場しました。

Anker Nano II 45Wの外箱

具体的には、オンオフのスイッチング周波数を従来より高め、1回あたりの電力を減らして周辺パーツを小さくおさえました。

Anker GaN IIではスイッチング周波数を⾼めて電⼦部品を省サイズ化
 
さらに、内部基板の分割&⽴体配置によるデッドスペースの抑制や回路構造の最適化、高周波化にともなう部品ならびに空気の振動を抑えることで、さらなる小型化を実現しました。

Anker GaN IIのPCBA 3D スタッキングの説明

 
最大30W出力を実現しつつ、3cm四方のサイコロサイズにおさえ、同クラスで最小最軽量におさまっています。

MacBook AirやiPhone 12シリーズはもちろん、USB PD 3.0のオプションであるProgrammable Power Supply(PPS)規格にも対応し、対応スマホへのフルスピード充電にも対応しています。

マクリン
コレ一台でスマホからノートPCまでまるごとカバー!

ただし、プラグ部分が折りたためないので、その点は注意が必要です。

そんなわけで「【Anker Nano II 30Wレビュー】シリーズ最⼩設計の最大30W出力のUSB-C充電器」について書いていきます。

メリット
  • 最大30W出力でMacBook Air・iPhone 12高速充電可能
  • 同クラスで世界最小最軽量
デメリット
  • プラグがむき出し
  • ケーブルが別途必要
ご提供品
本記事はAnker Japan様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Anker Nano II 30Wの外観とサイズ比較

Anker Nano II 30W」は、1ポートタイプの30W充電器です。

Anker Nano II 30Wは1ポートタイプの30W充電器

製品名 Anker Nano II 30W
サイズ 約38 × 32 × 30 mm(プラグ部をふくまない)
重さ 約47g
出力ポート数 1(USB Type-C x 1)
USB-C 出力 5V 3A / 9V 3.0A / 15V 2.0A / 20V 1.5A(最大30W)
最大出力 30W

 
Nano II 45WNano II 65Wに続くシリーズの弟分な立ち位置で、サイズ・ワット数ともに最小です。

Anker Nano IIシリーズの充電器

製品名 Nano II 30W
Nano II 45W
Nano II 65W
サイズ 約32 × 30 × 38 mm 約35 × 38 × 41 mm 約44 × 42 × 36 mm
重さ 約47g 約68g 約112g
USB Power Delivery対応
Programmable Power Supply対応
出力ポート数 1(USB Type-C x 1) 1(USB Type-C x 1) 1(USB Type-C x 1)
最大出力 30W 45W 65W

シリーズ共有のシルバーとブラックグレーのツートーンで、他の充電器とは一線を画す洗練されたデザインとなっています。

マットな質感で指紋も付きづらくできています。


 
GaN充電器の中でもひときわ小さく、そのサイズは約38 × 32 × 30 mmと、4cm角未満におさまっています。

Anker Nano II 30Wのサイズは約38 × 32 × 30 mm
 
第一弾のAnker Nano II 45Wにくらべ、ひと回り小さい仕上がりです。

Anker Nano II 30Wと45Wのサイズ比較

 
ただし、45Wが折りたたみプラグなのに対し、Anker Nano II 30Wはなぜかプラグむき出し

小型化を優先するがゆえの仕様だとは思いますが、持ち運ぶ機会の多い人にとっては少々残念です。

一辺27mmのミニマムさで話題を呼んだ20W充電器「Anker PowerPort III Nano 20W」と比べても、その差はわずかに3〜5mm。

Anker PowerPort III Nano 20WとAnker Nano II 30Wのサイズ比較

 
同出力であるMacBook Air純正アダプターと並べると、なんと半分以下のサイズです。



 
重量は純正アダプターの約106gに対し、約47gと約半分未満を実現し、GaN搭載第一号のAnker PowerPort Atom PD 1からも確実な進化を感じます。

MacBook Airの重量
Anker Nano II 30Wの重量

Nano II 30W

Anker PowerPort Atom PD1の重量

PowerPort Atom PD1

付属品は無く本体のみですので、PD対応USB-Cケーブルが別途必要です。

USB-C to Cケーブル

USB-C to Lightningケーブル

Anker Nano II 30WはMacBook AirからiPhone 12シリーズまで急速充電可能

Anker Nano II 30Wは、最大30W出力のPD対応USB-Cをそなえ、MacBook Airなら急速充電が可能です。

Anker Nano II 30WはMacBook Airが急速充電可能

MacBook Air(29.0W)

iPhone 12シリーズの高速充電(30分で最大50%)にも当然対応し、最大出力である20Wが出ていました。

Anker Nano II 30WはiPhone 12の高速充電に対応

iPhone 12(20.5W)

Anker Nano II 30Wは、スマホから一部のノートPCの充電までカバーし、同クラスで最小最軽量を実現する充電器です。

Sponsored Links

 

Anker Nano II 30Wはこんな人におすすめ

Anker Nano II 30Wは、iPhone 12シリーズからMacBook Airまで充電できる絶妙な出力ながら、軽量小型に特化しています。

ただし、プラグは折りたためないので、持ち運びが多い人にはおすすめできません。

外出先でも使う人は、プラグが格納できるAnker PowerPort Atom III SlimAnker Nano II 45Wのほうがおすすめです。

Anker Nano II 30Wレビューまとめ

本記事は「【Anker Nano II 30Wレビュー】シリーズ最⼩設計の最大30W出力のUSB-C充電器」について書きました。

Anker Nano II 30Wは、最大30W出力を実現しつつ、同クラスで最小最軽量におさまっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 最大30W出力でMacBook Air・iPhone 12高速充電可能
  • 同クラスで世界最小最軽量
デメリット
  • プラグがむき出し
  • ケーブルが別途必要
【Anker Nano II 45Wレビュー】さらなる超小型化に磨きをかけた最大45W出力のUSB-C充電器 【Anker Nano II 65Wレビュー】世界最小級の最大65W出力のUSB-C充電器 【Anker PowerPort Atom III Slimレビュー】GaN採用で世界最薄の最大30W出力USB-C充電器 窒化ガリウム(GaN)採用の超小型充電器おすすめベスト10 【おすすめ】2021年に買うべきUSB急速充電器15選【スマホからPD対応まで】【おすすめ】2021年に買うべきUSB急速充電器15選【スマホからPD対応まで】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です