Amazonチャージで1000円キャンペーン

【MPOW X3 ANCレビュー】ノイキャン&10mmドライバー搭載で1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン

どうも、ノイキャン搭載ワイヤレスイヤホン好きのマクリン( @Maku_ring)です。

AirPods Proをはじめ、アクティブノイズキャンリング付きのモデルは、周りの雑音をおさえて音楽への没入感も上がるため、一度使うと離れられないすぐれもの。

とはいえ高性能な分お値段も高く、1万円以下のワイヤレスイヤホンではこの機能をあきらめざるを得ないのが現状でした。

しかし、コスパの良いイヤホンを出し続けるMPOWエムパウがこの壁を破り、税抜1万円以下でアクティブノイキャン(ANC)を搭載するフルワイヤレス「Mpow X3 ANC」を出してきました。

格安設定ながらハード面も抜かりなく、イヤホン単体で6時間のロングバッテリーにくわえ、USB-C充電対応となっています。

しかも、10mmのダイナミック型ドライバーを搭載し、低音域に深みのあるサウンドに仕上がっています。

そんなわけで本記事は「【MPOW X3 ANCレビュー】ノイキャン&10mmドライバー搭載で1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンです。ガジェット8割・家電2割の比率で、さまざまな商品をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

MPOW X3 ANCの外観と付属品

Mpow X3 ANC生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

Mpow X3 ANCは生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホン

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。
マクリン
ノイキャン搭載では最高レベルの防水性能!

AirPods Proに通ずる、軸の突き出たうどん形状となっています。


 
本体表面はタッチセンサーになっており、その横にはANC用のマイク穴があります。

MPOW X3 ANCはタッチセンサー

マクリン
MPOWの文字がさりげなくオンされた使いやすいデザインですね!

イヤホン重量はケースふくめ約44g、イヤホン単体では約10gであり、ノイキャンならびに10mmドライバー搭載ではかなり軽くおさえられています。

MPOW X3 ANCの重量は約44g
 
ケースの大きさは約53 x 48 x 32mmであり、女性の手にも充分おさまるコンパクトサイズとなっています。

MPOW X3 ANCのケースサイズは約53 x 48 x 32mm
 
同梱品は本体とUSB-Cケーブル、イヤピース(S/M/L)、ソフトイヤピース(S/M/L)です。

MPOW X3 ANCの付属品

注意
アダプターは付いていませんので別途ご用意ください。
 

バッテリーはなかなか優秀

Mpow X3 ANCは、ANCモデルでは比較的長時間の部類に入ります。

ANCオン時でもイヤホンだけで最大6時間、ケースふくめ最大24時間(4回分)使用することができます。

Mpow X3 ANCはイヤホンだけで6時間、ケースふくめて24時間
 
ケースには4段階のLEDインジケーターをそなえ、フタを開くことでケースのバッテリー残量が分かります。

LED1個点灯 〜25%
LED2個点灯 〜50%
LED3個点灯 〜75%
LED4個点灯 〜100%
 
低価格帯のANCモデルにも関わらず、汎用性の高いUSBタイプC充電対応であり、この点は大変ありがたいです。

Mpow X3 ANCはUSBタイプC充電対応

 

残念ながらリレー伝送方式

Mpow X3 ANCの少々残念な点(価格帯を踏まえるとしょうがない)が、リレー伝送方式であるということです。

親機(右イヤホン) 子機(左イヤホン)へ飛ばす仕組みなので、構造上どうしても遅延や音飛びがどうしても生じやすくなります。

リレー伝送方式と左右独立受信方式

視聴しているときに遅延や途切れは特に感じませんでしたが、片耳モードが右イヤホンのみ対応なのは注意ください。

注意
アクティブノイズキャンセリング機能は片耳モードでは使えません。

Mpow X3 ANCの音質とノイズキャンセリング性能

Mpow X3 ANCは、コンパクト設計であり耳への装着感もスムーズです。

Mpow X3 ANCを装着した様子
 
イヤーチップだけでなく、ボディ部分でも耳を支える構造になっているので、長時間付けても気だるくなりませんでした。


 
表面はタッチセンサーであり、音量調整ふくめて全操作が可能です。

ボタン操作一覧
  • 右1回押す 音量上げ / 受話
  • 左1回押す 音量下げ / 受話
  • 右/左2回押す 再生 / 一時停止 / 終話
  • 右3回押す 曲送り(次の曲)
  • 左3回押す 曲戻し(前の曲)
  • 右/左2秒押す ANCオン・オフ / Siri起動 / 着信拒否
マクリン
音量調整もボタン操作でできるのはうれしいですね!

音質は低音重視の設計です。

低音のボリュームがあるものの、重低音というほどではなく、余韻よいんの響く仕上がりとなっています。

高音もシャキシャキッとした感じでなく柔らかいので、長時間でも聴き疲れしにくいのはありがたいです。

音質コーデックはSBCとAACのみですが、Androidスマホで動画を観ても、遅延はほぼ感じませんでした。

マクリン
音楽ジャンルを選びにくい、オールマイティなイヤホンといえますね!

ANC機能も周囲のノイズを自然に減らしており、圧迫感はそこまで感じませんでした。

その分、ノイキャン特有の閉塞感が苦手な人でも使いやすいイヤホンといえます。

Mpow X3 ANCの評価
高音域
(3.0)
中音域
(3.5)
低音域
(4.0)
ノイズキャンセリング
(2.5)
総合評価
(3.5)

Sponsored Links

 

Mpow X3 ANCレビューまとめ

本記事は「【MPOW X3 ANCレビュー】ノイキャン&10mmドライバー搭載で1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

Mpow X3 ANCはANC搭載ながら低価格におさえたフルワイヤレスです。

生活防水・10mmダイナミックドライバー・6時間再生・USB-C充電対応など、機能面も妥協のない仕上がりとなっています。

マクリン
ANCイヤホンの入門機としてもおすすめですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【最強はどれ?】ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンBEST3 【audio-technica ATH-ANC300TWレビュー】オーディオテクニカ初の完全ワイヤレスイヤホンの出来やいかに…? 【SONY WF-1000XM3レビュー】防水はないが史上最強の音質をほこる完全ワイヤレスイヤホン 【AirPods Proレビュー】真空にいるかのごとく最強のノイキャンをもつ完全ワイヤレスイヤホンの真打ち 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ