Amazonチャージで1000円キャンペーン

【Mpow T3レビュー】軽量&完全防水の完全ワイヤレスイヤホン【片耳わずか5g】

 
どうも、ワイヤレスイヤホン10台持ちのマクリン( @Maku_ring)です。

Bluetoothブルートゥース接続で全ケーブルを無くした完全ワイヤレスイヤホンは、通勤時に欠かせないアイテム。

防水タイプだと雨天や運動時にも重宝します。

近ごろは安価でも優秀なワイヤレスイヤホンが揃っており、Air Pods以外を付けている人も増えています。

数あるフルワイヤレスの中でも、軽量性と音質にすぐれたモデルがこちら、Mpowエムポー社の「Mpow T3」です。

Mpow T3はAAC対応モデルではありませんが(SBC)、そうとは思えないほど音の解像度が高く、クリアな音で楽しめる完全ワイヤレスイヤホンです。

そんなわけで本記事は「【Mpow T3レビュー】軽量&完全防水の完全ワイヤレスイヤホン【片耳わずか5g】」について書いていきます。

MEMO
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

Mpow T3の外観と付属品

Mpowはデジタル時計など、さまざまな家電を出している中国のガジェットメーカーです。

クオリティの高い製品群で多くのファンから支持されており、Twitter( @mpow_jp)のフォロワーさんを1万人以上抱えています。

イヤホンの売り上げ実績も申し分なく、米国や日本、英国・ドイツを中心とするヨーロッパ各国で、年間100万個以上も売れています。
 

マクリン
技適も認証済で信頼できるメーカーですよ!

Mpow T3」は完全防水仕様(IPX5)のBluetoothワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

Mpow T3は完全防水仕様(IPX5)のBluetoothワイヤレスイヤホン

マクリン
ハウジングはやや大きめながら、しっかりした作りですよ!
 
重さは片耳わずか5gで、装着しても付けていることを忘れるくらいの軽量感です。

Mpow T3の重量は片耳5g
 
イヤホン本体はバッテリー内蔵の収納ケースに格納することができます。

ケース側の端子はマグネットになっており、イヤホンを近づけると磁力で吸い付きます。

Mpow T3のバッテリー内蔵ケース
 

ケースは長さ6.4 x 幅6.6 x 高さ3.0cmと小型サイズです。

Mpow T3のケースは小型

マクリン
指紋はつきやすいですが、天面はピアノブラックでこじゃれてますよ!
 
ケース背面には、充電用のMicro USB端子を備えています。

Mpow T3のケース背面には充電用のMicro USB端子
 
フタを開くことで、バッテリー残量が3段階のLEDランプで表示されます。




LED1個点滅 30%未満
LED2個点滅 30〜70%
LED3個点滅 70%以上
LED3個点灯 フル充電
 
イヤホン単体でも4時間分のバッテリーを備えていますが、収納ケースをふくめると、24時間もの使用が可能です。

Mpow T3はケースを含めると24時間もの使用が可能

マクリン
イヤホン6回分の充分なバッテリー容量ですね!
 

同梱品はイヤホン本体にイヤーピース、Micro USBケーブル、説明書です。

Mpow T3の付属品

注意
アダプターは付いていませんので別途ご用意ください。
 
イヤーピースは、本体装着済みのものをふくめると、S/M/Lの3種類があります。

Mpow T3のイヤーピースはS/M/Lの3種類

 

Mpow T3のペアリング

Mpow T3のペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法はとてもスムーズです。

STEP.1
ペアリングモード
イヤホンをケースから取り出すと、左右間で接続した後、赤白交互点滅のペアリングモードに入ります。

STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「Mpow T3」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わります。

マクリン
一度ペアリングしてしまえば、次からは瞬時にペアリングされるので快適ですよ!

以上がペアリング方法です。

Mpow T3は、両イヤホンをつなぐステレオモードにくわえ、右/左イヤホンだけ接続するモノラルモードも備えています。

 

マクリン
シーンに合わせて使い分けてみてくださいね!
 

Sponsored Links

 

Mpow T3の装着感と音質

Mpow T3は装着感がかなり良く、長時間の使用でも耳がまったく痛くなりませんでした。

Mpow T3の装着感

マクリン
ベーシックなデザインなので、誰でもバッチリ決まりますよ!
 
操作はボタン式かつすべての操作がワンボタンで完結するので、とても使いやすいです。

Mpow T3の操作はボタン式

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • (右/左)2回押す 音量アップ/ダウン
  • (右/左)1秒押す 曲送り/曲戻し
  • 着信中(右/左)1秒押し 通話拒否
注意
音量調整・音声コントロール起動(Siri/Googleアシスタント)は、ボタン操作不可です。本体で操作ください。
 
最後に肝心の音質です。

Mpow T3はAAC対応モデルではありませんが(SBC)、そうとは思えないほど音の解像度が高いのが印象的。

低音域がやや強めの音設計でロックがよく合いますが、高音の伸びもあり、バランス良く仕上がっています。

軽量で防水性能も高く、Mpow T3は4千円台とは思えないほど完成度の高いイヤホンです。

Mpow T3の評価
音質(低音が得意)
(4.5)
連続再生時間(4時間)
(4.0)
音声操作(なし)
(1.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(3.5)
 

Mpow T3レビューまとめ

本記事は「【Mpow T3レビュー】軽量&完全防水の完全ワイヤレスイヤホン【片耳わずか5g】」について書きました。

Mpow T3はSBCにもかかわらず音質にすぐれ、軽量で完全防水仕様と、4千円台とは思えぬ抜群のコスパをほこるイヤホンです。

マクリン
ロックを楽しむなら、おすすめの完全ワイヤレスイヤホンですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【Mpow T5(M5)レビュー】AAC・aptX両対応&軽量小型の完全ワイヤレスイヤホン【QCC3020搭載】 【Mpow A6Xレビュー】激しい動きでもずれないスポーツ用の完全防水ワイヤレスイヤホン【ネックバンド型】 【Mpow S11レビュー】AAC・aptX対応&12時間再生の完全防水ワイヤレスイヤホン【Amazon3千円台】 【Mpow S9レビュー】完全防水&9時間再生のワイヤレスイヤホン【Amazon2千円台】 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン15選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ