記事を探す方は全カテゴリーへ

【MPOW S9レビュー】完全防水&9時間再生のワイヤレスイヤホン【Amazon2千円台】

 
どうも、ワイヤレスイヤホン好きのマクリン( @Maku_ring)です。

Bluetooth(ブルートゥース)接続によって、スマホとイヤホンをつなぐケーブルをはいしたワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホンと音楽聴き放題サービスのAmazon Music Unlimitedは通勤時のお供です。

近ごろはいろいろなワイヤレスイヤホンが市場に出回っており、その価格も千円台から数万円までとピンキリ。

 

マクリン
基本的に安物は音質もイマイチなんですよね……。
 
僕自身、これまで安物を買っては失敗してきた経験から、実用に耐えうるワイヤレスイヤホンは一万円近くするものと思っていました。

しかし、このたびMPOWエムポー社から提供いただいた「MPOW S9」が、これまでの固定概念をくつがえす高コスパ品だったので紹介します。

MPOW S9

 
そんなわけで本記事は「【MPOW S9レビュー】完全防水&9時間再生のワイヤレスイヤホン【Amazon2千円台】」です。

ワイヤレスイヤホンMPOW S9の外観と付属品

MPOWはいわゆる中国のイヤホンメーカーですが、Amazonによく出回っている怪しいメーカーではありません。

クオリティの高い製品群を出しているおかげで、多くのファンから支持されており、Twitter( @mpow_jp)のフォロワーさんを1万人以上も抱えています。

実績も申し分なく、米国や日本、英国・ドイツを中心とするヨーロッパ各国で、年間100万個以上も売れています。
 

マクリン
信頼できるメーカーだということが分かりますね!
 

MPOW S9」は完全防水仕様(IPX6)、apt-x/AAC対応(高音質)のBluetoothワイヤレスイヤホンです。

MEMO
IPX6は「あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。


 
同梱品はイヤホン本体にイヤーピース、Micro USBケーブル、説明書です。

MPOW S9の同梱品
 
イヤーチップ・ソフトカバーは、本体装着済みのMサイズを含め3種類入っています。

MPOW S9のイヤーピース
 
イヤホン本体は防水加工のゴム製で、重さはわずか15gと、軽量性は抜群です。

MPOW S9の外観
 

MPOW S9のイヤーカップはマグネット式になっており、左右をくっ付けることができます。

MPOW S9のイヤーカップはマグネット
MPOW S9のイヤーカップはマグネット
マクリン
首から下げてもブラブラしないので、めちゃ助かりますね!

コントローラーはプラスチック製で、ボタンの押し込みにやや硬さがあります。

MPOW S9のコントローラー
 

コントローラーの側面は充電用のマイクロUSB端子となっています。

MPOW S9の側面はマイクロUSB端子
 

MPOW S9は大容量バッテリーを搭載しており、9時間使用可能のロングライフバッテリーです(1時間半で満充電)。

MPOW S9は9時間使用のロングライフバッテリー

長持ちではありますが、本体でバッテリー残量を確認できないため、その点だけ注意が必要です。

 

ワイヤレスイヤホンMPOW S9のペアリング

MPOW S9のペアリング(Bluetooth機器との接続)はとても簡単です。

  • STEP.1
    ペアリングモード
    真ん中の電源ボタンを5〜6秒長押しすると、青赤交互点滅のペアリングモードに入ります。

  • STEP.2
    Bluetooth機器の接続設定
    Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「Mpow S9」が表示されるのでそちらを選びます。

  • STEP.3
    ペアリング完了
    Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わり、スマホ画面右上にはイヤホンのバッテリー残量が表示されます。

マクリン
ね? めっちゃ簡単でしょ?
 

Sponsored Links

 

ワイヤレスイヤホンMPOW S9の装着感と音質

イヤホンの似合わなさに定評のあるワタクシですが、MPOW S9ならこのとおり、違和感なく決まります。

ワイヤレスイヤホンMPOW S9の装着感

マクリン
ハウジング部のMPOWロゴがカッコいいですね!

リング形状の部分で耳に固定できるため、フィット感は抜群で、激しい運動でも取れることはないでしょう。

肝心の操作性は、必要な機能にしぼっているおかげで分かりやすくできています。

ボタン操作一覧
  • プラスボタン 音量上げ/(長押し)曲送り
  • 電源ボタン 一時停止/受話/終話
  • マイナスボタン 音量下げ/(長押し)曲戻し
 

最後にイヤホンの大事な要素、音質です。

まず一聴して感じたのが、安物にありがちな「音量だけやたらとデカイ」ではないという点。

サウンドの味付けが全体的に上質で、低音から高温までバランスよく、素直に音を出している印象です。
 

マクリン
とても2千円台の音とは思えません!

これはMPOW S9のチップに、英国の半導体会社、シーエスアール社の高級品CSR8645が搭載されていることが関係しています。

こちらのチップはapt-X/AAC規格の音声圧縮規格を採用しています。

MEMO
apt-XはAndroidに対応した規格、AACはiOS対応の規格です。

apt-X/AAC規格は、通常の規格よりも音質優先で圧縮率が小さいため、高音質な音声を再生することができるのです。

この価格帯のイヤホンでapt-X/AAC規格のものは多くなく、それだけでもMPOW S9がかなり高コスパであることが分かるでしょう。
 

マクリン
左右イヤホン間のケーブルがあるおかげか、音の遅延や途切れがないのもいいですね!
MPOW S9の評価
音質(全体的にバランスいい)
(3.5)
連続再生時間(9時間)
(5.0)
音の遅延(全然ない)
(5.0)
音声操作(なし)
(1.0)
防水・防滴(あり)
(5.0)
総合評価
(4.0)
 

Sponsored Links

 

「ワイヤレスイヤホンMPOW S9レビュー」まとめ

本記事は「【MPOW S9レビュー】完全防水&9時間再生のワイヤレスイヤホン【Amazon2千円台】」について書きました。

MPOW S9は2千円台の格安モデルにもかかわらず、音質にすぐれ、バッテリーも9時間と、圧倒的なコスパをほこります。

コントローラーのボタンがやや押しづらく、スマホを見ないと電池残量が分からない点はウィークポイントです。

ですが、完全防水仕様でもあり、激しい運動や悪天候でも気にせず使えるのは、とても重宝します。

マクリン
ワイヤレスイヤホンのデビューや2台目用途としても、間違いなくおすすめできる製品ですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【おすすめ】1万円台からの完全ワイヤレスイヤホン人気6製品【比較レビュー】 【JBL FREE徹底レビュー】JBL初の完全ワイヤレスイヤホン! 【JBL FREE徹底レビュー】JBL初の完全ワイヤレスイヤホン【接続・音質・使い方】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です