Amazonチャージで1000円キャンペーン

【Mpow M7レビュー】USB-C充電&AAC対応の完全ワイヤレスイヤホン【IPX7】

 
どうも、ワイヤレスイヤホンが相棒のマクリン( @Maku_ring)です。

数あるワイヤレスイヤホンでもおすすめなのが、汎用性の高いUSB-C充電かつ高音質コーデック「AAC」対応モデル。

そういったモデルの中でも抜群のコスパをほこるMpowエムポー社の「Mpow M7」を買いました。

Mpow M7は、傑作である前モデル「Mpow M5」を踏襲とうしゅうしつつ、USB-C充電採用と進化を遂げています。

マクリン
コンパクトなのにイヤホン単体で6時間再生できるロングバッテリー!

そんなわけで本記事は「【Mpow M7レビュー】USB-C充電&AAC対応の完全ワイヤレスイヤホン【IPX7】」について書いていきます。

 

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンです。ガジェット8割・家電2割の比率で、さまざまな商品をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

Mpow M7の外観と付属品

Mpow M7」は完全防水仕様(IPX7)のBluetoothワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX7
「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」と定義されている防水規格です。

Mpow M7は完全防水仕様IPX7のワイヤレスイヤホン

マクリン
最高クラスの防水性能なので、雨天・スポーツ時も気にせず使えます!
 
重さは両耳合わせて約10gで、長時間の装着でも快適に使える軽さです。

Mpow M7の重量は約10g
 
ボタン部分には控えめなロゴが刻印され、ブラック主体のクールなデザインとなっています。


 
イヤホン本体はバッテリー内蔵の収納ケースに格納することができます。

Mpow M7はバッテリー内蔵の収納ケースに格納できる

マクリン
前作のケースはレザー調で高級感があったので、プラスチッキーなのはちょっと残念ですね。
 
ケースサイズは長さ8.0 x 幅3.7 x 高さ3.1cmであり、やや大ぶりであったMpow M5よりコンパクトにおさまっています。

Mpow M7のバッテリー内蔵収納ケース
 
ケース背面には、充電用のUSB-Cポートを備えています。

Mpow M7のケース背面には充電用のUSB-C端子

マクリン
USB-CはAppleとも親和性があり、USB規格の今後の主流でもあるため、汎用性抜群!
 
イヤホン単体でも6時間分、収納ケースをふくめると、30時間の再生(5回分)が可能です。

Mpow M7はイヤホン単体で6時間、ケース併用で30時間再生が可能
 
また、ケースのフタを閉じることで、バッテリー残量が4段階のLEDランプで表示されます。

Mpow M7はバッテリー残量が4段階のLEDランプで表示
 
同梱品はイヤホン本体にイヤーチップ、USB-Cケーブルです。

Mpow M7の付属品

注意
5W出力対応のUSB充電器を使用ください。
 
イヤーピースは本体装着済みのものをふくめ、S/M/Lの3種類があります。

Mpow M7のイヤーピースはS/M/Lの3種類

Mpow M7のペアリング

Mpow M7のペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法はとてもシンプルです。

STEP.1
ペアリングモード
イヤホンをケースから取り出すと、左右間で接続した後、赤青交互点滅(右イヤホン)・5秒おき白点滅(左イヤホン)のペアリングモードに入ります。

STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「Mpow M7」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わります。

マクリン
一度ペアリングすれば、次回からイヤホンを取り出すだけで自動的に接続する、自動ペアリング搭載なので快適ですよ!

以上がペアリング方法です。

Mpow M7は、両イヤホンをつなぐステレオモードにくわえ、片方のイヤホンだけ接続する片耳モード(左右ともに対応)も備えています。

Sponsored Links

 

Mpow M7の装着感と音質

Mpow M7は耳へのフィット感が良い形状ですが、イヤーピースの密着性は甘めなので、気になる方はイヤーピースの交換をおすすめします。

Mpow M7の装着感
 
操作は誤タッチのないボタン式で、押し込みに少し力は要りますが、音量調整ふくめ、すべての操作がボタンで完結するのはとてもありがたいです。

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • 右1秒押す 曲送り(次の曲)
  • 左1秒押す 曲戻し(前の曲)
  • (右/左)1秒押す 着信拒否
  • 右すばやく2回押す 音量アップ
  • 左すばやく2回押す 音量ダウン
  • 右すばやく3回押す Siri起動
 

Mpow M7は、音の輪郭りんかくが全体的にクリアで、粒だったサウンドを響かせてくれるイヤホンです。

8mmドライバー搭載の恩恵で、前モデルよりも低音の量感がさらに増しており(重低音でなく太いイメージ)、高音までしっかり出るので、音楽ジャンル問わず楽しめる製品に仕上がっています。

また、高音質の圧縮方式「AAC」に対応しているため、iPhoneで臨場感の高いサウンドをしっかり実現できています。

MEMO
AACはiOS対応の規格です。
 
価格が前作よりも安くなった分(5千円台後半 4千円台前半)、外観が少し安っぽくなっていますが、その分サウンドの仕上がりに磨きがかかっています。

USB-C充電かつ防水性能も高く、Mpow M7は弱点の少ないイヤホンです。

Mpow M7の評価
音質(低音が得意)
(4.0)
連続再生時間(6時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX7)
(5.0)
総合評価
(4.5)

Mpow M7レビューまとめ

本記事は「【Mpow M7レビュー】USB-C充電&AAC対応の完全ワイヤレスイヤホン【IPX7】」について書きました。

Mpow M7は、最高クラスの防水性能(IPX7)に前モデルにはなかったUSB-C充電対応と、使い勝手にすぐれるイヤホンです。

AACコーデックに対応し、iOS端末で高音質な音楽・動画再生を可能としています。

マクリン
まさに最強コスパの完全ワイヤレスイヤホンですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Mpow M20レビュー】最大100時間&AAC・aptX両対応の完全ワイヤレスイヤホン【IPX7】 【Mpow M5レビュー】AAC・aptX両対応&軽量小型の完全ワイヤレスイヤホン【QCC3020搭載】 【EarFun Freeレビュー】USB-C&ワイヤレス充電対応の完全ワイヤレスイヤホン【IPX7】 【cheero Wireless Earphones Light Styleレビュー】超軽量かつコンパクトなUSB-C対応の完全ワイヤレスイヤホン【CHE-626】 【SoundPEATS Truengine2レビュー】USB-C充電&AAC・aptX両対応の完全ワイヤレスイヤホン【QCC3020】 【Soundcore Liberty Air 2レビュー】USB-C&ワイヤレス充電対応のスリムな完全ワイヤレスイヤホン【Anker】 【Soundcore Liberty 2レビュー】USB-C充電&10mmドライバー採用の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ