おすすめのガジェット

【XGIMI MoGo Pro+レビュー】小型サイズ最高の解像度と垂直水平の台形自動補正をもつモバイルプロジェクター

家でも外でもモバイルプロジェクターのお世話になりマクリンまくり @Maku_ring)です。

友人家族を呼んでの映画・動画鑑賞会、野外での投影会、はたまたテレビ代わりに使えたり、プロジェクターが人々の生活に根付きつつある今日この頃。

それにともない、モバイルプロジェクターの性能もかなり上がり「XGIMI Halo」のように据え置きプロジェクターと遜色ないモデルも出てきました。

数あるモバイルプロジェクターでも需要が高いのはやはりペットボトルサイズです。

このクラスはこれまでAnkerの「Nebula Capsule II」一強という感じでしたが、そこにXGIMIジミーが「MoGo Pro+」で殴り込みをかけてきました。

XGIMI MoGo Pro+の外箱

300ANSIルーメンの明るさとフルHDの解像度をそなえ、片手でも持ち運べる1kg未満のプロジェクターでは随一ずいいちのスペックを有しています。

マクリン
中でも解像度は、XGIMI Haloと並んでモバイルプロジェクター最高峰!

Harman Kardonハーマンカードン製スピーカーにくわえ、Android TV 9.0搭載でGoogle Playストアから4,000以上のアプリを楽しめるので、エンタメ性も当然抜群。

あと、垂直だけでなく水平方向の台形自動補正も付いたのは、個人的にかなり大きいです。

そんなわけで本記事は「【XGIMI MoGo Pro+レビュー】小型サイズ最高の解像度と垂直水平の台形自動補正をもつモバイルプロジェクター」について書いていきます。

注意
公式サイト以外で購入した場合、日本国内でのサポートは受けられませんので注意ください。
ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。プロフィール詳細

XGIMI MoGo Pro+の外観と付属品

XGIMIジミー社の「MoGo Pro+」は、Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクターです。

XGIMI MoGo Pro+はAndroid TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター

製品名 MoGo Pro+
サイズ 約105.5 x 94.5 x 146mm
重さ 約0.9kg
明るさ 300ANSIルーメン
解像度 フルHD(1920 x 1080画素)
スピーカー 6W(3W x 2)
ワイヤレス規格 2.4 / 5.0GHz(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)・Bluetooth 5.0
OS Android TV 9.0
価格 80,080円

 
同クラスのパイオニアであるNebula Capsule IIと比べても、明るさ(200ANSIルーメン 300ANSIルーメン)・解像度(720p 1080p)の点で上回っています。

製品名 サイズ 重さ 動画再生時間 明るさ 解像度 スピーカー OS 価格
MoGo Pro+
約105.5 x 94.5 x 146mm 約914g 4時間 300ANSIルーメン 1920 x 1080画素 6W Andoroid TV 9.0 80,080円
Nebula Capsule II
約150 x 80 x 80mm 約740g 3時間 200ANSIルーメン 1280 x 720画素 8W Andoroid TV 9.0 59,800円

(発売日も2年ちがうので、技術的に進化していて当然ですが……)

継ぎ目のないアルミボディは、XGIMIシリーズ共通の高級感を放ち、持つだけでも所有欲が満たされる造りです。

MoGo Pro+は継ぎ目のないアルミボディ
 
片手でも持ち運べる小ぶりサイズで、500mlペットボトルと比較しても、径は太いものの高さは短く仕上がっています。

MoGo Pro+のサイズは約105.5 x 94.5 x 146mm

重量は約914gであり、超軽量のモバイルノートPC並みにまでおさえています。

MoGo Pro+の重量は約914g
 
本体はバッテリー内蔵で動画再生4時間・音楽再生8時間に対応し、屋内使用時は電源駆動が安心です。


 
オートフォーカス機能を搭載し、焦点距離が変わるごとに自動調整してくれます。

MoGo Pro+はオートフォーカス機能搭載
 
また、台形の自動補正機能も付いています。

MoGo Pro+は台形自動補正機能搭載
 
驚くべきことに、垂直方向だけでなくXGIMI Haloには付いていなかった水平方向の自動台形補正も付き、利便性はさらに上がっています。

マクリン
ソフトも優秀で、台形やピントずれをすぐに検知してくれますよ!

底面には三脚穴が付き、汎用品の三脚を装着できます。

MoGo Pro+の底面は汎用の三脚穴付き
 
あわせてフリップスタンドも付いているので、ちょっとした傾斜であればこちらで対応することも可能です。

MoGo Pro+の底面はフリップスタンド付き

投影方法も正面置きだけでなく天井吊るしにも対応し、逆さまに吊るして投影することも可能です。


 
音響面も抜かりなく、オーディオ老舗メーカーであるHarman Kardon製のスピーカーを3W x 2機搭載しています。

MoGo Pro+はHarman Kardon製のスピーカー搭載
 
背面にはイヤホン出力端子とHDMI入力端子、USBメモリ接続用のUSB-A(USB2.0)と電源ボタンが付いています。

MoGo Pro+のインターフェース
 
本体はタッチ操作に対応し、音量調整と再生/一時停止ができます。

MoGo Pro+の上面は操作ボタン部
 
同梱品はプロジェクター本体にリモコン(単4アルカリ乾電池 x 2)、電源ケーブルです。

MoGo Pro+の同梱品
 
リモコンの操作性は良く、音声入力にも対応しています。

MoGo Pro+のリモコン

注意
公式サイト以外で購入した場合、日本国内でのサポートは受けられませんので注意ください。

XGIMI MoGo Pro+のプロジェクター機能

MoGo Pro+は、明るさ最大300ANSIルーメン、解像度はフルHD(1920 x 1080)であり、同サイズではダントツの性能です。

明瞭めいりょう度は800ANSIルーメンのXGIMI Haloにゆずるものの、夕方以降の投影環境であれば、両者に大きな差異は感じませんでした。

XGIMI MoGo Pro+は最大300ANSIルーメンでフルHDのプロジェクター

投影サイズは100インチ以上の大画面も可能ですが、2m離したとき(76インチ)が視認性高く、ちょうどいい感じです。

ルビ打ちの小さく細い文字でもつぶれず視認でき、解像度が高いことの恩恵はかなり出ていました。


 
Nintendo Switchなど、HDMIをそなえるゲーム機ともつなげられ、ゲームもしっかり楽しめます。

有線接続に対応しているほか、Chromecastを搭載し、iPhone・Androidスマホ・各種PCからのミラーリングにも対応しています。

注意
公式サイト以外で購入した場合、日本国内でのサポートは受けられませんので注意ください。

Sponsored Links

 

XGIMI MoGo Pro+はAndroid TV 9.0搭載

MoGo Pro+はAndroid TV 9.0を搭載し、タブレットライクなUIで直感的に操作できます。

XGIMI MoGo Pro+はAndroid TV 9.0搭載
 
サードパーティ製のアプリストアを搭載するモデルも少なくない中、純正のGoogle Playなので、数千以上ものAndroidアプリをそのまま楽しむことができます。

XGIMI MoGo Pro+のアプリストアはGoogle Play搭載

参考 XGIMI HaloでNETFLIXやAmazonプライムを見る方法公式ページ
マクリン
ふだん使ってるアプリはもれなく収録してますよ!

また「torne mobile」や「DiXiM Play」といったアプリ経由で、ネットワーク接続された機器(レコーダー・nasne)につなげてTV番組視聴も可能です。

XGIMI MoGo Pro+はネットワーク接続された機器につなげてTV番組視聴可能

録画番組も観れるので、もはやテレビ要らず。

ドローンさんのYouTubeチャンネルを再生したところ映像美も見事で、水面のゆらぎや木々の微妙な色のちがいも表現でき、もはやシアタールームです。


 
800ANSIルーメンのXGIMI Haloと映像比較(上がMoGo Pro+)した結果、ソフトの映像処理が上手いのか、見方によってはMoGo Pro+のほうが明るい印象を受けました。

(音響面はさすがにXGIMI Haloのほうがひとつ抜けている印象……)

ペットボトルサイズにしてハード面・ソフト面ともに優秀。

MoGo Pro+は、小型サイズと性能の究極バランスを実現したモバイルプロジェクターです。

注意
公式サイト以外で購入した場合、日本国内でのサポートは受けられませんので注意ください。

XGIMI MoGo Pro+レビューまとめ

本記事は「【XGIMI MoGo Pro+レビュー】小型サイズ最高の解像度と垂直水平の台形自動補正をもつモバイルプロジェクター」について書きました。

MoGo Pro+は、300ANSIルーメンの明るさとフルHDの解像度をそなえる、片手サイズのモバイルプロジェクターです。

垂直水平の台形自動補正やオートフォーカス、Harman Kardon製スピーカーとAndroid TV 9.0搭載など、プロジェクターとしての実用性に磨きがかかっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

注意
公式サイト以外で購入した場合、日本国内でのサポートは受けられませんので注意ください。
【XGIMI Haloレビュー】Android TV 9.0搭載でアプリ・TVが観れるフルHD対応ポータブルプロジェクター 【Anker Nebula Capsule IIレビュー】世界初Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター【200ルーメン】 【BenQ GS2レビュー】Android OS内蔵でアプリが楽しめるスタイリッシュなHD対応モバイルプロジェクター 【2021年】小型のモバイルプロジェクターおすすめ人気7モデル【ミニ】【2021年】小型のモバイルプロジェクターおすすめ人気7モデル【ミニ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です