おすすめのガジェットを探す「マクナビ」

【マウスm-Book U400Sレビュー】13型ボディ&14インチ液晶のコンバーチブル型2in1ノートPC

 
どうも、ノマドワーカーのマクリン( @Maku_ring)です。

外でも作業する人におすすめなのが、持ち運びに適した2in1ノートPCモバイルノートPC

ときにはメモ代わりにもなるし、タブレットとしても使える2in1ノートPCは、活用の幅が広くておすすめです。

作業性の確保にはディスプレイが大きいほうがベターですが、だからといってボディのサイズが大きくなるのは考えもの。

そこで13型ボディに14インチ液晶を載せた、いいとこどりの2in1モデルがこちら、mouse(マウス)の「m-Book U400Sicon」です。

icon
icon

m-Book U400Siconは、ナローベゼル(狭額)のディスプレイ採用により、全体のサイズをコンパクトにおさえています。

アルミの削り出しボディで剛性と高級感もあり、全製品が長野県生産という安心感まで付いています。

第8世代インテルCoreプロセッサーのCPUにSSD 512GB・メモリ 16GBのスペックにもかかわらず、価格は税別14万円以下からとコスパもそこそこ優秀です。
 

マクリン
タッチペンも付いていて、256段階の筆圧感知に対応していますよ!
 
そんなわけで本記事は「【マウスm-Book U400Sレビュー】13型ボディ&14インチ液晶のコンバーチブル型2in1ノートPC」について書いていきます。

 

マウス m-Book U400Sのスペック

マウス社の「m-Book U400Sicon」は、14型のコンパーチブル型ノートPCです。

マウス m-Book U400Sは14型のコンパーチブル型ノートPC
 
本体のスペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名マウス「m-Book U400Sicon
CPUCore i7-8565U(1.8GHz)
GPUインテル UHD Graphics 620
液晶14インチ(光沢)
解像度フルHD(1920 x 1080)
メモリ16GB
ストレージ512GB(SSD)
生体認証顔認証・指紋認証
端子USB-C x 1(Power Delivery・DisplayPort Alt Mode) x 1/USB-C x 1(USB3.0)/USB-A x 1(USB3.1)/HDMI x 1
バッテリー約16.4時間
質量約1.5kg

 

外観

外装はアルミニウムの削り出しで品質・強度ともに高く、カラーは上質感のあるブラックです。

マウス m-Book U400Sはアルミニウムの削り出しボディ

マクリン
アルミの削り出しは傷つきにくい上に所有欲も高めてくれますね!
 
表面にはヘアライン加工が施されており、同社のノートPCでもひときわカッコよく仕上がっています。

マウス m-Book U400Sの表面はヘアライン加工仕上げ
 
ヒンジ部はエメラルドカットが施されており、ノートPCらしからぬ造形が美しいです。

マウス m-Book U400Sのヒンジ部はエメラルドカットが施されている
 
側面のゴールド色は、ゴージャス感を高めるとともにデザインのアクセントにも利いています。

マウス m-Book U400Sの側面はゴールド
 

サイズ・重量

m-Book U400Siconのサイズは幅323 x 奥行218mmで、A4とほぼ同じ大きさです。

マウス m-Book U400SはほぼA4サイズ
 
厚みは最厚部16.8mmで、バッグに入れてもかさばりにくい、それなりの薄型設計となっています。

マウス m-Book U400Sの厚みは16.8mm
 
重さは約1.44kgで、ノートPCとしては平均的な重量ですが、モバイルで考えるとやや重めの部類です。

マウス m-Book U400Sの重量は約1.44kg
 
付属のACアダプターは約288gとやや重めですが、他メーカーの45W以上のPD(Power Delivery)対応USB-C充電器が使用できるため、そちらの使用がおすすめ。

マウス m-Book U400Sのアダプター重量は約288g
 

RAVPowerの45W出力USB-C充電器「RP-PC104」ならわずか80gなので、僕はこちらとUSB-Cケーブルを使っています。

RAVPower RP-PC104はコンパクトサイズ

マクリン
バッテリー駆動時間は約16.4時間とかなり長持ちですし、PD対応のモバイルバッテリーから充電もできますよ!
 

ディスプレイ・スピーカー

m-Book U400Siconのディスプレイは1920 x 1080ドットのフルHD液晶(おそらくIPS)で、充分な解像度を備えています。

マウス m-Book U400Sのディスプレイは1920 x 1080ドットのフルHD液晶

MEMO
ただしグレア(光沢)液晶で映り込みするため、気になる場合は低反射タイプの液晶保護フィルムを貼るといいでしょう。
 
また、液晶を囲むベゼルを狭くしたナローベゼルデザインにすることで、13型ボディに14インチ液晶を収めています。

マウス m-Book U400Sはナローベゼルデザイン
 
視野角も広く、角度をつけても画面は鮮明に見えますが、輝度はやや低めです。

マウス m-Book U400Sの視野角はそれなりに広い
 
上枠には約100万画素のWebカメラが付いています。

マウス m-Book U400Sのディスプレイ上枠には約100万画素のwebカメラ
 
タッチ対応液晶であるため、専用のタッチペンが付属しています(単6電池駆動)。

マウス m-Book U400Sのタッチペン
 
細かいイラスト描写は厳しいですが、ラフスケッチやメモ書きには使えますので、実用性は充分あります。


 
背面にデュアルスピーカーを搭載しています。

マウス m-Book U400Sの背面にデュアルスピーカー搭載

音質はおまけ程度と考えてくださいw
 

キーボード

m-Book U400Siconのキーボードは、打鍵感が静かでしっとりしており、タイプしても特に違和感はありませんでした。

マウス m-Book U400Sのキーボード
 
欲をいえば、キーボードにバックライトが欲しかったのと、Shiftキーが右だけなぜか細長かったですw


 
キーピッチ・キーストロークともに標準的な値。

マウス m-Book U400Sのキーピッチ
キーピッチは約19mm
マウス m-Book U400Sのキーストローク
キーストロークは約1.5mm
 
タッチパッドの横幅は約10.5cmと一般的かつ、小気味よいクリック音で使いやすいです。

マウス m-Book U400Sのタッチパッド
 

インターフェース

m-Book U400Siconのインターフェースは、LANポートがない以外、必要どころをおさえている印象です。

右側面には左から電源、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック、USB-A x 1(USB3.1)、HDMIがあります。

マウス m-Book U400Sの右側面インターフェース
 
電源ボタンには指紋認証センサーを内蔵しています。

マウス m-Book U400Sの電源ボタンは指紋認証センサー内蔵
 
左側面は電源端子でもあるUSB-C x 1(Power Delivery・DisplayPort Alt Mode)とUSB-C(USB3.0)・音量ボタンがあります。

マウス m-Book U400Sの左側面インターフェース

 

マウス m-Book U400Sは5モード搭載

m-Book U400Siconは、ノートブックモードふくめ5つのモードを備えています。

マウス m-Book U400Sのノートブックモード
 
ディスプレイをそのまま倒すとフラットモードになります。

マウス m-Book U400Sのフラットモード
 
ディスプレイを反対面に折ると、動画視聴にも最適なスタンドモードに変形します。

マウス m-Book U400Sのスタンドモード
 
ディスプレイとキーボードを外側に向けて立てると、外部ディスプレイの使用に適したテントモードに変わります。

マウス m-Book U400Sのテントモード
 
ディスプレイを反対側に折ると、タブレット形状になるタブレットモードで使用することができます。

マウス m-Book U400Sのタブレットモード

マクリン
シーンに応じて使い分けられるのがコンバーチブル型の良さですね!
 

Sponsored Links

 

マウス m-Book U400SのCPU・SSD性能

m-Book U400SiconのストレージはHDDでなく、読み書きの速いSSDを採用しています。

HDDとSSDのちがい

  • HDD(Hard Disc Drive) ディスク型の記録デバイス
  • SSD(Solid State Drive) フラッシュメモリ(USBメモリの中身)の大型版

 

ベンチマークソフト「Crystal Disc Mark」にて、読み込み/書き込み速度を測定したところ、そこそこ速い値を示していました。

マウス m-Book U400SのSSD速度
 

m-Book U400SiconのCPUは、性能重視のUプロセッサー(Core i7-8565U)を搭載しています。

PCMark 10」の結果は3,500以上あり、Web閲覧やオフィスソフトのビジネス用途なら、まったく問題ないスコアでした。

MEMO
グラフィックボード(GPU)は、専用のメモリーではなく内蔵GPUであるため、動画編集や3Dゲームなど、高負荷の処理には不向きです。

マウス m-Book U400SのCPUスコア

しかし、ファンレスである影響で、同CPUを搭載するHP Spectre x360 13にくらべると、パフォーマンスが少し劣る結果となっていました。

マクリン
とはいえ、動作音が静かなのはありがたい!
 

Sponsored Links

 

マウス m-Book U400Sレビューまとめ

本記事は「【マウスm-Book U400Sレビュー】13型ボディ&14インチ液晶のコンバーチブル型2in1ノートPC」について書きました。

m-Book U400Siconは、ナローベゼルでコンパクトボディにおさえ、アルミの削り出しボディで剛性と高級感をたたえる、デザイン性の高いコンバーチブル型2in1PCです。

同社の売りであるカスタマイズ性は高くありませんが、その分第8世代インテルCoreプロセッサーのCPUにSSD 512GB・メモリ 16GBと、通常用途では充分すぎるスペックを備えています。

マクリン
しかもマウスのPCなら、標準で24時間電話サポートが付いてるので、操作面のサポートも万全!

【マウスm-Book B401Hレビュー】13.3型ボディ&14インチ液晶のLTE対応(SIMフリー)国産モバイルノートPC 【HP Spectre x360 13レビュー】アルミ削り出しの高級な2in1ノートPC【最大22時間駆動】 【2019年】安いのにおすすめの2in1・タブレットPC【高性能】 【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン12選! 【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン18選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です