Amazonチャージで千円もらえるキャンペーン

【マウスm-Book K700レビュー】ライトなゲームもこなせるコスパ最高の15.6インチノートPC

 
どうも、どこでもノートPCが大活躍のマクリン( @Maku_ring)です。

作業性を重視するなら、ディスプレイはやや大きめ(15.6インチ以上)のスタンダードノートPCがおすすめ。

またCPUが高性能であれば、たくさんのソフトを立ち上げてもPCが重くなりにくく、快適に動かすことができます。

とはいえ、ハイスペックなCPUを搭載するモデルは、価格がどうしても高くなりがち。

そんな中、高パワーのCPUを載せつつ、9万円台におさえたコスパ最高モデルが、mouseマウスの「m-Book K700icon」です。

m-Book K700iconは、HシリーズのCoreプロセッサーにGeForce MX 250のGPUを搭載するにもかかわらず、価格は9万円台からとリーズナブルにおさえたノートPCに仕上がっています。
 

マクリン
ライトなゲームまでカバーする懐の大きいPCですよ!
 
そんなわけで「【マウスm-Book K700レビュー】ライトなゲームもこなせるコスパ最高の15.6インチノートPC」について書いていきます。

MEMO
本記事はメーカー様からm-Book K700SN-M2SH2iconを貸与いただき作成しています。
 

マウスm-Book K700のスペック

マウス社の「m-Book K700icon」は、15.6型のノートPCです。


 
本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名マウス「m-Book K700icon
CPUCore i7-9750H(2.60-4.50GHz)
GPUNVIDIA GeForce MX 250
液晶15.6インチ(非光沢)
解像度フルHD(1920 x 1080)
メモリ8GB/16GB/32GB
ストレージ256GB(SATA SSD)/256GB(PCIe SSD)+1TB(HDD)/512GB(PCIe SSD)+1TB(HDD)
生体認証なし
端子USB-A x 3(USB3.1 x 1/USB3.0 x 1/USB2.0 x 1)/USB-C(USB3.1) x 1/HDMI x 1/Mini DisplayPort x 1
バッテリー7.4時間
質量約2.1kg

 

外観

本体カラーはブラックで、すっきりしたシンプルデザインです。

マウスm-Book K700のカラーはブラック
 
外装はプラスティック(樹脂)素材ですが、このスペックで低価格におさめたことを踏まえると致し方ないところ。

マウスm-Book K700はプラスティックボディ
 
ヒンジ部は130°まで開く仕様です。

マウスm-Book K700のヒンジ部は130°まで開く
 

サイズ・重量

m-Book K700iconのサイズは幅361 x 奥行258mmですが、ナローベゼル(狭額)デザインのおかげで、同クラスより10mm程度のスリム化を実現しています。



ダブルファン搭載のため、最厚部は24.9mmとやや厚みがあります。

マウスm-Book K700の厚み
 
重量は約2.07kgとそれなりですが、少しがんばれば持ち運べます。

マウスm-Book K700の重量
 
付属のACアダプターは約440gです(バッテリー駆動は7.4時間)。


 

液晶ディスプレイ

m-Book K700iconのディスプレイは1920 x 1080ドットのフルHD液晶(IPS)で、充分な解像度を備えています。

マウスm-Book K700のディスプレイは1920 x 1080ドットのフルHD液晶

マクリン
ノングレア液晶なので、映り込みもありませんよ!
 
視野角も広く、角度をつけても鮮明に見ることができます。

マウスm-Book K700のディスプレイは広視野角

マクリン
色域が広くないので画像編集向きとはいえませんが、マウスにしてはがんばってます!
 
ディスプレイの上枠には、約100万画素のWebカメラが付いています。

マウスm-Book K700のwebカメラ
 
背面にはデュアルスピーカーを搭載し、音質は平均レベルです。



 

キーボード

m-Book K700iconのキーボード配列はクセなく使いやすいですが、Shiftキーがやや小さいのは気になりました。

マウスm-Book K700のキーボード

キーピッチはやや小さいですが、キーストロークは充分あり、押し込み感のあるキーボードに仕上がっています。

マウスm-Book K700のキーピッチ
キーピッチは18mm
マウスm-Book K700のキーストローク
キーストロークは1.9mm

タッチパッドには、使いやすい左右独立ボタンを備えています。

マウスm-Book K700のタッチパッド
 
タッチパッドは横幅11cmとそれなりの大きさで、扱いやすいです。


 

インターフェース

m-Book K700iconのインターフェースは、かなり豊富です。

右側面には左からUSB-A(USB3.1)、USB-C(USB3.1)、SDカードリーダーがあります。

マウスm-Book K700の右側面インターフェース
 
左側面にはUSB-A(USB3.0)、USB-A(USB2.0)、マイク端子とヘッドホン端子があります。

マウスm-Book K700の左側面インターフェース
 
さらに背面中央部にもあり、Mini DisplayPortとHDMI、LANポートと電源端子を備えています。

マウスm-Book K700の中央背面部インターフェース

マクリン
まさにポート充実しマクリンまくり
 

マウスm-Book K700のSSD・CPU性能

ストレージは、下位のm-Book K700BN-M2S2iconがSATAのSSD、中位のm-Book K700SN-M2SH2iconと上位のm-Book K700XN-M2SH5iconはHDDとSSD(PCIe)を搭載するデュアルストレージ仕様です。

HDDとSSDのちがい

  • HDD(Hard Disc Drive) ディスク型の記録デバイス
  • SSD(Solid State Drive) フラッシュメモリ(USBメモリの中身)の大型版
マクリン
デュアルストレージは、SSDの高速性を活かしながら、大量保存できるHDDの特性も利用してるんですよ!

ベンチマークソフト「Crystal Disc Mark」で、中位m-Book K700SN-M2SH2iconの読み込み/書き込み速度を測定したところ、その特性が活かされ、かなり速い値を示していました。

マウスm-Book K700のSSD速度
 
m-Book K700iconは、CPUとGPUにそれぞれファンが付くデュアルファン仕様です。



マクリン
発熱によるパフォーマンス低下の心配もありませんね!

CPUには、通常のノートPCの倍近い性能を発揮する、第9世代のCore i7-9750H プロセッサーを搭載しています。

マウスm-Book K700は第9世代のCore i7-9750H プロセッサー搭載
 
PCMark 10」の結果は4,000以上とけっこう高いスコアでした。


 
グラフィックボード(GPU)はNVIDIA GeForce MX 250を内蔵し、ある程度高負荷の処理もこなせるようになっています。

マウスm-Book W890はNVIDIA GeForce MX 250のGPU内蔵

ビジネス用途ならびにマルチタスクは余裕で、動画編集やライトなゲームにも使えるパフォーマンスです。

マクリン
FF14程度なら問題なく遊べますよ!
 

Sponsored Links

 

マウスm-Book K700レビューまとめ

本記事は「【マウスm-Book K700レビュー】ライトなゲームもこなせるコスパ最高の15.6インチノートPC」について書きました。

m-Book K700iconは、HシリーズのCoreプロセッサーにGeForce MX 250のGPU搭載にもかかわらず、9万円台から購入できるコスパ抜群のノートPCです。

15.6インチの視認性高いIPS液晶で、動画編集からライトなゲームまでカバーし、CPUのおかげでマルチタスクも快適にこなしてくれます。

マクリン
しかもマウスのPCなら、標準で24時間電話サポートが付いてるので、操作面のサポートも万全!

【マウスm-Book W890レビュー】動画編集から軽い3Dゲームまでこなす17.3インチのノートPC 【マウスDAIV-NG5510レビュー】14型ボディ&15.6インチ液晶の高性能な国産ノートPC【ハイスペックCPU】 【2019年】10万円以下のおすすめスタンダードノートパソコン【コスパ最高】 【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン12選! 【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン18選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ