ガジェットのおすすめ

JBL LIVE FREE 2をレビュー!圧倒的な使いやすさと進化したANCにマルチポイントまでそなえる完全ワイヤレスイヤホン

評価:4

どうも、ANC搭載イヤホンの使いやすさにはこだわりたいマクリン( @Maku_ring)です。

毎日のようにフルワイヤレスイヤホンを使う僕にとって、装着検知機能マルチポイントワイヤレス充電はゆずれません。

音質やANCも良いに越したことはありませんが、価格も相応に上がってしまうのが難点。

そのため、ふだん用のイヤホンは使いやすさを重視し「音質やANCは一定レベルあればいいかな」という考えです。

そんな中「音質も機能もバッテリーも全部あきらめたくない」という人にピッタリのイヤホンがJBLより4/1(金)発売するので、ひと足先に紹介します。

JBL LIVE FREE 2」です。

JBL LIVE FREE 2 TWSの外箱

驚くべきは、同社のハイエンドモデル「TOUR PRO+」でも対応していなかったマルチポイントに、1万円台半ばながら対応していること。

ほかも、過去モデルをしのぐANC性能や刷新された専用アプリボイスアウェア機能など、エントリーモデルながら申し分ないスペックをそなえています。

数日使い倒しましたが、デメリットというデメリットも見当たらず「そうそう、こういうのが欲しかったんだよ!」と誰しも思えるモデルかと。

そこで本記事では「JBL LIVE FREE 2をレビュー!圧倒的な使いやすさと進化したANC・マルチポイントまでそなえる完全ワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

メリット
  • マルチポイント対応
  • 機能満載の専用アプリ
  • 軽く安定した装着感
  • 同社ハイエンドに次ぐANC性能
  • 軽やかでクセのないサウンド
デメリット
  • apt-X非対応
  • タッチ操作カスタマイズが限定的
  • 音場の広さや立体感を感じづらい
ご提供品

本記事はハーマンインターナショナル様から商品を提供いただき作成しています。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

JBL LIVE FREE 2の概要

JBL LIVE FREE 2」は生活防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

JBL LIVE FREE 2 TWSの外箱とイヤホン本体

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。
製品名 JBL LIVE FREE 2
防水・防塵規格 IPX5
接続方式 Bluetooth 5.2
対応コーデック SBC / AAC
重量 イヤホン約9g / ケース込み約54g
バッテリー イヤホン単体:約7時間(ANCで6時間)
ケース込み:約35時間(ANCで約28時間)
ドライバー 11mm径ダイナミックドライバー
充電方式 USB-C / ワイヤレス充電
装着検出機能
ANC
外音取り込み
専用アプリ
マルチポイント
価格 15,000円(Amazon14,500円)

 
イヤホン本体はコロンと可愛らしいオーバルシェイプ(楕円だえん形状)で、光沢感のあるメタリック仕上げが、アクセサリーのようなきらびやかさを放っています。

JBL LIVE FREE 2 TWSのイヤホン外観(外側)

耳元のアクセントとなる大きなJBLロゴと、筐体のコンパクトさのバランスが絶妙です。

マクリン
デザインが過去モデルからガラリと変わり、遊び心を感じますね!

外側には2つ、内部に1つの計3つのマイク(左右計6マイク)を搭載。

JBL LIVE FREE 2 TWSのイヤホン外観(側面)

イヤホン側面に用意されたマイク

JBL LIVE FREE 2 TWSのイヤホン外観(側面)

反対側面にもマイクを配置

異なるマイクにより環境音と声を的確に切り分け、自分の声だけをクリアに届けられる「ビームフォーミングマイク」を採用しています。

マクリン
マイクは両側のイヤホンに搭載されてるので、片耳だけの通話もできますよ!

装着センサーを搭載し、耳からの脱着にともなって自動で音楽再生・停止します。

JBL LIVE FREE 2 TWSのイヤホン外観(内側)

MEMO
装着センサーは、専用アプリからON/OFFの切り替えが可能です。
 
ケースは角の丸みが美しく、ツヤのないマットな質感が上品さを漂わせています。

JBL LIVE FREE 2 TWSのケース外観

自立可能」「低重心で安定」「充電ランプが前面配置で見やすい」と、3拍子そろった使い勝手の良い形状です。

ラインナップはシルバー以外にブラックブルーローズがあり、どれもくすみのある大人っぽいカラーリングとなっています。

JBL LIVE FREE 2 TWSのシルバーカラー
JBL LIVE FREE 2 TWSのブラックカラー
JBL LIVE FREE 2 TWSのブルーカラー
JBL LIVE FREE 2 TWSのローズカラー
注意
ローズは台数限定です。
 
大きさは約50 x 56 x 29mmと、AirPods Proと同程度のサイズ感です。

JBL LIVE FREE 2 TWSのケースを手のひらに載せた様子
JBL LIVE FREE 2 TWSとAirPods Proのケース比較
 
重量はイヤホン単体で約9g、ケースふくめ約54gとなっています。

JBL LIVE FREE 2 TWSのイヤホン重量は9g
JBL LIVE FREE 2 TWSのイヤホンとケースを合わせた重量は54g
マクリン
耳からの飛び出しが少ないため、重量以上にフワッとした軽さを感じますよ!

付属品はイヤホン本体とイヤーチップ(S/M/L)、USB-C to Aケーブルです。

JBL LIVE FREE 2 TWSの同梱品
 

JBL LIVE PRO 2・TOUR PRO+とのスペック比較

同社のANC搭載イヤホン「JBL LIVE PRO 2」「JBL TOUR PRO+」とのスペック比較は以下のとおりです。

左スライドで全表示

製品名 JBL LIVE FREE 2
JBL LIVE FREE 2 TWSのイヤホンとケース外観
JBL LIVE PRO 2
JBL LIVE PRO 2 TWSのイヤホンとケース外観
JBL TOUR PRO+
JBL LIVE TOUR+ TWSのイヤホンとケース外観
防水規格 IPX5 IPX5 IPX5
接続方式 Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.0
対応コーデック SBC / AAC SBC / AAC SBC / AAC
重量 イヤホン約9g / ケース込み約54g イヤホン約10g / ケース込み約60g イヤホン約15g / ケース込み約73g
バッテリー(最大) イヤホン単体:約7時間(ANCで6時間)
ケース込み:約35時間(ANCで約28時間)
イヤホン単体:約10時間(ANCで8時間)
ケース込み:約40時間(ANCで約30時間)
イヤホン単体:約8時間(ANCで6時間)
ケース込み:約32時間(ANCで約24時間)
ドライバー 11mmダイナミックドライバー 11mmダイナミックドライバー 6.8mmダイナミックドライバー
充電方式 USB-C / ワイヤレス充電 USB-C / ワイヤレス充電 USB-C / ワイヤレス充電
装着検出センサー
ANC
外音取り込み
専用アプリ
マルチポイント
価格 15,000円(Amazon14,500円) 17,600円 25,300円

まずは同日発売の「LIVE PRO 2(JBL公式の楽天ショップ専売モデル)」との違いから見ていきます。

大きく異なるのは外観で、LIVE FREE 2がコロンとした楕円形状なのに対し、LIVE PRO 2はスティックタイプとなっています。

JBL LIVE FREE 2 TWSとJBL LIVE PRO 2 TWSの比較

(左)LIVE FREE 2 /(右)LIVE PRO 2

音質はどちらも軽やかに音が響き、クセがなくて聞き心地の良いサウンドです(違いはほとんど感じませんでした)

正直なところ、スペック・音質・ANCで大差なかったので、外観の好みで選んでも問題ないレベル。

ただ、装着感とマイク性能、バッテリーの持ちはLIVE PRO 2に軍配が上がるので、長時間使用が多い人はLIVE PRO 2のほうが良いかもしれません。

次に、最上位モデル「TOUR PRO+」との比較です。

JBL LIVE FREE 2 TWSとJBL TOUR PRO+ TWSの比較

(左)LIVE FREE 2 /(右)TOUR PRO+

JBL LIVE FREE 2は、マルチポイント対応にANCもリアルタイム補正や外耳道のテストが用意され、価格は下回りながら機能面はTOUR PRO+を上回っています。

外耳道のテスト
耳の入り口から鼓膜の形状をスキャンし、個々に合ったANCに調整してくれる機能です。

肝心のANC性能も、TOUR PRO+に次ぐレベルで遜色ない仕上がりです。

マクリン
コスパ面ではLIVE FREE 2一択!

ただし、さすがはハイエンド機。音質面はゆずりません。

楽器音を聞き分けられるほどの粒の細かさやさまざまな音が織りなす立体感と厚み、遠近感が実感できる音場の広さと、TOUR PRO+の細部のこだわりには目を見張るものがあります。

LIVE FREE 2も充分良い音質ではあるものの、聴き比べるとTOUR PRO+がやはり頭ひとつ抜けている印象

とはいえLIVE FREE 2も、Anker Soundcore Liberty Air 2 ProAVIOT TE-D01m2など、同価格帯のイヤホンではナンバーワンといえる出来です。

JBL LIVE FREE 2のレビュー

JBL LIVE FREE 2の特徴を紹介していきます。

 

ケース込み35時間のロングバッテリーかつワイヤレス充電対応

バッテリー性能は、イヤホン単体で最大7時間(ANCオンで6時間)、ケースふくめ最大35時間(ANCオンで28時間)です。

JBL LIVE FREE 2 TWSのケースにイヤホンが収まっている様子

マクリン
同社の過去モデルより大幅に長寿命化!

ケース背面には汎用性の高いUSB Type-Cの充電ポートをそなえ、15分の充電で4時間再生できる急速充電にも対応しています。

JBL LIVE FREE 2 TWSの背面にはUSB Type-Cポートを搭載
 
さらにはワイヤレス充電にも対応し、ワイヤレス充電器に置くだけで充電可能です。

JBL LIVE FREE 2 TWSはワイヤレス充電対応
 

同時接続のマルチポイント対応

本機はなんと、2台のBluetooth機器に同時接続できる、マルチポイントに対応しています。

JBL LIVE FREE 2 TWSをマルチポイントでiPhoneとiPadに接続

タブレットでYouTube鑑賞しながらスマホからの着信に応答できたり、スマホで音楽を聴きつつ会議のタイミングでPCとの接続に切り替えられたり、使い勝手は抜群です。

マクリン
便利さに一度慣れると、マルチポイントなしには戻れないほど!

マルチポイントの設定方法はいくつかありますが、次の方法が簡単です。

イヤホンを装着した状態で「1タップ」後に「5秒間長押し」します。

すると「ペアリング」というアナウンスとともにペアリングモードに入るので、接続したい機器から追加すればOKです。

MEMO
ペアリングモードに入ると、もともと使用していた機器の接続が一度解除されます。Bluetooth画面から接続し直すことで、2つの機器に同時接続が可能です。

機能満載で使いやすい専用アプリ

専用アプリ「JBL Headphones」はUIがとても分かりやすく、機能も盛りだくさん。

従来モデルと変わらず、タッチ操作のカスタマイズ性が低い点は残念でしたが、それ以外は文句なしです。

それでは、各機能を見ていきましょう。

アプリの機能
  • ANC・外音取り込み設定
  • イコライザー設定
  • オーディオモード設定
  • タッチ操作カスタマイズ
  • イヤホン本体を見つける機能
  • 装着センサーON/OFF

JBL Headphones

JBL Headphones

Harman International Industries無料posted withアプリーチ

 
ダッシュボードではバッテリー残量の確認や「ANC」「アンビエントサウンド(外音取り込み)」「トークスルー」の切り替えができます。

JBL LIVE FREE 2 TWSのアプリ「JBL Headphones」のダッシュボード画面

トークスルー
周囲の声や音を増幅するために再生音楽の音量を約20%まで下げます。
 
外音取り込みは、7段階で強度調整可能です。

JBL LIVE FREE 2 TWSのアプリ「JBL Headphones」のダッシュボード画面
 
ANCも同様に手動調整可能ですが、手動で変更せず「アダプティブノイズキャンセリング」をオンにし、リアルタイム補正を有効にするのがおすすめ。

JBL LIVE FREE 2 TWSのアプリ「JBL Headphones」のノイズキャンセリング設定

リアルタイム補正
同社初搭載となる機能。周囲のノイズに合わせて強度を調整し、最適なANC強度を自動で保ってくれます。
 
イコライザー設定には5種類のプリセットにくわえ、自在にカスタマイズできる「マイEQ」が用意されています。

JBL LIVE FREE 2 TWSのアプリ「JBL Headphones」のイコライザー設定

5種類のプリセットを用意

JBL LIVE FREE 2 TWSのアプリ「JBL Headphones」のイコライザー設定

自分好みにカスタマイズ可能

 
スマートオーディオモード設定では、音質優先の「オーディオモード」と低遅延優先の「ビデオモード」の切り替えも可能です。

JBL LIVE FREE 2 TWSのアプリ「JBL Headphones」のスマートオーディオモード設定
JBL LIVE FREE 2 TWSのアプリ「JBL Headphones」のスマートオーディオモード設定
 
タッチ操作設定では、左右イヤホンに「アンビエントサウンドの操作」「音量の操作」「再生&音声アシスタントの操作」のいずれかを割り当てられます。

JBL LIVE FREE 2 TWSのアプリ「JBL Headphones」のタッチ操作カスタマイズ
JBL LIVE FREE 2 TWSのアプリ「JBL Headphones」のタッチ操作カスタマイズ

決められた3つの操作パックを2つのイヤホンに割り当てることになるため、一部の操作を諦めなければならないのが残念な点です。

各イヤホンからビープ音を鳴らすことができる「イヤホン本体を見つける」機能も搭載しています。

JBL LIVE FREE 2 TWSのアプリ「JBL Headphones」のイヤホン本体を見つける機能
 
その他にも、通話時にイヤホンに戻されるマイク入力(自分の声)の音量をコントロールできる「ボイスアウェア」機能や、装着センサーのON/OFFなども可能です。

JBL LIVE FREE 2 TWSのアプリ「JBL Headphones」のその他機能

イヤホンをしながら通話していると、自分の声がくぐもって聞こえて通話しにくいことがありますが、この機能のおかげで通話が円滑になります。

マクリン
UIが刷新されたおかげで、さらに使いやすくなりましたよ!

快適な装着感と心地良い操作感

JBL LIVE FREE 2は、そのコンパクトなサイズ感から装着感はかなり快適です。

JBL LIVE FREE 2 TWSのイヤホンを装着した様子

耳からの飛び出しがほとんどないため、首を振っても重さに引っ張られることなく、耳にしっかり固定されています。

イヤホン表面はタッチセンサーであり、デフォルトで以下の操作が可能です。

操作 L R
再生/停止 1タップ
曲送り 2タップ
曲戻し 3タップ
ANC / 外音取り込み / OFF 1タップ
トークスルー / OFF 2タップ
音声アシスタント 長押し 長押し
受話 着信中に2タップ 着信中に2タップ
通話終了 通話中に2タップ 通話中に2タップ
通話拒否 着信中に長押し 着信中に長押し
マイクミュート / 解除 通話中に長押し 通話中に長押し

タップ時に「ポンッ」と柔らかい音が鳴るのが心地良く、クセになる操作感です。

ただし、前述のとおり「再生&音声アシスタント操作」「アンビエントサウンド操作」「音量操作」のうち1つはあきらめなければなりません。

TOUR PRO+に次ぐANC性能と使いやすい外音取り込み

JBL LIVE FREE 2のANCは、JBL TOUR PRO+ TWSLIVE PRO+のちょうど中間くらいの性能です。

JBL LIVE FREE 2 TWSのイヤホン外観(内側)

ザワザワとしたカフェでは、ANCをオンにすると雑音がスッとひと回り小さくなり、さらに音楽再生すると周囲音がまったく気にならなくなるほどでした。

車のロードノイズなどの騒音もグッと抑えてくれるので、実用性は文句なし。

トップクラスのANC性能をもつSONY WF-1000XM4の強度を10とすると、7.5くらいのイメージです。

周囲の雑音に合わせてノイズを低減する「リアルタイム補正」や、耳の形状に合わせて最適化する「外耳道のテスト」なども用意され、ANCにはかなりのこだわりが見られます。

外音取り込みは変に強調しすぎていないため、耳を刺す鋭さもなく、常時オンでも問題ないレベルです。

アプリから強度も調整でき、周囲音を取り込む「アンビエントアウェア」にくわえ、さらに再生音量を20%に抑える「トークスルー」も用意され、使い勝手は十分でしょう。
 

軽やかでクセのない聞き心地の良いサウンド

JBL LIVE FREE 2は軽やかでクセのない、聞き心地の良い仕上がりとなっています。

JBL LIVE FREE 2 TWSのイヤホン外観(外側)

中音域にフォーカスしつつも全体的にバランスが良く、POPS&ROCKにはぴったりの音質設計です。

低音もベースやドラムをしっかり捉えられる一方、ガンガン響くような強さがなく、長時間聞いてもストレスがありません。

音に尖りがなく、ホワッと優しい聞き心地のため、万人に好かれるクセのないサウンドといえます。

一方、どの音も同じ距離感で鳴っており、音場の広さは感じづらいかなと。

音の立体感・重厚感もなく、比較的フラットで軽やかな響き方です。

日常使いには申し分ない音質ですが、クリアさを求める人は少し物足りなさを感じるかもしれません。

マクリン
とはいえ、同価格帯で見ると音質面は随一!
JBL LIVE FREE 2
高音域
(4.0)
中音域
(4.0)
低音域
(4.0)
ノイズキャンセリング
(4.0)
総合評価
(4.0)

Sponsored Links

 

JBL LIVE FREE 2はこんな人におすすめ

JBL LIVE FREE 2は「音質と機能面を両取りしたい人」におすすめです。

快適な装着感や操作性、機能豊富のアプリやマルチポイント対応など、使い勝手の面では非の打ちどころがありません。

音質はハイエンドクラスに及ばないものの、同クラスではナンバーワンであり、クセがなくてやさしい聞き心地で日常使いにはぴったり。

音質・ANC・外音取り込みの性能はほぼ同じですが、装着性・バッテリー・マイク性能では同日発売のLIVE PRO 2に分があるので、価格の若干アップさえ許容できるならこちらもおすすめです。

機能面は少ししぼられるものの、もう一歩音質にこだわりたい人なら、同社のTOUR PRO+も選択肢に入れるといいでしょう。

JBL LIVE FREE 2レビューまとめ

本記事は「JBL LIVE FREE 2をレビュー!圧倒的な使いやすさと進化したANCにマルチポイントまでそなえる完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

イヤホンスペックでは「あちらを立てればこちらが立たず」が多いなか、JBL LIVE FREE 2ほど機能がバランス良くそろったモデルはめずらしいです。

とくに、マルチポイント対応機種はまだ限られており、複数の機器でイヤホンを使う人は選択肢に入れるべきでしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • マルチポイント対応
  • 機能満載の専用アプリ
  • 軽く安定した装着感
  • 同社ハイエンドに次ぐANC性能
  • 軽やかでクセのないサウンド
デメリット
  • apt-X非対応
  • タッチ操作カスタマイズが限定的
  • 音場の広さや立体感を感じづらい
YouTube
動画でも紹介しています。

JBL LIVE PRO 2をレビュー!快適な装着性と高い機能性をそなえるANC搭載完全ワイヤレスイヤホン JBL TOUR PRO+ TWSをレビュー!粒が細かくクリアな上質サウンドを堪能できるANC搭載完全ワイヤレスイヤホン 【JBL LIVE PRO+ TWSレビュー】ダイナミックな低音を楽しめるANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン 【最強はどれ?】ノイズキャンセリングの完全ワイヤレスイヤホンおすすめBEST10 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。