アマゾン1,000円還元でお得に買い物する方法

【Linksys Velopレビュー】Apple推奨のメッシュWi-Fiルーター【AirMacの後継機種】

 
どうも、部屋にWi-Fiデバイスが増え続けるマクリン( @Maku_ring)です。

デバイス増加にともなうインターネット速度の低下に対応すべく、トライバンド対応の無線LANルーター(トライバンドルーター)「TP-LINK ARCHER C5400」を使っていました。

アンテナを折りたたんだときのTP-LINK Archer C5400
 

トライバンドルーターとは、通常のルーター(デュアルバンド)にさらにもう1種類のWi-Fi電波を追加し、1台で3つの周波数帯を持つ無線LANルーターです。

トライバンドルーターとデュアルバンドの比較
 

マクリン
ですが、トライバンドルーターでも速度低下にたびたび見舞われることがありまして……。
 
ヨメ
Wi-Fi電波の安定性がもうちょっと欲しいよね。

そういう人にこそおすすめなのがメッシュWi-Fi

メッシュWi-Fiとは「網目状あみめじょうに張り巡らされたWi-Fiネットワーク」のことで、複数のメッシュWi-Fiルーターで、安定したネットワーク通信を供給してくれる方式です。


 

このたび僕は、ひょんなことからメッシュWi-Fiルーター導入の機会が訪れました。


 

それがこちらの「LINKSYS VELOP」です。


 

実はこちらのLINKSYS VELOP、Apple Storeでも取り扱われており、AirMacシリーズなき今、その後継機種とも称されています。

それだけあって、高いデザイン性にくわえ、スマホアプリだけで完結する接続設定、メッシュにしてはかなり高速と、三拍子そろった万能メッシュルーターなのです。

そんなわけで本記事は「【Linksys Velopレビュー】Apple推奨のメッシュWi-Fiルーター【AirMacの後継機種】」について書いていきます。

 

LINKSYS VELOPの外観と付属品

LINKSYS VELOP」は2.4GHzと5.0GHz、2種類の電波を持つデュアルバンドタイプのメッシュWi-Fiルーターです。

僕は2個セットをいただきましたが、部屋の広さに合わせて増設可能なメッシュルーターだけあり、単品3個セットも取り扱っています。

さらにハイエンドモデルのトライバンドタイプもあるので、デバイス数が多い人は、こちらを視野に入れてもいいでしょう。

【Linksys Velopトライバンド比較レビュー】おすすめのメッシュWi-Fiルーター【デュアルバンドとの違い】  
その外観は、デザイン審査の厳しいAppleにも認められるだけあり、スマートなフォルムをまとっており、四角柱の形状はおおよそルーターには見えません。

LINKSYS VELOPの外観
 
サイズは65 x 65 x 135mmとコンパクトで、部屋のどこに置いても邪魔しない大きさなのが助かります。

LINKSYS VELOPのサイズ
 
重さは約300gであり、もはやモバイルバッテリーと変わらないレベルの軽量性。

LINKSYS VELOPの重さは約300g
 
同梱品はVELOP x 2、電源アダプタ x 2、LANケーブル x 1のみのシンプル構成です。

LINKSYS VELOPの付属品

 

LINKSYS VELOPはスマホアプリだけで設定完了

LINKSYS VELOPの素晴らしい点のひとつは、スマホの専用アプリだけで接続設定が完了することです。

Linksys

Linksys

Belkin International, Inc.無料posted withアプリーチ

マクリン
ネットにくわしくない人でも簡単にできちゃいますよ!
 
VELOP本体はノード(ネットワークの中継点)とも呼ばれます。

接続設定自体は以下の4ステップだけで完了です。

  • STEP.1
    モデムにつなぐ
    ノードをモデムに接続します。

    LINKSYS VELOPをモデムにつなぐ

  • STEP.2
    プロバイダの接続情報を入力する
    プロバイダの契約情報に記載されている接続用ID・接続用パスワードを入れます。

    LINKSYS VELOPにプロバイダの接続情報を入力する

  • STEP.3
    無線LAN情報を設定する
    無線LANのSSID(ネットワークの名称)とパスワードを設定します。

    LINKSYS VELOPでSSIDとパスワードを設定

  • STEP.4
    設定完了
    ノードに名前(僕は置いている場所にしてます)をつけて、接続設定は完了です。

    LINKSYS VELOPの接続設定完了

Wi-Fiを拡大したい箇所に箇所に合わせ、2台目以降のノードを手軽に設置できるのもメッシュルーターの強み。


 
メッシュルーターによっては、複数台のノードをバランス良く置くのが難しいモデルもありますが、LINKSYS VELOPなら大丈夫です。

特許出願中の「Spot Finder」という技術を駆使し、速度の低下が生じず、最大のスループットが得られる配置を提案してくれます。

僕は1台をリビング、もう1台を一部屋離れた寝室に設置しましたが、おかげで「完璧です」とお褒めの言葉をちょうだいしました。

 

Sponsored Links

 

LINKSYS VELOP専用アプリでできること

LINKSYS VELOPのネットワーク管理もすべてスマホ専用アプリから行うことができます。

Linksys

Linksys

Belkin International, Inc.無料posted withアプリーチ

マクリン
アプリの使い勝手が実に優秀なんですよ!
 
ダッシュボードではルーターの接続機器数が分かります。

LINKSYS VELOP専用アプリのダッシュボード
 
機器数をタップすると、どのデバイスがいずれのノードと2.4/5.0GHzいずれの周波数帯でネットワーク接続しているか、確認できるようになっています。

LINKSYS VELOP専用アプリの接続機器数

マクリン
メッシュルーターはルーター側で自動的に周波数を振り分けてくれるから、その点もラクなんですよ!
 
ペアレンタルコントロールもアプリから行えて、お子さんのネット使用時間の予定や特定サイトへのアクセス制限も簡単に設定できます。

LINKSYS VELOP専用アプリのペアレンタルコントロール

ペアレンタルコントロール
子供によるWi-Fiデバイスの利用を、親が制限するシステムのこと。具体的には、指定したデバイスの使用時間を制限することができる。
 
デバイスごとの優先度付けにも対応しており、動画配信サービスを利用するデバイスは、こちらに登録しておくといいでしょう。

LINKSYS VELOP専用アプリのデバイスごとの優先度付け
 
アプリ上で速度計測では、モデムとルーター間の通信速度を確認することができます。

LINKSYS VELOP専用アプリの速度検査

マクリン
他にはゲストアクセスの制限やMACフィルタリングなど、ルーターとして必要な機能もしっかりサポートしていますよ!
 

Sponsored Links

 

LINKSYS VELOPの通信速度を計測

我が家のプロバイダーはSo-net 光コラボレーションで、最大1GMbps対応の光ファイバー回線です。

 
まずはリビングに設置した1台目ノードから測定しました。

LINKSYS VELOPデュアルバンドの通信速度

下り速度は50Mbps近くあり、そこそこのスピードが出ていました。

通信速度では劣るといわれるメッシュ式で、この結果は嬉しい誤算でした。

寝室に2台目のノードを設置しましたので、こちらでも計測。

寝室に2台目のLINKSYS VELOP設置

マクリン
中継機を使っていなかったこともあり、トライバンドルーターでは寝室にWi-Fiがほぼ届いてなかったんですよね……。
 
Wi-Fiエリアを拡大できるメッシュルーターの強みが、はたして発揮されているのか気になるところ。

ということで、その計測結果。

LINKSYS VELOPデュアルバンドの通信速度

マクリン
なんと、リビングのノードとほぼ変わらない速度を示していました!
 
さすがメッシュルーターだけあり、場所によるWi-Fi電波の強弱がほぼ見られない結果となっていました。

おかげでベッドでまどろみながら、スマホでさくさくネットサーフィンできています(^q^)

我が家では恩恵ありマクリンのメッシュルーターですが、ひとつだけ注意点があります。
 

マクリン
それはLANポートが少なすぎること……!

LINKSYS VELOPのLANポートは2つ

しかも、このうち1つはモデムとの接続で使ってしまうため、実質1つです。

我が家のように、有線LANオンリーのデバイスが多いと、どう考えても足りません。
 

マクリン
そういうときはスイッチングハブを使いましょう!

残り1つのLANポートをこちらのスイッチングハブにつないで増設し、どうにかやりくりできています。

これが無ければメッシュルーター自体をあきらめるところでしたw

どこにでも調和する、シンプルスマートなデザインながら高機能。

LINKSYS VELOPは、Wi-Fiデバイスが増えた環境下でも安定したインターネット接続を得たい人にこそ、おすすめするルーターです。

モバイルは左スライドで全表示

項目スペック
ワイヤレス規格IEEE 802.11b/g/n 2.4GHz
IEEE 802.11ac/n 5GHz
周波数2.4GHz、5.0GHz
最大通信速度(理論値)【2.4GHz】400Mbps
【5.0GHz】867Mbps
ワイヤレスセキュリティWPA2 パーソナル暗号化
CPU716MHz クアッドコアCPU
インターフェースギガビット対応LAN/WAN互換ポート x 2
サイズ65 x 65 x 135mm
重量299g
 

LINKSYS VELOPレビューまとめ

本記事は「【Linksys Velopレビュー】Apple推奨のメッシュWi-Fiルーター【AirMacの後継機種】」について書きました。

メッシュルーター「LINKSYS VELOP」は、Wi-Fiデバイスがあふれマクリンかつ、広範囲で安定したインターネット環境を得たい人におすすめです。

軽量小型でどこに置いても邪魔にならないだけでなく、スマホから簡単にネットワーク管理もでき、ユーザビリティにすぐれた製品に仕上がっています。

マクリン
初のメッシュルーターですが、快適サクサクのネット生活を送れていますよ!
ヨメ
接続が切れることもないし、速度も変わらないから私も大満足♪

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【Linksys Velopトライバンド比較レビュー】おすすめのメッシュWi-Fiルーター【デュアルバンドとの違い】 メッシュWi-Fiとは? 中継器との違い・メリットデメリットを丁寧に解説 【おすすめのメッシュWi-Fiルーター比較】GoogleとVELOP・Orbi・TP-Linkどれがいい? 超高速トライバンドWi-Fiルーター「TP-LINK ARCHER C5400」設定・評判・レビュー 【TP-LINK ARCHER C5400レビュー】トライバンドルーターのハイエンド機種【設定・評判】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です