Amazonチャージで千円もらえるキャンペーン

【Soundcore Libertyレビュー】最大100時間の音楽再生を実現する完全ワイヤレスイヤホン【Anker】

 

どうも、ワイヤレスイヤホンにまみれるマクリン( @Maku_ring)です。

スマホでの音楽鑑賞に欠かせないのが、Bluetoothブルートゥース接続で全ケーブルを無くした完全フルワイヤレスイヤホン

快適で便利なフルワイヤレスですが、多くのワイヤレスイヤホンは連続再生時間が短いという弱点を抱えています。
 

マクリン
軽量化しないといけない関係で、バッテリー容量をそこまで増やせないんですよね……。

ですが、モバイルバッテリーのリーディングカンパニーであるAnkerがここに来て、その充電ノウハウをつぎ込んだモデルをリリースしました。

それがこちら、AnkerのイヤホンレーベルであるLibertyシリーズの「Soundcore Liberty」です。

Soundcore Libertyは、ベストセラー「Zolo Liberty」の次世代モデル。

硬いグラフェン採用のドライバーで没入感のある高音質はそのままに、再生時間を大幅に強化した製品に仕上がっています。

イヤホン本体だけで8時間、ケース併用でなんと100時間と、前モデルの約2倍以上に伸びました。

AAC対応かつBluetoothも4.2から5.0に進化し、途切れない高品質のサウンドが楽しめます。

そんなわけで本記事は「【Soundcore Libertyレビュー】最大100時間の音楽再生を実現する完全ワイヤレスイヤホン【Anker】」について書いていきます。

初回1000個で1600円分のAmazonポイント還元

MEMO
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

Soundcore Libertyの外観と付属品

Soundcore Liberty完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。

Soundcore Libertyは完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホン
 
耳からの飛び出しをおさえたコンパクト設計にくわえ、本体はイヤーウィングにおおわれ、グリップ性を重視したデザインとなっています。

Soundcore Libertyは耳からの飛び出しをおさえたコンパクトデザイン

ロングバッテリーモデルにもかかわらず、両耳あわせて約12gの重量におさまっています。

Soundcore Libertyのイヤホン重量は約12g
 
バッテリー内蔵のケースにイヤホン本体を収納することができます。

Soundcore Libertyのバッテリー内蔵収納ケース
 
ケースは約105gで、同社の軽量モデル「Soundcore Liberty Air」や「Soundcore Liberty Neo」が50g台なのでやや重いですが、長時間バッテリー搭載なので致し方ないところでしょう。

Soundcore Libertyのイヤホン収納ケースは約105gの重量
 
プラスティックケースではあるものの、しっとりした光沢感にロゴがオンされ上質な仕上がり。


 
ケースサイズは長さ8.8 x 幅5.0 x 高さ3.0cmで、イヤホンケースとしては少し大きいですが、ぎりハンディサイズです。

Soundcore Libertyのケースサイズは長さ8.8 x 幅5.0 x 高さ3.0cm

ケース側面には、充電用のMicro USB端子を備えています。

Soundcore Libertyのケース側面に充電用のMicro USB端子
 
バッテリーはイヤホン単体でも8時間(前は3.5時間)、ケース併用でなんと100時間(前は24時間)の使用が可能と、前モデルより連続使用時間が大幅に伸びました。

Soundcore Libertyはイヤホン単体で8時間、ケース併用で100時間使用可能

マクリン
100時間の再生可能時間は、もちろんAnker史上最長ですよ!
 
ヨメ
これならバッテリー切れで困ることはまずなさそうだね♪
 
急速チャージにも対応し、わずか15分の充電で2時間分の音楽再生に対応しています。

Soundcore Libertyは15分の充電で2時間分の音楽再生に対応
 
同梱品はイヤホン本体に充電ケース、イヤーチップ、イヤーウィング(イヤージャケット)、Micro USBケーブル、説明書です。

Soundcore Libertyの付属品

注意
アダプターは付いていませんので別途ご用意ください。
 

イヤーチップはS/M/Lの3種類、イヤーウィングはXS/S/M/Lの4種類あり、耳のサイズにあわせて細かい調整が可能です。

Soundcore Libertyのイヤーチップとイヤーウィング

MEMO
イヤーチップMサイズとイヤーウィングXSサイズは、本体取り付け済みです。
 

ケースを開閉することで、バッテリー残量が3段階のLEDランプで表示されます。

Soundcore Libertyはバッテリー残量確認用のLEDランプを備える

LED1個点灯 30%未満
LED2個点灯 30〜70%
LED3個点灯 70%以上

初回1000個で1600円分のAmazonポイント還元

 

Soundcore Libertyのペアリング

Soundcore Libertyのペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法はとても簡単です。

STEP.1
ペアリングモード
ケースから取り出すと、左右間で接続した後、右イヤホンが白点滅(左イヤホンはゆっくり点滅)するペアリングモードに入ります。

STEP.2
Bluetooth機器の接続設定
Bluetooth機器のBluetoothをオンにすると「Soundcore Liberty」が表示されるのでそちらを選びます。


STEP.3
ペアリング完了
Bluetooth機器との接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わります。


 

以上がペアリング方法です。

両イヤホンをつなぐステレオモードにくわえ、右イヤホン(親機)だけ接続するモノラルモードも備えています。

Soundcore Libertyは一度ペアリングさえすれば、次からケース取り出しだけで、自動で電源オンになってペアリングが開始するPUSH AND GO機能を搭載しています。

マクリン
自動オン&ペアリングは快適ですよ!

初回1000個で1600円分のAmazonポイント還元

 

Sponsored Links

 

Soundcore Libertyの装着感と音質

Soundcore Libertyは耳にはめ込んでから少しひねることで、GripFitジャケットのグリップが効き、しっかり固定されます。

Soundcore Libertyの装着性

マクリン
まったくズレ動かないので、スポーツやトレーニング時も安心ですね!
 
操作はボタン式かつ音量調整以外はイヤホンだけで可能となっています。

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • 右1秒押し 曲送り(次の曲)
  • 左1秒押し 曲戻し(前の曲)
  • 着信中(右/左)1秒押し 通話拒否
  • 通話中右1秒押し 通話切替
  • (右/左)2回押す 音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)
注意
音量調整は、音声アシスタント(Siri/Googleアシスタント)もしくは本体で操作してください。
 

Soundcore Libertyは、ドンシャリとまでは行かない、ちょうどいい量感のある低音と中音域を中心に、伸びやかなサウンドを響かせるイヤホンに仕上がっています。

ギターとドラムのスネア音の表現力が高く、タイトなロックとの組み合わせで、その魅力がさらに増すモデルです。

また、iPhoneなどiOS端末から良い音で楽しめる、高音質コーデックのAACに対応しています。

MEMO
AAC(AdvancedAudioCoding)コーデックはiOSで採用されている音声圧縮規格です。Android 8.0以降でも対応しています。
 
マクリン
Soundcore Libertyのために設計されたグラフェン採用ドライバー搭載だけあって、洗練された音を奏でてくれますよ!
Soundcore Libertyの評価
音質(中低音が得意)
(4.0)
連続再生時間(8時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX5)
(4.0)
総合評価
(4.5)

初回1000個で1600円分のAmazonポイント還元

 

Soundcore Libertyレビューまとめ

本記事は「【Soundcore Liberty Neoレビュー】完全防水&シリーズ最軽量の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】」について書きました。

Soundcore LibertyはLibertyシリーズ最長のロングバッテリーモデルで、ケース併用時には最大100時間使用可能という、バッテリー切れとほぼ無縁の完全ワイヤレスイヤホンです。

音質面も妥協なく仕上げられており、硬いグラフェン採用のドライバーで没入感のあるサウンドを響かせてくれます。

マクリン
僕のようなロック好きには、かなりおすすめの完全ワイヤレスイヤホンですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

初回1000個で1600円分のAmazonポイント還元

【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン14選【1万円台以下】 【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoレビュー!音質と防水を強化したシリーズ最軽量の完全ワイヤレスイヤホン 【Zolo Liberty+レビュー】完全防水&周辺音取り込み機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】 【Soundcore Liberty Airレビュー】完全防水&スリム設計の完全ワイヤレスイヤホン【Anker】 【Mpow T5(M5)レビュー】AAC・aptX両対応&軽量小型の完全ワイヤレスイヤホン【QCC3020搭載】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ