おすすめのガジェット

【Kindle Oasisレビュー】シリーズ最大の画面サイズで学びを加速化する電子書籍リーダー【評判・口コミ】

自宅でも職場でも通勤時も読書しマクリンまくり @Maku_ring)です。

ところが家に本が多すぎてとうとう持ちきれなくなりました。

本を読みたいけれど置く場所に困る人は多いはず。

そんなときに購入したのが、Kindleシリーズのフラグシップモデル「Kindle Oasis」です。

Kindle Oasisの外観

Kindle Oasisは、シリーズ最大の画面で読書が可能で、さらに300ppiの高解像度ディスプレイを搭載しています。

防水機能も付き、容量は8GBと32GBの2種類です。

容量の目安
8Gなら約140冊、32GBなら650冊の漫画を保存でき、書籍なら数千冊もダウンロード可能。
マクリン
まさに持ち歩ける本棚ですね!

そんなわけで本記事は「【Kindle Oasisレビュー】シリーズ最大の画面サイズで学びを加速化する電子書籍リーダー【評判・口コミ】」について書いていきます。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。プロフィール詳細

Kindle Oasisの概要

僕が購入したのは、Kindle Oasisで32GBの広告なしモデルです。

Kindle Oasisで32GBの広告なしモデル

通常のデバイスのように真っ黒な画面ではなく、モノクロの絵が常に表示されます。

そのおかげで、画面が多少キズついても見えないので気になりません。

さらに、Kindle Paperwhiteにはないページめくりボタンがついています。

マクリン
2つのボタンがあるだけで、片手での本の読み心地は抜群!

床置きサイズは159 x 141 mmと、一般的なスマホの2倍程度でちょうど良い大きさです。

Kindle Oasisのサイズは159 x 141mm

裏側はAmazonのロゴがついたシンプルなデザイン。

素材はアルミニウムで、つるつるしていて冷たい触感が心地よく、段差が設けられています。

Kindle Oasisの素材はアルミニウム

手に上手くフィットし、すべりやすい素材なのに持ちやすくなっています。

上側には電源ボタンがあります。

Kindle Oasisの電源ボタン

見てのとおり本体は極薄で、最薄部はなんと3.4mm

下側にはmicroUSBの充電ポートがひとつあります。

Kindle OasisのmicroUSBポート
 
付属品はケーブルのみなので、充電器は別途用意する必要があります。


 

Kindle Paperwhiteとの端末比較

Kindle OasisとKindle Paperwhiteの基本スペックは以下のとおりです。

価格 29,980円〜 13,980円〜
ディスプレイ 7インチ反射抑制スクリーン 6インチ反射抑制スクリーン
カラー ブラックのみ ブラック、トワイライトブルー、プラム、セージ
サイズ 159 x 141 x 3.4-8.4 mm 167 x 116 x 8.18 mm
重さ 188g WiFi:182g
WiFi + 無料4G:191g
容量 8GB / 32GB 8GB / 32GB
解像度 300ppi 300ppi
ライト LED 25個 LED 5個
広告 あり / なし あり / なし
接続方法 WiFi / WiFi + 無料4G WiFi / WiFi + 無料4G
防水機能 IPX8 IPX8

Kindle OasisはKindle Paperwhiteのハイエンドモデルという位置づけです。

そのため、読者の読みやすさを重視した機能性と有しています。

具体的には以下の機能が追加されました。

Kindle Oasis限定機能の例
  • フロントライトの色調整によりブルーライトをカット
  • 明るさの自動調整で目への負担を最小限に
  • ボタンでの快適なページめくり
  • 自動画面回転機能
  • 持ちやすいように工夫された形
マクリン
価格重視ならPaperwhite、機能性重視ならOasisがおすすめですよ!

初期設定

初期設定はシンプルです。

初期設定で聞かれること

  • 使う言語
  • WiFiとパスワード
  • Amazonアカウント情報
  • Kindle Unlimitedを使うかどうか

初期設定の入力はすぐに終わります。

しかし、ソフトウェアアップデートなどの待ち時間があります。

5〜10分くらいは時間がかかるので、届いたらとりあえずアップデートしておくのがおすすめです。

マクリン
使いはじめると読書量が増えるので、Kindle Unlimitedは簡単に元がとれますよ!
TRY NOW

30日間の無料期間後は月額980円。

 

アクセサリー

Kindle Oasis購入時に追加できるアクセサリーは以下の3つです。

アクセサリー

  • 保護フィルム
  • カバー
  • 延長保証

 
安い保護フィルムを買うと画面の質感が台無しになるので、良いものを買うようにしましょう。

微妙な保護フィルムを買うくらいなら、貼らなくてもOK。

折りたたみ式のカバーをつければ、画面にキズがほとんどつきません。

僕はこちらの保護フィルムを使っています。

紙のような触り心地で、指紋がつきにくい素晴らしいフィルムでした。

また、誰でも簡単に保護フィルムが貼れるよう配慮されています。

カバーはリーズナブルなものを選びました。

着脱が簡単で、本体をキズから守ってくれるので充分な性能です。

Kindle Oasisの保護ケース
 
すべりにくい素材で片手での読書も快適にできます。

Kindle Oasisのレビュー

実際に使って感じたKindle Oasisの特徴を紹介します。

 

まるで紙の本のような電子書籍

画面の触り心地は、他のタッチパネルとひと味違います。

引っかかるような感覚がなく、ページのめくり心地が最高です。

さらにE Ink技術を使ったディスプレイにより、まるで紙の本を読んでいるような感覚になります。

Kindle OasisのディスプレイはE Ink技術搭載

刺激が少なく目が疲れにくいので、長時間の読書も楽にできます。

また、ブルーライトカット性能も高く、寝る前に画面を見ても睡眠の質を下げません。
 

片手で快適に読める抜群の操作性

Kindle Oasisには、片手で読書できる快適機能がそろっています。

機能の例

  • 画面が反転する
  • 工夫されたタッチパネル
  • ページめくりボタン

 
まず、画面が自動で反転するので、向きを気にする必要がありません。



タッチパネルの範囲も工夫され、ボタンがないほうの手でも操作が簡単です。


 
タッチパネル側での操作


 
一方でページめくりボタンも使いやすく、なめらかに操作できます。

Kindleのページめくり感
ページの切り替わる動きに違和感を感じた方がいると思います。僕も最初は気になりましたが、1週間以内に慣れて読書に集中できるようになりました。
 
このように、Kindle Oasisは軽くて操作性が抜群なので、さまざまな状況で読書できます。

片手で読書したい場面
  • 電車の中で立ちながら
  • 寝る前に布団に入って
  • お風呂でのんびりと
 

細かい字も読みやすい画面の大きさ

「スマホのKindleアプリで表や小さな文字が読めなかった……」という経験はありませんか?

その点Kindle Oasisは、画面が大きく写真や表の文字も読みやすくなっています。


 
さらにレイアウトを変更できる要素が多いのも特徴です。



レイアウトを変更できる要素

  • 文字の大きさ
  • 文字の多さ
  • 文字のフォント
  • 行間の広さ
  • 余白の広さ
  • 本の向き
  • 時計の表示
レイアウト変更が役立つ具体例
  • 時計を表示すれば、出勤前の微妙に残った時間でも読書しやすい
  • 簡単な小説は小さな文字にしてスラスラ読める
  • 難しい本は余白を増やして達成感を感じながら読める

Kindle Oasisなら画面が大きい分、レイアウト変更の幅が広く、読みやすさをどこまでも追求できます。
 

ハイライトとメモ機能でポイントを整理

ハイライトとメモ機能を使えば、大切なところを何度も読み返せます。

手順も簡単で、メモに残したい文章をタッチし、出てきたメニューからメモを選択するのみです。

Kindle Oasisのメモ機能

ハイライトをしたい場合は、メニューからハイライトを選んでください。

メモやハイライトした文章は、どのページからでも一瞬で飛べます。

メモやハイライトに移動する手順
  1. 画面上部をタッチしてメニューを表示
  2. 移動をタップ
  3. メモ


マクリン
ここでメモではなく目次を選ぶと、好きなページに飛べますよ!

また、分からない言葉があれば、文字を長押しするだけで調べられます。

紙の本のように、スマホでわざわざ調べるわずらわしさがありません。

使えるツール

  • 辞書
  • Wikipedia
  • 翻訳
意味の分からない言葉があってモヤモヤする……
メモしたいけれど紙の本を汚すのが嫌だ……

といった悩みは、Kindle Oasisで即解決です。

 

水洗いできて汚れても大丈夫

Kindle OasisはIPX8の高い防水性能を持っています。

IPX8
水深2mの水槽に60分間の水没で浸水がないことを示す防水規格です。

もしお風呂で手がすべって水没しても大丈夫です。

汚れが気になったときも、水洗いでスッキリできます。

僕はよく画面を水拭きして掃除しています。

マクリン
細かい汚れが気になる方にはありがたい機能ですね!

Sponsored Links

 

Kindle Oasisをおすすめする人

Kindle Oasisをおすすめする人は以下のとおりです。

本気で読書時間を増やしたい人

Kindle Oasisを買えば読書時間が増えます。

なぜなら「お金を払ったんだから使い込まなくては」と思えるからです。

僕は実際、Kindle Oasisを買ってから毎日30〜60分の読書習慣が身につきました。

図書館で本を借りたけど読まずに返した……

ネットで副業のやり方を調べたけど実践したことはない……

という経験はありませんか?

Kindle Oasisを買ってしまえば、勉強時間が増えて行動力が高まります。

マクリン
お金をかけて得た知識はやはり使いたくなるものです!

タイミングを問わずに読書をしたい人

Kindle Oasisでダウンロードできる本のジャンルは多く、その数なんと700万冊以上

Kindleで読める本のジャンル

  • ビジネス本
  • 小説
  • 漫画
  • 雑誌
  • 洋書

 
これらをほとんどの場所で読めるのがKindle Oasis。

タイミング例
  • 目に優しいから寝る前もOK
  • 防水なのでお風呂でも安心
  • 機内モードで飛行機のなかでも大丈夫
  • 充電式だから通勤、通学のスキマ時間に
  • 机に向かって集中した読書もできる

読書習慣を作るのにこれ以上のツールはないでしょう。

ちなみに「公式に充電が6週間持つと書いてあるのに持たない」という口コミをよく見ます。

6週間は確かにもちませんが、週に1、2回の充電で済むので、バッテリーに不満はありません。

マクリン
ライト調整で使える時間を延ばせるのはひとつのメリットです!

快適な読書を追求する人

Kindle Oasisは、紙の本と比べても快適な読書ができます。

Kindle読書が快適な理由
  1. 1つの端末ですべての本が読める
  2. 片手で簡単にページをめくれる
  3. 見た目が紙の本に近い
  4. レイアウトが自由自在
  5. 画面の明るさをコントロールできる

紙の本は両手を使ってページをめくりながら読みますが、Kindle Oasisは片手でスラスラ。

そのうえ、本がひとつの端末に入っているので、整理整頓の手間がありません。

おまけにE Ink技術により、紙の本の雰囲気も味わえます。

画面の明るさ・暖かさは、設定から自分好みに変えられます。

目が慣れれば画面を自動的に暗くする機能もあり、長時間の読書にも最適です。

さらにダークモード搭載で、暗い場所でも目への負担を最小限にできます。

Kindle Oasisはダークモード搭載

例えば夜の車内など、電気をつけられない状況でも本が読めるようになります。

Kindle Oasisは、読書好きのマストバイデバイスです。

Kindle Oasisをおすすめしない人

Kindle Oasisをおすすめしない人は以下のとおりです。

参考書のように使いたい人

参考書のように、同じページを何度も行ったり来たりしたい人は、Kindle Oasisに向いていません。

その理由は、好きなページにすばやく移動する能力は紙の本に劣るからです。

紙の本なら一瞬で開けるページも、電子書籍は何回かタッチしなければなりません。

そのため、ページをスキップする回数が多いほど少し面倒になります。

辞書のように仕事で毎日使っている!

という本は、紙の本で買うのがおすすめです。
 

本への投資ができない人

Kindle Oasisのデメリットは、2万円以上かかることです。

そして、Kindle Oasisを買ってからも多くの本を買うことになります。

Kindle Unlimitedは月額980円で読み放題。

面白い本もたくさんそろっていますが、やはりベストセラーの良書は有料です。

そのため、以下に当てはまる人はKindle Paperwhiteで充分です。

  • 読書を習慣化するつもりがない
  • たまに本を読めればいいと思っている
  • お金がないからあまり本を買いたくない

 

読書以外の機能に期待する人

Kindle Oasisは読書をするためのデバイスです。

ブラウザやYouTubeなど、読書以外の操作性は低いといえます。

ブラウザの操作性が低い理由
  • スクロールが遅い
  • 画面がカクカクする
  • 速度が遅い

ただし、Kindle Oasisのブラウザは目に優しいという点ではトップクラスです。

どうしてもブルーライトを浴びたくないタイミングで、検索したいことがあるときは活躍します。

Sponsored Links

 

Kindle Oasisの評判・口コミ

では、Kindle Oasisユーザーは実際どう感じているのでしょうか?

Twitterでの口コミや評判をまとめてみました。

高いといわれることが多いものの、購入者の満足度は全体的に高いことがうががえます。

Kindle Oasisレビューまとめ

本記事は「【Kindle Oasisレビュー】シリーズ最大の画面サイズで学びを加速化する電子書籍リーダー【評判・口コミ】」について書きました。

Kindle Oasisの魅力は読みやすさや操作性など多岐にわたります。

Kindle Oasisの特長

  • 画面が大きく読みやすい
  • ブルーライトがカットされて疲れにくい
  • ページめくりボタンによる操作性が素晴らしい
  • 本を整理する手間が省ける
  • 防水機能でお風呂でも本が読める
  • 読書が習慣化する電子書籍リーダー

Kindle Oasisはぶっちゃけ高いですが、価格以上に機能性が素晴らしいデバイスです。

マクリン
3万円以内でムダな時間を有意義な読書タイムへと変換できると考えれば安い!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした!

【Kindle Paperwhiteレビュー】どこでも快適に書籍が読めるAmazonの電子書籍リーダー! 今さら聞けないKindle Paperwhiteの使い方をやさしく解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です