楽天お買い物マラソンにエントリー

JMGO O1 Proをレビュー!真上・真下に投影できるコンパクトな超短焦点プロジェクター

評価:4

どうも、ホームプロジェクター好きのマクリン( @Maku_ring)です。

大画面で映像を楽しみたいなら、TVより場所をとらないプロジェクターがおすすめです。

白い壁さえあれば、距離を必要とせずに投影できる超短焦点プロジェクターが「JMGO O1 Pro」です。

JMGO O1 Pro本体

ライカ社、Dynaudio社といったプレミアムブランドとの協業により、省スペースかつ高画質・高音質を実現しています。

Androidをベースとした独自OS「Luna OS」を搭載し、エンタメ性も充実。

マクリン
これ1台で映像の楽しみ方が広がること間違いなし!

本記事では「【JMGO O1 Pro レビュー】真上・真下に投影できるコンパクトな超短焦点プロジェクター」 について書いていきます。

ご提供品

本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。

メリット
  • 超短焦点
  • 高画質
  • 高音質
デメリット
  • 高額
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

JMGO O1 Proの外観と付属品

JMGO O1 Pro」は、プレミアムブランドと共同開発された超短焦点プロジェクターです。

JMGO O1 Pro本体

製品名 JMGO O1 Pro
サイズ 約380 × 312 × 117mm
重さ 約4.3Kg
明るさ 1500ANSIルーメン
解像度 1920 × 1080
スピーカー 10W × 2
ワイヤレス規格 2.4GHz/5.0GHz・Bluetooth 4.0
OS Luna OS
価格 184,800円

 

箱のサイズは490 × 380 × 170mmでフタ部分にマグネットがつき、パタっと簡単に開け閉めできます。

JMGO O1 Proの箱のフタ部分にはマグネットがついている
JMGO O1 Proの箱の中身
マクリン
本体も収納しやすい!

シルバーで丸みのある外観は高級感があり、どんなインテリアにもマッチするデザインです。

JMGO O1 Proはシルバーで丸みのある本体
 
サイズは312 x 380mmで、A4のクリアファイルより大きめ。

JMGO O1 Proのサイズは縦312mm、横380mm
 
重さは4.3Kgで、少しずっしり感があります。

JMGO O1 Proの重量は4.3Kg
 
裏面の四隅に滑り止めがついています。

JMGO O1 Proの裏面に四隅に滑り止めがついている
 
スピーカーは両サイドに内蔵しています。

JMGO O1 Proの両サイドにスピーカー

 
ポートには、HDMI(ARC対応)× 1、HDMI2.0 × 1、USB2.0 × 2、DCポート、LANポートの差込口があり、さまざまな機器との接続が可能。

JMGO O1 Proのインターフェース

これだけあると、家庭用ゲーム機、Blu-rayプレイヤー、FireTVStick、USBメモリ、ゲームコントローラーなどをつなげられ、拡張性は抜群です。

付属品はリモコン、リモコン用の充電コード、電源ケーブル、電源アダプターです。

JMGO O1 Proの付属品

 
リモコンは充電式で軽く、操作性にすぐれています。

JMGO O1 Proの充電式リモコン
 
「JMGOアプリ」をインストールすると、スマホをリモコンとして使用できます。

JMGO

JMGO

SHENZHEN HOLATEK CO.,TLD無料posted withアプリーチ

 
さまざまな言語で書かれたユーザーマニュアルは、ポイントをしぼってわかりやすく書かれています。

ユーザーマニュアル
ユーザーマニュアルの中身

JMGO O1 Proのレビュー

JMGO O1 Proの特徴を紹介します。

 

投影場所に困らない超短焦点プロジェクター

JMGO O1 Pro投影面までの距離をほとんど必要としないので、設置場所に困りません。

台の上に置いて投影すれば真上に投影され、床の上に置けば真下に投影されます。

70〜110インチに対応しています。

JMGO O1 Proは超短焦点

プロジェクターと壁との距離 9.5cm 14cm 19cm 23.5cm 28cm
投影サイズ 70インチ 80インチ 90インチ 100インチ 110インチ

こだけ短焦点だと、通り道をふさいだり、プロジェクターの前を歩き、まぶしい思いをしたりしなくて済みます。
 

高画質・高音質

JMGO O1 Proは1500ANSIルーメン、解像度はフルHDで映像を投影でき、HDR10にも対応しています。

JMGO O1 Proのホーム画面
 
真昼間はさすがに画面の色が薄くなってしまい、視聴しにくいです。


 
しかし、薄暗くなった18時くらいから観るか、真昼間でもカーテンを閉めて電気を消すかすれば、しっかり視認できるようになります。


 
明るい部屋でも暗い部屋でもくっきりはっきりと映ります。



 
暗い部屋で視聴する際にまぶしく感じる場合は、低ブルーライトモードの設定ができます。

JMGO O1 Proの低ブルーライトモードの設定

マクリン
少し黄色がかった映りになり、目にやさしいですよ!

JMGO O1 Proには、Androidをベースとした独自OS「Luna OS」を搭載し、You Tube・Disney+・Amazon Prime Video・NETFLIXがプリインストールされています。

JMGO O1 Proのアプリ群
 
その他にもビデオ、ニュース、音楽、スポーツ、ゲーム、学び、ライフスタイル、ツールの8つのカテゴリの中に、たくさんのアプリが搭載されています。

JMGO O1 Proのビデオアプリ
JMGO O1 Proのニュースアプリ
 
ドローンさんの動画を投影したところ、木々の色味に鮮やかさと立体感があり、沢の流れも鮮明に映っていました。


 
ただ超短焦点ということもあり、壁に凹凸があると、オーケストラなど人がたくさん映っている映像は少し粗く映ってしまいます。

JMGO O1 Proのオーケストラの映像

音質に関しても、デンマークのハイエンドスピーカーメーカー「Dynaudio」との共同開発により、パワフルなステレオサウンドを実現しています。

本体の両サイドに各10Wのスピーカーを搭載し、部屋全体に音が広がります。

JMGO O1 Pro本体のスピーカー

マクリン
低音と高音の聴こえ方に差がなく、1つ1つの楽器の音がすごくクリアに聴こえました!

JMGO O1 Proはこんな人におすすめ

JMGO O1 Proは「特別な投影場所を確保せずに、プロジェクターで高画質・高音質な映像を楽しみたい人」におすすめです。

実際もつとずっしりとした感じはありますが、超短焦点のわりにはコンパクトに仕上がっています。

しかし、もっとコンパクトな本体がいいという場合は、少しお手頃なモデルであるXGIMI Elfinも選択肢に入れるといいでしょう。

JMGO O1 Proレビューまとめ

本記事は「JMGO O1 Proをレビュー!真上・真下に投影できるコンパクトな超短焦点プロジェクター」について書きました。

投影場所に困らない超短焦点プロジェクターであるうえ、1500ANSIルーメンの明るさ、10Wのスピーカーから放たれる快適なサウンドをもつJMGO O1 Pro

動画視聴や仕事、エンタメの可能性を間違いなく広げてくれます。

マクリン
搭載アプリが豊富なのでいろんな楽しみ方ができ、一人暮らしにもファミリー向けにも最適!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 超短焦点
  • 高画質
  • 高音質
デメリット
  • 高額

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。