Amazonチャージで1000円キャンペーン

【iPhoneXS口コミ・レビュー】iPhone 7との違い比較・外観・基本操作・カメラ【機能まとめ】

 
どうも、iPhone 7からiPhone XSテンエスに乗り換えたマクリン( @Maku_ring)です。

iPhone XSはiPhone Xテンの後継機種にあたります。

iPhone Xは、これまでのiPhoneにない、数々の新機能が盛り込まれたモデルですが、それだけに機能の成熟度に改善の余地がありました。

そこでiPhone Xをベースに磨きをかけ、使い勝手の向上と弱点の解消を図った機種がiPhone XSです。

そのお値段はもはやノートPC並みにまで上がってきています。
 

マクリン
じゅ、11万超えですと……!?


 

11万円を超えるiPhoneが、おごそかな箱に包まれて我が家にやってきました。

iPhone XSの外箱
 
iPhoneは、外箱の上蓋うわぶたが全開する秒数にまで、こだわりを持って作られています。
 

マクリン
ワクワク感を大切にしているからですね!
 
せっかくなので「iPhone XS開封の儀」を動画に収めました。

マクリン
この瞬間はいつもたまりませんね〜!

そんなわけで本記事は「【iPhoneXS口コミ・レビュー】iPhone 7との違い比較・外観・基本操作・カメラ【機能まとめ】」について書いていきます。

CHECK NOW

 

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンです。ガジェット8割・家電2割の比率で、さまざまな商品をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

iPhone XSの外観と付属品

iPhone XSは電源を立ち上げると、いま使っているiPhoneを近づけるだけで、既存のApple IDでサインインできるクイックスタートに対応しています。

iPhone XSの外観

マクリン
そのおかげで初期設定がスムーズに進みますよ!
 
iPhone XSは2種類の電話番号が使えるデュアルSIM仕様ですが、SIMカードが物理的に2枚入るわけではありません。

iPhone XSはデュアルSIM仕様

もう1枚のSIMは本体内蔵のeSIMです。

eSIMは電話番号情報を電子的に書き込む形式であり、国内のキャリアはいずれも対応していませんので、将来的な実装に期待したいところ。

iPhone XSはXと同じくベゼルレス(フチ無し)であり、ディスプレイの表示範囲が大きいのが魅力です。

iPhone XSはベゼルレス
 
ベージュがかったゴールドは上質感たっぷりで、鏡面に磨き上げられたガラス素材とよくマッチしています。

iPhone XSのベージュがかったゴールドは上質感たっぷり
 

iPhone XSのカメラはデュアル仕様で、2つのレンズが縦に配置されています。

iPhone XSのカメラはデュアル仕様
 
カメラ自体が高機能になっているため、ユニットの小型化が難しく、1mm程度のでっぱりは致し方ないところ。

iPhone XSのカメラユニット
 
iPhone XSの側面は、光沢のあるステンレススチール(SUS)製となっており、耐久性と耐食性(さびにくさ)にすぐれています。

iPhone XSのSUS(ステンレススチール)製

マクリン
あとは高級感もバッチリ!
 
底面にはスピーカー穴とLightning端子を備えています。

iPhone XSの底面はLightning端子
 
ディスプレイから向かって右側にサイドボタン、左側にはマナーモードスイッチと音量ボタンが付いています。



 
iPhone XSの付属品は、イヤホン・Lightningケーブル・USB充電器と、往年のラインナップです。

iPhone XSの付属品

それではiPhone XSの機能面を、7との比較から紹介していきます。
 

CHECK NOW

 

iPhone XSとiPhone 7の違いを比較

iPhone XSはベゼルレスのため、それほど大きく感じません。

iPhone XSの大きさ

マクリン
大人男性の片手にちょうど収まるサイズ感ですよ。

ただし重さは174gで、iPhone 7の138gと比べると25%ほど重いですが、重心のバランスが良いためか、持っていても苦にはなりませんでした。

それではiPhone XSと7のスペック比較をしていきます。
 

iPhone XSは5.8インチの有機ELディスプレイ採用

iPhone 7と比べると、そのサイズはほとんど変わりませんが、ディスプレイサイズは大きく異なります(7:4.7インチ XS:5.8インチ)。

iPhone XSとiPhone 7の外観比較

マクリン
同じサイトを見ても、表示範囲の差は歴然!
 
また、ディスプレイの色からも分かりますとおり、同じ明るさにしてもiPhone 7とXSでは発色が顕著けんちょにちがい、液晶と有機ELの実力差がそのまま現れています。

iPhone 7とiPhone XSの発色比較

iPhone XSは明るいのに加え、カラーが自然で目にやさしく、紙の質感に近いものを感じます。

有機ELディスプレイは、液晶で使用されているバックライトを使わず、素子自身が光を出します。

したがって、液晶で見られるような、色ムラやにじみがなく、ナチュラルな色表現ができるのです。
 

マクリン
有機EL採用のメリットが活かされてる部分ですね!
 
デフォルトで用意されている壁紙は、複雑な色彩表現がなされていますが、iPhone XSの有機ELディスプレイは見事に表現しています。

iPhone XSの有機ELディスプレイの壁紙

AppleはiPhone 7のディスプレイを「Retinaレティーナディスプレイ」と名付けているのに対し、iPhone XSを「Super Retinaディスプレイ」と位置付けています。

マクリン
アップルがiPhone XSのディスプレイに相当な自信を持っていることが伺えますね!
製品名iPhone XSiPhone 7iPhone X
ディスプレイ5.8インチ有機EL4.7インチ液晶5.8インチ有機EL
解像度2436 x 1125ドット1334 x 750ドット2436 x 1125ドット
サイズ70.9 x 143.6 x 7.7mm67.1 x 138.3 x 7.1mm70.9 x 143.6 x 7.7mm
重さ177g138g174g

 

iPhone XSは顔認証のFace IDを搭載

iPhone XSと7の大きなちがいのひとつが、ロック解除・承認のシステムが指紋認証(Touch ID)ではなく顔認証(Face ID)だということです。

iPhone XSは顔認証のFace IDを搭載
 

iPhone Xでは認証精度にやや疑問符がつくところもありましたが、iPhone XSはそこも進化しており、顔認証が抜群の早さで完了します。

iPhone XSのFace ID

マクリン
もはやいつ終わったのか、分からないくらいのスピード感ですね!

この処理速度には、iPhone XSが搭載しているCPU(脳みそ)の性能が関係しています。

iPhone XSは、7に載っているCPUより2世代先のA12を採用しています。

製品名iPhone XSiPhone 7iPhone X
CPUA12 BionicチップA10 FusionチップA11 Bionicチップ

iPhone XSのA12は、iPhone Xに搭載のA11よりも15%高速な性能コア x 250%効率的な効率コア x 4から成る6コアアーキテクチャーと、50%高速化した4コアGPU(グラフィックボード)で構成されています。

マクリン
数字の羅列られつで分かりにくいと思いますが、とにかく画像処理で高いパフォーマンスを発揮するということです。
 

iPhone XSはワイヤレス充電規格Qiを搭載

iPhone 7からの変更点として、iPhone XSはワイヤレス充電規格のQiチーを搭載している、という点があります。

iPhone XSはワイヤレス充電規格Qiを搭載

ただし本体にはワイヤレス充電器が同梱されていません。

iPhone XS/XS Max/XR用のスタンド型Qiワイヤレス充電器「Anker PowerWave 7.5 Stand」を購入することをおすすめします。

Anker PowerWave 7.5 Standの詳細レビューはこちら

マクリン
従来どおりLightning端子での有線充電もできますよ。

地味にすばらしいポイントが、iPhone XSのLightningポートがPD(Power Delivery)に対応している点です。

iPhone XSのLightningポートはPD対応

USBの給電規格のひとつ、PDに対応していることで、従来よりも高出力での充電が可能となります。

PD対応のUSB-C充電器「Anker PowerPort Ⅱ PD」と「Apple Lightning USB-Cケーブル」を組み合わせることで、30分で最大50%の急速充電が可能です。

Anker PowerPort Ⅱ PDの詳細レビューはこちら

 

iPhone XSはホームボタンを廃し豊富な操作アクションを用意

iPhone XSにはホームボタンがありません。

その代わり、豊富な操作アクションが用意されています。
 

マクリン
はじめは操作にとまどうかもしれませんが、慣れればこちらのほうが断然使いやすいですよ!
 
基本操作の一例を紹介します。

コントロールセンター

ディスプレイの右上をスワイプすることで、コントロールセンターが呼び出せます。

マクリン
iPhone XSはコントロールセンターで見ると、バッテリー残量が%表示されますよ。

 
ホーム画面の表示

アプリ起動中に画面中央下のバーを下 上にスワイプすると、ホーム画面にもどります。


 
アプリ表示・タスクキル

アプリ起動中にバーを上にスワイプして止めると、アプリ表示やタスクキルができます。


 
アプリ切り替え

アプリ起動中にバーを横にスワイプすると、アプリを高速で切り替えることができます。


 
スクリーンショット

サイドボタンと音量+ボタンを同時押しすることで、スクリーンショットが可能です。

 
電源オフ

サイドボタンと音量ボタン(±どちらでもOK)を同時に長押しすることで、電源オフ画面を表示します。

マクリン
iPhone XSのCPUが優秀なので、動作は全体的にサクサクですよ!
 

iPhone XSはデュアルカメラ搭載で光学ズーム対応

iPhone XSはデュアルカメラを搭載しています。

iPhone XSはデュアルカメラ搭載
 
これにより、iPhone 7ではできなかった、画質劣化なしの光学ズーム(2倍)が可能です。

iPhone XSは光学ズーム(2倍)ができる
 

また、ポートレートモードを備えており、フォーカスを合わせたいところだけ合わせ、他の箇所を意図的にボカすことができます。

iPhone XSはポートレートモード搭載

マクリン
いわゆる玄人くろうとっぽい写真が撮れちゃいますよ!
 
僕の撮影スキルが微妙で違いが分かりづらいですが、フォーカスの位置を変えて、際立たせたい被写体を自在にコントロールすることが可能です。

iPhoneの箱にフォーカスの合った写真

 
ガラケーにフォーカスの合った写真

製品名iPhone XSiPhone 7iPhone X
メインカメラ1200万画素 x 2
F値1.8、2.4
1200万画素
F値1.8
1200万画素 x 2
F値1.8、2.4
インカメラ700万画素 x 2
F値2.2
700万画素
F値2.2
700万画素 x 2
F値2.2

 

iPhone XSは防水性能とバッテリーが向上

iPhoneは7以降、防水仕様となっていますが、iPhone XSになってその性能はさらに向上しています。

iPhoneの防水性能

  • iPhone 7 IP67等級(水深1mで30分間耐えられる)
  • iPhone X IP67等級(水深1mで30分間耐えられる)
  • iPhone XS IP68等級(水深2mで30分間耐えられる)

 
またiPhone XSは、消費電力の小さい有機ELディスプレイを採用しているおかげで、全体のパフォーマンスが上がっているにも関わらず、バッテリー(連続通話時間)も伸びています。

製品名iPhone XSiPhone 7iPhone X
連続通話時間21時間30分14時間21時間
マクリン
iPhone XSは、7よりもバッテリーの持ちが確実に良くなったと実感してます!
CHECK NOW

 

iPhone XS口コミ・レビューまとめ

本記事は「【iPhoneXS口コミ・レビュー】iPhone 7との違い比較・外観・基本操作・カメラ【機能まとめ】」について書きました。

iPhone XSは、これまで7を使用していた僕からすると、劇的な進化を遂げていました。

iPhone XSの特長

  • 5.8型の有機ELディスプレイ
  • 軽快動作のA12チップ
  • 顔認証のFace ID
  • ワイヤレス給電規格のQi
  • 豊富なスワイプ操作
  • デュアルカメラによる光学ズーム
  • 防水・防塵機能

 
一方でXとの違いはそれほど大きくないため、iPhone Xからの買い替えは待ったほうがいいかもしれません。

マクリン
CPUの性能はもはやひと世代前のMacBook Proと変わらないので、まさに手のひらサイズのPCですね!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

CHECK NOW

 

【iPhone 11 Pro比較レビュー】iPhone XS/7との違い・外観・機能・カメラまとめ【評判・口コミ】 【2020年】iPhoneと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー12選【おすすめ】 【IIJmioのeSIMレビュー】MVNO(格安SIM)が日本対応!iPhoneでの申し込み手順と使用感を分かりやすく解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ