MENU
PROFILE

マクリン

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。

東京在住のサラリーマンが、ガジェット8割・家電2割で、おすすめをレビューしマクリンのブログです。

レビュー依頼・ご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

アマゾン1,000円還元でお得に買い物する方法

【iOCHOW iO2レビュー】Android搭載のミニプロジェクター【200ルーメン】

 

我が家でプロジェクター大活躍のマクリン( @Maku_ring)です。

 

マクリン
映画を観る機会が多いなら、TVより臨場感と迫力があっておすすめ!
 

プロジェクターは従来、大型で重いモデルが多く、家庭で使うには厳しいものがありました。

ところが近年、各メーカーの技術向上がめざましく、サイズと性能を両立した小型モデルが次々と登場しています。

数あるモバイルプロジェクターの中で、Anker Nebula Capsule Proとならんで僕がおすすめするのが「iOCHOW iO2」です。

僕の考える「実用性の高いモバイルプロジェクターの条件」は以下のとおりです。
 

モバイルプロジェクターの条件

  • 怪しいメーカー製でないこと
  • 手の平サイズ
  • 明るさ(輝度)は100ルーメン以上
  • 投影サイズは100インチ以上
  • 画質(解像度)はWVGA(854 × 480)以上
  • 台形補正機能あり
  • バッテリー内蔵で2時間以上駆動

iOCHOW iO2はバッテリー持続時間が短いものの、それ以外はいずれも高いレベルでクリアしています。

本記事は「【iOCHOW iO2レビュー】Android搭載のミニプロジェクター【200ルーメン】」について書いていきます。

 

iOCHOW iO2ミニプロジェクターの外観と付属品

中国の家電メーカー、iOCHOW社の「iOCHOW iO2」は、Android OS搭載のモバイルプロジェクターです。

iOCHOW iO2の外観

マクリン
iOCHOWはワードローブスキャナーなど、評判の良い商品をたくさん出してるんですよ!
 

サイズは13.7 x 8.0 x 2.0cmと、ほぼ手の平におさまる大きさ。重さは約435gです。

iOCHOW iO2のサイズは13.7 x 8.0 x 2.0cm
 

前面にはLEDプロジェクターランプ、その隣にはスピーカーを備えています。

iOCHOW iO2のLEDプロジェクターランプ
 

正面向かって右側には電源スイッチと音声出力端子、HDMI入力端子が付いています。

iOCHOW iO2の端子部分
 

手前のホイールを回すことでフォーカス調整が可能です。

iOCHOW iO2のフォーカスホイール
 

正面向かって左側にはボリュームコントロールがあります。

iOCHOW iO2のボリュームコントロール
 

背面は冷却孔と充電表示ランプ、本体充電用のUSBタイプC端子が備わっています。

iOCHOW iO2の背面
 

同梱品はプロジェクター本体にリモコン、専用ケース、ACアダプター、USBタイプCケーブル、HDMIケーブル、Micro USB-HDMI変換アダプターです。

iOCHOW iO2の付属品

 

リモコンは単4電池 x 2本で動きますが、本体には付属していませんので別途ご用意ください。

iOCHOW iO2のリモコン
iOCHOW iO2のリモコン

 

本体には5,000mAhのバッテリーを内蔵していますが、フル充電時でも1時間保つかどうか怪しいといったところです。

 

マクリン
基本はケーブルにつないで使う前提で、外へ持ち出すときもモバイルバッテリーと一緒に持っていきましょう。

iOCHOW iO2の充電ランプ
 

 

iOCHOW iO2ミニプロジェクターは三脚いらずのチルト構造

iOCHOW iO2の大きな特長のひとつが、三脚いらずの回転機構を備えていることです。

iOCHOW iO2は三脚いらずのチルト構造

 

マクリン
本体をチルトすることで、投影角度をスマートに変えることができちゃいますよ!

iOCHOW iO2は三脚いらずのチルト構造
 

また台形自動補正機能(オートキーストーン)も搭載しており、±40°まで自動で補正してくれます。

マクリン
投影まわりの使い勝手はかなり考えられてますね!

 

Sponsored Links

 

iOCHOW iO2のプロジェクターモードは100インチ&200ルーメン

iOCHOW iO2のHDMI端子に機器(PCやゲーム機、スマホ)を差すだけで、スクリーン上に映し出されます。

iOCHOW iO2のプロジェクターモード
 

スクリーンの投影サイズは100インチ、解像度はWVGA(854 × 480)で、文字まで読める程度の精細せいさいさをもっています。

マクリン
しかも明るさは200ANSIルーメン
 

このサイズのプロジェクターは、100もしくは150ルーメンのモデルがほとんどで、200ルーメンのものはそれほど多くありません。

その恩恵はかなり大きく、部屋をそれほど暗くしなくても、画面が明瞭めいりょうに見えるので大変ありがたいです。


 

Sponsored Links

 

iOCHOW iO2ミニプロジェクターはWi-Fi対応かつミラーリング可能

iOCHOW iO2はWi-Fiに対応しており、接続することでより多くの機能を楽しむことができます。

iOCHOW iO2はWi-Fi接続対応
 

そのひとつがミラーリング機能

iPhoneやiPadなどiOS機器は、ミラーリングを使うことで、画面をそのままスクリーンに投影することができます。

MEMO
Android端末はスクリーンキャスト機能で同様のことが可能です。
STEP.1
コントロールセンターから選ぶ
コントロールセンターから「画面ミラーリング」を選びます。


STEP.2
CastE3を選ぶ
デバイス選択画面になるのでCastE3を選びます。


STEP.3
ミラーリング完了
コントロールセンターの画面ミラーリングがデバイス名に変わるので、これで接続完了です。


 

ミラーリング中はこのように、スマホ画面がそのままスクリーンに投影されます。

マクリン
スマホの写真やムービーをみんなで共有したいときに便利な機能ですよ!

 

iOCHOW iO2ミニプロジェクターはAndroid OS搭載

iOCHOW iO2Android OSを搭載しており、App Centerからアプリのダウンロードが可能です。

iOCHOW iO2はAndroid OS搭載

マクリン
プロジェクターというより、もはや小さなパソコン

 

操作が直感的で使いやすく、アプリを選びやすい画面レイアウトとなっています。

 

Webブラウザにくわえ、動画アプリの「Amazonプライム・ビデオ」や「Netflix」、「YouTube」など、必要どころの動画アプリは押さえている印象です。



 

マクリン
100インチの大画面で動画コンテンツを堪能できますよ!

 

ただし、内蔵スピーカーの出力は1Wで高音質とはいえませんので、音にこだわるなら外部スピーカーの使用をおすすめします。

マクリン
Bluetooth機器との接続も可能ですよ!

 

iOCHOW iO2ミニプロジェクターレビューまとめ

本記事は「【iOCHOW iO2レビュー】Android搭載のミニプロジェクター【200ルーメン】」について書きました。

iOCHOW iO2はさまざまな機能を持つ、エンタメ特化のモバイルプロジェクターです。

iOCHOW iO2の特長

  • 三脚いらずのチルト構造
  • 台形自動補正
  • スマホ・タブレット画面のミラーリング
  • 100インチの大画面と200ルーメンの明るさ
  • Android OS搭載で動画・音楽アプリを再生

数あるモバイルプロジェクターの中でも、iOCHOW iO2はサイズと機能を高次元で両立している製品です。

マクリン
あとコスパの高さも随一ずいいちですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

【2019年】おすすめのモバイルミニプロジェクター人気7モデル! 【Pico Cube Aレビュー】180gを切るAndroid搭載の超小型モバイルプロジェクター【100ルーメン】 【Anker Nebula Capsule Proレビュー】Android搭載モバイルプロジェクター【150ルーメン/バッテリー内蔵】 【TaoTronics TT-PR001レビュー】300ANSIルーメンの200インチ対応ホームプロジェクター【高コスパ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebook Twitter Feedly
SHARE